Nikon D300あれこれ(Nikon Transfer2で時刻同期)2011年10月24日 00時00分00秒

Nikon D300 + NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改)

Nikon D300を今更手に入れてのインプレ。語り尽くされているかもしれないが、半分自分用メモということでご容赦を。

まず、撮影画像をPCに転送するのに初代GR DIGITALではカードリーダーにカメラから取り出したSDカードを入れてPCに転送していた。これは初代GR DIGITALをUSB接続した場合に転送速度があんまり速くないからであった。

Nikon D300も最初はCFカードをカメラから取り出してカードリーダーに挿してPCに転送していたのだが、最近のカメラはUSB接続でも転送が速いというので付属のUSBケーブルでPCにつないでみた(もちろんドライバはPCにインストールした)。するとカードリーダー経由と変わらないぐらいの速さであった。それだけであればD300のメモリカードスロットの蓋の開閉はD300SやD700に比べて凝った作りになっているので、毎回CFカードを取り出してもいいなと思っていた。

ところが、View NX 2と一体化したNikon Transfer 2では、USB接続するたびにニコンデジタルカメラの内蔵時計をPCの時計とシンクロさせてくれるらしい。どうりでSONY GPSキーロガーGPS-CS1Kでジオタグを埋め込んだときに移動時でも位置のズレが少ないはずだ。GPSの方は衛星から正確な時刻を受け取っている一方、カメラの時計はちゃんと合わせていてもすぐにずれてくるので、時刻をキーにジオタグを埋め込むと実際の位置がきちんとGPSキーロガーに記録されていても、画像データの撮影時刻がずれているので、実際の場所とちょっと違うことが多い。それがNikon Transfer 2を使ったNikon D300だとズレが少ないのだ。これはD300をUSB接続で使った方が便利だ。そうすると最近ほとんど使っていないNikon COOLPIX 2500もUSB接続すれば時間を合わせなくて済むのか。これは便利だ。なお、PCの方の内部時計は規定よりももっともっと短い間隔でNTPサーバーと同期させている(同期間隔の変更は、Windows の場合レジストリの変更が必要)。

また、Nikon Transferを使うとCFカードに以前転送した画像が残っていてもちゃんと転送済みのものを避けて、転送していないものだけを転送してくれるので便利だ。PC側のディレクトリに以前転送した画像が残っていなくてもちゃんと未転送のものだけを転送してくれる。これもUSB接続で転送するメリットの一つだ。

次に、Nikon D300の外装ゴムについて、Nikon D300ゲット! ― 2011年10月06日の写真を見た人から、「ゴムが劣化してるんじゃないか?大丈夫か?」と言われた。これは買ったときは写真のような感じではなくきれいだったのだが、買って帰ってきてからエタノールで拭いたら写真のような感じになってしまった。D300のゴムはF100のゴムとは違う材質っぽく、なんか柔らかくて多孔質な感じなのだ。そこに汗を吸い込みやすい気がする。拭くのは水で濡らして固く絞ったタオルなどの方がよさそうだ。ちなみにこの後何回か撮影して自分の汗でべたべたしてきたので濡らして固く絞ったタオルで拭いたら、買ったときのようにきれいなゴムになった。なんだか不思議なゴムだ。

あと、D300にNIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改)を装着してシャッターを切ると、ガコンと大きな音がしてカメラにすごい振動が来る。厳密にいうとシャッターが切れたときではなく、シャッターが切れたあとにガコンと来る。もしかしてミラーがレンズ後部に当たっているのではないかと点検してみたのだが、カメラのミラーやNIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改)には当たった形跡はなかった。しかし、なにか金属の粉がマウント内部に…(泣)。それで色々試してみたら、シャッターを切らなくてもプレビューしただけでガコンとなることが分かった。それもプレビューボタンを押したときではなく、プレビューボタンを放して絞りを開放するときにガコンと言っている。どうもカメラ側の絞り連動レバーが戻るときにレンズ側の絞り連動レバーをかなり強く叩くような感じになっているようだ。もしかしたらNIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改)の絞り連動レバーの位置が規定の位置にないのかもしれない。NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改)のAi改造はニコンの純正改造なのだが、これは中古で買ってから一度もニコンで点検していないので、次の機会に点検に出してみる。ガコンは精神衛生上よくないし、絞り連動レバーの細かな破片がマウント内部に散るのは嫌なので、当面NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改)はD300では使わないことにした。ほかの所有するフィルムカメラではこのような現象はいままでなかった。

