eBayでロシア製CPUチップ付きNikon 1- Nikon Fマウントアダプター購入(追記あり)2015年07月08日 00時00分00秒

Nikon F lenses to Nikon 1 adapter with AF/EXP chip Gfoto<

Nikon 1シリーズボディでニコンFマウントのレンズが使えるマウントアダプター FT1を買おうかなと思った。しかし、制限事項が多すぎる(マウントアダプターFT1について参照)。

AF-SレンズでないとAFできないだけじゃなくて、非CPUレンズだとフォーカスエイドも使えないらしい。

それで色々と検索していたら、報告:Nikon 1 用 AF confirm チップ付きマウントアダプタ(おのひろきおんらいん2014年5月25日)という記事を見つけた。

これはCPUチップと接点が付いていて、ボディ側に50mm F1.4のCPUレンズが装着されていると認識させるもののようだ。これで非CPUレンズでもフォーカスエイドが使えるようになるらしい。

なお、Gfoto社は通称「タンポポチップ」と呼ばれるCPU接点を売っていることで有名だ。MFニッコールレンズにCPU内蔵接点を付加して、D3000シリーズなどの、非CPUレンズで機能制限の多いボディで、内蔵露出計やフォーカスエイドを使えるようにするものだ。なぜタンポポチップと呼ぶのかは知らない。

記事の人はロシアのサイトで購入されたようだ。ロシアのサイトでルーブル建てで購入した方が、同じ会社のeBayのサイトでドル建てで購入するよりも数百円安いようだった。しかし、アメリカから送ってもらった方が確実に届くような気がして、eBayの方で購入した。

Nikon F lenses to Nikon 1 adapter with AF/EXP chip Gfotoで、US $56.00に送料$8.99で合計$64.99だった。昨日のレートで8,259円だった。

それで今日になって発送の動きがあったようだ。Shipping carrier が belpost になっているので、ロシア※ベラルーシから発送のようだ。うーん、それだったら最初からロシアのサイトで買った方がよかったなぁ。

【追記】
※ belpostのサイトがロシア語で書いてあるのでロシア共和国だと思っていたら、追跡サービスにСлежение за отправлениями по РБ / Track items in the territory of the Republic of Belarus
Слежение за международными отправлениями и EMS / Track EMS and international mail
と選択肢があるので、ベラルーシ共和国だと気づいた。ドメインもbelpost.byだ。
でもeBayには、 Item location: Moscow , Moscow, Russian Federation って書いてあるんだけどね。
ちなみに現在Брэст(ブレスト)というポーランド国境に近いところで荷物を受け付けてまだブレスト(Брест(露)、Брэст(ベラルーシ語))にあるらしい。
【追記ここまで】

【さらに追記】
ブレストってブレスト・リトフスク条約のブレストだ。しかも、ブレスト中央駅は、西の標準軌(1,435mm)と東の広軌(1,520mm)の接続点で、列車はブレスト中央駅で長時間停車して車輪幅を調整する(というか軌間の違う台車に交換する)らしい。鉄道技術博物館もあるようだし、行ってみたいなブレスト。
【さらに追記ここまで】

【追記その3】
ミンスク(Минск(露)、Мінск(ベラルーシ語))の税関を通過したらしい。
【追記その3ここまで】

【追記その4:2015年7月10日(金)】
2015-07-10 01:41(JST) ワルシャワ(ポーランド)に到着のようだ。どういうルートでくるんだ?
【追記その4ここまで】

【追記その5:2015年7月15日(水)】
7/14の23時付け(日本時間)で KAWASAKI HIGASHI という表示になった。国際郵便専門の川崎東郵便局のことだろう。ついに日本到着。あと少しだ。ワクワク。
ちなみに川崎東郵便局は「第4回新宿クラシックカメラ博」明日まで ― 2012年08月27日の工場夜景の作例の近くにあるようだ。京浜工業地帯の東扇島にある。
【追記その5ここまで】

【追記その6:2015年7月16日(木)】
2015年7月16日(木)午前3時(日本時間)付けで地元の日本郵便の集配局に到着したようだ。belpostの追跡サイトで郵便局の表示欄に日本の郵便番号らしい7桁の数字が入っていて、それが地元の集配局の郵便番号と一致しているからだ。
【追跡その6ここまで】

ということで、届くのが楽しみ。

マウントアダプターFT1は、AF Nikkor 20mm f/2.8D(Ai AF Nikkor 20mm F2.8D)は使えるのに、AI Nikkor 20mm f/2.8S(Ai Nikkor 20mm F2.8S)は使えないようだ。理由は不明だが、 Nikon F lenses to Nikon 1 adapter with AF/EXP chip Gfotoの方では、AI Nikkor 20mm f/2.8S(Ai Nikkor 20mm F2.8S)が使えるといいな。

20mmでも2.7倍の54mm相当の画角になってしまうので、主に望遠側で楽しむことになるんだろうな。マニュアルフォーカスになるけれども、AI AF Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4-5.6DをNikon 1 V1に付けて、189~810mm相当を体験してみたい。そうしたら、1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6が欲しくなってしまうかもしれない。あと、ニコンおもしろレンズ工房どどっと400(400mm F8)を付けると1080mm相当になる。これも試してみよう。開放F8と暗いけどフォーカスエイド効くのかなぁ。

いずれにしても、ニコンって非CPUレンズ使用時にどうしていろんな制限付けるのかねぇ。せっかくニコンF以来の「不滅のニコンFマウント」なのに。だから知り合いにはあんまりニコンを勧めない。自分から沼に入った人は自分でなんとかするだろうが、他人に透明度の低い沼を勧められない。

【追記:2019年12月4日】
ロシア製CPUチップ付きNikon 1- Nikon Fマウントアダプター到着 ― 2015年07月16日
Cマウント8mm F3.8魚眼レンズとGfotoのチップ付きNikon1用マウントアダプターを購入 ― 2019年11月20日

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索