フジカラーPRO400Hを試写する(赤城耕一のフィルムカメラパラダイス)2013年07月01日 00時00分00秒

フジカラーPRO400Hを試写する(赤城耕一のフィルムカメラパラダイス「FILM&IMAGE VOL.31」)

来春で休刊(という名の廃刊だろう)が決まった、FILM&IMAGEのVOL.31(2013 Summer)の赤城耕一のフィルムカメラパラダイス第24回はフィルム番外編として「フジカラーPRO400Hを試写する」だ。

フジカラーPRO400Hは、海外向けの(プロ用)ネガカラーフィルムで、国内では最初逆輸入で、途中から一部店舗で扱いが始まり、今回日本国内向けのPRO400(135)が製造中止になることから、正式にPRO400Hが国内販売されることになった。
富士フイルム PRO 160C、PRO 400H、PRO 800Zネガカラーフィルム ― 2008年09月22日
あけましておめでとうございます。富士PRO 400Hゲット! ― 2009年01月01日
富士フイルム PRO 400Hフィルム試写してみたが… ― 2009年02月05日
富士フイルムPRO 160C、PRO 400H、PRO 800Zがヨドバシで売っていた ― 2009年06月05日

新登場のフジカラーPRO400Hは従来のフジカラーPRO400に代わる 高感度のプロフェッショナルタイプのカラーネガフィルムである。

PRO400Hは以前から海外向けに発売されており、数年前から日本でも一部で試験的に発売されていたが、好評のためこのたび一般発売されるものである。これによって、富士フイルムのISO400のプロフェッショナルタイプのカラーネガフィルムは全世界でPRO400Hに一本化されることになる。

「好評のためこのたび一般発売されるものである。」から「これによって、富士フイルムのISO400のプロフェッショナルタイプのカラーネガフィルムは全世界でPRO400Hに一本化されることになる。」へのつながりがおかしいよねぇ。好評のため一般発売されるようになったらどうして「PRO400Hに一本化されることになる。」のか。それは135のPRO400が製造販売中止になったからだ。富士フイルムの発行する雑誌だから、そこは書きにくかったんだろうなぁ。でもよく読めば気づくように書いているところは偉いですな。

PRO400Hの特性はまず「第4の感色層」の採用によって、光源の種類を 問わず忠実な色再現が期待できることだ。昼光だけではなく電球色、蛍光灯下などで美しい色再現が可能になるのはPRO400Hならではの大きな特徴であり、多種類の光源がミックスされた状況下でも美しい色再現のプリントを制作することが可能になる。

驚きの滑らかな階調再現性

肝心のPRO400Hの色再現性だが、華美に走らず、落ち着きのあるニュートラルな色再現をすることが大きな特徴になっている。このため、商品の色を忠実に再現したい広告写真、人物写真にも向 くほか、建築写真、風景写真にも良い結果が得られるだろう。

個人的にとくに好感を持てたのは女性や子供の肌の再現性の美しさである。オトナのためのカラーネガフィルムという印象を強くもった。きわめて軟らかい調子のため、階調再現性は驚くほど広く、 しっとりとした潤いのあるプリントを制作することができ、ディープシャドーからハイエストライトまでの繋がりがたいへんよい。また明暗差の大きな条件でも不自然さがないのがいい。デジタルとはまったく異なる写真を制作することができるはずだ。

階調が豊富だし、滑らかな肌再現もいいのだが、やっぱり色調が気になる。なんとなく寒色系で顔色も決してよくない。元コニカのネガフィルム愛用者からみたら、なんか蝋人形っぽくないか。まあコニカの方が不自然に赤みの乗った肌再現なのかもしれないが。肌だけでなく、PRO400Hの空の色も青く抜けてなくてなんか渋いんだよねぇ。

もちろんPRO400Hはカラーネガフィルムであるから、色再現に関しては、プリント時にコントロールが可能である。

仰るとおりですな。わざわざこんな風に色再現はコントロール可能なんて書くのはなんでだ(笑)。

まあせっかく残っているフィルムをけなすのはあれだが、残っているフィルムは硬調派手派手系ばかり、色再現がまだマシだった軟調系のPRO400は、軟調であっても寒色系のPRO400Hに置き換わるとは…。なんだかなぁ。前回は「このフィルムはもうこれで終わりにしたい(笑)。」と書いたが、無くなってしまう前にもう一回使ってみるか。光源の色温度に左右されにくいというのはメリットだし。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索