Windows7 64bitでCOOLSCAN 5000 ED (Nikonscan 4.0.3)2013年01月11日 00時00分00秒

Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED

昨日は更新できずすまんかった。って書くと、昨日(2013年1月10日)の朝日新聞東京本社版夕刊5ページの「小池龍之介の心を保つお稽古」の「失望されることを恐れるな」で批判されているのに該当するようだ(笑)。

コメントのお返事はもう少しお待ちください。m(_ _)m

ようやくWindows7 Professional SP1 64bitでフィルムスキャナNikon SUPER COOLSCAN 5000 EDを使えるようにセットアップした。実はWindows7については、32bitは公式に動作確認されている。

フィルムスキャナー

下記の機種とNikon Scan 4.0.3 の組み合わせにおいて、32bit版のWindows 7上で、基本動作に問題が無いことを確認しました。64bit版のWindows 7 についてはスキャナーが認識されないため使用できません。なお、今後の対応予定はありません。

SUPER COOLSCAN 9000ED, SUPER COOLSCAN 8000ED, SUPER COOLSCAN 5000ED, SUPER COOLSCAN 4000ED, COOLSCAN V ED, COOLSCAN IV ED
Windows 7 対応についてのご案内(nikon-image.com)

スキャナー用ソフトウェアダウンロードのNikon Scan 用ソフトウェアのところにVistaまでしか書かれていないので、Windows7 32bitで動かないと思っている方もおられるようだが、ニコンはNikonscanのダウンロードページを修正したり、Windows 7 対応についてのご案内(nikon-image.com)へリンクを張るつもりもないようだ。「基本動作に問題が無い」であって、完全に検証していないからかもしれないが、ニコンのフィルムスキャナに対するスタンスがよく分かる対応だ。

それで、「そのWindows 7 についてはスキャナーが認識されないため使用できません。」の部分が、実はちょっとしたことで認識できるのだというのがNikon COOLSCAN用Windows 7・Vista 64bit用非公式ドライバやまろ様バージョン ― 2010年02月23日であった。Nikon Scan 4.0.3をWindows7 Prpfessional 64bitで動かす(yamaro.asablo.jp)を参照して、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 EDをWindows7 64bitで認識させるのに成功。やまろ様ありがとうございます。

さて、問題のネガカラーフィルムでのICE(ゴミ・傷取り機能)ありスキャンなのだが、Windows7 64bit環境下でもやはりエラーが出てスキャンできない(DELL Vostro 430)。COOLSCAN 5000 ED(Nikon Scan4)のICEありバッチスキャンに失敗する ― 2009年12月27日参照。おそらくハードウェアに関連した何かがうまくいかないのだと思う。こんどUSB 3.0のボードをつける予定なので、そのボード経由でICEありスキャンに挑戦してみる。

Nikonscan 4.0.3なのだが、やや反応が悪く、環境設定を変更してOKを押すと無応答になったりする。ただ、環境設定以外のスキャンに関係した設定はちゃんと反応するので、環境設定はデフォルトのまま触らないことにする。さて、Windows7 64bitでメモリが4GBでスキャンすると、ネガカラーでICEなしGEMなしROCなしだと本スキャンが速い。1コマ約27秒だった。しかしVMware PlayerでWindows 2000 SP4(メモリ割り当て2GB)下でNikonscan 4.0.2を動かすと、ICEなしGEMなしROCなしで1コマ約60秒以上掛かる。ただ、ICEありでも1コマ120秒ぐらいなので、ICEありなしで60秒ぐらいの差だったらまあ許せるかなぁという感じだ。

問題はICEなしのスキャンで、Windows7 SP1(RAM 4GB)直下でNikonscan動かすのと仮想環境(VMware Player)下でWindows 2000 SP4(RAM割り当て2GB)とで約2倍のスキャン時間の違いがあるということだ。いやー、27秒で1コマのスキャンが終わるのを体験すると、ちょっと1コマ1分とか2分とか耐えられませんわ。スキャンしているときの音からして違うもの。

メモリを買い足してホスト側で8GBにしてゲスト側にもう少し割り当てを増やしてみようとは思うが、これはもうICEを諦めた方がいいかもしれない。よほど傷が多い古いフィルムならICEありでスキャンも仕方ないが、そうでない新しいフィルムは、ICEを諦めてWindows7直下でサクサクスキャンした方がよいように思えてきた。時間は有限だし。

しかし、このPCでICEさえ使えたら最高のフィルムスキャン環境なのになぁ。何が原因なんだろう。

【関連追記:2013年1月18日】
NikonScan4のICEありバッチスキャンでエラーのでない条件を発見 ― 2013年01月18日

コメント

_ いつもとおりすがり ― 2013年01月11日 13時39分33秒

Haniwa様、皆様

私はCOOLSCAN V EDを使っていますが、PCはスキャン専用に古いMacを残してあります。これが一番無難かと...

