Ai NIKKOR 18mm F4(ニッコール千夜一夜物語 第五十五夜)2015年07月02日 00時00分00秒

アイスバイン(ドイツ料理):Nikon 1 V1、1 NIKKOR 10mm f/2.8、(27mm相当)、F2.8開放、絞り優先AE(1/30秒)、ISO500(オート)、ピクチャーコントロール:ポートレート(輪郭強調-1、コントラスト-1)、AWB、NCフィルター、HN-N101フード

ニッコール千夜一夜物語 第五十五夜: ~コンパクトな超広角レンズがデジタル時代で人気沸騰?~ Ai NIKKOR 18mm F4がアップされたようだ。

これ、いつ更新されたか日付もないので困るよなぁ。RSSもないし、何か定期的にアクセスしてチェックするツールがあればなぁ。以前はアサヒネットが無料で沖電気のMAILPIAを提供していて、アサヒネットが提供終了後も沖電気のMAILPIAサイトで登録して使わせてもらっていた。これはサイトの更新がチェックできてすごくよかった。MAILPIAが終了してから、情報収集能力ががた落ちだ。

さて、ニッコール18mmF4の収差的な特徴はどこにあるのでしょうか?一般に超広角レンズは特に歪曲、倍率の色収差、近距離変動の補正に難点を持つ事が常でした。しかしニッコール18mmF4は、歪曲が少し大きめで陣笠形状であることは否めませんが、ごく周辺を除いて倍率の色収差が少ないという特徴を持っています。この特徴は後記します第1レンズの効果が表れているのです。また、近距離補正構造を持たない全体繰り出し方式の合焦方式であるにもかかわらず、非点収差や像面湾曲の変動も比較的良好に抑えられています。さらに特記すべきはサジタルコマフレアーの少なさでしょう。開放絞りがF4と言う事もありますが、ごく周辺を除いては非常に良好に補正されています。このレベルであれば夜景夕景の撮影にも力を発揮するでしょう。

Ai NIKKOR 18mm F4、よさそうですな。しかし、もともと結構値段のするレンズだし数も少ないので、中古で見つけたとしても買えなさそう。18mmってAPS-Cサイズで27mm相当なので使いやすい焦点距離なのだが、APS-Cサイズのデジカメのファインダーはアレでフォーカスエイドもアレなので、マニュアルフォーカスの暗い広角レンズを使うのは結構しんどいかも。もうファインダーがどうのというのも疲れたよ。まあ値段の高いFX機を買えということですな。

ということで手に入れられそうな値段の1 NIKKOR VR 6.7-13mm f/3.5-5.6が気になる今日この頃。絞り環もフォーカスリングもないし他のシステムに流用しようのない先行き見通しのないレンズだけれども。

Nikon 1 V1使ってきて、GR DIGITALの偉大さに気づいたので、安くなってきているGRを買いたいと思っていた。しかし、ここにきてGR II が発表されてあんな感じだし、いまGR買って今後のサポートがどうなのかよく分からないし(ファームアップなど) 、かといってGR II がどう進化したのかWiFi以外には分かりにくい状況では、GRに手を出せない。たぶん、機を逃して買わないことになるだろう。タイミング悪すぎ。GRは、高感度性能とか変わらないのなら頻繁にモデルチェンジなんてしなくていいのになぁ。リコーは終わったのかもしれん。というかカメラ業界は終わりかけでしょう。

レンズの関係でFX機の安いのを買いたい気もする。D600はゴミ問題がなければ十分だったんだけれどもねぇ。D750はなんか違う。描写的にはDfが好みだが、あれはもう全然違う。D600/610のような「普通の」DSLRで出してくれ(D700後継?)。まあ、もうどうでもいいや。バイク方面にお金使うかもしれない。

ニッコール千夜一夜物語の最近の更新で気になったものは以下の通り。
ニッコール千夜一夜物語 第五十四夜: 〜ニコン初のトイレンズ?~ ニコンおもしろレンズ工房(Part2 ぎょぎょっと 20 / どどっと 400)
ニッコール千夜一夜物語 第五十三夜: ~奥深い魚眼レンズの世界~ Ai AF Fisheye-NIKKOR 16mm F2.8D 佐藤治夫:
ニッコール千夜一夜物語 第五十二夜: ~ニコン初のトイレンズ?~ ニコンおもしろレンズ工房 Part1 (ぐぐっとマクロ/ふわっとソフト) 大下孝一:

