2012年5月21日の日食撮影をどうするか2012年03月02日 00時00分00秒

1978年10月2日の日食(撮影地:大阪):Asahi Pentax SV、smc Takumar 200mm F4、黒い下敷きで減光、富士フイルムネガカラー(種類不明)、撮影データ不明、三脚使用、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED(ICEあり、ROCなし、GEMなし)

昨日は更新できずすまんかった。さて、2012年5月21日に日本国内の広範囲で日食が観測できる。
2012年5月21日 金環日食(国立天文台)

時間帯も、東京の食の始めが6時19分2秒で、食の最大が7時34分30秒で、食の終わりが9時2分37秒ということで、出勤や通学前に一部観察が可能な時間帯だ。これは撮影したい。

しかし問題は、太陽光を減光するフィルターだ。ケンコー・トキナー、「PRO ND100000」の丸枠タイプ。金環日食撮影ガイドブック付き(デジカメWatch)をみると、77mm径で1万6,800円もする。今後も頻繁に使うのであればそう高くもないかもしれないが、次の日食はいつだ?ちょっと買う気がしないんだよなぁ。一応ケンコーの安い「太陽観察専用サングラス」は買ってあるんだけれども。

77mm径の80-200mmで撮るのはやめて52mm径のレンズで撮れば半額の8,799円だなぁ。52mm径の二コンおもしろレンズ工房「どどっと400」(400mm F8)で撮るか、52mm径の135mmレンズにテレコン重ねて撮るかなぁ。52mm径のこんな濃いNDフィルターこそ今後無用のものになりそうだしなぁ。77mm径の方が他のレンズで使うときに大は小を兼ねるからだ。ケチってあとで使い道のないものを買うことになるような気がする。

そういえば、1978年10月2日に日本で日食があったときに、Asahi Pentax SVとsmc Takumar 200mm F4で撮影したなぁ。そのときは学校で使っていた黒の下敷きをあてがって撮影した(笑)。露出は適当だったが、ネガなのでちゃんと写っていた。そんなんでいいのかもしれない。布幕横走りシャッターのPentax SVでシャッター幕に穴が開かなかったし。一眼レフだから当然か。

と思って当時のネガを出してきてみたが、うーん、当時はこどもだったし、日食が写ってるだけで満足だったのでいいのだが、いまこれじゃちょっとなぁ。やっぱり高いけど77mm径の「PRO ND100000」を買うか。なんか貧乏くさい話ですまん。

【追記:2012年5月2日】
金環日食の撮影には富士フイルムNDフィルター 4.0 が安い ― 2012年05月02日
結局、富士フイルムNDフィルター 4.0 (10cm×10cm)を3270円で買った。
【追記ここまで】


1978年10月2日の日食(撮影地:大阪):Asahi Pentax SV、smc Takumar 200mm F4、黒い下敷きで減光、富士フイルムネガカラー(種類不明)、撮影データ不明、三脚使用、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED(ICEあり、ROCなし、GEMなし)

右下の白い点は、Digital ICE処理後でも残っていた。星かなぁ。なんか違うような気もする。

KodakがEKTACHROME全終了か2012年03月02日 00時00分01秒

KODAK PROFESSIONAL Color Reversal Films— DISCONTINUATION NOTICE —March 1, 2012によると、コダックのリバーサルフィルムEKTACHROME(エクタクローム)シリーズを終了させるようだ。

— DISCONTINUATION NOTICE —
March 1, 2012

Due to a steady decrease in sales and customer usage, combined with highly complex product formulation and manufacturing processes, Kodak is discontinuing three EKTACHROME (color reversal) Films:

KODAK PROFESSIONAL EKTACHROME E100G Film
KODAK PROFESSIONAL EKTACHROME E100VS Film
KODAK PROFESSIONAL ELITE Chrome Extra Color 100 Film

We estimate that, based on current sales pace, supplies of these films are expected to be available in the market for the next six to nine months; however, inventories may run out before then, depending on demand.

This does not affect KODAK PROFESSIONAL Color Negative Films or KODAK PROFESSIONAL Black and White Films which remain a viable part of the KODAK PROFESSIONAL Film portfolio.

Please note: E-6 Chemicals will also continue to be available.

