キヤノン、35mmとブローニーフィルムのスキャン可能なCanoScan 9000F Mark II」を発売2013年02月27日 00時00分00秒

CanoScan 9000F Mark II

キヤノンは、35mmフィルムとブローニーフィルムをスキャンできる「CanoScan 9000F Mark II」を3月14日に発売するそうだ。
キヤノン、「CanoScan 9000F Mark II」を3月14日に発売(デジカメWatch)
キヤノン、統合ソフトに対応した「CanoScan 9000F Mark II」(デジカメWatch)

フィルム専用スキャナの種類も減ってきているし、フィルムをスキャンできるフラットベッドスキャナも少ない中で、新機種の発表はよいことだ。

35mmネガフィルム等倍 9600dpi 約6分10秒
1200dpi 約18秒
35mmポジフィルム等倍 9600dpi 約2分10秒
1200dpi 約10秒
L判カラー写真 300dpi 約4秒
A4カラー文書 300dpi 約7秒
http://cweb.canon.jp/canoscan/lineup/9000fmk2/index.html

しかし、ネガフィルムを9600dpiでスキャンすると約6分10秒というのはつらいですな。1200dpiでの約18秒とあまりにも差が大きい。私がいつもNikon SUPER COOLSCAN 5000 EDで設定している4000dpiだとCanoScan 9000F Mark IIは何分かかるのだろう。

9000F Mark IIでは新たに画像整理とスキャンを一括で行なえるというソフト「My Image Garden」に対応した。その他の主な製品仕様はCanoScan 9000Fと共通。

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130207_586746.html

PCの性能が上がって、メモリも安くなって、メモリも潤沢に扱える64bitのOSが広まったいまこそフィルムスキャンが快適に行える環境だと思うのだが、フィルム専用スキャナの多くは製造中止になってしまった。なんかチグハグだよねぇ。

コメント

_ ゆりこ ― 2013年02月27日 12時40分31秒

2月14日発売予定のものが延期になってましたが、発売日が決まりましたか。
旧正月で生産がとまってたのでしょうか。

ハード自体は無印9000Fと同じみたいですが、添付ソフトの変更も助かりますね。
最新OSで動くわけですから。

機種比較ページには4800dpiのスキャン時間が載っていました。HTTP://cweb.canon.jp/canoscan/comparison/
ネガで1分40秒なので、そんなに遅いわけではなさそう。

_ Roberto ― 2013年02月27日 15時48分30秒

フラットベッドで9600dpiって必要なんですかね?うちのGTX970はピントが甘いので2400以上に上げても意味ないです。

_ arayo-too ― 2013年02月27日 16時48分38秒

主様

デジカメ内蔵のフィルムスキャナもどきが多いなか、
フラットベッドとはいえ、こういった新製品が出る事の意義は
大きいと感じるであります。

小生としては、大本命の『opticfilm120』がいつ発売になるのかが、
ずっと気掛かりになっているのですが…。

_ 針の助 ― 2013年02月27日 21時23分03秒

opticfilm120 は198,000円で
去年の暮れから買えるみたいです。
荻窪カメラのさくらやから届いたダイレクトメールに載っていました。
ネットでは告知していないようですね。

別のルートでは
ttp://aug-inc.com/

ttp://www.aug-inc.com/cgi-bin/aug-inc/siteup.cgi?&category=3&page=3&view=&detail=on&no=10

4月発売278,000円のサイトもあります。


面白いのは
ttp://www.nexx.co.jp/products/filmscanner/nfs120/

ttp://www.nexx.co.jp/products/filmscanner/nfs220/

気に入ったのは↓ですが、、、
ttp://www.nexx.co.jp/products/filmscanner/nfs210/

KodakオリジナルのDigital ICE技術で
キズ・ホコリを除去出来るのは良いのですが、
スキャン時間が遅すぎますね。

_ 針の助 ― 2013年02月27日 21時29分53秒

浅沼商会

ttp://www.asanuma-netshop.com/products/detail_0000005382.php

278,000円ですね。

_ Haniwa ― 2013年02月28日 08時36分19秒

■ ゆりこ様
1ヶ月遅れで発売に決まったようですね。キヤノンって発表してから発売延期が多くないですか。いつも慌てて発表するんですかねぇ。慌てて発表すると何らかの効果はあるとは思いますが。

>ハード自体は無印9000Fと同じみたいですが、添付ソフトの変更も助かりますね。
>最新OSで動くわけですから。

これは重要ですよね。最近Windows OSのバージョンアップが激しくなってきているので、最新OSに対応してくれてしばらく持ってくれるとありがたいですよね。

わざわざ探してくださってありがとうございます。
1分40秒ですか。実用になるスキャン時間ですね。Digital ICEとか使うとまた変わってくるかもしれませんが。

■ Roberto様
>フラットベッドで9600dpiって必要なんですかね?うちのGTX970はピントが甘いので2400以上に上げても意味ないです。

鋭いご指摘ありがとうございます。御意にござります。
ttp://haniwa.asablo.jp/blog/2010/02/17/4883663
ttp://haniwa.asablo.jp/blog/2010/02/22/4898550