スキャンが面倒なのは今にはじまったことではないですし、撮影したコマすべて取り込むこともないので、あまり不便さを感じたことはありません。私の場合、モノクロならネガをみただけでいいわるいがわかりますし、カラーはほとんど撮らないので。

モノクロ中心なのは、やっぱり写真として撮りたい、残したいという気持ちが高まることと、自分で現像からプリントまでの作業がひととおりできて、結果もそれなりに満足できるからですね。

スキャンはあくまでもウェブ用、メール用、PC鑑賞用です。

_ やまろ ― 2013年01月12日 01時01分22秒

宣伝ありがとうございます。
ICEに再度失敗となると、ハードウェアに起因しそうなトラブルかも知れませんね。
IEEE1394接続だとうまくいかない場合もありますが、USB接続はそこまで相性などが出る報告は今までになかったですね。
ちなみにDell Vostro 430のUSBはどこのメーカーのチップでしょう?

_ タロウカジャ ― 2013年01月14日 18時29分21秒

明日、15日で正月の松も取れて一気に仕事モード。
新政権を揶揄される方が多いですが、どの様な社会にしたいのですかね。現状維持は、既得権者としての権利確保に繋がりかねません。一説には、もはやグローバルな時代は終わり、アジアの成長神話も過去形になりつつあるとか。
近い将来の経済バブルを先読みして小銭を稼いで、カメラ機材を買いますか。閑話休題
HANIWAさんは、パソコンと格闘し環境づくりに励んでおられるようでご苦労様です。
私も、新年にあたりコンタックスのレンズ活用のために新たにポデーを一台追加と考えております。昭和50年12月に蒸気機関車を見送ったようにフィルムと係っていきたいと思います。今、各地で復活しているSLの撮影は若い方にお任せして、時々、京都梅小路で昔なじみの蒸気機関車を見に行っています。

_ Haniwa ― 2013年01月15日 13時47分26秒

皆様、お返事が遅れてすみません。

■ いつもとおりすがり様
古い環境が残せればそれが一番ですよね。デスクトップPCはこのところ安いPCを買うせいか、いずれ壊れて新しい環境に移行せざるを得なくなってしまいます。今のPCを買うときに中古のMacも検討したのですが、Macって中古でもあまり値段が下がらないし、ダウングレード権もないようなので、諦めました。ダウングレード権があれば、最新のMacに動作確認済みのバージョンのOSを入れて使うことも考えたのですが。

一時期今後撮ったフィルムは全部デジタル化しようと思っていたんです。でもいまの仮想環境でのスキャンになってから滞っていますね。わずかでもホストOS下でスキャンするよりも時間が掛かると、トータルでかなり時間が違ってきますので。

私は写真部などに在籍したことがないので、自家現像は敷居が高いです。ずっとネガカラー派でした。コダクロームやモノクロは保存性を考えて撮っていた次第です。しかし、モノクロは、単に色がないとか保存性が高いというだけじゃないですね。奥が深いです。

私もフィルムスキャンからプリントしようとは思っていません。プリントはやっぱり銀写真プリントがよいです。インクジェットは何かが違うと思います。ただ、人に写真を配布するのに、デジタル化されていると便利ですよね。プリントはもらった側が好きなコマを勝手にプリントできますし。送るのもメール等で簡単ですし。

■ やまろ様
こちらこそドライバで快適にスキャンできましてありがとうございます。

ここまでくればハードウェア、それもドライバ関連のような気がします。VMware Playerの仮想環境では同じハードウェアなのにちゃんと動くのですから。

DELL Vostro430のUSBは、Intel(R) 5 Series/3400 Series Chipset Family USB Enhanced Host Controller ですね。

近々Intel以外のチップセットのUSB3.0ボードにCOOLSCANをつないでみます。

■ タロウカジャ様
>新政権を揶揄される方が多いですが、どの様な社会にしたいのですかね。

私は、格差が小さくて、原発のない社会がよいと思います。その意味では所得税・法人税の累進性を高めるのはいいと思います。もともとは90年代に自民党が累進性を緩めたものなので、逆進性の高い間接税を上げるのであれば修正が必要なものだと思います。原発は再稼働しようものなら参議院選で敗北しますから、しばらくはおとなしくしているとは思いますが。

