Kodak フィルター製品3月1日から 10%値上げ2013年02月19日 00時00分00秒

Kodak WRATTEN2 FILTER

コダックのフィルターが3月1日受注分から10%値上げするとのことだ。
コダック フィルター製品 価格改定(引き上げ)のご案内(kodak.com PDF 286kB)

コダック フィルター製品 価格改定(引き上げ)のご案内

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜わり厚く御礼申し上げます。

さて、このたび弊社では、フィルター製品全般のメーカー希望標準価格を10%改定(引き上げ)させていただく運びとなりました。
昨今の原材料価格の高騰は、フィルター製品の製造コストに深刻な影響を及ぼしています。
このような状況の下、コダック社では全世界において下記フィルター製品の価格引き上げを発表いたしました。
お客様には多大なるご負担を強いることとなり誠に恐縮ではございますが、事情ご賢察の上、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

敬具

(1) 実施時期 : 2013年3月1日(金) 受注分より適用させていただきます。

(2) 標準価格改定対象製品および改定率(引き上げ率)
コダック ラッテン2 フィルター +10%
コダック ラッテン ゼラチン フィルター +10%
コダック セーフライト フィルター +10%
以 上

2000年頃に コダックはフィルターの製造ラインと販売権、「コダック・ラッテンフィルター」ブランドのすべてを、ハリウッド向けのフィルターメーカーであるティッフェン社に移管した、と毎日カメラ読本(2001-2002カメラこだわり読本)に書いてあった(毎日カメラ読本(2001-2002カメラこだわり読本) カタログ探検紀行【8】2001.8.10……写真フィルターの進化(初稿原稿)(伊藤幸司氏執筆)参照)。

日本ではティッフェン社の代理店をしていた銀一がそのときからコダック・ラッテンフィルターの代理店もするようになった。

だから、今回日本のコダック株式会社からこのような発表があるのは意外に思った。コダックはブランドだけ管理していると思っていたからだ。

コダックのフィルターはゼラチンフィルターで扱いが難しいので私は買ったことがない。富士フイルムのトリアセテート(TAC)製フィルターしか買ったことがない。

デジカメ時代になって、ホワイトバランスなどが簡単にいじれるようになったので、撮影時に色を補正するためのフィルターはあまり売れなくなっただろうなと思う。ヨドバシカメラではまだ富士フィルムのフィルターは見えるところに置いてあるが、コダックの黄色いパッケージのフィルターは見かけない。扱っているはずなので、言うと奥から持て来てくれるのかもしれない。今売れるのは色補正のものよりもNDフィルターだろうな。

利用者が少なくなっているとは思うが、厳密な撮影をする人には必要なものなので、10%の値上げで済んでいるのはまだマシな方だと思う。映画でも使うからこの程度の値上げで済んでいるのかもしれない。記念にNDフィルターでも買っておくか。

コメント

_ たけぴょん ― 2013年02月19日 23時01分26秒

普通の撮影にはアセテートフィルターで十分です。
RGB分解とかコダクロームの現像を行なう時の2次露光にはゼラチンがあると便利です。

個人的には塗らして厚く「ぶにょぶにょ」になったフィルターを触って楽しんでます。
食べたらまずいだろうなあ。

_ Haniwa ― 2013年02月20日 09時00分18秒

たけぴょん様
一般にはTAC製のフィルターで十分ですか。濡らすと駄目とか聞くとどうもゼラチンフィルターには手を出しにくいですよね。黄色いパッケージはプロっぽくて格好いいんですが。見栄で持ち歩くとか(笑)。ケースはコダックで中味は富士とか(笑)。

>RGB分解とかコダクロームの現像を行なう時の2次露光にはゼラチンがあると便利です。

勉強になります。やはりコダックのラッテンフィルターはプロ用という感じですね。

>個人的には塗らして厚く「ぶにょぶにょ」になったフィルターを触って楽しんでます。>
>食べたらまずいだろうなあ。

食べたら美味しいように味付けしたものも発売するとか(笑)。寿命が来たら美味しく食べられますって(笑)。でも味の成分が光学的に邪魔になりそうで駄目でしょうね。そうすると、別売で付けて食べる「たれ」をコダックブランドで…。

_ おおた ― 2013年02月20日 11時39分31秒

私も使ってるのはフジのシートフィルターですね(10cmの)。ハッセルの蛇腹フード(プロシェード)に挟み込めるので重宝しています。価格も手ごろですしね。ただガラス製のフィルターに比べて、すぐへたってしまうので、予備のフィルターも必ず用意しています。

ちなみに、主に使用しているのはSC56、SC60、ND3.0などで、たまーにSC72(波長720nmでのシャープカット、イルフォードSFX200用)、LBA、LBBフィルターも持ってます。

こればっかりは、本当に代替がきかないので、作り続けてほしいですね。

_ Haniwa ― 2013年02月21日 08時53分55秒

おおた様
ハッセルブラッドのプロシェードですか。よいですね。効果もありそうですし、格好いいです。

そうなんですよね、トリアセテート製なのでゼラチンよりは耐久性がありますが、ガラスに比べると傷などが付きやすいですね。

私はシグマの28mm F1.8用にSC-40Mを何回か買ったことがあります。スカイライトって昔は流行りましたが、最近は人気ないですね。シグマ28mm F1.8初代はやや緑がかっていて、紫外線も比較的通すような気がして、SC-40Mつけるとコニカのネガカラーフィルムでいい感じに写ったので一時期常用していました。あとは日食用NDフィルターぐらいですね。モノクロ用(Y48)などはガラスフィルターしか持っていません。

TAC製フィルターはガラスフィルターに比べて安いですからいいですよね。たくさん揃える必要があるときや、径の違うレンズが多い時はこういうシートフィルターは便利です。

いつも使う人は少ないかもしれませんが、いざというときにないと困るので、細く長く作り続けて欲しいです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?
aperture(stop)の日本語

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)