フラットベッドスキャナでむやみにスキャン解像度上げても意味ないと思います。完全にカタログスペックですね。

■ arayo-too様
>デジカメ内蔵のフィルムスキャナもどきが多いなか、 フラットベッドとはいえ、こういった新製品が出る事の意義は 大きいと感じるであります。

御意にござります。ハードウェアは変わって無くても新製品として出てくることを評価したいと思います。まだまだフィルムスキャン機能を必要としている人がいるとキヤノンは認識しているということですから。

Opticfilm120ですが、皆様ご指摘のように海外では販売されていて日本でも購入できるところがあるようです。

あと、こんな比較も…。
ttp://www.flickr.com/photos/thepictureswelove/8485750262/
何かの間違いだと思いたいです。

■ 針の助様
情報ありがとうございます。

しかし、OpticFilm 120で8万円も違うというのはすごいですね。輸入ものってルートや仕入れ時期によって価格がかなり変わりますが、8万円は大きいですね。

NFS-210って昔日本ポラロイド(現日本ポラデジタル)が発売していたPrimeFilm 1800iなどと似ていますね。
ttp://kakaku.com/item/00453710027/
日本ポラデジタルではもう扱っておらずサポートも終了しているようですが、
ttp://www.poladigital.co.jp/info/info_hardware.html
どこかで改良されて(解像度がアップしています)作り続けられているんでしょうね。
PrimeFilm 1800iのドライバとマニュアルのダウンロードはできるようです。
ttp://www.poladigital.co.jp/product/pf1800/pf_download.html

ただ、NFS-210のDigital ICEは、「Digital ICE3」ですので「Digital ICE4」とも「Digital ICE4 Advanced」とも違うのは注意点ですね。
ttp://haniwa.asablo.jp/blog/2005/09/15/75918

二重書き込みはアサブロの仕様に起因するんです。すみません。書き込んだ後の画面をリロードするともう一度同じ内容が書き込まれます。直して欲しいのですが、最近アサブロはアサヒネットに放置されていますので。

_ Roberto ― 2013年02月28日 12時24分40秒

最近、D600があるしマクロレンズとスライドコピーアダプターでも買ってコピーするのが一番かも?と思ったりしてます。
一応ピントは合わせられるのでフラットベッドよりマシかも...ネガのオレンジベースは消せるのかなあ。

_ Haniwa ― 2013年02月28日 14時33分10秒

Roberto様
デジタル一眼レフでデュープするのでしたら、HDRのような合成をするとよいと思います。デジタルカメラのダイナミックレンジはネガカラーフィルムのダイナミックレンジよりも狭いので。スキャナのメリットはダイナミックレンジにあるんだと思います。だから一度に全部読み取らないでスキャンするんだと思います。

オレンジベースの変換は試行錯誤するしかないかもしれませんが、なにかのアプリケーションに入ってないですかねぇ。フィルムスキャンがこんな状況ですから、今後デジタルカメラでのデュープがメインになる可能性もありますし。

_ Roberto ― 2013年02月28日 19時43分40秒

そうです、カメラにHDRモードがありますからね!RAWで撮って現像ソフトでいじることも出来ますね。マイクロ60mmの中古とスライドコピーアダプターで2万円余りで買えます。少なくともポジと白黒フィルムにはかなり使えそうです。スライドマウント用なのでスリーブフィルムには一工夫必要みたいですが。やってみようかなあ。

_ Haniwa ― 2013年03月01日 09時02分10秒

Roberto様
工夫すればフィルムスキャンと同じかそれ以上にできる気がします。

こういう手順をソフトウェアや高画素デジタルカメラの機能で提供してくれればお手軽なんですけれども。

一番難しいのはオレンジベースのものの色をうまく変換することでしょうね。各社ノウハウがあるんだと思います。是非ともView NX2やCapture NX2に組み込んで欲しいですね。

_ みっち ― 2013年03月01日 17時08分17秒

Photoshopのトーンカーブ・ダイアログを開くと、プリセットのカーブがお仕着せで、いくつか用意されています。この中の一番上の『カラーのネガ』というのが、カラーネガ→ポジ変換のカーブです。
でも、これじゃあんまり簡単すぎて、各種フィルム(それぞれ乳剤・ベースが違う)に対応できませんよね。
結局、それぞれのフィルムごとに、スポイト・ツールでホワイトを採って、自分でカスタムのカーブを作るしかなさそうです。
Photoshop用のPlug-inにColorPerfectというのがあって(もちろん有料)、これだと250種のカラーネガフィルムに対応!なんてなってますが、誰か使ってる人いるのかなぁ。(汗)

_ Roberto ― 2013年03月01日 18時42分03秒

何も写ってない全面オレンジのカットを使って、カメラ内でカスタムWB登録すればいいかも!?

_ Roberto ― 2013年03月05日 10時39分43秒

ttp://robertohouse.com/archives/7767116.html

やってみましたよー!
ポジなら快適快適!解像度もGT-X970を圧倒!パソコン要らずの複写は撮影っぽくて楽しいのも良いです。もうスキャナは使う気がしません。ただしネガは大変そうですね...