ピクチャーコントロールやアクティブDライティングなど書きたいことは色々あるのだが、それはまた次回以降に。

コメント

_ Eddie ― 2011年10月24日 18時52分12秒

FM10の裏蓋も溶けてベトベトなのですが、対応策は有るでしょうか?

_ WANI ― 2011年10月24日 22時55分55秒

>対応策

新しいFM10を買う・・・これしかないです(w。
古いFM10はフィルムカメラ啓蒙活動のために有効活用と言う事で。

_ ノーネームしたん ― 2011年10月25日 00時25分48秒

>D300のゴムはF100のゴムとは違う材質っぽく、なんか柔らかくて多孔質な感じなのだ。

しっとりした感触は良いのでしょうが・・汚れるのはねぇ、まあ・・汚れすぎてアレになったらもう剥がして・・魔改造で好きなゴムでも皮でも張るとか(泣)。

>もしかしたらNIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改)の絞り連動レバーの位置が規定の位置にないのかもしれない。

D-300と共に早くSCに持っていくのです・・、何で衝撃があるんでしょうね・・。

ここに書きます
>昔に比べればまだ今のフィルム環境の方が安くて早くあがってくるのでいいのですが

確かにそうなんですが・・コダッ○の経営の事とかも有りますし・・、昔より安くてもフィルム自体が無くなると・・ねぇ・・。

>>ジオラマで作りたいようなラーメン屋さんですなぁ・・
>この黄色いペンキがいいです。どうせあの色遣いなら「調布名物 Kobachrome」とか書いてもらいたいですね(笑)。店のオヤジの名前が小林九郎とかで(笑)。

ラーメンのスープかと思わせておいて現像液が・・鍋で・・

>今日、白の70-200mm F4を持った人を見ましたが、デジタル時代になって感度も自由自在ですし高感度も強くなったので、あの大きさ重さの70-200mmはよさそうですねぇ。

まあ機動力欲しい時にF4ズームとかの方が便利ですよねぇ・・、まあフィルムも併用とかで色々暗い場面有るんじゃないか・・とか考えるとF2.8のを・・とか・・単の明るいのを・・とか、まあ考えればきりが無くなるのはいつもの事で・・。

>千葉県柏市の市有地の高放射線量の件は、世田谷みたいに福島第一と無関係と思わせたいみたいですが、半減期の違うセシウム134とセシウム137の割合がほぼ同じなので最近出たものっぽいですよね。とすると福島第一由来のものを誰かが埋めたとかいう可能性がありますね。

まだ誰かが埋めたとかの方が良かったですよ・・、雨水漏れて土に凝縮してたんじゃないかとか言ってますよ、あの濃度直接でないですが・・あれが上から降ってたんですよねぇ・・、ネズミーも今頃ランドでチュウチュウ泣いてますよ・・。

>>大人は黙ってそれをまともに改良してから使用開始です(泣)。
>こどもが使っていますからね。しかも開封の儀はこどもの特権ですから、「わーい」と言って開けてすぐに取り上げて改良とか無理です(泣)。ツァイスのように、どこで作ってもタカラトミーはタカラトミーと言えるような品質管理を…。

Haniwa氏が前日に店に乗り込んで、お子様の買いそうなノラレールを開封してハイクオリティに改造したのを・・また密封で(泣)、
まあ・・何処の工場で作っても「品質を落とすな!。」の文句はもっともだと思いますよ・・、
まあ・・ちゃんと現地工場に指導すれば良いだけでは無いかと思うんですが・・、指導しても聞いてもらえないんでしょうかねぇ。