まあFX機や35mmフィルムでないと、十分に楽しめない画角のレンズですな。ああつまらん。


アイスバイン(ドイツ料理):Nikon 1 V1、1 NIKKOR 10mm f/2.8、(27mm相当)、F2.8開放、絞り優先AE(1/30秒)、ISO500(オート)、ピクチャーコントロール:ポートレート(輪郭強調-1、コントラスト-1)、AWB、NCフィルター、HN-N101フード

Nikon 1 V1は、D300のピクチャーコントロール:ポートレートと併用している関係で同じくピクチャーコントロール:ポートレートにしている。しかし、1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6とV1だと、D300で撮った写真と混ぜると明らかに違う傾向なので、V1の方をさらに輪郭強調-1、コントラスト-1にしている。レンズの傾向で線が太くてかつ輪郭強調されるとコンパクトデジカメっぽい描写になるんだよね(というかセンサーサイズや高倍率ズームとかコンパクトデジタルカメラそのものなんだが)。輪郭強調してあってコントラスト高くて色が飽和している方が素人受けするとは思うが、カラーネガフィルムが出発点の自分からするといまだに気持ちが悪いので、こういう設定にしている。しかし、だからといって、青っぽくて色の薄い女子カメ方向を許している訳じゃないからな(怒。

Honda CRF250L リコール対策品に部品交換2015年07月05日 00時00分00秒

 CRF250Lなど6車種のリコール (平成27年6月25日届出) リコール届出番号 外-2202

今日は雨で某アマチュアスポーツ撮影がなくなって、自宅でほっとしていたら、バイクCRF250Lを購入したホンダドリーム某店から電話があった。

Honda CRF250Lは6月25日にリコールの届出でがなされていて( CRF250Lなど6車種のリコール (平成27年6月25日届出) )、私のバイクもリコール該当車台番号であった。

6月28日にホンダドリーム某店から電話があり、リコールの件かと思ったら保険担当で、任意保険の契約更新で少しの保険料増額(数百円/年)で保障内容がよくなるものに変えませんかというものであった。その電話の終わりにメカニックの人と電話を替わってもらって、リコールの件について聞いてみた。

そうすると6/28の時点では、ニュースリリース以上の情報はホンダドリーム店にも来ておらず、どういう手順でいつから部品交換を進めるのかも通知が来ていないということであった。それで、また連絡をくれるように頼んであったのだ。その電話の時点では、重篤な症状でただちに処置してくれという連絡が何件かきていると言っていた。私のCRF250Lについて、走行中にエンストしたことはないか、エンジン再始動困難になったことはないか、焦げ臭い臭いがバッテリー近辺からしたことはないか等聞かれたが、いずれもないと答えた。

それが今日になって、部品交換の準備が整いましたのでいつ来られますか?と連絡があったのだ。今すぐでもよいというので、丁度スポーツ撮影の予定もなくて自宅にいたところだったので、今すぐに行くと答えた。レインウェアを着込んでホンダドリーム某店に向かってCRF250Lを走らせた。

20分ほどで作業は終わった。メカニックの人に聞くと、車台番号だけでなく、スターターマグネチックスイッチの製造ロットも該当していたので、対策品に交換したとのこと。元から付いていたリコール該当品は特に焦げたりはしていなかったとのこと。

あと、「バッテリーをあげてしまったことはありますか?」と聞かれた。特にないと答えると、バッテリーの端子が腐食していたとのこと。「この現象は、バッテリーをあげてしまうとなるものなので、もしかしたらバッテリーが弱っているかもしれないので、注意してください。」とのことだった。

ツーリングには行かず、通勤にも使わず、ほとんど週末の某アマチュアスポーツ撮影現場に行くぐらいしか使っていない(1回の走行距離が数kmしかない)ので、セルで始動して消費した分の電気を走行時の発電で補うのが難しいのだろう。今後は充電器でときどき充電することにする(特に冬場)。購入して10ヶ月ちょっとで約2000kmしか走ってないものなぁ。

夏にツーリングに行きたいなぁ。

eBayでロシア製CPUチップ付きNikon 1- Nikon Fマウントアダプター購入(追記あり)2015年07月08日 00時00分00秒

Nikon F lenses to Nikon 1 adapter with AF/EXP chip Gfoto<

Nikon 1シリーズボディでニコンFマウントのレンズが使えるマウントアダプター FT1を買おうかなと思った。しかし、制限事項が多すぎる(マウントアダプターFT1について参照)。