_ Haniwa ― 2013年03月05日 14時14分08秒

皆様、お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

■ みっち様
Photoshopにカラーネガ→ポジ変換のカーブがあるんですね。Elementsの方にはトーンカーブがないので、自分でなんとかするしかないですね。結局自分でなんとかするにしても、ベースになるものがあるのとないのとでは随分違いますから、PhotoshopやColorPerfectはよいですねぇ。情報ありがとうございます。

ここはやはりD800/800Eを売るためにニコンがView NX2にネガカラー変換機能を搭載して欲しいですね。

■ Roberto様
できましたね。おめでとうございます。\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
情報ありがとうございます。

ただ、シャドー部の描写がやはりスキャナとは違うように思います。以前透過原稿に対応していないフラットベッドスキャナで無理矢理ポジフィルムをスキャンしたときに似た感じです。しかし、後処理でなんとかなるレベルでもあるようにも思います。

次はネガとHDRをお願いします、と要求してみます(笑)。

たしかにスキャンは苦痛な面もあります。面倒です。時間も食います。でもデジタルで得られない結果がデジタル化される産みの苦しみだと思うようにしています。

それに、ICEありのバッチスキャンでエラーが出ない条件(プレビュー時からICEをONにしておく)を見つけましたので、Windows7 64bitで快適にスキャンできるようになりました。仮想環境よりもスキャン時間も短くて済みますので、しばらくはCOOLSCAN 5000EDで頑張ってみます(D800買えないし…泣)。

_ Roberto ― 2013年03月05日 16時37分05秒

さすがhaniwaさん!確かにシャドウの締りが少し足りず、締めようとすると潰れる感じですね。スキャナでもそういうことはありますが。
もうひとつ原因としては、実はほとんどのカットはポジをHDR撮影したんです。でもポジならHDRの必要は無さそうですね。ヌメっと気持ち悪い階調になることもありました。D600のダイナミックレンジのほうがずっと余裕ありそうな気がします。

_ Haniwa ― 2013年03月06日 08時29分26秒

Roberto様
原版が濃いので、光量か露出時間でシャドー部をなんとかできないですかねぇ。

こういう場合、フィルムスキャナだとスキャン時間を自動的に長くしているようです。あと、マルチサンプルスキャニングで改善するような原版かもしれませんね。

そういったものをデジタル一眼レフでのデュープでもまねていけばいい結果につながるような気がします。HDRの加減をうまくするとよさそうですね。

>D600のダイナミックレンジのほうがずっと余裕ありそうな気がします。

新しいデジタル一眼レフだとリバーサルフィルムよりもダイナミックレンジは広いと思います。私も以前から「コテコテのリバーサルフィルム使うぐらいなら最初からデジカメで撮るわい」と思っていました(笑)。

_ Roberto ― 2013年03月06日 13時50分37秒

ライトボックスの光量と露出時間はどちらで調整しても同じですかね?カメラのISO感度はいくつが良いか。単純に低ISOが良いのか。露出変えて数枚撮って後処理HDRなら自由が利きますね。あとは簡便にはアクティブDライティング撮影ですか。いろいろ調整要素はありますね。D600の暗部描写そのものは優れていますので、頑張ってみようと思います。

_ Haniwa ― 2013年03月07日 08時29分02秒

Roberto様
>ライトボックスの光量と露出時間はどちらで調整しても同じですかね?

ある程度までは同じだと思いますが、あまりに光量が多いとリバーサルの明部付近が大変なことになりそうですし。適度な光量というのがあるんだと思います。そうだとすると、フィルムスキャナのように露光時間で調整するのが基本なんでしょうかねぇ。

カメラのISOはそのカメラで一番性能のよい感度でしょうね。おそらくは基本感度が一番いいはずです。

露光時間を変えてHDRがよいのではないでしょうか。レンズの絞りも回折手前の最大に解像度の高い絞りで。

アクティブDライティングはやめておいた方がいいと思います。あれは不自然になりやすいですし、上がりが一定じゃないように思います。フィルムで撮ったのにGCみたいになる危険性が…。そのCGみたいなのをHDRするとさらに…。

基本感度で最適な絞り値で露光時間を変えた画像データでHDRというのがよさそうです。

_ Roberto ― 2013年03月08日 18時45分55秒

いろいろ実験中ですが、基本的にネガは暗く撮り、ポジは明るめに撮るのが良さそうです。ネガを明るく撮ってしまうと色補正が不可能になります。暗く撮ったネガはフォトショの階調反転→レベル自動補正で概ねまともな絵になりました。ネガの撮影時はWB=2500Kくらいが良さそうでした。いずれHDRも試してみます。

_ Haniwa ― 2013年03月09日 23時58分35秒

Roberto様
いろいろ情報をありがとうございます。

お蔭様で一眼レフでデジタルデュープというんでしょうか、フィルムをスキャンする代わりに撮影する手順が明確になってきましたね。

Photoshop Elementsには「階調反転」はないかもです。うちにあるのは5.0とか6.0とか古いバージョンですが。もうちょっと探してみます。

>いずれHDRも試してみます。

期待しています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索