92歳の報道写真家 福島菊次郎展(日本新聞博物館)2013年10月17日 00時00分00秒

「証言と遺言」福島菊次郎 DAYS JAPAN 税込3600円 ISBN978-4-9901982-1-3

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gとか色々発表があったようだが、この記事を優先したい。戴いたコメントのお返事もお待ちください。

実はさっきまで横浜にある日本新聞博物館で開催されている「92歳の報道写真家 福島菊次郎展」を見に行っていた。10月20日(日)までなのだ。

92歳の報道写真家 福島菊次郎展
ヒロシマからフクシマへ-。戦後、激動の現場

反骨の写真家、福島菊次郎92歳―。敗戦直後、廃虚と化した広島で撮影を始め、90歳の時には、カメラを手に「3・11」後の福島へ向かいました。キャリアは67年、撮影枚数は25万枚以上。伝説のフォトジャーナリストの全貌を紹介する写真展です。

山口県で時計店を営んでいた福島菊次郎は、広島の被爆者一家を10年にわたり追いかけた「ピカドン ある原爆被災者の記録」で1960年に日本写真批評家協会賞特別賞を受賞してプロの写真家となりました。

東大安田講堂攻防戦、あさま山荘事件、三里塚闘争、ウーマンリブ、水俣病…。上京後、撮影した激動の現場は、日本の戦後史そのものです。瀬戸内海の離島の子どもたちや民俗・風習などを撮影した珍しい写真も展示しています。また、共同通信による戦後の報道写真も展示し、小・中学生にも分かりやすく戦後史を説明しています。

会 期:2013年8月24日(土)~10月20日(日)
会 場:日本新聞博物館 2階・企画展示室
主 催:共同通信社 日本新聞博物館
後 援:神奈川県教育委員会 横浜市教育委員会

全部モノクロ写真で、ものすごく重い内容だ。写真も重いのだが、写真の横に書かれている福島菊次郎氏の説明内容がまた重い。日本政府はこうやって多くの人々を見捨ててきたのだということを戦後ずっとレンズを通して記録してきた人なのだ。

20日(日)までなので、是非にご覧頂きたい。場所は神奈川県庁本庁舎の斜め向かい、横浜港郵便局の向かい、横浜地方検察庁の向かい、みなとみらい線(東急東横線直通)日本大通り駅がビルの直下に繋がっている。

写真展の図録はないようなので、ミュージアムショップで「証言と遺言 福島菊次郎写真集」(DAYS JAPAN刊 \3,600 ISBN978-4-9901982-1-3)を買った。

あと、日本新聞博物館の展示も面白かった。例の写真電送機Nikon NT-1000とかSONYのマビカとかKODAK DCS-100(Nikon F3ベースのデジタルカメラ)とかスピードグラフィックとかカメラだけでもおもしろい。日本新聞博物館の常設展示は平日の午前中ということもあって空いていたが、福島菊次郎展は結構混んでいて驚いた。

【追記】
福島菊次郎氏愛用のカメラとして展示してあったのは、Nikon Fブラック + Nikkor-UD Auto 20mmF3.5とNikon F-801 + Ai AF Zoom Nikkor 35-70mm F3.3-4.5S<New>だった。
【追記ここまで】

【追記】
1階のエントランスにあるでっかい輪転機の前には各フロアの説明と下段に撮影禁止と書かれていて、2階にも撮影禁止とあったので、全館撮影禁止かと思って3階と5階の常設展示の写真は撮らなかったのだが、今日本新聞博物館のサイトの利用案内を見たら、

Q.写真撮影はできますか。

A. 2階の企画展示室、ニュースパークシアターは撮影をご遠慮いただいています。
3階、5階の常設展示室フロアは撮影できます。

って書いてあるやん。重たいNikon F3とNikon D300持って行ったのに1枚も撮らなかった…(泣)。また今度写真撮りに行くぜ(泣)。フロア図の各階ごとに撮影禁止かどうか表記しておいてくれよ。おそらくできれば撮って欲しくないんだろうなぁ。そんなんじゃ入館者増えないぞ。ブログの力をなめてるだろう(泣)。
【追記ここまで】

