ハイマウント雨傘(HUS.)の取っ手がもげた2013年09月06日 00時00分00秒

ハイマウント HUS. – Smart mini Series 折りたたみ雨傘
ハイマウント HUS. – Smart mini Series 折りたたみ雨傘

今日はカメラネタでなくてすまん。このところ集中豪雨やにわか雨が多くて折りたたみ傘が手放せないが、家人の使っているハイマウントというメーカーの折りたたみ傘のグリップがもげた。買って1年経っていないと思う。

HUS. – Smart mini Seriesというものだ。もげたところをみると、非常に細いプラスチックの軸が傘の軸の中に刺さっているだけの構造のようで、グリップの太さを考慮すると、すぐに折れて当然と思われた(通常は軸外周にねじを付けてねじ込みにするところだろう)。買ったのは登山用品屋さんで、傘のメーカーもアウトドアグッズを扱っているメーカーのようだ。

そこで、問い合わせフォームから修理可能か聞いてみたら、すぐにメールで返事が来て、修理は可能で場合によっては交換になるという。無償~1000円だという。

それで、現物を送りたいのだが、手元によい封筒がないので1週間も経ってしまった。郵便局でクッション封筒を売っているようなので(ゆうパック包装用品)、壊れた傘を持って郵便局に行ったら、「扱ってません」だと。本当に郵便局って使えないよね。国営企業の融通のきかなさと民間企業の阿漕さを併せ持った最悪の企業になりはてた。ただ、これをこちらもちの送料で送るとなると、宅急便とか使うと高くなってしまうので、送るのは郵便局の定形外郵便物で送るしかない。

そう考えると、リコーなどのカメラメーカーのピックアップサービスって便利だよね。梱包材を用意しなくても、取りに来て梱包してくれて送れるから。今回の傘のようにずるずると送るのが遅れたりしない。

【追記】クッション封筒を扱っていないと言った郵便局はおそらく特定郵便局なので、帰りに集配をやっている大きな郵便局に行ってクッション封筒を買ってそこに壊れた傘を入れて送ってきた。どうせ民営化するんならサービスの悪い特定郵便局は契約切って別の経営と入れ替えて欲しい。【追記ここまで】


無理矢理カメラネタにすると、こういう写真を撮るときはフォーマットの小さいカメラの方が被写界深度が深くてよいですな。GR DIGITALを修理に出しているので痛感した。D300とAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRで撮ったが、こんなにボケてくれなくてもいいのに、という感じだ。VRがついているが、手ぶれ補正のないGR DIGITALの方が感度も上げずにぶれずに撮れる。

【関連追記:2013年9月17日】
ハイマウント雨傘(HUS.)その後 ― 2013年09月17日

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索