キヤノン、「EOS-1D X」と「EOS-1D C」でAFが合焦しない現象(デジカメWatch)2013年06月19日 00時00分00秒

3450M:Ricoh GR DIGITAL、28mm相当、F2.4開放AE(1/55秒)、ISO400、-0.3EV、AWB

戴いたコメントのお返事ができていなくてすみません。キヤノン、「EOS-1D X」と「EOS-1D C」でAFが合焦しない現象(デジカメWatch)があるのだそうだ。

キヤノンは18日、デジタル一眼レフカメラ「EOS-1D X」およびデジタルシネマカメラ「EOS-1D C」の一部において、AFが合焦しないなどの現象が発生すると発表した。

いずれのカメラも、対象の個体においてカメラ駆動機構へのグリスの塗布不足により摩耗が生じ、下記の現象が発生する可能性があるという。
・AFが合焦しない。(摩耗に伴う微小な粒子の影響)。
・撮影中、ファインダー内の像がぼやける、または安定しない。(摩耗が進んだ場合)

(中略)

なお、いずれの機種も対象の機番であってもカメラの電池室に以下のマーキングがどちらか一方にあれば、対象製品ではない。

キヤノンはレンズ内モーターでオートフォーカス(AF)するから、ボディ側の摩耗でAFやファインダー像に影響するのはなぜだろうと思った。レンズ内モーターでピントに関わるボディ側の駆動部分って、ミラーかな。ミラーがちゃんと定位置に戻らないとハーフミラーに導かれる光路も変わってしまうし、もちろんファインダー像もピントが来なくなる。どうだろうか。

あと気になったのは、カメラの電池室のマーキングだ。こういうものが押されているということは、もっと前から不具合が分かっていて相当数出荷されてから公表しているということじゃないだろうか。違っていればいいんだが。なんかすっきりしないなぁ。


写真は記事とは関係ない。
3450M(185系OM08編成):Ricoh GR DIGITAL、28mm相当、F2.4開放AE(1/55秒)、ISO400、-0.3EV、AWB

国鉄特急色(157系塗装らしい)に塗り直された185系電車(OM08編成)。


戴いたコメントのお返事はお待ちください。貧乏暇なしです(泣)。体調もイマイチ。

コメント

_ やまろ ― 2013年06月19日 19時40分42秒

恐らく、お察しの通りじゃないでしょうか。最も大きく可動する部分ですし。

マーキングについては、何とも言えません。
私も製造業なので、何となくですが裏事情は垣間見えます
この手のマーキングやS/N変更などは、製品としては同じものとしても、内部で部品が変更されたり、不具合があって対策が入ったリなど、いろいろな節目で変更されます。
よくあるのは部品の製造メーカーの変更。図面としては全く同じ、でも諸事情により、部品メーカーが変更されることで、同じ図面に同じ部品素材を使っていても、メーカーが変われば完全に同じではないので、その部分で不具合が出たりすることはあります。
先に作った部品が不具合で、後から対策が入る場合もあれば、メーカー変更後、製造上の問題から不具合に発展する場合もあります。

不具合があっても、ある程度の発生数と、製造上の問題が見つかるまでは、簡単に公表できないですし、難しいところですね、この手の問題は。
作り手としては、そこまでの裏事情は開かせませんし、ユーザーには変な誤解を生みかねないですから。

_ ジャックsakura ― 2013年06月19日 21時58分41秒

私の妄想では、もっと前から不具合が分かっていたのなら製造Noで識別
できるし、まだ修理体制も整わない(「6月25日から対応予定」とあり
ますので)段階での公表ですから、既に製造Noの入っちゃってるごく
近々の製造品の中で緊急対応できた出荷品のみマーキングで識別
したと、また、25日以降、修理対応した機体にもこのマーキングを
施すことで将来的にも修理済みが識別できるようにすると、
そんな事情やないかと(根拠なし。空想です)。

