富士フイルム「FILM&IMAGE」来春で休刊2013年06月26日 00時00分00秒

富士フイルムの季刊誌「FILM&IMAGE」が来春刊行の33号で休刊するそうだ。少し前に届いていたのだが、忙しかったり腰痛で開封していなかった。

2013年6月

『FILM&IMAGE』休刊のお知らせ

拝啓 向暑のみぎり、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は弊社製品に格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございます。

さて、突然のお知らせで恐縮ではございますが、本情報誌『FILM&IMAGE』は、来春刊行の33号をもちまして休刊させていただきます。2005年秋の創刊以来、多くの皆様にご愛読をいただき、現在まで31号を刊行してきましたが、この数年間に写真のデジタル化がいっそう速まり、読者数が著しく減少し、刊行の継続が困難な状況となりました。読者の皆様には何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。長い間ご愛読いただきありがとうございました。

定期購読システムにつきましては既に終了しておりますが、今号で定期購読が満了となる方には次回32号および最終33号を、次回で満了となる方には33号を無償でお届けいたします。

なお、フイルムなどの銀塩感光材科は継続して製造販売できるよう、これからも最大限の努力を続けて参りますので、今後とも変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。
                 敬具

富士フイルムイメージングシステムズ株式会社
  フォトイメージング事業部 営業推進部
         プロ営業支援グループ

残念ですなぁ。しかし、富士フイルムのフィルムラインナップがこんな状態なのに、季刊誌でこのフィルムを使おうとかこのフィルムの特長は…とかやりにくいだろうね。読者数が著しく減少しているのかもしれないが、もともとそんなに多くなかったでしょ。

富士フイルムはアスティアがなくなり、センシアがなくなり、リアラエースがなくなり、PRO400がなくなり、一体何のフィルムを使えばいいんだ状態なので、「フイルムなどの銀塩感光材科は継続して製造販売できるよう、これからも最大限の努力を続けて参ります」とか言われても全然信用できない。

超広角レンズ付けた超高画素ビデオで高速度撮影しっぱなしなんていうのが実現する前にフィルムはなくなってしまうんだろうなぁ。前の技術を凌駕する新しい技術ができる前に、前の技術が廃れていくんだよねぇ。

コメント

_ Eddie ― 2013年06月26日 08時31分46秒

世界文化遺産登録でFujiの名前が一層世界中で認知土度が上がる。フィルムは過去の遺物として忘れられる。富士フィルムが社名変更するのも近いかも。

_ Haniwa ― 2013年06月26日 08時56分08秒

Eddie様
>世界文化遺産登録でFujiの名前が一層世界中で認知土度が上がる。フィルムは過去の遺物として忘れられる。富士フィルムが社名変更するのも近いかも。

富士写真フイルムから富士フイルムになってそんなに経っていないのに、こんどは「富士」になるんでしょうか(泣)。「富士化粧品」とか「アスタリフト」になってしまうかも。でもアスタリフトは知名度無いですよねぇ。ここはとりあえずどーんと大昔の富士山マークを復活で。
ttp://www.creads.jp/blog/creative-logo/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%82%B4%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%86%E3%80%82/

_ jkz ― 2013年06月26日 10時51分24秒

こんにちは。
これまでは、カメラがバンバン売れたからフィルムが売れたのではなく、フィルムをコンスタントに消費する文化が各家庭や個々人にちゃんとあって、それではじめてカメラがそこそこ売れたのではないかと思います。そうして『一家に一台、撮影はお父さん。ボクも大きくなったら自分のカメラを持つんだ』みたいに、時間はかかりますが少しずつカメラ人口が増え、各フィルムの個性も豊かになって選ぶ楽しさが加わり…と、そこまでは良かったんですがねぇ。

以下、私のアイディアというか、儚い願望です。
光学機器メーカーの方から、最後のあがきかもしれませんが大々的に「フィルムで残す写真の文化」という感じで大々的に宣伝をやって欲しいですね。これまで散々フィルムのお世話になってきたんですから、せめて最後にそれぐらいやってもバチは当たらないと思うんですが。

今となっては全盛期と比較すると惨憺たる状況ではありますが、仮に本気でやるとすればまだ間に合うと思います。フィルムの良さをよく知る名の知れたカメラマン(スチル/ムービーを問わず)・印刷のプロ・映画監督その他まで大勢を引っ張り出せば、もしかするともしかして…ハァ~、出るのは溜息ばかりですねぇ (・・、)…

