UHS-II規格対応のSDカード2013年02月08日 00時00分00秒

六角橋商店街仲見世通り(横浜市神奈川区):CONTAX G1、Carl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8、F8AE、+2/3EV、Kodak Elite Chrome 100(EB-3)、Kenko L37 Super PRO、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED(ICEありGEMなしROCなし、Windows7 Professional 64bit)

昨日は更新できなかった。すまん。ちょっと前の情報ですまんが、デジカメWatchによると【CP+】SDアソシエーション、UHS-II対応カードのモックアップを初公開なのだそうだ。

「えー、またかよ」という気分だ。SD系のカードはSD、SDHC、SDXCと立て続けに新しい規格になっていて、その上にUHS-Iとかもあって面倒くさい規格だなぁと思っていた。そこへ来て接点が増えるUHS-II規格かよ。なんじゃこりゃ。最初から余分に接点付けとけよ。

なんでこんなに不愉快かというと、そろそろカードリーダーを新調しようかと思っているからだ。PC本体の方もUSB3.0にして、カードリーダーもUSB3.0のものにしようと考えている。そこへきてまた新しいSDカードの規格だよ。今カードリーダーを買ってもUHS-IIには対応していないから、もしこのUHS-IIが主流になったらまたカードリーダーを買わないといけなくなる。カードリーダーぐらい安いといっても、壊れていないのに使わない・使えないものがごろごろあるのが気に入らない。

現在のところUHS-I対応のデジタルカメラは、50MB/秒のSDR50、またはDDR50を採用する製品が主流。104MBに対応するのは、プロ向けのデジタル一眼レフカメラのごくわずかと見られる。こうした現状から、すぐにでも民生用のデジタルカメラにUHS-II製品が広まる可能性は低いといえる。

UHS-IIについてSDアソシエーションでは、主にプロ向けの動画記録カメラでの使用が想定。最初の市場導入製品としては、「PCなど対応ホスト機器が5月に出てくるのでは」との予想をしている。

このUHS-II規格対応のSDカードは普及しないとみた。よし、安心して新しいカードリーダーを買おう…。

なお、うちのデスクトップPC、DELL Vostro430のPCI Express x1はサウンドカードで埋まっているので、これを外してPCI用の安いサウンドカードを買ってPCI Express x1を空けることにした。USB3.0用のボード(カード)は、PCIスロットではなくPCI Express x1用しかないみたいだからだ。ただ、Vostro 430のPCI Express x1は規格がRev.1らしく、USB3.0の拡張カードを付けても半分の2.5Gbpsしか出ないらしい。まあそれでもUSB2.0の480Mbpsの5倍ぐらいは理論値で速くなるので、意味はあるだろう。


写真は記事とは関係ない。
六角橋商店街仲見世通り(横浜市神奈川区):CONTAX G1、Carl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8、F8AE、+2/3EV、Kodak Elite Chrome 100(EB-3)、Kenko L37 Super PRO、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED(ICEありGEMなしROCなし、Windows7 Professional 64bit)

1年半ぐらい前に火事で焼けたあたり。空き地もあるが復興しつつある。しかし、再建された部分はなんか味気ない感じだなぁ。耐火にしつつもレトロな形で復興できないものか。
昨日、六角橋商店街で火事があったらしい(ヨコハマ・ビオゴン・モノクロ計画その21) ― 2011年08月09日
六角橋商店街その後、PORTRA160 + Biogon T* 28mm F2.8 ― 2011年10月18日

コメント

_ みっち ― 2013年02月08日 10時25分05秒

おおっ、完全復活されたようで、何よりですなぁ。(嬉)
みっちはあんまりSDカード好きではありません。CFが使えるところは、CFで行きたいです。

さて、ここで質問。
Haniwa氏のblogの根幹を成す、『絞り環』はどう読むのが正しいのですか?
『しぼりわ』?『しぼりかん』?

訓読みで『しぼり』と読むから、同じ訓読みで『わ』が自然ですかね。でも何か語呂悪くないですか。
みっちの昔の記憶ではあんまり『絞り環』という用語は見かけなかったような。
『プリセット絞りリング』とか呼んでたように思います。
英語読みなら、aperture ringで決まりですが。(笑)
訓読みで押すなら、『しぼりたまき』とか読むと、雅かもしれません。(大笑)

_ Haniwa ― 2013年02月09日 09時15分51秒

みっち様
ありがとうございます。完全かは微妙ですが、一応復活しました。

私もSDカードは好きではありません。PCカードスロットと共通のCFカードは息が長くてよい規格だと思います。

>Haniwa氏のblogの根幹を成す、『絞り環』はどう読むのが正しいのですか?
>『しぼりわ』?『しぼりかん』?

