ウイリアムクラインはまだ同じライカR6だな(PEN PEN チョートクカメラ日記)2014年01月16日 00時00分00秒

The Many Lives of William Klein (2012)
The Many Lives of William Klein (2012)

写真家田中長徳氏のブログにウイリアムクラインはまだ同じライカR6だなという記事が出ていた。

ユーチューブでウイリアムクラインの最近のドキュメンタリーを見た。 プラハで最後に会ってから、二十年近くが経過している。

クラインはその時、ライカR6であったが、今回の最新のフィルムでマンハッタンのハーレムの撮影では。同じカメラを使っているので感心した。 フィルム交換しながら、「デジカメ?そんなの使わないよ」とうそぶいているのが印象的だった。

記事中のyoutubeのドキュメンタリーとは、おそらくThe Many Lives of William Klein (2012) のことだと思う。しかし、これ58分53秒もあるなぁ。ありがたいが後で見ることにしよう。

84歳(撮影当時)のウィリアム・クラインはデジタルに手を出さなくて済むからいいよなぁと思う。まあ私も長生きできる保証はなく、ウィリアム・クラインよりも先に死ぬ可能性もあるんだが。でも自分もあと何十年かは生きているという希望的観測からすると、フィルムはいつまであるだろうかとか、デジタル写真の保存はどうなるのかとか色々考えますなぁ。デジタルでないと撮れないものもあったし、某アマチュアスポーツの膨大な(駄)写真も、フィルムだったら金持ちじゃないと撮れない量だしなぁ。でも、なんか腹くくって「デジカメ?そんなの使わないよ」って言えたらいいなぁと思う。まあそのうち「デジカメ?まだそんなの使ってんの?」という時代が来るような気はするが。

このところ、フィルムの撮影が滞りがちで、F3もF100も撮りきっていないフィルムが入ったままだ。ウィリアム・クライン先生が、こんなに頑張っているんだから、自分ももっとフィルムで撮らねば。

この件とは別だが、チョートク先生のもう少し前の記事には、ウイーン1973 ナイトホークスぼくのコダクローム ウイーン1973といった、1970年代のコダクロームの作品が載っている。コダクローム、惜しいフィルムを無くしたなぁ。私は最後の方に使い始めた新参者だったが。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索