ニコンのワイコンNH-WM75は、SONY HDR-CX590Vにベストマッチ2014年02月14日 00時00分00秒

SONY ハンディカム HDR-CX590V + ニコン NH-WM75(右側にソニーVCL-HGE08B )

AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR用に買ったワイドコンバーターアタッチメントNH-WM75だが、うちのビデオカメラSONYハンディカムHDR-CX590Vに装着してみた。

HDR-CX590Vはフィルター径30mmなので、既に購入済みのレイノックスの30mm→37mmアダプター(ABS樹脂製)とKenkoの37mm→52mmステップアップリング(アルミ製)の2つを使って、NH-WM75を装着した。

そうしたら、NH-WM75は0.75倍なので、SONY純正のVCL-HGE08B(0.8倍)よりもワイドになるし、広角端から望遠端まで全域でちゃんとピントが合う。VCL-HGE08Bは、ワイド端からズーミングしていくと途中からピントが合わなくなる(これは仕様で「ズーム時は使用できません」とある)。他方、買わなかった方のSONY純正ワイコンVCL-HGA07Bは、0.7倍だし「ズーム時も使用可能」とある。

ではなぜVCL-HGA07Bを買わなかったかというと、VCL-HGA07Bは画質がイマイチのようだからだ(ビデオからの写真切り出し ― 2013年03月06日)。VCL-HGA07Bは、ズーミングできるし、0.7倍だからよりワイドになるのだが、作例を見ると画面の中心部以外が流れたようになっているからだ。

ところが、ニコンのNH-WM75は、画面全体で画質はよいし、ズーム全域で使えるし、値段はVCL-HGE08BやVCL-HGA07Bよりも安い。NH-WM75の欠点は、重くて大きいことと、ハンディカムHDR-CX590Vで使うには別にアダプターリングを買わないといけないことだ。

ワイコン 倍率 重さ 実勢価格(Amazon) ハンディカムズーミング 画質(主観)
ニコンNH-WM75 0.75 200g \8908
ソニーVCL-HGE08B 0.8 38g \9500 一部可
ソニーVCL-HGA07B 0.7 175g \13590

ニコンNH-WM75は、AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VRでも使えるし、ソニーのハンディカムでも使えるしソニーの純正ワイコンよりも安くて性能がよい。これはよい買い物をした。

【関連追記:2014年2月16日】
Nikon NH-WM75 ワイドコンバーターアタッチメント購入 ― 2014年02月12日
Nikon NH-WM75 ワイドコンバーターアタッチメント作例 ― 2014年02月16日

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)