「SPEED BOOSTER」にニコンGレンズ対応モデル(デジカメWatch)2013年07月05日 00時00分00秒

横浜市電保存館(2013年5月撮影):Nikon F100、Ai Nikkor 45mm F2.8P、F4AE、純正プロテクトフィルター、専用フードHN-35、Kodak PORTRA400、Nikon SUPER COOLSCAN 5000ED(Windows7 64bit)

「SPEED BOOSTER」にニコンGレンズ対応モデル(デジカメWatch)を発売なのだそうだ。

0.71倍の縮小光学系を内蔵するマウントアダプター。絞りリングを持たないニコンGタイプレンズ向けに、絞り操作が可能な機構を備えた。

SPEED BOOSTERは、35mmフルサイズ用のレンズを装着すると、APS-CフォーマットのEマウント機ではほぼレンズ本来の画角、マイクロフォーサーズでは35mm判換算で約1.4倍相当の画角になるというマウントアダプター。また、集光により開放F値は1段明るくなるとしている。

SPEED BOOSTER躍進中ですな。これで、35mmフルサイズ用(FX)のニッコールレンズをAPS-Cサイズ(DX)のニコンFマウントで「本来の画角」で使えるアダプター作ってくれないかなぁ。もちろんAFやAEなど電気的な連動もちゃんとした上で。そうしたら、先行き不安なDX専用レンズを買わなくても済むし、FXとDXの併用にいいんじゃないかなぁ。テレコンがあるんだから、ワイコンじゃないけれどもこういう広角アダプターがあってもいいはず。

もっとも、DXフォーマットにはSIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMのような意欲作も出てきているので、先行き不安と言ってしまってはいけないのかもしれないが。SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMは、交換レンズ実写ギャラリー SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM(デジカメWatch)を見る限りでは、かなりピントが薄くて、ピントのあったところから少し外れたところの描写がなんとなく流れたような感じでもう一息という感じがする。滑らかにぼけているという感じではないのだ。なんか流れている画像の中にピントの合っている部分があるという感じなんだよねぇ。ベータ機らしいので、製品版ではもう少しよくなっていると思いたい。


写真は記事とは関係ない。
横浜市電保存館(2013年5月撮影):Nikon F100、Ai Nikkor 45mm F2.8P、F4AE、純正プロテクトフィルター、専用フードHN-35、Kodak PORTRA400、Nikon SUPER COOLSCAN 5000ED(Windows7 64bit)

現在改修のため休館中の横浜市電保存館。休館直前の5月の連休に撮影。今年(2013年)7月20日にリニューアルオープンらしい。

コメント

_ 地蔵 ― 2013年07月05日 19時18分39秒

>もちろんAFやAEなど電気的な連動もちゃんとした上で。そうしたら、先行き不安なDX専用レンズを買わなくても済むし、

 DXは、入門機用のマウントとして残るでしょうね。実際売れてるのはDXが圧倒的だし。ただ、ヘビー業務用のレンズや機種は、ニコンからは出そうにないですね。
 そういえば、ニコンCXマウントアダプターも見事Dレンズ切捨てです。ソニーの方は、カップリング用のモータ付きのNEX用Aマウントアダプターだしましたから、ニコンもカップリング式モータ内臓マウントアダプターやるかもしれませんが。
 D800買わないで、捨て値で売られているニコン1にアダプターかませる予定です。ミラーレスはEVFの見え方から、動体撮影には一定の制限がかかりますが、ミラーショックがない分、D800のトリミングより歩度まりが高くなると踏んでいます。
 ただ、動画撮影が目的なら、HS50みたいなネオ一眼の方が使いやすく、十分だと思います。静止画も300万画素縮小でどうにか見れるレベルにはなるので、A4くらいまで、またじろじろうるさく言わなければ
A3プリント以上でも使えないことはないし。

