Nikon F3 1998年12月のカタログ2012年11月02日 00時00分00秒

Nikon F3 1998年12月12日のカタログ3ページ

白川屋様がニコンF3を購入されたそうだ。おめでとうございます。ところが、アクセサリー類にどのようなものがあるか分かりにくいと仰る。たしかにそうだ。以前はフィルムカメラのムック本などもあったので、比較的情報が入手しやすかった。あちこちから拾ってまとめるのもちょっと手間が掛かる。

Nikon F3 1998年12月12日のカタログ1ページ

そこで、安直だが手元にあるカタログのうち、アクセサリー関連の部分を紹介することで取り急ぎF3沼への蟻地獄誘いとしたい。

カタログのうち、アクセサリー紹介でない部分の写真の方がそそるのだが、情報は紹介ページにあるので、ページも多いことから、3ページの製品写真(この記事の写真一番上)だけ載せて、あとはアクセサリー情報のページだけ載せることにした。

Nikon F3 1998年12月12日のカタログ9ページ

カタログ9ページには、交換ファインダーが載っている。ただし、1998年現在のものなので、この時点で既に生産終了になっていたF3AF用のDX-1ファインダーは載っていない。スクリーンについては、スクリーンの中に入っている説明書の方が詳しいのでまた別途。

Nikon F3 1998年12月12日のカタログ11ページ

11ページは、モータードライブMD-4とスピードライトの紹介だ。スピードライトについては後に発売されたAS-17を使うとF3専用以外のスピードライトでTTL調光が可能になる。AS-17はこの時点では発売されていないので載っていない。しかし、AS-3やAS-7も載ってないなぁ。完璧なF3システム図ってニコン公式でどこかにないものか(まとめるのが大変なので-笑)。
Nikon Flash Unit Coupler AS-7,AS-17(Haniwaのページ)参照。

Nikon F3 1998年12月12日のカタログ14ページ

14ページは、裏蓋関係その他だ。MF-4やMF-14、MF-17、MF-18などが載っているが、MF-6Bは載ってないなぁ。AH-3は載っているが、AH-2は載ってない。この時点でAH-2はAH-3に置き換えられていたのだが、AH-3はF-301/501との共用を考えられているので、MD-4にはAH-2の方が形にあっている。
三脚アダプターAH-2とAH-3 ― 2007年10月04日参照。

で、格好を気にし出すと、MK-1の方が底全体を覆っているので格好いいわけで、結局コマ速なんか調節する必要もないのにMK-1を買ってしまう。実用的にはAH-3で何の問題もないのに、だ。
Nikon コマ速変換機 MK-1(F3:MD-4用)ゲット ― 2010年01月26日参照。

カメラケースについては、データバック発売の19851982年以前のCF-20とデータバック発売後のCF-22がある。CF-20はこの時点(1998年)では製造販売中止らしく載っていない。データバックを付けることを考えるとCF-22の方がよいと思う。
Nikon F3用セミソフトケースCF-20とCF-22 ― 2006年07月18日参照。

ということで、カタログを載せたらアクセサリー一覧が完成かと安易に思っていたのだが、そう甘くはなかった(笑)。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索