_ Haniwa ― 2011年10月25日 08時41分41秒

■ Eddie様
D300のゴムはまだ加水分解はしていませんよ。D300のゴムは使っていて汚れが付きやすい感じがするという意味で書きました。

FM10の場合は加水分解でしょうか。以下のF100の記事が参考になるかもしれません。
Nikon F100のノーマル裏蓋がべたべたに… ― 2010年11月29日
ttp://haniwa.asablo.jp/blog/2010/11/29/5546183

無水アルコールでひたすら拭きまくったらとりあえずべたべたしなくなりました。

ただ、FM10の場合現行機ですので、修理扱いで裏蓋交換がベストではないかと思います。
触れるところが加水分解でベタベタするのって撮影意欲に影響しますし。加水分解のべたべたは表面じゃなくてゴム内部からにじみ出しているのでいつまでもべたべたしていて不快なんですよねぇ。軽度なら無水アルコール、重度なら修理交換が対応策になると思います。

■ WANI様
>新しいFM10を買う・・・これしかないです(w。
>古いFM10はフィルムカメラ啓蒙活動のために有効活用と言う事で。
では、古いFM10は裏蓋修理交換で、新しいFM10を買い増すということで(笑)。
これならどちらも使えますし、啓蒙活動にも使えます。

FM10って今となってはファインダー倍率が高いカメラなので、貴重な存在だと思います。FM3Aのスクリーンを入れたりしたら最強ではないかと…。でもスクリーン交換は自己責任でお願いします。

_ Haniwa ― 2011年10月25日 08時42分48秒

■ ノーネームしたん様
なんか汚れてゴムに染みこんでそうな感じなんですよねぇ。固く絞ったタオルで拭くという手入れ方法でなんとかなりそうですが。駄目になったら剥がして赤く塗るとか(笑)。

>D-300と共に早くSCに持っていくのです・・、何で衝撃があるんでしょうね・・。
D300はこのあいだ点検してもらったばかりなので問題ないと思うんです。NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改)の絞り開放状態の絞り連動レバーの位置が、D300の絞り連動レバーの通常位置よりも下にあるんでしょうね。それでD300の絞り連動レバーが戻ったときにレンズ側の絞り連動レバーをさらに持ち上げようとしているのではないかと想像しています。Aiよりも前のレンズですから「仕様です」と言われるような気もします。同じく電子プレビューのF100ではこんなことありませんでしたが。

>>昔に比べればまだ今のフィルム環境の方が安くて早くあがってくるのでいいのですが>確かにそうなんですが・・コダッ○の経営の事とかも有りますし・・、昔より安くてもフィルム自体が無くなると・・ねぇ・・。
昔と違うのは先行きが危ういということですよねぇ。コダックのニュースがあまりはいらなくなりましたが、自体が好転しているとは思えず、心配ですね。PORTRAITやSUPER GOLD400がなくなると困ります。

>ラーメンのスープかと思わせておいて現像液が・・鍋で・・
銀高騰の折そんな高価なスープは…(泣)。

>まあ機動力欲しい時にF4ズームとかの方が便利ですよねぇ・・、まあフィルムも併用とかで色々暗い場面有るんじゃないか・・とか考えるとF2.8のを・・とか・・単の明るいのを・・とか、まあ考えればきりが無くなるのはいつもの事で・・。
今持っているAi AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>に不満はないですが、EF 70-200mm F4 L IS USMの大きさを見てしまうとうらやましく思えますね。でもEF 70-200mm F4 L IS USM買ってもたぶんF2.8の方も欲しくなって買ってしまうんでしょうね。そういう売り方ができるキヤノンってやっぱり商売上手だなぁと思いますね。

