Aputure BP-D10(ニコンMB-D10互換品)をスポーツ撮影に使ってみた2011年12月12日 00時00分00秒

帆船日本丸(横浜市):Nikon D300、Ai Nikkor 20mm F2.8S、F2.8開放、1/30sec、ISO-Auto(ISO1000)、-0.3EV、AWB、マルチパターン測光、L37c

1週間ほど前に手に入れたAputure BP-D10(ニコンMB-D10互換品)をさっそくD300のスポーツ撮影に実戦投入してみた。
ニコンMB-D10互換のAputure BP-D10 ― 2011年12月05日参照

使用電池は、新品のエネループを少し使ったものを継ぎ足し充電したもの。ボディはNikon D300、レンズはAi AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>だ。ボディ側にはEN-EL3eを入れたままにして、設定はMB-D10優先に、使用電池はニッケル水素電池を選択した。

単3形ニッケル水素電池8本を入れると、連写が8コマ/秒(D300単体だと6コマ/秒)になるだけでなく、若干ボディ内AFモーターが速く動いているような感じだ。ただ、BP-D10(ニコンMB-D10互換品)でエネループ8本使用時でも、ニコンF100のボディ内モーター(ボディ側の単3電池4本状態)の方がやっぱり強力で速い。

それで、基本的に連写はしない撮り方なのだが、BP-D10(ニコンMB-D10互換品)の調子を見るために連写も使ってみた。6コマ/秒と8コマ/秒とでは全然違いますな。6コマ/秒だとカンカンカンという感じで撮れるが、8コマ/秒だとカカカカカカという感じだ。連写しても特に不具合もないし、電源が不安定になることもなかった。また一度も電源がD300側のEN-EL3eに切り替わることもなかった(朝から夕方まで750枚ぐらい撮影した)。まあ、あれですな、連写しても8コマ/秒程度では中間ではまぐれでしかいい瞬間は撮れないですな。やはり最初の1コマに賭けるしかない。なお、撮影時の他の設定はNikon D300を家人に委ねてスポーツ撮影の設定(ダイナミックAF) ― 2011年11月28日参照。なお、D300はISO-Autoにすると若干連写速度が低下する仕様なので、今回は手動で感度設定した。

スポーツ撮りの時ではなくて、自宅で使い古しのPanasonicオキシライド乾電池(以前F3のMD-4に入れていたもの)8本をBP-D10(ニコンMB-D10互換品)に入れてみた。8コマ/秒で連写できるが、シャッターが切れるたびにファインダーの画面内(透過液晶)に電池半分マークが浮かび上がってはすぐに消える状態になっていた。一時的に電圧が下がってすぐに回復するのだろう。このときもボディ側のEN-EL3eに切り替わることはなかった。EN-EL4aは持っていないので試していない。

それで、Nikon D300にAi AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>付けて、BP-D10(ニコンMB-D10互換品)を縦位置に構えたときに小さくメキッという音がして、バッテリーグリップが割れたのかとびびったのだが、以後は色々握り方を変えてみたり強く握ったりしてみたのだが、特にBP-D10(ニコンMB-D10互換品)のガタもなく、音もでなかった。たぶんちゃんと嵌ってなかった外装系の何かが力掛かった弾みで然るべき所に嵌ったんだろう(音は外装のつなぎ目のあたりからしていたので)。まあ送料込み税込6500円なのでそういうアバウトなものだ(笑)。

ただ、三脚穴を利用してD300本体とくっついているのだが、D300とBP-D10(ニコンMB-D10互換品)のあいだは、強く動かすと少しムニムニ動く。だからBP-D10(ニコンMB-D10互換品)をつけて三脚で使用するのは、強度の不安もあるが、ブレなどの問題もでそうだ。三脚使うときはD300単体にするか、純正のMB-D10を使うか、レンズの三脚座を使うべきだろう。

なお、私はMB-D10の互換品の使用を推奨するわけではない(購入のいきさつはニコンMB-D10互換のAputure BP-D10 ― 2011年12月05日参照)。互換品はあくまでも「互換品」なので、使用される際は自己責任でお願いします。


写真は、BP-D10(ニコンMB-D10互換品)を使った作例ではない。すまん。某アマチュアスポーツの作例は出せませんので。
帆船日本丸(横浜市):Nikon D300、Ai Nikkor 20mm F2.8S、F2.8開放、1/30sec、ISO-Auto(ISO1000)、-0.3EV、AWB、マルチパターン測光、L37c

マルチパターン測光でこういう夜景シーンでは、撮影者が特に何もせずとも無理に明るい露出にしたりしないようだ。良くできている。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索