パソコンの環境は一応使えるところまでにはしたのですが、OSを変えても相変わらずフィルムスキャナーが完全には使えないので、四苦八苦しているところです。少しずつ試してみて、完全に使えないか探ってみます(それが時間掛かるんですが…)。

CONTAXのボディを追加されるのですか。よいですね。やはりCONTAXのレンズはフィルムでこそだと思います。あの絶妙の収差補正を楽しむのであればやはりフィルムだと思っています。

>今、各地で復活しているSLの撮影は若い方にお任せして、時々、京都梅小路で昔なじみの蒸気機関車を見に行っています。

このところ、関西に行く用事が少なくて梅小路に寄れていません。C62 2が復活したそうで、見に行きたいのですが。ちょっと前にC62 2が動いていなかったのは整備が必要だったからなんですね。

_ ゆりこ ― 2013年01月15日 20時10分38秒

>今のPCを買うときに中古のMacも検討したのですが、Macって中古でもあまり値段が下がらないし、
>ダウングレード権もないようなので、諦めました。

Mac の中古は値段が下がらないからいいのですよ;-) 新型が出たときに古いのを売って買い替えるという技が有効です。
いわば資産価値が高いと言えるでしょう。

新型 Mac に旧 OS を入れるのはあきらめてください。旧 OS には新 Mac に対応したドライバが入ってないので動きませんし、機種チェックがあってインストールすらできません。
(機種チェックをごまかす方法がないわけではないですが、ドライバがないのでそもそも動かない)
原則として、ある Mac の発売時点よりも以前にリリースされたバージョンの Mac OS は動作しないと考えてください。
新型 Mac が出たときに OS のマイナーバージョンが上がったり、「その機種のドライバが入った専用バージョンが附属する」というのが実態です。
また、仮想化は Snow Leopard 以前の OS についてはクライアント版の動作がライセンス的に不可です。Lion 以降はクライアント版でも仮想化 OK です (サーバ版 OS がなくなってクライアント版 + サーバ化アプリという構成になったための措置でしょう)。
新型 Mac に仮想化で旧 OS を動かそうと思えば、Mac OS X のサーバ版を探す必要がありますが、入手困難ですし、あっても高価です。

よって、スキャン用に Macintosh を調達するならば、素直に旧型 Mac を探すのが無難です。Nikon Scan 4 だと PowerPC Mac で十分じゃないでしょうか (安いし)。

_ Haniwa ― 2013年01月16日 08時46分04秒

ゆりこ様
>いわば資産価値が高いと言えるでしょう。

そうですよね。でも、中古で探してずっと使うつもりの者からすると、安い方がいいのですが(笑)。

詳しいご説明ありがとうございます。Appleはハードウェアとソフトウェアのメーカーなので色々と制約があるのですね。

> PowerPC Mac で十分じゃないでしょうか (安いし)。

よさそうですね。スキャン専用マシンがあってもいいような気がしてきました(家人からは反対されそうですが-泣)。Mac miniなら許されるかもしれません(以前購入を検討したときもMac miniで検討しました)。

問題はMac miniでスキャンしたときと、Windows7 64bit上のVMware Player上のWindows 2000でのNikonscan4とで、どちらがスキャンが速いかですね。そう考えますとMacもある程度のスペックのものを買った方がよいですねぇ。

_ いつもとおりすがり ― 2013年01月16日 10時41分35秒

Haniwa様

>Macって中古でもあまり値段が下がらない

そうですね。ただ、スペック的にわりと長期使えるのが利点かもしれません。

音楽をやっている人たちをみていると、写真のように常にデジタルカメラのアップグレードに押されてシステム全体も最新のものにしなければいけないというプレッシャーがなく、一度組んだシステムをいかにベストなで維持し続けるかという点で、余裕があるように思います。それに比べると、写真の世界はほとんど「使い捨て」文化になってきていますのでひどいと思います。もっと自分の感性とニーズで決めていいと思うのですが...