ま、マジですか。ちょっと信じられない。

【追記】
日本語サイトにも掲載されたようだ。arayo-too様、情報ありがとうございました。
コダック プロフェッショナル エクタクローム及びエリートクロームフィルム 製造販売中止のお知らせ

お客様各位

2012年3月1日

コダック株式会社
コンシューマービジネス本部

コダック プロフェッショナル エクタクローム及びエリートクロームフィルム 製造販売中止のお知らせ

イーストマン・コダック社(以下米国コダック)では、3月1日、プロフェッショナル エクタクローム 及び エリートクローム(カラーリバーサル)フィルム全3種12製品(国内加工品含め)の製造販売中止を案内いたしました。これら12製品の販売は数年に亘り減少を続けてきており、本年度の推定製造数量と製造に関わる製品乳剤の組成や製造工程の複雑さを検討した結果、今後の継続製造は不可能であるとの結論に至ったものです。

これら12製品は米国コダックにおける現在庫を過去の実績をベースに各国に数量割り当てを行い、該当数量出荷を以て受注終了となります。

この決定はカラーネガフィルムならびに白黒フィルムには影響はなく、これら製品は今後も継続して製造販売を行います。なおE-6ケミカルの供給も継続いたします。

製造および販売中止製品明細
Jan.コード 製 品 名
0041778069622 コダック プロフェッショナル エクタクローム フィルム E100VS135-36
0041779237037 コダック プロフェッショナル エクタクローム フィルム E100VS135-36-6P
0041778271681 コダック プロフェッショナル エクタクローム フィルム E100VS120
0041778614730 コダック プロフェッショナル エクタクローム フィルム E100VS120-5P
0041771884574 コダック プロフェッショナル エクタクローム フィルム E100G135-36
0041779359881 コダック プロフェッショナル エクタクローム フィルム E100G135-36-6P
0041778068960 コダック プロフェッショナル エクタクローム フィルム E100G120
0041778731208 コダック プロフェッショナル エクタクローム フィルム E100G120-5P
0041778960318 コダック プロフェッショナル エクタクローム フィルム E100G4x5(10)
0041771822002 コダック プロフェッショナル エクタクローム フィルム E100G8x10(10)
0041773923479 コダック エリートクローム エクストラカラー100フィルムEBX135-36
0041779558796 コダック エリートクローム エクストラカラー100フィルムEBX135-36-5P

この文面だともうコダックのリバーサルフィルムは製造されておらず、在庫を世界中で分配して終わりということのようだ。最後に注文受け付けるぐらいのことをしてもいいんじゃないのか。コダックはもう既に死んでいる。

【さらに追記】
コダックエクタクロームフィルム製造販売終了のお知らせ 2012.3.2(ナショナルフォート)

コダックエクタクロームフィルム製造販売終了のお知らせ 2012.3.2

コダックより、プロフェッショナルフィルムの一部製造販売終了が発表されました。

今回の発表をもちまして、永らくご愛顧いただいたコダックエクタクロームフィルムはすべて製造販売終了となります。また、80年近い歴史を持つ民生用コダックカラーリバーサルフィルムの終焉となります。なお、現像用E-6ケミカルに関しましては、今後も継続されます。

製造終了時期:2012年3月1日(米国時間)  払底予想時期:製品により異なりますので、お問い合わせください。

製造販売終了品目
Kodak E100VS 135-36、120 ※パック品を含む。
Kodak E100G 135-36、120、4×5、8×10 ※ロールフィルムパック品を含む。
Kodak EBX 135-36 ※パック品を含む。

【さらに追記ここまで】

【驚愕の追記:2017年1月6日】
コダックのリバーサルフィルム「エクタクローム(Ektachrome)」が復活! ― 2017年01月06日
5年の時を経て、エクタクロームが復活。
【驚愕の追記ここまで】

【関連追記:2018年10月26日】
KodakがEKTACHROME全終了か ― 2012年03月02日
コダックのリバーサルフィルム「エクタクローム(Ektachrome)」が復活! ― 2017年01月06日
Kodak T-MAX3200(TMZ)が復活・流通 ― 2018年04月03日
KODAK EKTACHROME フィルム E100 販売再開 ― 2018年10月09日
コダックの再生産フィルム「EKTACHROME E100」が10月26日に発売 ― 2018年10月19日
EKTACHROME E100の出荷通知が来た! ― 2018年10月25日
復活のEKTACHROME E100が届いた! ― 2018年10月26日

【関連追記:2018年11月17日】
Kodak Ektachrome E100の作例その1 ― 2018年11月17日

【関連追記:2018年11月26日】
Kodak Ektachrome E100の作例その2 ― 2018年11月26日

【関連追記:2018年11月29日】
Ai Nikkor 20mm F2.8Sはレンズ全交換\(^o^)/ ― 2018年11月29日
【関連追記ここまで】

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索