私は私で、できる限りで最大限に消費しようと思います(笑)。

_ いつもとおりすがり ― 2013年06月26日 11時05分10秒

Haniwa様、皆様

コメントが多くてすみませんが、一言だけ。

フィルム関連企業への進言は、消費者が株主になって、株主総会に出席して思う存分ぶちまけるというのも必要かと思います。そしてその様子がネットに配信され、さらに多くの消費者の賛同を募るという流れができれば理想的です。

企業の広報担当に文句を言っても、今の状況では相手にされないでしょう。動かすならもっと上の部分です。

_ tri-chrome ― 2013年06月28日 04時32分29秒

需要が年々加速度的に縮小してますから、メーカーを責めても仕方ないでしょう。慈善団体ではないのですから。カメラ雑誌もフィルムを扱う記事なんてほぼ皆無になりましたし、このままだと本当に終わりの日が来るでしょうね。ちなみに8mmの世界では今年Single-8が終焉の日を迎えます。供給を支えるのは需要だけです。

_ Roberto ― 2013年06月28日 15時22分27秒

2003年にDSLRを買った瞬間にフィルムがバカバカしくなって全部手放しました。 2009年にいったん復活。 ネガの階調と保存性によって家族写真を楽しみました。 カメラ・ライフとかカメラマガジンとか、フィルム系の雑誌もよく買いました。やはり銀塩は1枚1枚への思い出が強いです。 しかし2013年に入ってフルサイズ導入と同時にほとんど使わなくなりました。デジタルでもやわらかい描写が手に入ったからです。 さて次の復活はあるのか...あるとすればクラシックカメラ熱でしょうが、その時はフィルムが無いかもしれません。

_ たけぴょん ― 2013年06月28日 20時47分35秒

>フイルムなどの銀塩感光材科は継続して製造販売
まだコンパクト35mmフィルムカメラを一機種だけ販売していますからね。
それを中止にしてからしばらくは供給義務があります。

まあ、デジタルカメラを作るにもフィルムの技術を使う部分があるので最低限度は残るでしょう。

また、富士は液晶用の偏光フィルターのフィルムベースでも儲けているから液晶が元気なうちは大丈夫なのではと、、、。

ある時期になれば保存性の問題が指摘されて、、、、なんて考えています。
LPレコードや真空管のようにしぶとく残していくように努力いたしましょう。

tri-chromeさん

>8mmの世界では今年Single-8が終焉の日を迎えます。
富士からの供給は終わりますがショップレベルで残ります。
書いておかないと全て無くなると思い込んでしまうといけないので一応書いておきます。
ttp://film.club.ne.jp/item/cinevia.htm

そんな時代でありながら、あの事業状態でありながらコダックはこの春から新しい種類の「スーパー8フィルム」の販売を開始しました。
ムービーフィルムは西側ではコダックしかないので、、、。
まあ 米軍の需要がある限りなんとかなるでしょうけどね。

_ とんかつ ― 2013年06月30日 00時12分13秒

Haniwa さま
りーさま

明日は、コニカの現場監督 28 HG でいこう。ブレーカーが有れば傘いらないし
屋内でファインダーを覗いて表示されるものと、撮られる方のソバで計ると微妙な差があって、なおかつフラッシュを使うとなるとねえ。オートを外してマニュアルで撮ります。メーターでもたもたしているわけにはいかないのが、辛いところ。

だから、同じ機種の2台持ちに納得。・・全てフィルムのことなので、デジの場合はどうか解りません。

現場監督、手元に来た時はデート表示がなかった。裏蓋を見るとデート用のボタン電池が有って、交換したのだけれど、今見たらOK。プリントにデート表示できるのは私これだけ。

_ Haniwa ― 2013年07月01日 10時06分15秒

皆様、お返事が遅くなってすみません。

■ jkz様
>これまでは、カメラがバンバン売れたからフィルムが売れたのではなく、フィルムをコンスタントに消費する文化が各家庭や個々人にちゃんとあって、それではじめてカメラがそこそこ売れたのではないかと思います。

そうですよね。カメラは高いのでそうそう買い換えられず、ただ記念写真はコンスタントに撮るという形でしたね。私も基本はいうまでもそうです。記念写真撮るために写真撮っているんです。まあ家族親戚からしたら「記念写真撮るのになんでそんなにカメラやレンズがたくさん要るのか?」と思うでしょうが(笑)。