根幹じゃありませんが(笑)、言い続けないといけないのは写真関係にとって不幸なことだと思います。

私は「しぼりわ」と呼んでいます。ただ、以前は「絞りリング」と呼んでいた方が多かったです。今でも「しぼりわ」で通ずる人以外には「絞りリング」と言うようにはしています。このブログでは「しぼりわ」の方が字数も少ないしそれで通じますのでだんだんと「絞り環」になってきていますね。

「しぼりわ」という言い方は最近のような気がしますね。絞りリングのあるレンズが少数派になってからの呼び方のような気がします。

>訓読みで押すなら、『しぼりたまき』とか読むと、雅かもしれません。(大笑)

そうですね、音訓混じっているのは違和感あるかもしれません(笑)。音読みなら「開口部調節機構決定環(~かん)」とか(笑)。

_ タロウカジャ ― 2013年02月11日 12時15分05秒

SDカードの規格が拡大、この世界は何時まで試作品の山積みをするのでしょうかね。デジタルカメラの電池も同じ、同じメーカーさんならシリーズごとに統一、互換性を維持できないのですかね。どんどん使って、どんどん捨てて行くのがベスト何でかね。この傾向に二の足を踏んだメーカーさんは、脱落していんでしょう。カメラメーカーも何時の間にやらずいぶん減少しました。
CP+2013のカメラのカタログも往年に比べたら随分薄ぺらになりました。時の流れですかね。
風邪と花粉症気味であまり建設的内容でないな。

_ とんかつ ― 2013年02月11日 22時45分40秒

Haniwa さま

・・フィルムネタ。1月の15日に、コダックの200のネガの調子が良くて、さっきG1にベルビア50を詰めました。

我が家の梅の蕾が開花寸前で、白梅のあと紅梅に移って行きます。
プラナーで半分、ビオゴンで半分にします。
私は、このエリートクロームで撮られたものが、なんというか真冬と真夏の澄んだ空気を感じる、青と白の様子が好きです。
やはり、ネガフィルムとポジフィルムの特性の差を感じています。

_ ゆりこ ― 2013年02月12日 01時00分05秒

>カードリーダーぐらい安いといっても、壊れていないのに使わない・使えないものがごろごろあるのが気に入らない。

まったく同感です。しかし、カードリーダーは接点の寿命が意外と短いので「いきなり使えなくなったときの予備」としてちょっと古いのが残っているのは安心だと思います。

あと、UHS-II 規格は XQD のスピードに並ぶので「XQD を殺してくれる」可能性があります;-) こう考えれば悪いことではない気が……。

_ Haniwa ― 2013年02月12日 08時23分27秒

■ タロウカジャ様
>SDカードの規格が拡大、この世界は何時まで試作品の山積みをするのでしょうかね。

本当にそう思いますね。SDの上限2GBも、いまどきWindows95じゃないんだからと思っていましたが、SDHC、SDXCと小刻みに来るとは思いませんでしたね。

>デジタルカメラの電池も同じ、同じメーカーさんならシリーズごとに統一、互換性を維持できないのですかね。

多少は互換性あっても長くは続かないですよね。たいして性能が変わってないのなら互換持たせて欲しいですねぇ。

カメラメーカーは本当に減りましたね。デジカメの消耗戦に付き合うのは得策ではないと判断したんだと思います。経済も厳しいですし。どの世界も二極化が進行してるんですかねぇ。

この時期は体感的に一年で一番寒いですし、花粉症の方はそろそろ症状が出始める季節ですし、前向きな気持ちになりにくいかもしれませんねぇ。そろそろ梅の花を撮りに行って気分を変えたいですね。

■ とんかつ様
コダックGOLD100の後継で突如輸入が始まったGOLD200はよいですか。

CONTAX G1はあまりショット数が進まないのでしばらくニコンF3かF100にしようかと思っていたところです。G1は広角レンズなのにピントが来ていないコマが散見されて萎えます(泣)。距離ダイヤルで適当な距離に合わせた方がいいのかもしれませんが、操作性が難です。やっぱりサクサク撮れません(泣)。

そういうわけでPlanar買おうという気が起こらないのが困ったところです。

>私は、このエリートクロームで撮られたものが、なんというか真冬と真夏の澄んだ空気を感じる、青と白の様子が好きです。

まだ載せていないのですが、別のコマで冬の澄んだ青空が濃く出ているものがあって、ビオゴンとエリートクロームの組み合わせも悪くないなぁと思います。ああいう青空はネガカラーではなかなか出せないですね。コニカのJX400が粒状性はそんなによくはなかったのですが、現場監督28HGやAi Nikkor 20mm F2.8Sとの組み合わせで冬の濃い青空が出ていてよかったです。ああいうネガフィルムはもう出ないんでしょうね。

_ Haniwa ― 2013年02月12日 08時32分10秒

■ ゆりこ様
「エコ」が強調される時代になっているのに、こういう使い捨てがまかり通る分野は長くはないような気がします。

接点の寿命が短いですか。とすると、デジカメ側の接点も危ないですね。やはりデジカメは長く使えない運命にあるんですかねぇ。すっきりしないですねぇ。

>あと、UHS-II 規格は XQD のスピードに並ぶので「XQD を殺してくれる」可能性があります;-) こう考えれば悪いことではない気が……。

XQD…。なにを血迷ったのかと思う規格ですよねぇ。しかもニコンがフラッグシップにいきなり載せたりして。CFカードにアダプターをかませてXQDスロットに入るというのならまだ許せますが、ああいうつぶしのきかない規格にいきなりニコンが手を出すのはどうかと思いますね。

そう考えますと、仰るように、XQDをつぶしてくれる、やや互換性のある良い規格とも考えられますね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索