【関連】
【福島菊次郎写真展】いよいよ20日まで!!(DAYSから視る日々2013年10月8日)
福島菊次郎さんが来館(日本新聞博物館スタッフブログ2013年9月18日)
日本新聞博物館ミュージアムショップ

92歳の報道写真家 福島菊次郎展(日本新聞博物館)チラシ表
92歳の報道写真家 福島菊次郎展(日本新聞博物館)チラシウラ

コメント

_ めがねのパイロット ― 2013年10月17日 19時19分54秒

 掲載の写真を見ただけでも、重みが伝わってきますね。
 時代に押しつぶれた人々の叫びでしょうか。

 時間があれば、見に行きたいのですが、遠くて・・・

_ Haniwa ― 2013年10月17日 23時40分38秒

めがねのパイロット様
パンフレットの印象よりもさらに重いです。

展示の半分は『ピカドン ある原爆被災者の記録』からのものです。
被爆者の中村さん一家の大変な姿が10年以上に渡って撮り続けられます。

さらに1/4は水俣病や足尾銅山の写真です。『公害日本列島』

三里塚の写真もたくさんありました(『戦場からの報告 三里塚・終りなきたたかい』)。木に自分を縛り付けて抵抗している人を咥え煙草でチェーンソーで切り倒す行政側とか(もちろん木に自分を縛り付けていた人は重傷と説明書きにありました)。色々考えさせられる写真展です。

>時間があれば、見に行きたいのですが、遠くて・・・

パネルはかなり年季の入ったものでしたのでいままでもあちこちで展示されてきたんだと思いました。次にどこかで展示してくれるように思います。もしお近くで開催されることがあれば是非に。買った「証言と遺言 福島菊次郎写真集」にはパネルにあった写真家本人の解説と同じ解説文はなかったです(文が短い)。

_ いつもとおりすがり ― 2013年10月19日 08時42分45秒

Haniwa様、皆様

今風に言えば、「反骨すぎる写真家」ですね。聞くところによると、本人は政府への抗議の意味で年金は受け取らず生計を立てていらっしゃるとかで...

作品は以前に雑誌でみたことはありますが、ほとんどのジャーナリストがさほど踏み込まない国内軍需産業分野の写真ドキュメントは貴重だと思います。

ただ、日常に溢れている軍事転用可能技術やそのおこぼれ商品などに目を向けてみると、いかに日本列島全体が「ものづくり」精神において戦争と密接な関係にあるかよくわかるかと思います。最近やたらと話題になる自動運転の車の技術など、すでに軍事目的で使われているもののおさがりでしかありませんし、そもそも無人機開発が何のためにあるのか、想像を働かせる必要があるでしょう。NHKを含め、その部分については言及しませんから。

_ Haniwa ― 2013年10月21日 13時26分19秒

いつもとおりすがり様
お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

>今風に言えば、「反骨すぎる写真家」ですね。

プロの写真家になる際に、奥さんと別れて子どもを連れて上京したと書いてありましたし、誰にでも真似のできるものではありませんね。

>本人は政府への抗議の意味で年金は受け取らず生計を立てていらっしゃるとかで...

