ペンタックス初のAF対応1.4倍リアコンバーター(デジカメWatch)2014年02月07日 00時00分00秒

立川第一デパート跡:Ricoh GR DIGITAL、5.9mm(28mm)相当、F7.1、1/410秒、ISO64、-0.3EV、プログラムAE、AWB

リコーイメージングは、ペンタックスブランドのKマウントデジタルカメラ用リアコンバーター「HD PENTAX-DA AF REAR CONVERTER 1.4X AW」を3月上旬に発売するのだそうだ。価格は6万8,250円とのこと。
ペンタックス初のAF対応1.4倍リアコンバーター (デジカメWatch)

マスターレンズとカメラボディの間に装着してマスターレンズの焦点距離を1.4倍にできる。使用時の有効F値は1段分暗くなる。防塵防滴仕様を採用した。

ペンタックスのリアコンバーターとして初めてAFに対応した。レンズ内モーター駆動(SDM、DC)およびボディー内モーター駆動の両方で使用できる。対応機種はK-3、K-50、K-30、K-5 II/IIs、K-5、K-01、K-7、K-r。使用するにはカメラ本体のファームウェアアップデートが必要。AFが可能なのは合成F値がF5.6まで。

注目点は、「レンズ内モーター駆動(SDM、DC)およびボディー内モーター駆動の両方で使用できる」点でしょうな。ニコンはAF化初期にMFレンズでAFできるTC-16AとTC-16ASとを発売した後は、AF-IやAF-Sなどのレンズ内モーター用のテレコンしか発売してこなかった。ボディ内AFモーターを使用するAFレンズ用には、TC-14ASなどのMFテレコンしかなかった。サードパーティでKenkoがニコンのレンズ内モーター・ボディ内モーター両方でAFできるものを出していたぐらいだ(ケンコー デジタルテレプラス PRO300 1.4x DGX ニコン用(追記あり) ― 2009年09月03日

リコーイメージングのHD PENTAX-DA AF REAR CONVERTER 1.4X AWもそこはかとなくKenko臭がするが(笑)、ちゃんと純正品としてラインナップしているのが偉い。ニコンはAF化以降、AF-Sレンズが主流になるまで、CPU内蔵レンズ用のアクセサリーを永く放置していた。テレコンもそうだが、接写リングとかリバースリングもそうだ。そのくせ廉価機ではCPUレンズと通信できないと露出計も作動しない仕様にしている。意地悪なのだ。その点、リコー・ペンタックスは偉い。

HD PENTAX-DA AF REAR CONVERTER 1.4X AWが、ボディ内AFモーターでどのくらいAFが追従するのかインプレを待ちたい。


写真は記事とは関係ない。
立川第一デパート跡:Ricoh GR DIGITAL、5.9mm(28mm)相当、F7.1、1/410秒、ISO64、-0.3EV、プログラムAE、AWB

立川駅北口の第一デパートが解体されて眺めがよくなっている(上のモノレール高架が邪魔だが)。第一デパートって、Wikipediaで調べたら立川駅タンク車衝突事故でガソリン満載の米軍専用タンク車が青梅行き普通電車(電車5両編成)に衝突炎上して焼失した跡地に建っていたんだなぁ。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)