ニコン、“レンズの味”と“収差”の関係を解明へ(デジカメWatch)2013年09月18日 00時00分00秒

八景島シーパラダイス:Nikon F3、Ai AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D(IF)、28mm、F8AE、Kodak PORTRA160、L37c、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED、ICEありROCなしGEMなし、Windows7 64bit、NikonScan 4.0.3

ニコン、“レンズの味”と“収差”の関係を解明へ(デジカメWatch)なのだそうだ。

ふーん、という感じだ。デジタル時代になって、カメラ側の要素の比重が高まったので、レンズの味がどうのとか言えなくなったからだ。フィルム時代にはよく写っていたレンズがデジタルだと全然駄目とかあるので、デジタルカメラ側をフィルム並みにレンズを選ばないようにしてもらわないとなぁという感じだ。

それよりもソニーAマウントレンズ対応のNEX用「SPEED BOOSTER 35mmフルサイズの画角で撮影が可能(デジカメWatch)の方が気になる。

ソニーNEXのボディに、35mmフルサイズのソニーAマウントレンズを装着できるマウントアダプターなのだそうだ。これのニコンFマウントのFX用レンズをDXボディに付けられるものが出たら値段によっては買うかもしれない。縮小光学系が入るから画質が気になるんだろうが、どうせデジタルだから画質とかどうでもいい(笑)。写ってりゃいいんだよ(笑)。デジタルなんだからなんでもありだから、こういう面白いものをどんどん出して欲しい。ニコンはこういうのは絶対にやらないからね。

35mmフルサイズのソニーAマウントレンズをソニーNEXのボディにつけて縮小光学系で35mmの画角を得るのはフランジバックの差があるからまだいいが、35mmフルサイズ用ニコンFマウントレンズ(FX用レンズ)を、ニコンのAPS-Cボディ(DXフォーマット)に装着する場合はフランジバックがまったく同じなのでさらに工夫が必要になるだろう。でも実売5万円ぐらいで実現するのなら、買う人は多いと思うよ。DXボディ持って行ったらワイコンみたいな使い方ができるもの。35mmフルサイズ用レンズをDXボディで35mmフルサイズで使いたかったらSPEED BOOSTERを付けておいて、望遠が足りないと思ったらSPEED BOOSTERを外すとか、広角から標準域ではSPEED BOOSTER付けておいて、望遠レンズはSPEED BOOSTERなしで使うとか、DXボディが活きてきますな。


写真は記事とは関係ない。
八景島シーパラダイス:Nikon F3、Ai AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D(IF)、28mm、F8AE、Kodak PORTRA160、L37c、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED、ICEありROCなしGEMなし、Windows7 64bit、NikonScan 4.0.3

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索