>、ピントのあったところから少し外れたところの描写がなんとなく流れたような感じでもう一息という感じがする。

 この前ご紹介したニッコールQとか、旧80-400AFDの方が、チャート数字超えた立体再現力があるという話と通じるところがあります。平面チャートで測定した数字=実写ではないですから。
 サンニッパズームも、仕上げ部分の甘さ、光学的には周辺の解像とかぼけ方をあっさり捨て去った割り切りで、あの値段で出せています。正直、極周辺の劣化のすごさは、すごいです。望遠レンズで主役以外はぼけてくれた方がありがたいことが多いので、実写では気になりませんが。
 周辺や、ボケはシグマは苦手ですね。いわゆるぼけ方が緩やかで、立体的なぼけ方、画像の平坦性では、トキナーは卓越してますです。画像の平坦性(像面歪曲補正)が優秀なので、AFポイントの周辺使ってもシグマのようにピンずれが起こる率が少ないし。開放解像度、ハロ、逆光性能が緩めなので不評を買いますが、トキナー(ATXのみ)の真骨頂は、立体感を醸し出すなだらけなぼけ方です。カラーバランスもニコンと酷似するなど、色再現の正確性でも優秀なのがトキナーです。
 ハニワさんはトキナーで悲惨な目にあいましたが、中身を空ければ、トキナーの(AT-Xのみ)各部材そのものは、シグマよりグレードの高いものが使われています。組み付け加工がお粗末なのが市販に出るという弱点は、シグマトキナー共通してますが。ハニワさんの場合はトキナーでしたが、私の場合は新品で買ったシグマのテレコンの接点圧力が足りなく(マウントの遊びについてこれない)、補償修理させて使っています。このあたりの微妙な調整とか、シグマはまだいまいちなところもあります、対応自体は大変丁寧ですが。結局、熟練職人を放り出してしまったために、製品自体の設計と硝材はよくなっても、肝心の組み付けのノウハウが下がってきているのかもしれません。

 出荷前点検などの精度の高さで、ニコンが高いのにはそれなりに理由があったのですが、ニコンも、最近の非国産レンズはその辺のつくりが手抜きが多いですね。ニコンの普及タイプレンズ、中国製やタイ製、しかも工程を簡素化したつくりならもっと安くできるはずですが。

_ Haniwa@m(_ _)m ― 2013年07月08日 12時58分39秒

戴いたコメントのお返事はお待ちください。m(_ _)m

しかし、この暑さはなんでしょう。めまいがしますね。

_ とんかつ ― 2013年07月08日 22時22分34秒

Haniwa さま

ここんところの、レンズの話題が多くてコメントしたいけれど
遅れました。

ここは、Haniwa さまのページです。

・・でね。私が、NEX-7のことを伝えても、つまらないことです。
おーー昔のロッコールを使いたいためで購入したのだから、そこの後花火大会や盆踊りが有って、使いやすいとしても、撮像された画が記録されたものとプリントでは(町のラボ)ただのもの。

キポンのアダプターでロッコールが装着できるものと、ニッコールのGレンズで絞りをコントロールできるアダプターを購入しました。

>「本来の画角」

顔を、真っ赤にして言う

>電気的な連動

買えないひがみは承知している。高価なレンズを組み立てて居るところと、そこのところを何にも知らない国内のサービス。バラしてそのあと組み立てられないでしょ

>なんか流れている

テッサーオタクとしては、・っむという感じです。

>ピントが薄い

ヘキサノンの50mmを思います。ライカのノクチより・・・

Ai 50mm F1.2の 解放描写・

_ Haniwa ― 2013年07月09日 08時21分03秒

皆様、お返事が遅れてすみません。

■ 地蔵様
DX機の扱いが微妙になってきていますよね。仰るようにDXは入門用としては残るかもしれませんが。いまのラインナップではD4買うしかない層がありますよね。

