Nikon D300のファインダー倍率アップは+の視度補正レンズで2011年11月01日 00時00分00秒

Nikon D300 + DK-20C(+0dpt)

昨日はニコンD300にオリンパスのアイピースマグニファイヤーME-1を付けたら裸眼でもケラレるということが分かった。しかし、これで諦めるのはなんか納得がいかない。倍率を上げれば少し見易くなることが分かったからだ。

そこで、視度補正レンズ(接眼補助レンズ)を付けるとファインダー像が大きくなったり小さくなったりすることを思い出した。マイナスの視度補正レンズを付けると像が小さくなり、プラスの視度補正レンズを付けると像が大きくなるのだ。これを利用してプラスの視度補正レンズを付けて像を大きくしておいて、カメラ内蔵の視度補正機構で自分の目の視度に合わせるというのを思いついた。

手元のニコン角型用接眼補助レンズ(視度補正レンズ:今は型番が付いてDK-20Cとなった)を探してみたら、家にあるプラスのものは+0dptのものが最大だった。これを付けてみる。おお、少し像が大きくなった。これでD300側の視度補正ダイヤルで自分の視度に合わせる。いいぞ、これ。ケラレないし。何よりも安い。ヨドバシカメラで630円(税込)だ。最初からこれにすればよかった。ただ、ファインダーのコントラストが少し下がってわずかにゴーストが見える。薄暗い屋内から明るい窓を入れた構図で暗がりに黒いものを置くとよく分かる。ただ、それ以外の場面では気にならない。というか、もともとD300のファインダーってなんかフレアっぽいぞ。

Nikon D300 + DK-22 + F3用接眼補助レンズ(+1dpt)

それでニコンF3用の接眼補助レンズなら角型用よりもコーティングがいいかもしれないと考えた。家で探したらニコンF3(アイレベル)用の+1dptと+2dptのものが見つかった。アイピースアダプターDK-22を介してD300に装着してみる。うーん、ゴーストは角型のDK-20Cと変わらないなぁ。ただ、よりプラスの視度なのでもっと大きく見える。これはいい。ただし、+1dptのものだと両目ともカメラ側の調節で視度が合うようにできるが、+2dptを付けると左目ではマイナス側目一杯にしても視度が合わない。右目はギリギリ合う。とすると私の場合は+1dptが限界か。このDK-22にF3用視度補正レンズは、難点がある。カメラの液晶保護カバーよりも視度補正レンズの方が出っ張るので、引っかかって落としやすそうなことだ。それにニコンF3(アイレベル)の視度補正レンズはもう新品では売ってないし。同じ径のFM/FE系用視度補正レンズならまだ販売中だからそれを使えばよい。見た目は接眼部が丸形なのでF3用やFM2用の方がかっこいいが、実用からいうと角型用のDK-20Cの方が引っ込んでいてよい。

ということで私の場合は、D300に角型のDK-20C(+1dpt)のものを付ければ像がやや大きくなってケラレもなくファインダーが覗けるということになる。ああオリンパスME-1買う前に気づけばよかった。ただ、この接眼補助レンズをプラス側にして像を大きくする方法は、使う人の視度がカメラボディの視度調節範囲にないとうまくいかない。少し大きく見えても視度が合っていないとかえってピントが見えなくなる。その点だけは注意。私の場合は+3dptとか+4dptにすればもっとファインダー像が大きくはなるが自分の目の視度には合わなくなってしまう。

なお角型用の接眼補助レンズDK-20Cには接眼目当てが付けられないとD300の説明書にはあるが、フィルムカメラ時代のむにゅーっと引っ張って装着するタイプの角型用接眼ゴムなら問題なくDK-20Cに装着できる。付けられないのはD300に標準で付いている接眼目当てDK-23だ。角型用のスライドさせて入れるタイプではなくむにゅーっと引っ張って装着するタイプの接眼目当てはケラレもほとんどない。Nikon EM発売時から「角型用」と呼ばれていた扇形の接眼ゴムやF70D用のDK-9などをいくつか持っているが(D50用接眼目当て、DK-20 ― 2005年11月21日参照)、これらをD300にDK-20Cを付けてさらに接眼ゴム(接眼目当て)を付けることは可能だった。ただし、やはり出っ張っぱるので私はゴムは付けないでDK-20Cのままで使うつもりだ。

またF3用の接眼補助レンズにはゴムが付いていないが、これはノーマルのファインダーアイピースのものを外して付けることになっている(FM3AやNew FM2用のノーマルファインダーアイピースはF3用とネジ径は同じだが、接眼ゴムが接着してあり外れない)。