>インクジェットは何かが違う

写真単体として成り立たないというか、モノとしての存在に欠ける部分があります。どうしても「印刷」の域は出ないと思っています。パネルとかの「資料」づくりに、文章の横に挿し絵として写真を加えるという場合ならインクジェットは手軽で便利ですが、その程度かなと思っています。

_ kv5y-aon ― 2013年01月17日 08時35分08秒

ご無沙汰しております。
関係なくてすいませんが、Lomographyがスキャナを開発しているそうです。
品質はともかく面白そうです。
ttp://www.kickstarter.com/projects/lomography/the-lomography-smartphone-film-scanner

_ ゆりこ ― 2013年01月17日 09時56分30秒

>問題はMac miniでスキャンしたときと、Windows7 64bit上のVMware Player上のWindows 2000でのNikonscan4とで、どちらがスキャンが速いかですね。

これは気になりますね。速度のボトルネックがスキャナ側にあればあまり関係ないのですが、ドライバ側にあればパソコンの能力がよければ速くなるでしょうし……。
PowerPC な Mac mini は CPU スペックはあまり差がないのでメモリとHDD容量に気をつければいいですね。でも 1GB/160GB ぐらいが Max だと思いますが……。

Nikon Scan が Intel Mac 用の OS X に対応していないので (10.3 までの対応)、Intel Mac を選ぶのはリスキーです。

Power Mac の最高峰は G5 ですが、今でも高いし筐体も大きいのでやめた方がいいと思います。

----------
kv5y-aonさん
>Lomographyがスキャナを開発しているそうです。
>品質はともかく面白そうです。

品質は「デジカメ内蔵のチープなフィルムスキャナ」と同等だと思いますが、パーフォレーション部分までスキャンできるのはおもしろいですね。

しかし、iPhone カメラで撮影するというのは、通常撮影の画像とまざってしまうので管理がちょっと面倒になりそう……。アプリの方で EXIF を書き換えるならいいのですが、iPhone そのままだったら嫌ですね。

_ Haniwa ― 2013年01月17日 11時12分32秒

■ いつもとおりすがり様
昔はMacは断トツに値段が高かったですが、いまは庶民でも買える値段になってきていますので、長く使えるのはお得かもしれませんね。

>音楽をやっている人たちをみていると、写真のように常にデジタルカメラのアップグレードに押されてシステム全体も最新のものにしなければいけないというプレッシャーがなく、一度組んだシステムをいかにベストなで維持し続けるかという点で、余裕があるように思います。

カメラの世界は色んな意味で家電化してしまいましたね。同じ家電でも冷蔵庫ぐらいの感じだといいんですが(笑)。大型冷蔵庫並みに値段の高いフラッグシップも数年で型落ちですからねぇ。デジカメがパソコンの周辺機器のような位置づけになってしまったのがアレなんですかねぇ。

>それに比べると、写真の世界はほとんど「使い捨て」文化になってきていますのでひどいと思います。もっと自分の感性とニーズで決めていいと思うのですが...

本当にそう思います。使い捨て、それもまだ使えるのに新しいものに見劣りするから買い換えるというのはなんだかすっきりしません。

>>インクジェットは何かが違う

>写真単体として成り立たないというか、モノとしての存在に欠ける部分があります。どうしても「印刷」の域は出ないと思っています。

こういうところが、コダックや富士の出番だったはずなんですよね。よそ様から戴いた自家インクジェットプリントなど、ネガ同時プリントに遙かに劣るクオリティでおかしいと思わないのかなぁと思いますね。ある程度以上の年齢の人なら質の劣化が一目で分かるはずですよね。若くてインクジェットプリントしか見たことないというのなら仕方ないですが。

■ kv5y-aon様
こちらこそご無沙汰しております。今年もよろしくお願いします。

情報ありがとうございます。これはおもしろいですね。スキャンしていないのにスキャナという言い方、なんとかして欲しいですが(笑)。

フィルムスキャナはそのうちデジタル一眼レフでデュープするようになるかもしれませんね。ちゃんとした光源と遮光した固定装置、あるいはマクロレンズもセットになったようなものとか。

ロモグラフィーはチープだけれどもフィルムにこだわったセンスのいい色んなものを考えますね。ロモのカメラで撮ったフィルムならこの程度のデジタル化で十分なのかもしれませんね。

情報ありがとうございました。

■ ゆりこ様
そうなんです。VMwareだとWindows7 64bit直下よりも倍時間が掛かることが分かりましたので、どこがボトルネックなのか、ですよね。VMwareを動かすホスト側を8GBとかにすれば速くなるのか、仮想環境そのものがネックなのか、調べたくなってきますね。