確かに反骨過ぎます。ただ、国民年金だと65,541円/月ですね。他の厚生年金や共済年金の受給額と比べると別の意味で抗議したくもなると思います。

>作品は以前に雑誌でみたことはありますが、ほとんどのジャーナリストがさほど踏み込まない国内軍需産業分野の写真ドキュメントは貴重だと思います。

防衛庁を騙して撮ったと書いてありました。正式に取材を申し込んで、最初にどこを撮ってはいけないのかを聞いてその部分をノーファインダーで撮って、それ以外の部分を普通に撮って回ったと書いてありました。あとで広報部に「騙したな」と言われたと。今だったら出版を断る会社が多いような気もします。

>ただ、日常に溢れている軍事転用可能技術やそのおこぼれ商品などに目を向けてみると、いかに日本列島全体が「ものづくり」精神において戦争と密接な関係にあるかよくわかるかと思います。

そうなんですよねぇ。顔認識もデジカメやビデオで便利というだけじゃないんですよねぇ。

>最近やたらと話題になる自動運転の車の技術など、すでに軍事目的で使われているもののおさがりでしかありませんし、そもそも無人機開発が何のためにあるのか、想像を働かせる必要があるでしょう。NHKを含め、その部分については言及しませんから。

そういうのは福島第一原発で活躍して欲しいですねぇ。だからといって無人機があれば今後も原発の稼働はしてもいいというわけではないですが。

_ いつもとおりすがり ― 2013年10月21日 15時10分02秒

Haniwa様

>ただ、国民年金だと65,541円/月ですね。他の厚生年金や共済年金の受給額と比べると別の意味で抗議したくもなると思います

取材費がどの程度なのかわかりませんが、フィルム代にあてれば結構な額になりますよね。

>防衛庁を騙して撮ったと書いてありました

そのようなエピソード思い出しました。時代を感じます。

しかし、完全独立型であれば、本来そうあるべきですよね。話はそれますが、最近、グリーンピースのメンバーがフランスの原発施設に侵入しセキュリティ対策不備を証明し告発しましたが、そのような手段をとらなければ暴けない真実というのは多々あると思いますし。そのための社会的役割や責任というのは、やはりどこかで担保されなければと思います...

>顔認識もデジカメやビデオで便利というだけじゃない

ここ10年くらいの技術の進歩によるものですよね、イラク戦争、アフガン戦争、それらのもとにある対テロ戦争という名のプロパガンダ...

自動運転の車は、そのようなシステムの警備車両がイスラエル国境パトロールに使われているのをニュースでみました。最初にどこの企業がその技術を開発したかという問題よりも、むしろ、そういったものが「市場原理」で一般化され世界中に広まっていくことに疑問すら感じない一般大衆/世論にこそ深刻な問題があるのではないかと思います。ある意味、「核の平和利用」という名のもとで正当化され続けている核開発の原発問題と同じですね。いくらなんでも騙され続けるにも限度があるのではないかと...

あと、人を持ち上げたりするための介護用ロボットなど戦闘目的みえみえなんだと思いますが、そんなことさえ日本では議論にならないというか、残念なくらいメディア規制が効いているのだと思います。「市場原理」に(日本人的)良心などあるわけがないのですが...

_ Haniwa ― 2013年10月22日 08時15分23秒

いつもとおりすがり様
>取材費がどの程度なのかわかりませんが、フィルム代にあてれば結構な額になりますよね。

もらっておけばフィルム代にはなりますよねぇ。そこは反骨過ぎる写真家ということなんでしょうね。

>そのような手段をとらなければ暴けない真実というのは多々あると思いますし。そのための社会的役割や責任というのは、やはりどこかで担保されなければと思います...

秘密保全法制の問題もこのあたりに絡んでるんですよねぇ。
近代立憲主義や社会契約説の理解がないと、すぐに「国家の秘密は守らなければならない」と国民の前に国家が来てしまうんですよねぇ。

