Honda CRF250L オフロードバイクを買った2014年11月05日 00時00分00秒

Honda CRF250L

実は8月にHonda CRF250L(MD38)というオフロードバイクを新車で買った。身内をグランドまで送り迎えしたり、遠くのグランドに撮影に行くときに使う用途だ。色々事情があって必要となった(この事情はそのうち書けるかもしれないが今は置いておく)。

それで、以前からオフロードバイクばかり乗り継いでいて、手元にもYAMAHAのDT200R(3ET)という長く乗っていたオフロードバイクがあったのだが、数年前から調子が悪くなっていた。そもそもここ10年はほとんど乗っていなかった。

それでDT200Rは2サイクルのキビキビしたパワーのあるバイクだったのだが、次に買うときはHondaの4サイクルにすると、20年前(笑)から思っていた。2サイクルは排気が臭いし、油飛ぶし。1回乗車すると、自分の排気の臭いが服に付いて臭いので、バイクに乗るときは洗濯のし易い服を着ることにしていた。オイル飛びは、2サイクルエンジンオイルを選ぶことでなんとかなっていた(たしかヤマハの高い方の合成オイルをずっと使っていた)。

それで、ホンダの4サイクルオフロードバイクといえば、昔ならSLからXLシリーズ、その後XLX、XLRを経てXR(これはエンデューロモデルと名前が同じ)という公道モデルが長く続いていた。しかし、ホンダのホームページを見ると、XR250がないじゃないか。あれ?
「XLR/ XR250」進化の変遷を辿る参照

検索すると日本公道仕様のXR250は2007年で生産終了とのこと。SL230後継のXR230も2012年で生産終了。あちゃー。

XR250の中古価格を見ると、なんか高い。そりゃ生産終了だものな。それで現行の250オフロードはないのかと見たら、あったのがCRF250Lだった。CRF?なんだそれ?最近の4ストオフロードレースモデルはCRFを名乗っていたのか。それと同じ名前で出している公道モデルで、最後尾のLはリーガルのLだそうだ。CRF250Lの値段を見るとXR250の中古とあまり変わらない。

Honda CRF250L

仕方ない。フルモデルチェンジの最初の型を買うのは自分の趣味じゃないのだが、Honda CRF250Lにするか。以前乗っていたDT200Rの後継機であるYAMAHAのWR250Rは、CRF250Lの1.5倍以上の値段がする。セローは昔友人が初代セロー225に乗っていたが、なんだか物足りない印象だし。「SEROW 225/ 250」進化の変遷を辿る参照

でもXR250がいいなと思っていたのは、基本形が長く変わっておらず、部品の互換性が高いし、いろんなところがこなれていると思うからだ。それに空冷4サイクルOHCエンジンというのも整備性がよくてよさそうだ。

ところがCRF250Lは、フレームもサスペンションも何もかもが新設計だ。エンジンは水冷DOHCだ。いや水冷はDT200Rで懲り懲りだった。DT200Rのキャブレターは寒冷地で冷えるのを避けるために、キャブレターに冷却水の温水を通す設計になっていて、キャブレターをいじるたびに冷却水を抜かなければならず、非常に面倒くさかったのだ。次は空冷4サイクルに、と思っていたのだ。

しかし、まあもうバイクをバラしていじる時間もないだろうし、そもそもCRF250Lはフューエルインジェクション(FI)なので、キャブレターをいじる必要もない。選択肢がほとんどないのだから、もうこれしかない。

ということで導入したHonda CRF250Lだった。

2ヶ月乗った(といっても600Kmしか走っていない)インプレだ。

【よいところ】

・同クラス他社製品に比べて安い
・エンジン始動性が極めてよい
・燃費がよい(らしい)
・低回転からトルクのあるらしいエンジン
・クラッチが軽い
・大きな字で見易いデジタルメーター
・メーターに時計がある
・燃料インジケーターがある
・大型で配光性もよい明るいヘッドライト
・ワイドなステップ
・エアクリーナーが大型で乾式
・標準で荷掛フックがある

【不満なところ】

・純正バックミラーの形が変で後方が見づらい
・車重が重め
・ハンドル切れ角がもう一息
・ナックルガードがない
・購入当初ブレーキが甘い(特に前輪)
・燃料タンク容量が小さめ(7.7リットル)
・警笛ボタンが押しにくい
・ウインカースイッチと警笛ボタンの位置が逆
・シフトペダルとブレーキペダルが可倒式でない
・サスペンションに調整機構がない
・排気マフラーが大きくて重い
・でも排気はきれい
・低回転でエンジンがもうひとつスムーズではない
・負荷を掛けたときのエンジン音がスーパーカブみたいで萎える
・エンジンヘッドのメカノイズがやや気になる