G5はよさそうですが、高いですし家人から邪魔扱いされそうな感じがします(泣)。PowerPC な Mac miniを探してみます。Mac miniは大きさなどが家人にもウケがよく、でかいWindows PCが駆逐される危険性があるのですが(泣)。ご忠告通りIntel Macはやめておきます。情報ありがとうございます。

>しかし、iPhone カメラで撮影するというのは、通常撮影の画像とまざってしまうので管理がちょっと面倒になりそう……。アプリの方で EXIF を書き換えるならいいのですが、iPhone そのままだったら嫌ですね。

そこまではしないんじゃないでしょうか。アバウトな感じなロモグラフィーなので(笑)。雰囲気のある写真が得られればいいんだと思いますよ。Exif?細けぇーことは…(以下略、な感じかも(笑)。

_ (未記入) ― 2013年07月15日 16時23分09秒

斜め読みで間違いかもしれませんが、Macminiを買うなら、と思い書き込みます。書き込みが古いので、すでに解決済みならすみません、無視してください。
私はMac mini(2010) intel Core 2 Duoでニコンクールスキャン5000ED、Nikon Scan 4.0.0を使っています。フルサイズ(5959×3959)でデジタルICEを標準で入れて1枚1分45秒程度です。
参考になればと思います。

_ (未記入) ― 2013年07月15日 16時31分10秒

申し訳ありません、Nikon Scanのバージョンが間違っていました。表示は4.0.0ですが4.0.3にアップしていました。
失礼しました。

_ Haniwa ― 2013年07月16日 10時04分26秒

(未記入)様
お返事が遅れてすみません。

ありがとうございます。

2009年当時、わざわざXPのPCをダウングレード権行使で買ったのにICEありのバッチ処理でエラーが出ましたので、その際にMacを検討しました。当時の最新MacOSのバーションは忘れましたが、最新MacOSではNikonScan4の稼働実績が見つかりませんでした。それで確認できるバージョンのものを買おうとしましたが、アップルは過去バージョンのOSは売ってくれないことを知りました。中古での購入も検討しましたが、中古なのに新品と変わらない値段にびっくりしました。

それでVMware Playerという無料の仮想環境で、XP上でWindows2000を動かしてそこでICEありのスキャンをして解決していました。Windows7 64bitにした際にも同じエラーが出たのでずっとVMware Player上のWindows2000を使っていました。

ところが、
NikonScan4のICEありバッチスキャンでエラーのでない条件を発見 ― 2013年01月18日
ttp://haniwa.asablo.jp/blog/2013/01/18/6694592
にありますように、最初からICEを有効にしてプレビュー後にスキャンをしますとエラーが出ないことが分かりましたので、現在ではその方法でスキャンをしています。

いろいろと情報ありがとうございます。今後もWindowsの新しいOSでNikonScanがうまく動くという保証はありませんから、Macという選択肢があるのはありがたいです。ご教示ありがとうございました。

_ 未記入 ― 2013年12月01日 18時35分32秒

未記入で書いたものです。
NikonScan4.0.3はMacOS10.6まで動きます。私は10.6.8で使っています。また。10.7以降で使いたいのであればNikonScanではなくVueScanというソフトがあります。日本がバージョンもあり、有料ですがバージョンアップもされていて最新OSにも対応しています。ICEも使えますす。実はこちらも使っています。もう1台のMacはOS10.7でニコンススキャナを使っています。ニコンのスキャナを使い続けられます。
参考までに。

_ Haniwa ― 2013年12月20日 15時37分56秒

未記入様

お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

>NikonScan4.0.3はMacOS10.6まで動きます。私は10.6.8で使っています。また。10.7以降で使いたいのであればNikonScanではなくVueScanというソフトがあります。日本がバージョンもあり、有料ですがバージョンアップもされていて最新OSにも対応しています。

ありがとうございます。実は一度試用版で使ってみたのですが、デフォルト設定では思うようなスキャン結果にならず、いじるところも分からないので諦めた経緯があります。

VueScanをCOOLSCAN 5000 EDで試してみる ― 2009年12月28日
ttp://haniwa.asablo.jp/blog/2009/12/28/4781813

VueScanは色んなOSと色んなスキャナに対応してくれているので救世主ですね。
私は試してはいないのですが、Windows8.1まではちょっといじるだけでなんとかNikonScan4が動くらしいので、このあとWindowsが劇的に変化してスキャンできなくなったときにVueScanのお世話になろうと思っています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索