殺人ロボット兵器の禁止を 人権団体、各国に協議要請
ttp://www.47news.jp/CN/201310/CN2013102101002566.html

というニュースはありますが、既存のどういう技術と関係しているのかなどの報道はあまりありませんね。

>自動運転の車は、そのようなシステムの警備車両がイスラエル国境パトロールに使われているのをニュースでみました。

むしろパレスチナ側に提供したい技術ですよねぇ。いや、戦争はいかんのですが。

そんな(一方的)無人戦争するんならいっそのことバーチャルなゲームで決着付けたらどうかと思いますねぇ。

_ いつもとおりすがり ― 2013年10月22日 17時45分22秒

Haniwa様

>秘密保全法制の問題もこのあたりに絡んでる

どんどん「戦争する普通の国」になってきています。

>殺人ロボット兵器の禁止を 人権団体、各国に協議要請

先進国、途上国ありとあらゆる人、生活を巻き込んでいるでしょう、グローバル社会の歯車にがっちりと組み込まれているわけですから。

>無人戦争するんならいっそのことバーチャルなゲームで決着付けたらどうかと

プレイステーションは軍も使う戦闘シミュレーターだとか。

ビデオゲーム/コンピュータゲームで勝負を決着させるのであればチェスでもいいかもしれませんが、チェスは頭がよくないと勝てません!笑

_ Haniwa ― 2013年10月23日 09時21分35秒

いつもとおりすがり様
>どんどん「戦争する普通の国」になってきています。

自民党の目指すところですからね。前回の選挙では全有権者の17%しか自民党に投票していないのに、すべてが支持されたかのようなやりくちは、小泉政権時の郵政民営化とか大阪のハシシタ氏などと同じですね。歴史に学ばないと…。

>プレイステーションは軍も使う戦闘シミュレーターだとか。

PS3は米軍も活用していましたね。グラフィックの処理能力が優れていてスパコンよりも遙かに安い、と。

>ビデオゲーム/コンピュータゲームで勝負を決着させるのであればチェスでもいいかもしれませんが、チェスは頭がよくないと勝てません!笑

それも一つの方法ですね。貧困な国でも対等に戦える平和な方法で決着が付けば。まあ決着付ける必要もないんですけれども、どうしても戦いたいという人はそういう方法で満足して戴く、と。

_ いつもとおりすがり ― 2013年10月24日 15時19分28秒

Haniwa様

昨夜のNHKクローズアップ現代はまさにこの自動運転技術についての内容で、グ−グルをはじめとするIT系企業が開発を進めてきた人工知能と、日本の車メーカーが得意とする電子制御の自動車の合作である、と。運転技術用のデータ収集は実際にサーキットで熟練のレースドライバーに運転させたものだったり、あるいは、タクシーの車載カメラによる映像からだったりと、企業/研究チームそれぞれ違いがありましたが、そのようにどんどん蓄積され、インプットされ、進歩していくようです。

ということは、その行く末は、車の場合は完全独立型の人工知能ロボットカー、その他の分野においては戦闘ロボットだったり、介護ロボットだったりと、次第に人間から非人間へと姿を変えていくのでしょう。これを「文明」というのか、単に「大企業支配型社会への変貌」というのかわかりませんが、20世紀にSF小説で描かれたような世界がすでに現れつつあるといえるかもしれません。

となると、例えば、デジタルカメラの写真や動画/音声データや、SNS上で人々が交わす何気ない会話/コミュニケーションのログ/データなどもどこかで同じように使われることになる、あるいはすでに使われているのでしょう。「ビッグデータ」は、実存の人間の思考や言動、感情などの「コピー」なわけで、そのようにどんどんインプットされる流れにあるのだと思います。

_ Haniwa ― 2013年10月24日 17時23分03秒

いつもとおりすがり様
クローズアップ現代、見損ねました。NHKオンデマンドで見るしかなさそうですが、昨日のはまだ上がってませんね。

Googleはあらゆる情報を集めていますからね。Android端末が情報収集機になっています。Googleマップの交通情報はほぼリアルタイムで渋滞を反映していますね。端末持った人々の移動速度を集めて実現しているようです。近所で渋滞しているところがあるなぁと思ったら、バス停でした。バス停にバスが停まっているとバスに乗っている人の端末がそこに留まりますし、バスが止まっていることで他の車の速度も落ちます。それでバスが行ったらプチ渋滞表示解消してました(笑)。ある意味おそろしいですよね。こういう情報と自動運転技術とが合わさるとさらに「正確」になっていくんですね。