>光学機器メーカーの方から、最後のあがきかもしれませんが大々的に「フィルムで残す写真の文化」という感じで大々的に宣伝をやって欲しいですね。これまで散々フィルムのお世話になってきたんですから、せめて最後にそれぐらいやってもバチは当たらないと思うんですが。

私もそう思ってきたのですが、そういう気持ちはフィルムメーカーにはないんでしょうね。あるいはジレンマがあるのかもしれません。

私もまだ間に合うと思います。いろんな有名人が手弁当で協力してくれると思います。

富士が懸念しているのは、そんな風にして盛り上がってしまうと、やめたいときにやめられなくなってしまうことでしょうね。あるいはフィルムの保存性などがクローズアップされたら、デジタルカメラ事業とかインクジェットプリンターなど他の事業に影響が出かねない、と。そんな儚いものを売りつけていたのか、とか消費者が気づいたら困ると思っているんじゃないかと思いますよ。

>私は私で、できる限りで最大限に消費しようと思います(笑)。

私もそうしたいと思っていますが、デジタル一眼レフを持って行ったときに、フィルムでも撮りたいのですが、荷物が増えてしまって困ります。いまさらGR1とか買うのもなぁという気持ちですね。でも頑張って節目節目にはフィルムで撮っていきます。ここでの作例には出せないですが、誕生日とかいろんな家族のイベントはなんとかフィルムで撮っています。

■ いつもとおりすがり様
せっかくコメントを戴いているのにレスポンスが悪くてすみません。なんか貧乏暇なし状態です(泣)。

>フィルム関連企業への進言は、消費者が株主になって、株主総会に出席して思う存分ぶちまけるというのも必要かと思います。そしてその様子がネットに配信され、さらに多くの消費者の賛同を募るという流れができれば理想的です。

そうですよね、ユーザーが少しずつ株を買ってまとまって発言とかできそうですよね。ニコンにも絞り環の件とかボディ内AFモーターの件とかAi連動の件とか。フィルムをコンスタントに使いつつ株も少しずつ買い占めて…。なけなしのお金で買った株が、フィルム事業の赤字で悲惨なことにとかならなければよいですが…。

■ tri-chrome様
>需要が年々加速度的に縮小してますから、メーカーを責めても仕方ないでしょう。慈善団体ではないのですから。

それは重々承知の上で、じゃあフィルムメーカーは衰退しないようになにか手を打ってきたかということを問うているんだと思います。

富士フイルムに関していえば、私はフロンティアの画質がフィルムに拘る理由をなくしてきたと思っています。個人的には、フィルムの階調性が気に入っていたので、富士の硬調派手派で路線にはずっと違和感感じていました。それでもアスティアやセンシアなどを出していましたからそれらをずっと使っていましたが、今残っているラインナップは…。PRO400Hは軟調でも色調に違和感あります。

>ちなみに8mmの世界では今年Single-8が終焉の日を迎えます。供給を支えるのは需要だけです。

そうです。その需要を支えるようなことをもっとやってほしいとフィルムユーザーは思っているんだと思いますよ。

_ Haniwa ― 2013年07月01日 10時29分46秒

皆様、お返事が遅くなってすみません。

■ Roberto様
>しかし2013年に入ってフルサイズ導入と同時にほとんど使わなくなりました。デジタルでもやわらかい描写が手に入ったからです。

35mmフルサイズは危険な香りですよね。私はなかなかFX機を買う機会とお金がなくてDX機1台のみですが、レンズラインナップを見ますと、やっぱり35mmフルサイズがいいですよねぇ。あと高感度や階調性もフォーマットが大きい方が余裕があります。

今のニコンのFX高画素機って柔らかい描写なんでしょうか。PCのモニターや雑誌で見る限り分かりません。やっぱり使ってみないと分からないことってあるんでしょうね。個人的にはそんなに高画素は要らないので、もう少し連写とかなんとかしてほしいです。

>さて次の復活はあるのか...あるとすればクラシックカメラ熱でしょうが、その時はフィルムが無いかもしれません。

私もビデオ方面が高画素高速連写になって撮りっぱなしにならないかなぁと期待しているんですが(そうしたらデジタルビデオは三脚立てて放置して、自分はフィルムで好きなものだけを撮れます)、実現する頃にはフィルムはなくなっているんだろうな、と思いますね。