_ たけぴょん ― 2013年06月21日 00時36分44秒

>マーキングだ。こういうものが押されている

可視インクのスタンプなら良いでしょう。
某メーカーの製品なんかインビジブルインクで怪しい番号が記載されている製品があります。

明らかに不具合の追跡のためなんですけどね。

黄色レンズの処理にしてもUV硬化接着剤(レンズの保守に)も不具合暴露にもUVランプは必要ですね。

注、スタンプ確認には殺菌等でなくブラックライトを。

ttp://www.hanko-friends.com/UV-luminous-ink/Luminous-ink[1].html

_ Haniwa ― 2013年06月25日 13時54分47秒

皆様、お返事が大変遅れてすみません。なんとか腰もよくなってきました。

■ やまろ様
ミラー駆動部以外に考えにくいですよねぇ。

>よくあるのは部品の製造メーカーの変更。図面としては全く同じ、でも諸事情により、部品メーカーが変更されることで、同じ図面に同じ部品素材を使っていても、メーカーが変われば完全に同じではないので、その部分で不具合が出たりすることはあります。

部品やメーカー変えたら問題が出たので対策品からマーキングしだしたんでしょうかねぇ。

以前バイクの純正部品をパーツリスト見て自分で取り寄せていましたので、部品番号がどんどん変わっていくその感じは分かります。改良されていたりコストダウンされていたり。バイクは人命に関わるので目に見えてのコストダウンよりは性能の改良の方が多かったですが。酷使して逝きそうになった部品を取り寄せたら番号が変わっていてまさにその部分が改良されていたとかありました。友人たちと「やっぱりねぇ」とか言い合っていたものです。

>不具合があっても、ある程度の発生数と、製造上の問題が見つかるまでは、簡単に公表できないですし、難しいところですね、この手の問題は。

そうですね、少数だと公表するまでもなく不具合で戻ってきたものに対処すればいいだけですものね。大量に一様に不具合が出たらメーカーブランドやその品種の信頼にも関わるので、リコールした方がいいということになりますね。人命に関わらない場合ですが。

情報ありがとうございました。

■ ジャックsakura様
>既に製造Noの入っちゃってるごく 近々の製造品の中で緊急対応できた出荷品のみマーキングで識別したと、また、25日以降、修理対応した機体にもこのマーキングを 施すことで将来的にも修理済みが識別できるようにすると、 そんな事情やないかと(根拠なし。空想です)。

結構緊迫した状況での告知なんですかねぇ。出荷前のちょっとしたチェックだと分からなかったんでしょうね。使い込んでいるうちに出てきて分かった不具合でしょうかねぇ。

そう考えますと、製造業の修理部門って重要ですよね。アフターサービスで信用を…というだけでなく、製造上のヒントの宝庫ですよね。SCでむげに追い返すとせっかくの無償超長期フィールドテスターが逃げてしまいます(笑)。まあニコンにしたら「もうMFカメラのフィールドテスターは十分すぎるほどいたからもう要らん」かもしれませんが…。

■ たけぴょん様
この不具合の場合、可視インクでないといちいちサービスセンター送りになってしまってかえって手間がかかりますね。

>某メーカーの製品なんかインビジブルインクで怪しい番号が記載されている製品があります。

>明らかに不具合の追跡のためなんですけどね。

なんか不安ですね(笑)。SCで「これ、どういう経緯で手に入れられました?」とか聞かれたりすると怖いです(笑)。

>黄色レンズの処理にしてもUV硬化接着剤(レンズの保守に)も不具合暴露にもUVランプは必要ですね。

>注、スタンプ確認には殺菌等でなくブラックライトを。

最近、有料施設の一時出場・再入場の確認にインビジブルインクが使われることが多いですね。再入場の際にブラックライトで手の甲を覗かれたりします。

ブラックライト用インクのご紹介ありがとうございます。売却予定のない自分の持ち物に全部押してしまおうかと思ってしまいました(笑)。無くしたものを見つけて「それ、オレのだ!」とブラックライトで照らすとハニワマークが…(笑)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索