>となると、例えば、デジタルカメラの写真や動画/音声データや、SNS上で人々が交わす何気ない会話/コミュニケーションのログ/データなどもどこかで同じように使われることになる、あるいはすでに使われているのでしょう。「ビッグデータ」は、実存の人間の思考や言動、感情などの「コピー」なわけで、そのようにどんどんインプットされる流れにあるのだと思います。

NSAに盗聴されているだけでなく、Googleが「合法的に」集めたりしていますし、SuicaのようなFelicaチップからの情報もあります。駅の新しい自販機は購入者を撮影していますし。もうジョージ・オーウェルの『1984年』は実現しているんでしょうね。

_ いつもとおりすがり ― 2013年10月25日 09時55分23秒

Haniwa様

>バス停

コミュニティバスや路線バスなどは次第に自動運転化されるかもしれませんね。運転手の不祥事のニュースもありますし、バス会社側としてはその技術が気になるところなのではないでしょうか。まだまだテスト走行が必要でしょうけれど、日本の公道では法規制でできないので「特区」を設ける必要があるそうです。お馴染みの「規制緩和」です。笑

>NSAに盗聴されているだけでなく、Googleが「合法的に」集めたりしていますし、SuicaのようなFelicaチップからの情報もあります。駅の新しい自販機は購入者を撮影していますし。もうジョージ・オーウェルの『1984年』は実現している

問題は、開発企業だけがつくりあげた「データ」によるものではなく、一般庶民/ユーザーの生活行動が連動していることでしょう。それも先の渋滞情報のように「ライブ」で。そこまで浸透しているということは、「ロボット」自体、「すでに市民権を得ている」といえるかもしれません。

_ Haniwa ― 2013年10月29日 09時03分31秒

いつもとおりすがり様
お返事が遅れてすみません。

>コミュニティバスや路線バスなどは次第に自動運転化されるかもしれませんね。

高速バスなどは自動運転に適しているかもしれませんね。街中の細々したところを走るバスは、無人運転化すると色々難しいかもしれません。ただ、乗務員のいない長距離バスって怖くて乗れませんよね。バスジャックとか痴 漢などにどう対処するのか、ですね。

そう考えますと、新交通システムみたいに閉じているものは、犯人も逃げ出しにくいし、ほかを走ることもできないので無人運転は適していますが、バスは別の意味で無人化は難しいような気がしてきました。バスは学生や女性やお年寄りの利用者の割合が高いので、そういう別の安全性が求められるような気がします。

>日本の公道では法規制でできないので「特区」を設ける必要があるそうです。お馴染みの「規制緩和」です。

こういう「規制緩和」ははやく実現するんですよねぇ。

>そこまで浸透しているということは、「ロボット」自体、「すでに市民権を得ている」といえるかもしれません。

誰も意識的に承認していないのにいつの間にか…という感じですね。

_ いつもとおりすがり ― 2013年10月30日 09時34分48秒

Haniwa様

監視カメラの件で引っぱってしまいますが、昨夜のNHKニュースで偶然みたのですが、客が入店する時点で客の顔をとらえ、その客が店内をどのように動き、どの棚の前で何の商品を手に取り、あるいはまた棚に戻すのか、その動きを数センチ単位でとらえる技術が紹介されていました。おそらくすでに普及していてどこかで運用されているものだと思います。開発企業は日立でした。

先の渋滞情報と似ていますね。気持ち悪いです。

あと、電車の運賃が一円単位で値上げできるようになるとのことで、IC用ときっぷ用で値段が異なる可能性があり、その場合、「IC用はきっぷ用と同じか安くなるように」というのが政府の方針だそうで、IC化を推進することで個人情報収集拡大の思惑があるのではないかと思われます。本来であればどちらも公平におこなわれるサービスであるのに、片方を「割引」して差別的に「お得感」を出すというのは、ETCの高速割引の件と同じですね。