柏市の件、埋めたんではなくてあの濃度というのが驚異ですね。仰るように直接あの濃度で振ったのではなくてあの場所で自然に凝縮したにせよ、それだけの量が周辺に振ったわけですからね。3月21日夜~22日未明の雨がもたらしたんでしょうね。22日は連休明けで学校も会社もありましたから、被曝が心配です。
ttp://www.asahi.com/national/update/1023/TKY201110230360.html

>Haniwa氏が前日に店に乗り込んで、お子様の買いそうなノラレールを開封してハイクオリティに改造したのを・・また密封で(泣)、
そこまでするのなら、もうベンツのAMGみたいにプラレールチューン会社とか作ったらどうかと(笑)。プラレール Haniwaスペシャルとか(笑)。HOゲージ並みの車体に(ただし車両長は半分)黄色いプラレールの足回りが(笑)。

わたしも中○の工場できちんと品質管理すればいいだけの話だと思います。指導しても聞いてもらえなければ聞いてもらえる人に変えるべきで…。結局メーカーがまあこんなもんで…と思っているからああいう製品ができるんですね。ちゃんと指導したら採算が採れないんならその国で作るのをやめればいいんです。普通に指導して採算が採れる国で生産すれば済むことです。車体のぬるぬるなんかあの国のことを考えるとどんな有害物質が含まれているか分からないので心配ですよ。まあ日本製も放射性物質の点でいまや海外で同じように思われているんでしょうけど(泣)。

_ とうほく人 ― 2011年10月27日 00時30分58秒

haniwa様、センサーには気をつけてください・・・
デジカメから自分はボディキャップをかぶせてからレンズキャップをかぶせるようになりました。
本日憧れのニコン銀座SCに行ってきたのですが、ローパスフィルター「内」にホコリが入ってしまい汚れがとれませんでした(そうしたら清掃代サービスしてくれましたが)。
画像素子交換代は・・・なんと27000円ですむそうです。画像素子が9000円、っていうんですが、本当でしょうか??
nikkor autoではありませんでしたが、仕事場に「カメラがあるからお前来い」と言われて「どうせ大したことないカメラなんだそうな」と見に行ったら・・・ナンとかレックス(コンタではない)のRFにフジノンレンズがついていたものに・・・ほぼ新品同様のNikonFが一台・・・とニコンフォトミックFTNが。
更に新品同様の10.5cmF2.5やマイクロニッコール、ウエストレベルファインダー、接写リング・・どれも全く使用形跡なし。
こんなものを買ったまんまほうっておく会社は問題ですが、おかげで私がそのロッカーを10分程度掃除しただけで全て頂くことができました(笑)。あ、元箱もついてました。
余談ばかりですみません。
周囲が誰も意味をわかってくれないもので・・・。

_ Haniwa ― 2011年10月27日 08時25分36秒

とうほく人様
レンズ交換の時は、デジカメ側はマウント空きっぱなしでレンズのマウント側にキャップをしてから次のレンズをカメラ側に装着していました。やっぱり危険ですかねぇ。レンズ外したら遮光幕みたいなのがさっと出てくるとか考えてもらいたいですねぇ。以後一旦ボディキャップを装着するようにします。

ゴミがローパスフィルターの内側に入るとは厄介ですねぇ。撮像素子ってそんなに安いんですか。じゃ、デジタル一眼レフってどこにお金掛かってるんですかねぇ。ファインダーはあんなコストダウンですし。部品代としては高い方でやっぱり組立とかにコストが掛かってるんですかねぇ。ローパスフィルターが結構高いとは聞いたことがあります。

ああそういう「夢のロッカー」掃除うらやましいですね。昔景気のいいときはそういう備品を買って帳尻を合わせたりしたものですよ。担当者から「同じものならなるべく値段の高いのにしといて」とか言われたりとか。普通の電卓でいいのに関数電卓を買ったりとか(笑)。それにしてもうらやましいですねぇ。

>周囲が誰も意味をわかってくれないもので・・・。
備品を買って全然使ってないのよりも、こちらの方が問題です(笑)。教育しておいてください(笑)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索