Panasonic Let's note CF-SX2JEQDR購入2012年11月26日 00時00分00秒

Panasonic Let's note CF-SX2JEQDR

新しいノートPCを買ってしまった。Panasonic Let's note SX2JEQDRだ。
CF-SX2/SX1(2012年夏モデル)

最近メインのデスクトップPCを家人が使うことが多くて、競合してしまうのだが、うちにある古いノートPCではフィルムスキャンもままならないので、何か処理能力の高いノートPCを買うことにした。ノートPCでフィルムスキャンするのか、家人にノートPCをあてがって自分は従来のデスクトップPCでフィルムスキャンするのかはまだ決まっていない。購入したノートPCでフィルムスキャナの設定が終わっていないからだ。

この時期に購入したのは、Windows 8が発売されて、Windows 7のPCを新品で買えるのはこの時期を逃すと難しくなるからというのもある(法人向けのダウングレード権行使でWindows 7という手もあるが、タッチパネル搭載PCは要らない)。

ノートPC(ラップトップPC)も色々なものがあり、予算的な制約もあるので何を買うか迷った。まずは、持ち運んで使いたいし、旅行にも持って行きたいから、大きなサイズのノートPCは最初に除外した。

次に安くてコンパクトでも処理能力の低い機種は除外した。それだったら今あるノートPCで十分だからだ。

いわゆるモバイルノートのジャンルから選ぶとして、PanasonicのLet's noteシリーズとLenovo(旧IBM)のThinkPad X シリーズあたりに絞り込んだ。

PanasonicのLet's noteは価格がやや高めなのだが、なによりも軽さと電池の持ち具合がよい。処理能力はThinkPad X シリーズの方が高いのだが、電池の持ちは圧倒的にLet's noteだ。

両者とも結構高いので中古のLet's noteも検討したが、CPUがCore 2 Duoのものと現在のCore i5とでは全然処理能力が違うので、Core i5の中古を選ぶと新品との価格差が縮まってお得感がない。

結局、DVDマルチドライブ搭載のPanasonic Let's note SX2を新品で買うことにした。Let's noteの場合、DVDマルチドライブが搭載されていてもされていなくてもほとんど重さが同じだからだ。
http://panasonic.jp/pc/products/sx2l/supermulti.html

どうせならMicrosoft Officeも入っている方がいいと思ったのだが、Windows 7 Professional 64bitのLet's note自体が夏モデルで終わっているので探さないとない。Let's noteの夏モデルは、量販店では1か月前に展示品も含めて処分したという。今店頭で売っているのはSX1のWindows 7 Home PremiumかSX2のWindows 8 Professionalのみだ。

幸い、通販でLet's note CF-SX2JEQDRという夏モデル新品ががかなり安く売られているのを発見したので買うことにした。検討中に色んな通販のCF-SX2JEQDRやSX2JEPDRを見ていたが、翌日には在庫なしになっていたりして、どんどんなくなっていくのでもう決断時だと思った。夕方にぽちっとやったら翌朝には届いていた(北陸→関東)。安いし速いし、素晴らしい。【追記】購入した通販サイトには、17時までの購入で当日出荷でヤマト運輸を利用することが明記されていた。これからはこういうサイトから買うのが大事かもしれない。【追記ここまで】

ちなみに某家電量販店で、「Windows 8のLet's note売れてますか?」と聞いてみたら、「売れないですね。新しいOSで周辺機器やソフトウェアの対応状況もまだまだですので…」とのこと。そうだろうな。キーボードがあるのにタッチパネルのOSとかなんだかなぁ、である。だったら最初からタブレットPC買うでしょ。それにLet's note AX2はタッチパネルだけれども、SX2のWindows 8版はタッチパネルじゃないようだ。だったらWindows 7 Professionalの方がいいでしょうが。

ということで、Panasonic Let's note CF-SX2JEQDRを購入した。過去も含めた最安値ではないかもしれないがそれに近い値段で買えた。しかもOffice Home and Business 2010 (Word 2010、Excel 2010、Outlook 2010、PowerPoint 2010、OneNote 2010)インストール済みモデルだが、Officeなしとほとんど変わらない値段で買えた。前モデルで末期なので、お店によって値段もまちまちだった。色はLet's note伝統のシルバーではなくブラックにした。ブラックの方が数千円安かったからだ。遠目に見てすぐにLet's noteと分からないかもしれないが、別にLet's noteと主張しなくてもいいのでこれでいいのだ(製造後時間が経ってから予備バッテリーを買うときにブラックがなくて白黒パンダになる可能性はあるが)。