>そういえば、ニコンCXマウントアダプターも見事Dレンズ切捨てです。

こういうのをさらっとやるのが最近のニコンですね。CXは新しいマウントだから仕方ないという見方もできますが、DXの下級機では随分前から多くのAFレンズでAFできませんし、ものすごく不親切な会社だと思いますよ。新しく買う人には勧めたくないシステムですね。

>D800買わないで、捨て値で売られているニコン1にアダプターかませる予定です。

Nikon1は安ければ買ってもいいですよね。変に高い「高級コンパクト」買うよりも値打ちがあるかもしれません。

SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMは意欲作だと思いますが、作例をみるとあんまりきれいに見えませんね。ピントのあったところ以外のボケが汚すぎるんだと思います。

トキナーは12-24mm IIで懲りる前は評価していたのですが…。鏡筒の造りや写り方など好ましい感じでした。店頭で3本連続でなんらかの不良があるようなレンズメーカーは駄目だと思います。残念ですが、私の中では存在しないメーカーとなりました。積極的にトキナーの悪口を広めないだけマシだと思って戴きたいです(思い出すと腹が立ってきて色々書きたくなりますが-笑)。

シグマの接点圧力が足りないというのは、CPU用接点ピンの取り付け形状が純正と違うからではないでしょうか。今のシグマレンズの接点はどうかわかりませんが、昔の28mm F1.8だと、純正の接点ピンは放射状についているのに、シグマのは全部鉛直方向にピンがついていました。これだとピンがバネで上下するようになっていても、接点の頭が斜めに減ってきました。メンテナンスに出した際に接点が新しいものに交換になっていましたが、やっぱりピンの生え方は純正とは違ってました。

まあ不良品が多いとか耐久性のない製品のメーカーというのは対応はいいところが多いです。そこで対応が悪いと誰も買わなくなるからです(笑)。

>結局、熟練職人を放り出してしまったために、製品自体の設計と硝材はよくなっても、肝心の組み付けのノウハウが下がってきているのかもしれません。

デジタル用になってから、組み立て精度の要求が上がっているのかもしれませんね。設計段階で組み立て時のことも考慮するはずなんですが、それも限度があるのかもしれませんね。

>出荷前点検などの精度の高さで、ニコンが高いのにはそれなりに理由があったのですが、ニコンも、最近の非国産レンズはその辺のつくりが手抜きが多いですね。ニコンの普及タイプレンズ、中国製やタイ製、しかも工程を簡素化したつくりならもっと安くできるはずですが。

まあ18-55mm VRなどは安いといえばかなり安いですよね。あれで手ぶれ補正が内蔵されているんですから。目茶苦茶軽いところをみると、硝材などに高級なものを使わないようにしたりしているんだとは思いますが。

_ Haniwa ― 2013年07月09日 08時38分12秒

皆様、お返事が遅れてすみません。

■ とんかつ様
昔のロッコールを使うためにNEX-7をご購入とのこと、割り切られていてうらやましいです。私はなかなか割り切れないのですっきりしないことが多いです。

ミラーレスももう少しこなれてきたら、レンズ遊びなどやってみたいなぁとは思います。ただ、アダプターを使わないで、カメラと純正レンズでどれだけ撮れるのかはもう少し見極めたいですね。某スポーツ撮影でNEXと18-200mmを使っている人がいましたが、ちゃんと動体に追従しているのかは聞けませんでした。

>>「本来の画角」

>顔を、真っ赤にして言う

ミラーレスで、35mmフルサイズのレンズが使えるものが買える値段で出たら、そこがひとつの区切りだと思いますね。

SPEED BOOSTERはサードパーティだから、ここは意欲的に電気的にもAFカップリングも対応したFX→DXアダプターに挑戦して欲しいですね。

>バラしてそのあと組み立てられないでしょ

組み立て精度の問題や職人さんの問題もあって、ユニットでごっそり交換というのも多いんでしょうね。

>>なんか流れている

>テッサーオタクとしては、・っむという感じです。

SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMはピントの合っていないところが流れたような汚い写り方なので、流れた像の中にピントが合っている部分があるという感じですね。しかもピントのあっているところはシャープではありますがそんなにきれいな感じではないという…。