コメント

_ Roberto ― 2011年11月01日 17時35分48秒

相殺されて倍率は元のまま...ではないんですね。
同じ手法を思いついたことはあるんですが、今までそう思い込んでいました。

_ ノーネームしたん ― 2011年11月01日 21時33分56秒

>少し大きく見えても視度が合っていないとかえってピントが見えなくなる。

さあ・・Haniwaさん、次はピントが見えるような魔改造を(笑)。

>実用からいうと角型用のDK-20Cの方が引っ込んでいてよい。

まあ出っ張りすぎてるとポロリとアレするので実用重視の方が無難なんでしょうねぇ。

ここに書きます

>>今度の後続機種はピントの山優先の~
>少しずつ届いているんですよ。だからD7000クラスも改善してきてAiも対応してきてるんですよ。でもまだまだ。なにかニコン社内に変な勢力あるいは悪の枢軸みたいなのがいるんですかねぇ(笑)。

悪の勢力に加担しているとカダフィー一等兵の様な最後を迎える・・とか噂を流し(嘘)、まあ・・徐々にでも改善してくれていれば・・(泣)。

>>うらやましい・・と言うよりも・・何か恥ずかしい様な・・。
>まあ展望スイートはちょっと恥ずかしいような気もしますが、そういうのって新婚でなきゃ次は銀婚式あたりまでなかなか実現しなさそうなので~

いゃ・・子供が生まれて・・その子供が「アレに乗りたい。」などと言った時に・・、まあ・・いざ乗ってる時には寝ているのでしょうが(泣)。

>銀河ってまたあればいいなぁとは思いますが、夜行バスがこれだけ安くなってますし、新幹線も2時間半で東京-大阪間を移動できるとなれば、なかなか難しいですよねぇ。もう寝台なんか付けずに全部バーにして朝まで飲んだくれてください、みたいなのにすればお金をたくさん落としてくれるかも(笑)。しかし翌朝使い物にならないし、ラッシュ時の東京駅や大阪駅のホームに酔っぱらいが大量に放り出されるという…(泣)。

ではいっそ立ち飲みで東京・大阪を(泣)、寝台料金も無いですよ・・などとお客を集め・・客車にギュウギュウに詰め込まれた状態で・・皆・・飲んで・・吐いて(泣)。

_ Haniwa ― 2011年11月02日 08時27分54秒

■ Roberto様
私も相殺されるかなともおもったのですが、D300の視度補正もF100の視度補正も像の倍率は変わらないタイプなんです。機種によってはボディ側の視度を変えると倍率が変わるものもありますが(たしかD50はそのタイプだった記憶があります)、D300のようにボディ側の視度調節で像の大きさが変わらないものの場合は、視度補正レンズでプラスに振ってボディ側でマイナスに戻すと、像が大きいままになります。

この方法はF100でも使えたということになりますね。DK-17Mの糸巻きの歪曲が気になる人はプラスの視度補正レンズを使う方法もいいかもしれません(視度が合えば、ですが)。

■ ノーネームしたん様
>>少し大きく見えても視度が合っていないとかえってピントが見えなくなる。
>さあ・・Haniwaさん、次はピントが見えるような魔改造を(笑)。

そうするとDK-17Mみたいな出っ張ったマグニファイヤーになるんだと思いますよ。フォトルーペのようにマグニファイヤーにヘリコイド付けてそこでピント合うようにとか、出っ張っていいのなら色々方法はあると思います。

>まあ出っ張りすぎてるとポロリとアレするので実用重視の方が無難なんでしょうねぇ。

見た目は絶対にDK-22経由で丸の方が良くてフラッグシップっぽいのですが、角型を直接つけた方が出っ張りが無くて使いやすいです。D300のように角型のものは、スライド式にはまっているだけですから、あんまり出っ張らない方が外れにくくていいと私も思います。

>悪の勢力に加担しているとカダフィー一等兵の様な最後を迎える・・とか噂を流し(嘘)、まあ・・徐々にでも改善してくれていれば・・(泣)。

コストダウンしても売れてますし一時的に利益も上がっているので、カダフィ氏のような最期を迎えるとは思ってないでしょうね。倍率とスクリーンを以前のAFフィルムカメラ並みにするだけでいいんですよ。F90やF-801あたりのレベルで。キヤノンがやればニコンも真似するんですかねぇ。

>いゃ・・子供が生まれて・・その子供が「アレに乗りたい。」などと言った時に・・、まあ・・いざ乗ってる時には寝ているのでしょうが(泣)。

小さなうちからスイートに乗せてはいけないです(笑)。まずは開放寝台で寝台列車の醍醐味と社会性を身につけてもらう、と(笑)。

>ではいっそ立ち飲みで東京・大阪を(泣)、寝台料金も無いですよ・・などとお客を集め・・客車にギュウギュウに詰め込まれた状態で・・皆・・飲んで・・吐いて(泣)。

立席急行券と書かれたGalaxy Expressのチケット(泣)。機械の体を手に入れてフクシマを救うのです(泣)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索