スペックは以下の通り。

Panasonic Let's note CF-SX2JEQDR
色:ブラック
2012年06月08日発売
OS:Windows7 Professional 64ビット 正規版(Service Pack1適用済み)(日本語版)(WindowsXP Mode搭載)
CPU:インテル® Core™ i5-3320M vPro™ プロセッサー (2.60GHz)
質量:標準バッテリーパック(L):約1.39kg
軽量バッテリーパック(S):約1.18kg
駆動時間:標準バッテリーパック(L):約18時間
軽量バッテリーパック(S):約9時間
HDD:500GB
メモリ:DDR3L 10600 204ピン SO-DIMM 4GB(最大8GB。空きスロット1)
ディスプレイ:12.1型HD+ (1600×900ドット)
USB 3.0×2、USB2.0×1
LAN:RJ-45、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T
外部ディスプレイコネクター:アナログRGBミニDsub15ピン、HDMI出力端子
無線LAN:IEEE802.a(W52/W53/W56)/b/g/n準拠(WPA2-AES/TKIP対応、Wi-Fi準拠)
WiMAX:IEEE802.16e-2005準拠
Bluetooth 4.0
SDメモリーカード×1スロット (SDHCメモリーカード/SDXCメモリーカード対応 / 著作権保護技術対応 / UHS-I高速転送対応)
カメラ:解像度HD 720P 有効画素数1280×720ピクセル マイク搭載
セキュリティチップ:TPM(TCG V1.2準拠)
Microsoft® Office Home and Business 2010
外形寸法:標準バッテリーパック(L)搭載時 幅295mm×奥行き216.2mm×高さ25.4mm 最厚部は31.5mm 突起部除く
軽量バッテリーパック(S)搭載時 幅295mm×奥行き197.5mm×高さ25.4mm 最厚部は31.5mm 突起部除く

メモリは4GB積んでいるのだが、あともう1スロット空いていて、仕様上はあと4GB合計8GBということになっている。しかし、ハードウェアの仕様上は16GBまで積めるらしい。現に法人向けのSX2で16GBのものがある。8GBのメモリを追加して12GBにしている人が多いようだ。最初から付いているメモリは外すのにボディを分解する必要があるからだ。

このSXシリーズのメモリの最大の問題点は、メモリの規格がDDR3ではなくDDR3Lである点だ。DDR3Lはあまり売っていない上に値段が高い。どうしてこんな半端な規格を採用するのだ。8GBを買って12GBにする予定。メモリをたくさん積むのは、もしかしたらVMware Playerなどの仮想環境を構築するかもしれないからだ。

あと、Let's noteシリーズの問題点は、青い液晶だ。ものすごく色温度が高くて青い液晶だ。とても写真を扱えるとは思えない。色を調整したいのだが、Windows 7のコントロールパネルの「色の管理」を使うのはやめた方がいい。これ、元に戻す方法が分からないのだ。しかも青の色を下げて次に調整しようとすると、色の管理の色の調整スライダーが青も緑も赤もスライダーが最大になっているのだ。元に戻したくても青を増やすことが出来ないのでどんどん各色を減らすことしかできない。スライダーが右にいっぱいになっている状態で確定すれば元の青っぽい液晶表示になるのかと思いきや、調整後の現状のままだ。これは危険だ。結局、「システムの復元」で色の管理をいじる前の状態に戻した。写真をいじるときは、HDMI端子から外部ディスプレイに繋いだ方がよさそうだ。今はフリーのソフトウェアで青色を下げて表示している(Calibrize)。

あと、このLet's noteシリーズを選んだのは、電池の持ちがものすごく良いので災害対策上も安心だというのがある。それとLet's note SX2の電源が入っていないときでも、USBポートから給電することが可能だというのも素晴らしい(設定でこの機能の有効無効切替え可能)。Let's note SX2がモバイルバッテリーになるのだ。これも防災上心強い。もっとも、自分が助かっているとかLet's noteが無事だとか色々条件は必要だが。

このLet's note CF-SX2JEQDRにはバッテリーがLとSの2種類、ACアダプターも2種類付いているのがよい。持って行く状況に応じて使い分けられる。日帰りだとSバッテリーで十分だ。ACアダプタも要らない。ACアダプタは軽くて小さい。
http://panasonic.jp/pc/products/sx2l_nx2l/mobile.html

あとはPCカードスロットかCFカードスロットが付いていればよかったが、それは無理だろうな。前々モデルのLet's note S10まではPCカードスロットがあったのだが、SX1からはなくなった。CFカードを直接挿したい以外に必要はないから、ここはカードリーダー持参かNikon Transfer2でUSBポートにD300指すかで我慢するしかない。なお、Bluetoothがあるので、携帯電話のG'zOne TYPE-Xの写真などはすぐにLet's note SX2に転送できる。赤外線ポートがあればもっと便利なんだけどなぁ。

ということでFXのデジタル一眼レフを当面買うことはなくなった。だって値段が高すぎるか魅力ないかなんだもの。パソコン買っておいて言うのも変だが、写真はフィルムで撮ればいいのだ。


【関連追記:2012年12月25日】
【短期集中連載】山田祥平氏の新レッツノートSX密着レポ 第1回
【短期集中連載】山田祥平氏の新レッツノートSX密着レポ 第2回 〜約9秒の高速起動と使い勝手へのこだわり〜
【短期集中連載】山田祥平氏の新レッツノートSX密着レポ 第3回 〜快適モバイルライフをかなえる装備を考察~
【短期集中連載】山田祥平氏の新レッツノートSX密着レポ 第4回 〜薄型ボンネット構造の秘密・開発者インタビュー~
連続駆動19時間の超スタミナノート、パナソニック『Let'snote SX2』
Ultrabookである必要はない: “Ivy Bridge”搭載で広がる「Let'snote SX2」の可能性を考えた (1/3)
Ivy Bridge搭載でさらに魅力が高まった スタミナ抜群の新「レッツノート SX2」に刮目せよ!
レッツノート/タフブックで企業力UP! ビジネスモバイル最強化計画 — PCOnline SPECIAL 戸田覚が語る、僕がレッツノートに惚れ込む3つの理由

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索