>>ピントが薄い

>ヘキサノンの50mmを思います。ライカのノクチより・・・

>Ai 50mm F1.2の 解放描写・

この辺のレンズの絞り開放は、ぐるぐるボケとややコントラストの低下したピントのあった部分という感じですよね。コントラストは低下しているけれどもピントの芯はちゃんとある感じですね。

_ 地蔵 ― 2013年07月10日 19時31分10秒

>純正の接点ピンは放射状についているのに、シグマのは全部鉛直方向にピンがついていました。これだとピンがバネで上下するようになっていても、接点の頭が斜めに減ってきました。メンテナンスに出した際に接点が新しいものに交換になっていましたが、やっぱりピンの生え方は純正とは違ってました。

 確認しましたが、接点ピンおっしゃる通りですね、これで幾分金属が節約できますが、コストダウンできてるのかなあという感じですね。ケンコーのテレプラスはまあ、普通という感じ

 後、自動絞り連動レバーも、シグマテレコンのは、ニコンのTC-14E2の半分くらいの厚さしかないペラペラレバーです。幅も狭いし。ケンコーのテレプラスは、自動絞り連動レバーの厚みはニコンほどありますが、正確に測ってませんが、やはり幅はTC-14E2の4分の3くらいかな。

 シグマのサンニッパズームになると、耐久性に考慮したという宣伝通り、普通のシグマレンズよりは、連動レバーの厚みがあり、高いグレードらしいものですが、それでも幅は狭く、ニコンの廉価レンズ(他社の高級レンズよりこの部分は立派です)や、トキナーATX100Mのレバーの方が立派に見えます(笑)

 接点の周辺の開放レバー周りも、ケンコーテレプラスは全プラスティック、ニコンは接点部分以外は全金属、シグマテレコンはニコンと同じですが、金属を節約するようなデザイン設計です(笑い)。

 こういうのを見てると、シグマのレンズがなぜ安くできるかということがわかるわけですね。

_ Haniwa ― 2013年07月12日 09時01分31秒

地蔵様
お返事が遅れてすみません。

最近のシグマのレンズもニコン用CPU接点は放射状じゃなかったですか。ある意味一貫していますね。

ケンコーのテレプラスは純正と同じく放射状にピンが生えていますね。シグマだけがあの接点形状なんですかねぇ。

連動レバーの幅は、当たる側の位置さえちゃんとしていれば幅は関係ないので、そういうところでコストダウンや軽量化をするんでしょうね。

エンジニアリングプラスチックを使うのが一番コストダウンなんでしょうかねぇ。軽くなりますし、後の加工が少なくて手間が掛からないのかもしれませんね。

サードパーティ製のレンズは、いくら性能がよくてもあんまり高いと売れない宿命がありますから、やっぱりコストダウンが大切なんでしょうね。消費者は、安くて高性能で、でも耐久性ないのは嫌とかわがままですが(笑)。

_ ノーネームしたん ― 2013年07月21日 13時49分54秒

あゝ縮小光学系でなくそのままの画角で延長の奴が有れば・・

_ Haniwa ― 2013年07月25日 09時27分44秒

ノーネームしたん様
お返事が遅くなってすみません。m(_ _)m
いまごろは再び亡命先かもしれませんが。

>あゝ縮小光学系でなくそのままの画角で延長の奴が有れば・・

わたしもそう思います。Gタイプをフィルムカメラで使えるようなものですよね。

画質がどうのとかあるんでしょうが、デジタルなんでなんでもありです(笑)。画質だってなんとでもなるような気がします。時間の問題です。だって歪曲収差とか放置であとで画像処理とかもう普通じゃないですか。

ということで、ほかにもニコンFマウントでFX用のレンズをDX機に付けてFXの画角になるSPEED BOOSTERお願いします。ついでにGタイプ用に絞りリングも付けておいてください。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索