あと、このCRF250Lはタイ製で、2012年発売当初はかなり初期トラブルがあったようだ。エンジンのオイルにじみはない。あと巷では冷却水が漏れるというトラブルも結構あったようだが、2ヶ月目にして初めてエンジン右サイドにあるドレンから冷却水が排出された跡があった。冷却水リザーバータンクが目に見えて減るほどではなくぽたぽたとちょっと出ただけみたいな痕跡だった。【追記:2014年11月6日】あと、初期のCRF250Lに、シフトダウンしてアクセルを戻したときにエンストする症状があったとネット上では問題になっていたようだが、私の個体では今のところそういう現象は一度もない。ほとんどが街乗りでしょっちゅうシフトダウン→信号待ち・右折待ちがあるのだが、エンストはまだない。【追記ここまで】

初めて乗ったときはフロントブレーキが甘くてびっくりしたが、何回か乗っているうちにアタリが出て普通のオフロードバイク並みの効きになった。あと、アクスルシャフトにグリスが塗布されていないということが問題になっているようだが、おそらく自分の個体も塗ってなかったんだと思う。エンジンを掛けないでバイクを押したときに抵抗が大きくて重いなぁと思っていたが、1ヶ月点検に出した後に急に軽くなったからだ。少なくともリアのアクスルシャフトを抜いて整備しているところは見たので、そのときにグリスを塗布したのだろう。ちなみに、DT200Rも新車の時はアクスルシャフトにほとんどグリスがついていなかった(うっすらとあるかないかぐらい)。だからそんなものだろうと思う。

細かい説明は次回以降に(続くのか…笑)。

【追記】自分のCRF250Lの写真を撮ってから記事を書こうと思っていたのだが、なかなか撮れないし、GR DIGITALも壊れたので、写真はホンダのサイトから拝借した。

【関連追記】
Honda CRF250L(ホンダ公式サイト)
HONDA CRF250L試乗「どこへでも、どこまでも走っていける… 250フルサイズ“デュアルパーパス”復活!!」 | WEB Mr.BIKE
ホンダ CRF250L 試乗インプレ・レビュー|ダート・ライド-バイクブロス
Honda Design | Design研究会 | CRF250L
<1週間インプレッション>HONDA CRF250L 青木タカオ 1日目
<1週間インプレッション>HONDA CRF250L 青木タカオ 2日目
<1週間インプレッション>HONDA CRF250L 青木タカオ 3日目PART1. 那須サーキットから周辺の林道へ
<1週間インプレッション>HONDA CRF250L 青木タカオ 3日目PART2. 常磐道を目指し、さまよう
<1週間インプレッション>HONDA CRF250L 青木タカオ 4日目
<1週間インプレッション>HONDA CRF250L 青木タカオ 5日目
<1週間インプレッション>HONDA CRF250L 青木タカオ 6日目
<1週間インプレッション>HONDA CRF250L 青木タカオ 7日目(最終日)
HONDA CRF250L 待った甲斐があった! | GOGGLE STORE in Webike
ホンダ CRF250L バイク試乗レビュー HONDA CRF250L TESTRIDE & REVIEW (youtube.com)

【関連追記:2015年12月6日(日)】
1年ちょっと乗ってみて、燃費はだいたい以下の記事と同じ感じ。街乗り主体でツーリングに行ってないので25km/Lという感じ。カメラ・レンズ満載で二人乗りも多いので、燃費は伸びない。
Honda CRF250Lと生活する『通勤快速CRF250L日記』PART1
Honda CRF250Lと生活する『通勤快速CRF250L日記』PART2
第50回『Honda CRF250Lと生活する』番外編(2015/01/08)←【2016年10月14日追記】記事に日付はないがMr.Bikeサイト内検索には2015/01/08と出る。PART1は2013/05/27、PART2は2013/11/13らしい。

【追記:2016年5月11日】
※Webオートバイの記事がなくなっていたので、Internet Arciveのキャッシュへのリンクに変更した。@nifty&モーターマガジン社、記事消すなよ(怒)。

【関連追記:2016年5月11日】
松井 勉の 『日々是試乗三昧』「250の魅力を探る」シリーズ HONDA CRF250L/CRF250M | WEB Mr.BIKE
↑なぜか今現在CRL250L/Mの回だけ携帯向けのレイアウトにリンクされていて見づらいので、Internet Archiveで公開当初のPC向けレイアウトの方にリンクした。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)