■ たけぴょん様
>まだコンパクト35mmフィルムカメラを一機種だけ販売していますからね。
>それを中止にしてからしばらくは供給義務があります。

ほとんど売れていないでしょうね。でもラインナップしてくれているだけありがたいです。

>まあ、デジタルカメラを作るにもフィルムの技術を使う部分があるので最低限度は残るでしょう。

かなり高くなってきていますし、ラボなどの設備の維持も問題になってきますね。

>また、富士は液晶用の偏光フィルターのフィルムベースでも儲けているから液晶が元気なうちは大丈夫なのではと、、、。

そうなんですよね。ちゃんと「フィルム」で儲けてるんですよね。

>ある時期になれば保存性の問題が指摘されて、、、、なんて考えています。
>LPレコードや真空管のようにしぶとく残していくように努力いたしましょう。

私もそう思います。山手線に乗っていると原宿出て代々木の少し手前でレコード針のナガオカがちらっと見えます。あんな感じで残ればいいなぁと思いますね。

>富士からの供給は終わりますがショップレベルで残ります。
>ttp://film.club.ne.jp/item/cinevia.htm

>シネビア50D シングル8   現像料込3200円 (税別)

>超高性能プロフェッショナル用カラースライドフィルムであるフジフイルムの「ベルビア」を独自に8ミリ幅に切断し、穴あけ加工を施した弊社オリジナルの高性能フィルムです。

おお、これはすごいですね。しかし、ここに挙がっている元のフィルムはいずれも製造中止のリバーサルフィルムなので、ゆくゆくはプロビアなどの現行品からの加工になるんですかねぇ。

>そんな時代でありながら、あの事業状態でありながらコダックはこの春から新しい種類の「スーパー8フィルム」の販売を開始しました。
>ムービーフィルムは西側ではコダックしかないので、、、。
>まあ 米軍の需要がある限りなんとかなるでしょうけどね。

コダックってある意味すごい会社ですよねぇ。米軍はムービーフィルム使っているんですか。これもすごいことですよねぇ。

_ Haniwa ― 2013年07月01日 10時43分07秒

皆様、お返事が遅くなってすみません。

■ とんかつ様
今日はコニカの現場監督28HGがお供ですか。よいですね。このカメラのレンズは、近接側ではかなりよい描写だと思っています。露出もリバーサル使えるほど正確です。

>だから、同じ機種の2台持ちに納得。・・全てフィルムのことなので、デジの場合はどうか解りません。

DXフォーマットは嫌ですが、D300もう一台あった方がいいなぁと思うことはあります。これは仕事的な使い方が多いからでしょうね。フィルムだと私は仕事的な撮り方をしていませんで、キャラが被らない方がいいです。

フラッシュはオートだと金屏風とか悩ませるものがありますから、マニュアル発光の方がよいことがありますね。最近のプレ発光とかマルチパターン測光とかは非常に良くなってきていますが。

>現場監督、手元に来た時はデート表示がなかった。裏蓋を見るとデート用のボタン電池が有って、交換したのだけれど、今見たらOK。プリントにデート表示できるのは私これだけ。

プリントにデートを入れるのは作品的にはアレかもしれませんが、私は基本が記念写真なのでほとんどの写真に日付を写し込んでいます。あとで見たときにこれいつだっけかとならないのでよいです。

現場監督28HGも発売当初はデートなしモデルだけだったのですが、後にデート付きがでて、メーカーで裏蓋改造してもらったことがあります。
ttp://haniwa.asablo.jp/blog/2005/06/23/24357

F3もF-301もF-501もF100もすべて裏蓋はデータバックに付け替えてあります。もちろんCONTAX G1も。F3のデータバックMF-14は、カメラ本体の電池が切れたときにデータバックの電池が予備になりますね。まあF3本体の電池も滅多に無くならないんですが。

_ たけぴょん ― 2013年07月01日 23時07分41秒

>米軍はムービーフィルム

デジタル化も相当すすんでますけどね。
6×6サイズ程度の写真が秒360枚撮れるカメラ。
ttp://www.photosonics.com/70mm_10b_psi.htm
こんなフィルムもあります。
ttp://www.kodak.com/ek/US/en/Aerial_Industrial_Markets/Aerial_Imaging_Products_and_Services/Aerial_Films/Infrared_Films/AEROCHROME_III_Infrared_Film_1443_DISCONTINUED.htm

_ Haniwa ― 2013年07月02日 09時01分30秒

たけぴょん様
Photo-Sonics 70mm-10B instrumentation cameraってなんかすごいですね。NHK技研の特殊カメラと同じで、箱にレンズが付いたような無味乾燥さがかえってよいです。