AF-SレンズでないとAFできないだけじゃなくて、非CPUレンズだとフォーカスエイドも使えないらしい。

それで色々と検索していたら、報告:Nikon 1 用 AF confirm チップ付きマウントアダプタ(おのひろきおんらいん2014年5月25日)という記事を見つけた。

これはCPUチップと接点が付いていて、ボディ側に50mm F1.4のCPUレンズが装着されていると認識させるもののようだ。これで非CPUレンズでもフォーカスエイドが使えるようになるらしい。

なお、Gfoto社は通称「タンポポチップ」と呼ばれるCPU接点を売っていることで有名だ。MFニッコールレンズにCPU内蔵接点を付加して、D3000シリーズなどの、非CPUレンズで機能制限の多いボディで、内蔵露出計やフォーカスエイドを使えるようにするものだ。なぜタンポポチップと呼ぶのかは知らない。

記事の人はロシアのサイトで購入されたようだ。ロシアのサイトでルーブル建てで購入した方が、同じ会社のeBayのサイトでドル建てで購入するよりも数百円安いようだった。しかし、アメリカから送ってもらった方が確実に届くような気がして、eBayの方で購入した。

Nikon F lenses to Nikon 1 adapter with AF/EXP chip Gfotoで、US $56.00に送料$8.99で合計$64.99だった。昨日のレートで8,259円だった。

それで今日になって発送の動きがあったようだ。Shipping carrier が belpost になっているので、ロシア※ベラルーシから発送のようだ。うーん、それだったら最初からロシアのサイトで買った方がよかったなぁ。

【追記】
※ belpostのサイトがロシア語で書いてあるのでロシア共和国だと思っていたら、追跡サービスにСлежение за отправлениями по РБ / Track items in the territory of the Republic of Belarus
Слежение за международными отправлениями и EMS / Track EMS and international mail
と選択肢があるので、ベラルーシ共和国だと気づいた。ドメインもbelpost.byだ。
でもeBayには、 Item location: Moscow , Moscow, Russian Federation って書いてあるんだけどね。
ちなみに現在Брэст(ブレスト)というポーランド国境に近いところで荷物を受け付けてまだブレスト(Брест(露)、Брэст(ベラルーシ語))にあるらしい。
【追記ここまで】

【さらに追記】
ブレストってブレスト・リトフスク条約のブレストだ。しかも、ブレスト中央駅は、西の標準軌(1,435mm)と東の広軌(1,520mm)の接続点で、列車はブレスト中央駅で長時間停車して車輪幅を調整する(というか軌間の違う台車に交換する)らしい。鉄道技術博物館もあるようだし、行ってみたいなブレスト。
【さらに追記ここまで】

【追記その3】
ミンスク(Минск(露)、Мінск(ベラルーシ語))の税関を通過したらしい。
【追記その3ここまで】

【追記その4:2015年7月10日(金)】
2015-07-10 01:41(JST) ワルシャワ(ポーランド)に到着のようだ。どういうルートでくるんだ?
【追記その4ここまで】

【追記その5:2015年7月15日(水)】
7/14の23時付け(日本時間)で KAWASAKI HIGASHI という表示になった。国際郵便専門の川崎東郵便局のことだろう。ついに日本到着。あと少しだ。ワクワク。
ちなみに川崎東郵便局は「第4回新宿クラシックカメラ博」明日まで ― 2012年08月27日の工場夜景の作例の近くにあるようだ。京浜工業地帯の東扇島にある。
【追記その5ここまで】

【追記その6:2015年7月16日(木)】
2015年7月16日(木)午前3時(日本時間)付けで地元の日本郵便の集配局に到着したようだ。belpostの追跡サイトで郵便局の表示欄に日本の郵便番号らしい7桁の数字が入っていて、それが地元の集配局の郵便番号と一致しているからだ。
【追跡その6ここまで】

ということで、届くのが楽しみ。

マウントアダプターFT1は、AF Nikkor 20mm f/2.8D(Ai AF Nikkor 20mm F2.8D)は使えるのに、AI Nikkor 20mm f/2.8S(Ai Nikkor 20mm F2.8S)は使えないようだ。理由は不明だが、 Nikon F lenses to Nikon 1 adapter with AF/EXP chip Gfotoの方では、AI Nikkor 20mm f/2.8S(Ai Nikkor 20mm F2.8S)が使えるといいな。

