Capture NX 2(水の贈り物 撮影日記ブログ版)2012年11月15日 00時00分00秒

ILFORD XP2 SUPER DPE依頼書

戴いた全てのコメントにまだお返事を差し上げていませんが、先にブログの更新をさせて戴きます。お返事はなるべく早く致しますのでお待ちください。m(_ _)m

写真家・武田晋一氏のブログ「水の贈り物 撮影日記ブログ版」にCapture NX 2という記事が載っていた。

Capture NX 2は、デジタルカメラ用のソフトウェアのように宣伝されているが、武田氏はフィルムスキャンに使っておられるようだ。

フィルムをスキャンする場合、色や明るさによってスキャナーに得意不得意があり、一枚のフィルムの中でも、ここはよく再現できているけど、ここはダメ、といったことが起きる。

例えば、ある部分だけ暗くなってしまったり、コントラストが下がったり、彩度が落ちたり色が転んでしまったりする。

これは非常にやっかいで、フォトショップなどの画像処理ソフトは画面全体を調整するのは難しくないが、ある部分だけを扱うのはとても手間がかかる。

その点、ニコンのキャプチャーNX2のカラーコントロールポイントを使用してみると、絶大な威力を発揮する。今や僕は、このソフトなしでは、スキャン後のフィルムの画像処理などできないとさえ感じる。

本を出版する際に、過去に何度か出版社を通してスキャンを業者に依頼し、目玉が飛び出るような高価な機械でフィルムをデジタル化したことがあるが、後処理が難しい絵柄のフィルムに関して言えば、NX2を使って自分でスキャンした結果の方が良かった。

スキャンしたデータ以外でも、デジカメ画像から作成したTIFFやJPGデータの調整にもキャプチャーNX2は威力を発揮する。ニコンユーザーではなくても、このソフトは持っておくべきソフトだと思う。

Capture NX 2は持っていないんだよねぇ。昔、そのうちデジタル一眼レフ買うだろうと思ってNikon Capture 4を買ったんだけれども、結局全然デジタル一眼レフを買う機会がなくてあんまり活用していなかった。うーん、Capture NX 2買わねばならないような気がしてきた。

僕はスキャンにはニコンのED8000を使用しているが、そうしたニコンのスキャナーを使用すれば保存時にニコンのRAWデータ・NEF形式を選択でき、キャプチャーNX上でRAWデータとして画像を調整することができる。

そこまで可能なのに、ニコンがスキャナーを切り捨ててしまったのは、実に勿体ないと感じる。

新しいものは出さなくても、或いは担当が一人だとか、さらにプロサービスのみとか実に細々で構わないから、せめてED8000くらいまではサポートを続けてほしかった。

ED8000ってなんか私鉄の電気機関車みたいだが、おそらくSUPER COOLSCAN 8000 EDのことだと思う。8000EDはもともと高級品だったし、9000EDが発売された後もときどきかなり廉価に新品がニコン直営のネットショップ(ニコンオンラインショップだったかニコンダイレクトだったか失念)で何度かに渡って販売されたりしていたので、もう少し長くサポートするのかと思いきや案外さらっとサポートを打ち切られてしまった。もしかしたら、残っていた補修用の部品で何台か組み立てて売りさばいたのではないかと思うぐらいにあっさりと補修用部品払底を宣告されたのだった。

あのあたりがニコンのひとつのターニングポイントだったと思う。あの辺から、長くサポートしていたレンズフードやアクセサリー類がばっさりと切られたのだった。

聞く耳持たないと思うが、ニコンがフィルムスキャナをやめたのは残念だし、フラッグシップだった8000EDのサポートぐらいなんとかしてあげればいいのに、と思う。ああそうだった我が5000EDの補修用部品保有期間がいつ満了するのか確認せねば。


写真は記事とは関係ない。
やっとILFORD XP2 SUPERを撮りきって現像に出しに行ったのだが、こういう初めてのフィルムのときに限って見たことのない新しいDPE受付係だった(泣)。XP2 SUPERのパトローネを持ってしげしげと見ているので、「これはカラー現像するモノクロフィルムなんですが、分かる人に聞いてください」と言ったら他の客の対応をしているベテラン店員になにか聞いて戻ってきた。それで私は、カラープリントの同時プリントでアナログプリントにしたかったのだが、私がそれを言っているのに、はいはい分かりましたよみたいな感じで「その他」欄に「イルフォード XP2 SUPER 400」と枠一杯に書きやがる。「ああ、それじゃ私が言ってること書けないじゃないですか」と言ったらしぶしぶ欄外に「カラープリント」と書いた。それで私が「アナログ指定もあるんですが」と言ったら、さらに欄外に「アナログ指定」と書いた。知らないのなら客の言うこと最後までちゃんと聞けよ(怒)。30歳過ぎぐらいの新顔だったけれども、こういうのが一番よくない。若い新人ならなんでも新しいことを素直に聞くのだけれども、中途半端に何箇所かやったオッサンは人の話を聞かない。「ああはいはいわかったわかった」とやる。この人はすぐにいなくなると思った。というか、今すぐいなくなれ(笑)。Y社社長室へのハガキに書くぞコラ(笑)。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索