富士フイルムの映画撮影用上映用フィルム生産終了のまとめ2012年09月13日 00時00分00秒

昨日も更新できずすまんかった。さて、富士フイルムが映画撮影用と上映用フィルムの生産を終了するとのニュースが駆け巡った。映画用フィルムでスチル写真用フィルムとは別なのだが、全く無関係ではないのでまとめておきたい。針の助様、情報ありがとうございました。

こうしたなか、富士フイルムは、映画用のフィルムを80年近く生産し続けてきましたが、採算が合わなくなったとして、映画撮影用のフィルムと、映画館で上映するときに使うプリント用の「ポジフィルム」の生産を、来年春ごろまでに終了することを決めました。

一方、デジタルの映画をフィルムにコピーして保存するケースが増えているため、保存用のフィルムは継続して生産するということで、富士フイルムでは「今後も映画製作の現場に貢献する活動は続けたい」としています。

映画用フィルム 生産終了へ(NHK)

また、写真家の赤城耕一氏も富士フイルムで直接聞いてきたそうだ。これが影響等が分かりやすい。さすが赤城耕一先生。

赤城耕一@summar2

本日の富士フィルムの話によれば、映画用フィルムのシェアは圧倒的にコダック。上映用のフィルムが富士製品が使われていた程度で、シェアは低いと。でも、映画用フィルムの製造が中止されると、写真用のフィルムにコストが集約され、価格が上がる可能性があるが、写真フィルムの製造は続けるという。
2012年9月11日 - 1:24

https://twitter.com/summar2/status/245437600469508096

NHKの記事のうち、「保存用のフィルム」というのはおそらくアーカイブ用フィルムETERNA-RDSのことだろう。これは3色分解の黒白レコーディングフィルムだ。
映画用デジタルセパレーション用黒白レコーディングフィルム「ETERNA-RDS」が受賞 ― 2012年01月06日

Samyang のチルト・シフトレンズT-S 24mm 1:3.5 ED AS UMCがそそる2012年09月13日 00時00分01秒

片戸郁也様から戴いた情報で、SamyangからT-S 24mm 1:3.5 ED AS UMCというチルト・シフトレンズが発表されたそうだ。片戸郁也様情報ありがとうございました。
Samyang T-S 24mm 1:3.5 ED AS UMC lens announced

24mm F3.5のチルト・シフトレンズで、二コンFマウント・キヤノンEOSマウント・ペンタックスKマウント・ソニーαマウントが用意されるようだ。値段はいくらぐらいなのか、描写はどうなのか楽しみ。

Samyangの製品一覧サイトのスクリーンショット

まだSamyang の製品一覧には載っていないようだ。しかしこのサムヤンの製品一覧の一番上の写真はどうみてもニッコールレンズだ。レンズメーカーが自社の製品紹介サイトに他社の製品写真をイメージ画像として載せるのはどうかと思うぞ。「だから○○国は」といった批判はお断りします、念のため。

ニコンD600発表2012年09月13日 00時00分02秒

ニコンが35mmフルサイズのデジタル一眼レフD600を発表した。
Nikon D600
おおた様情報ありがとうございました。

ヨドバシドットコムではボディ単体で特価:¥218,000 (税込)で予約受付をしているようだ。
ニコン D600 ボディ(yodobashi.com)

レンズマウント:ニコンFマウント(AFカップリング、AF接点付)

有効画素数:2426万画素(24.3メガピクセル)

撮像素子方式:35.9×24.0mmサイズCMOSセンサー、ニコンFXフォーマット

総画素数:2466 万画素(24.7 メガピクセル)

記録媒体※2 SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード(SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカードはUHS-I規格に対応)

視野率・ FX:上下左右とも約100%(対実画面)
・ DX:上下左右とも約97%(対実画面)

倍率:約0.7倍(50mm f/1.4レンズ使用、∞、-1.0 m-1のとき)

交換レンズ・ DXレンズ(撮像範囲は[DX(24×16) 1.5×])
・ GまたはDタイプレンズ(PC レンズ一部制限あり)
・ GまたはDタイプ以外のAFレンズ(IX用レンズ、F3AF用レンズ使用不可)
・ Pタイプレンズ
・ 非CPUレンズ(ただし、非AIレンズは使用不可):撮影モードA、Mで使用可能
・ 開放F値がf/5.6以上明るいレンズで、フォーカスエイド可能。ただしフォーカスポイント中央7点は開放F値がf/8以上明るいレンズで、中央33点は開放F値がf/6.8以上明るいレンズでフォーカスエイド可能

シャッタースピード:1/4000~30秒(1/3、1/2ステップ)、Bulb、Time(別売のリモコンML-L3使用)、X200

フラッシュ同調シャッタースピード:X=1/200秒、1/250秒以下の低速シャッタースピードで同調(1/200~1/250秒はガイドナンバーが減少)

連続撮影速度:・ CL:約1~5コマ/秒
・ CH:約5.5コマ/秒

戴いたコメントのお返事はお待ちください。m(_ _)m

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索