KODAK AEROCHROME III Infrared Film 1443、おおっ赤外線フィルムがまだあった、と思いましたが、 (DISCONTINUED)とありますね。残念です。C-41処理可能なんですね。

_ Roberto ― 2013年07月02日 17時18分18秒

D600で柔らかい描写は、主に旧Dタイプレンズのためだと思います。35mmF2Dとか50mmf1.4Dとか、開放付近で使うと浅い深度と周辺の収差もあってフィルム時代の写りに近くなる気がします。
フォーサーズはレンズが優秀すぎて、開放からあくまでカリカリにシャープでしたので。

_ Haniwa ― 2013年07月03日 08時30分24秒

Roberto様
>D600で柔らかい描写は、主に旧Dタイプレンズのためだと思います。35mmF2Dとか50mmf1.4Dとか、開放付近で使うと浅い深度と周辺の収差もあってフィルム時代の写りに近くなる気がします。

これはよい情報をありがとうございます。デジタルでも開放から使えるというのはよいことばかりではないんですね。絞り環の有無とは関係ないですが、Dタイプレンズ万歳!\(^o^)/

>フォーサーズはレンズが優秀すぎて、開放からあくまでカリカリにシャープでしたので。

フォーマットの割に大きなレンズですから、そこを追求しているんでしょうね。ツァイスのレンズが大きくて重いのはあまり文句言われなかったですが、フォーサーズはよく文句言われましたね。何が違うんでしょうね。

_ タロウカジャ ― 2013年07月04日 01時20分47秒

富士フィルム発行の雑誌が来春に休刊になるのですか、創刊当時一年だけ購読したと思います。値段の割にペラペラで継続するのを止めたと記憶しています。
 ところで、雑誌が読まれなくなっているのと関連するかどうかは分かりませんが、「アサヒカメラ」と「日本カメラ」を近くのの図書館で予約して一カ月遅れで読んでいます。ネット管理なので、最近予約一番が簡単に確保できますし、借りている間もなかなか次の予約が入らないのもわかります。小さな町の図書館の雑誌の動向だけですから一概に言えないですがどうも写真雑誌に対する読者が減少しているのと関係していると思います。
高級デジタルカメラをはじめとする写真機材を買い支えている中高年がパワーダウしたのかな。
もっとも写真雑誌の常連カメラマンの皆さんもかなり高齢者が多いな、こんなところも雑誌が面白くなくなったことと関連しているのかな。
 昔、「カメラ毎日」が記事の路線を変更して、いくらもしないうちに休刊になった例もあるので素人がいい加減なことは言えないですが内容がつまらなくなったのは事実ですね。ネットで得られる情報に明らかに劣りますね。
どうするんでしょね。

_ Haniwa ― 2013年07月05日 13時17分51秒

タロウカジャ様
お返事が遅れてすみません。

>値段の割にペラペラで継続するのを止めたと記憶しています。

ですよね。創刊の頃はタダでお店に置いてあるという話もあって、結構がっくりきました。
ただ、これは富士フイルムに対してまだフィルム使う気があるよというメッセージ代だと思って購読していました。赤城耕一氏の連載も途中から始まりましたし。

>どうも写真雑誌に対する読者が減少しているのと関係していると思います。

私の地元の図書館でも、以前は借りようと思ったら順番待ちということもありました。製品サイクルが短いので、詳細に使った内容の記事になった頃にはもう古いとかあり得ます。それに巻頭グラビアがいつも同じ昔からおられる写真家ばかりです。新しい人の発表の場になっていませんから、マンネリ感も強いです。

雑誌ってなかなか難しいと思いますよ。写真工業の末期は技術的な内容よりもフィルムマニア向けになっていましたが、益々読者減らしている感じでしたし。私はフィルムマニア向けになってから「写真工業」を買うようになったクチでしたが。アサヒカメラとか日本カメラがフィルムマニア向けに舵を切ったらおそらく読者はもっと減るでしょうね。かといって、ネットの情報に勝る情報があるのかというと…ですし。

私は、雑誌が衰退しているだけではなくて、写真趣味の人口が減ってきているんじゃないかと思っています。記念写真の需要はありますし、少子化でかえって子どもの写真をちゃんと撮りたいとお金を掛ける層が出てきますからカメラはそこそこ売れると思いますが、趣味にしている人は減っているんじゃないかと思っています。自分の周囲で新しくカメラ趣味を始めたという人はあまりいませんが、もうやめたという人はごろごろいますんで…。雑誌だけでなく写真趣味がある意味では楽しくなくなっているんだと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)