20mmでも2.7倍の54mm相当の画角になってしまうので、主に望遠側で楽しむことになるんだろうな。マニュアルフォーカスになるけれども、AI AF Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4-5.6DをNikon 1 V1に付けて、189~810mm相当を体験してみたい。そうしたら、1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6が欲しくなってしまうかもしれない。あと、ニコンおもしろレンズ工房どどっと400(400mm F8)を付けると1080mm相当になる。これも試してみよう。開放F8と暗いけどフォーカスエイド効くのかなぁ。

いずれにしても、ニコンって非CPUレンズ使用時にどうしていろんな制限付けるのかねぇ。せっかくニコンF以来の「不滅のニコンFマウント」なのに。だから知り合いにはあんまりニコンを勧めない。自分から沼に入った人は自分でなんとかするだろうが、他人に透明度の低い沼を勧められない。

【追記:2019年12月4日】
ロシア製CPUチップ付きNikon 1- Nikon Fマウントアダプター到着 ― 2015年07月16日
Cマウント8mm F3.8魚眼レンズとGfotoのチップ付きNikon1用マウントアダプターを購入 ― 2019年11月20日

ロシア製CPUチップ付きNikon 1- Nikon Fマウントアダプター到着2015年07月16日 00時00分00秒

ロシア製CPUチップ付きNikon 1- Nikon Fマウントアダプター
ロシア製CPUチップ付きNikon 1- Nikon Fマウントアダプター
ロシア製CPUチップ付きNikon 1- Nikon Fマウントアダプター

ロシア製の、ニコンFマウントのレンズをNikon 1ボディに取り付けるアダプター(CPUチップ付き)をeBay経由で購入した(eBayでロシア製CPUチップ付きNikon 1- Nikon Fマウントアダプター購入(追記あり) ― 2015年07月08日参照)。

ポチッとしてから9日目で到着した。ブレスト(ベラルーシ)→ミンスク(ベラルーシ)→ワルシャワ(ポーランド)→川崎東郵便局(国際郵便物の通関交換業務取扱局)→地元集配局というルートで来た。

ロシア製CPUチップ付きNikon 1- Nikon Fマウントアダプター + Nikon 1 V1

さっそく、Ai AF Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4-5.6Dを付けてみた。なかなかコンパクトでよい。CXマウントはFXマウント(35mm判フィルム)の2.7倍の焦点距離相当の画角なので、189-810mm F4-5.6相当になる。

ロシア製CPUチップ付きNikon 1- Nikon Fマウントアダプター + Nikon 1 V1 + Ai AF Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4-5.6D

レンズを装着すると自動的に内蔵EVFまたは背面液晶モニターにフォーカスエイドのマークが出る。フォーカスエイドは、三角●三角のもので、前ピン、ジャスピン、後ピン、検出不能が分かりやすい。この点、D300のフォーカスエイドは三角が省略されていて●が点くか付かないかでジャスピン、●が点滅していると検出不能という使いにくいものであった(急いでいるときに検出不能の点滅のうちの一瞬の点灯をジャスピンと思ってシャッターを切ってしまう)。このD300のアホ仕様よりもよくなっている。

ただ、フォーカスエイドの●の点灯範囲はやや広めで、ジャスピンの前後でも●が点いたままになる。あんまりあてにならない。これは、このロシア製マウントアダプターのせいではなく、Nikon 1 V1のせいだろう。ただ、前ピン後ピンの三角がフォーカスリングを回す方法を示してくれるので、大きくフォーカスがずれてぼやけていてどっちに回したらいいか分からないときに便利だ。

あと、OKボタンを押すと真ん中部分が拡大されるのだが、これもNikon 1 V1では拡大率も大きくなく、OKボタンの位置も悪いので。OKを押して拡大しながら撮影するのは難しい。それに拡大しているときはフォーカスエイドが出ない。Nikon 1 V1って本当に間抜けなカメラだ。これ、本当にニコンの技術者が作ったものなのかと思う。

ロシア製CPUチップ付きNikon 1- Nikon Fマウントアダプター + Nikon 1 V1 + Ai AF Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4-5.6D

ということで、Nikon 1 V1とAi AF Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4-5.6Dとでスポーツ撮影は難しいと思うが、サブカメラとしては十分だし、風景とか急がない撮影なら十分使えるんじゃないかな。作例はお待ちください。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索