生活の細かい部分でこのようなことが多々起こっています。

>新交通システムみたいに閉じているものは、犯人も逃げ出しにくいし、ほかを走ることもできないので無人運転は適しています

リニア新幹線はその実験システムのようなものかもしれませんね。

>バスは学生や女性やお年寄りの利用者の割合が高いので、そういう別の安全性が求められるような

ですので、「特区」構想なのでしょう。何年かかっても、何を犠牲にしてでもできるまでやるというのが日本の政府と企業文化ですから。庶民にとってはたまったものではありませんが。

_ Haniwa ― 2013年10月30日 10時28分39秒

いつもとおりすがり様
>客が入店する時点で客の顔をとらえ、その客が店内をどのように動き、どの棚の前で何の商品を手に取り、あるいはまた棚に戻すのか、その動きを数センチ単位でとらえる技術が紹介されていました。

テレビで公開される防犯カメラは顔が分からないぐらいに解像度が低いのに、そういう用途だと妙に細かいんですね。気持ち悪いと思います。グリコ犯のキツネ目の男も困ると思います(笑)。

鉄道運賃の件は私も同じように思いました。公平じゃないんですよね。SuicaやPasmoはかなり普及しているようですが、いまだに駅の券売機で現金で切符を買っている人をたくさん見かけるので、ICカードを使っていない人もまだまだいると思います。10円未満の差でも積み重なると大きいですよね。現行制度ではJR東日本の普通列車の(自由席)グリーン車が、駅の機械でSuicaにグリーン券情報を記録してから乗車するのと、乗車してからグリーン料金を払う場合とで差がありますね。
ttp://www.jreast.co.jp/tabidoki/green/about.html

ETCはかなり不公平かもしれませんね。クレジットカードを持てない人は、ETCパーソナルカードで保証金を預けないとETC料金の恩恵を受けられないですし。

>リニア新幹線はその実験システムのようなものかもしれませんね。

リニア新幹線には色んな意味があるでしょうね。あと東海地震対策もあるでしょうね。東海道新幹線の収入に頼っているJR東海は、別ルートを用意しておく必要があるんだと思います。

>ですので、「特区」構想なのでしょう。何年かかっても、何を犠牲にしてでもできるまでやるというのが日本の政府と企業文化ですから。庶民にとってはたまったものではありませんが。

新自由主義の行き詰まりは明らかなんですけれどもねぇ。アメリカでオバマ政権になっているのもそういう流れだったはずなんですが、日本では小泉「改革」でやられたのに性懲りもなく…。民主党の党内クーデタで一気に流れが変わってしまったんですよね。

_ ノーネームしたん ― 2013年11月03日 15時12分41秒

>反骨の写真家

「報道の自由なので有力スポンサー”電痔連”に配慮した呆道しかしません」
と対極にある報道姿勢、
自由なマスゴミさんには爪の垢で無くフィルムの裁断屑でも飲んでいただきたい(泣)、
フィルムの裁断屑を規制値以下飲んでもタダチニ影響は無い・・・。

_ Haniwa ― 2013年11月05日 18時17分34秒

ノーネームしたん様
お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

>「報道の自由なので有力スポンサー”電痔連”に配慮した呆道しかしません」
と対極にある報道姿勢、

いやぁすごかったです。これは必見です。写真集もよいのですが、この展示のパネルに付いている説明がよいのです。反骨といいますか抗議していることが淡々と書かれています。あのパネルごと出版してもらえないかなぁ。

>自由なマスゴミさんには爪の垢で無くフィルムの裁断屑でも飲んでいただきたい(泣)、

飲みやすく細かく針状にしたものをお届け致します(泣)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索