格安ネガカラーフィルムの選択肢が少なくなってきている(富士SUPERIA X-TRA400)2011年09月13日 00時00分00秒

Kodak SUPER GOLD 400 135-36 10本パックと富士フイルムSUPERIA X-TRA400 135-36 10本パック

このところ、身内のアマチュアスポーツ写真は富士フイルムの SUPERIA X-TRA400 を使っていた。36枚撮り10本パックがあったからだ。しかし、昨日ヨドバシに行ってみたら、SUPERIA X-TRA400は36枚撮り10本パックがなくなっていて、5本パック¥2,080 (税込)しか売ってなかった。

それでコダック SUPER GOLD 400 36枚撮り 10本パックが¥3,080 (税込)だったのでこちらを買って帰った。

富士SUPERIA X-TRA400の36枚撮り10本パックはたしか3000円台の前半で、コダック SUPER GOLD 400 36枚撮り 10本パックよりも少し高いぐらいだったのに、5本で2080円はかなりの値上がりだ。

富士SUPERIA X-TRA400は、コダックローヤルペーパーとの相性だと、ちょっとラチチュードが狭い感じがして、ハイライト側がすぐに白飛びしやすい印象だった。ただ、富士SUPERIA X-TRA400は全体にシャープな感じに撮れるし微粒子なので、やや粒子感があってちょっとくすんだ印象のコダック SUPER GOLD 400よりはいいかなぁと思ってこのところ使っていたのだ。富士SUPERIA X-TRA400は、やや白飛び気味に写るので、東洋人の肌はぱっと見きれいに写った。作例に使うような写真は撮っていないのでブログの作例には出てこなかったが、最近のネガカラーの半分は富士SUPERIA X-TRA400で撮っていたのだった。

135-36が5本で2080円だと、そこまでして使いたいフィルムではないから、コダック SUPER GOLD 400を買うことになる。そして勝負フィルムはコダックNew PORTRA 400やNew PORTRA 160なので、ますます富士フイルムから遠ざかることになる。残念だ。

なお、「業務用カラーフィルム」コダック SUPER GOLD 400 24枚撮り(20本パック)4,080円(税込)も biccamera.comによると、「在庫限り」なのだそうだ。
≪在庫限り≫SUPER GOLD 400 24枚撮り(20本パック)

ああ、DNPセンチュリア400は普通によかったなぁ。もっと前ならコニカJX400や「ほっぺにチュッ」がコストパフォーマンス最高だった。

【関連追記】
ISO400カラーネガフィルム価格比較 ― 2011年09月14日

コメント

_ ノーネームしたん ― 2011年09月13日 21時28分50秒

>ますます富士フイルムから遠ざかることになる。残念だ。

そして益々値上がりと終了の道に・・、断腸の思いだ・・。

>ああ、DNPセンチュリア400は普通によかったなぁ。もっと前ならコニカJX400や「ほっぺにチュッ」がコストパフォーマンス最高だった。

全くで・・、まあ・・あんな時代はもうこないんでしょうねぇ。

ここに書きます

>以前カメラ雑誌の(カメラライター)座談会で、コーティングが一番金が掛かると言っていましたね。だから昔のレンズメーカーのレンズは、レンズ設計はよくて安いのはいいんだけれども逆光とか全然駄目だった、と。

そう言えばサムヤンはコーティング独自の奴なんでしょうか、どこかと提携とかしてるんでしょうかねぇ、昔のレンズも良い味出してるとか色々良い部分もあるんですが、最新レンズ(逆光OKな)を選びたい時もありますから・・サムヤンには何とかコーティング関連の投資を・・。

>>破戒僧かも・・、いゃ・・Haniwa教は最初から戒律など無用のぁゃιぃ団体なので・・。
>戒律はあります!フィルムを使い続けること!です。ピントの見えないファインダーに文句を付けること!絞り環のないレンズを買ってはいけない!あれは悪魔のレンズなんです!(笑)

蟹の爪も入れておいてあげてください(泣)、
ああ・・宗教法人Haniwa教の仏具(カメラ・フィルム)を非課税にする運動を政治家に圧力をかけて実現するのです(泣)、当然修行場(工場)も課税対象から外す・・と言う事で・・。

>これで中○で革命が再び起きるまでこのブログはアクセス不能に。で、自分が中○に行くことになって更新できなくて困る、とか(笑)。

Haniwa氏にの会社がHaniwa氏に出張うぃ命じるのです、
場所は中○、まあ原発事故現場から遠ざかるので良いか・・と思い受けるものの・・ああ・・中○は事故しても情報出ないので・・何故かガイガーカウンターだけが真実を知っているのです(恐)。

_ Haniwa ― 2011年09月14日 08時33分31秒

ノーネームしたん様
富士SUPERIA X-TRA400 135-36は1本416円、コダックSUPER GOLD 400 135-36は1本308円で、1本当たり108円も違いますからねぇ。

同じ富士のSUPERIA PREMIUM 400 135-36 5本パックが¥3,620 (税込)で724円/本ですから、それだったらコダック New PORTRA 400 135-36 5本パックが¥3,680 (税込)で736円/本の方買いますよねぇ。富士NEW PRO400 135-36枚撮 5本パック¥3,650 (税込)で730円/本ですから。富士は「プロ用」と「一般用」フィルムの価格差が詰まって来ています。

安くないSUPERIA X-TRA400、軟調プロ用フィルムとほとんど値段の変わらないSUPERIA PREMIUM 400とか、私は買う意義が見いだせませんね。残念ながら安価な方も軟調プロ用もコダックを選びますね。まあISO400カラーネガは選択肢がある分まだいいのかもしれませんが。

DNPセンチュリアはコダックのOEMだったそうですが、安かったですし、自然な普通の写り(これが大事です)でよかったです。コニカは人肌の再現と湿度の低いときの空の青さがよかったです。こういうフィルムがなくなって、富士の色が派手で階調が出なくてアナログなのになぜかエッジが強調されるフィルムが残っているのは残念ですね。

いまだにネガカラーフィルム使っている人は、おそらくコダックの方の描写を好むでしょうから(そうでなかったらデジタルの方が…)、今後ますます富士のネガカラーフィルムは値上がりして衰退していくんだと思いますよ。

サムヤンのコーティングはどこかと提携しているんですかねぇ。この値段でニコンのナノクリスタルコート使っているとは思えませんし(笑)、よくみたらEBCとかSMCとかT*とかHFTとか書いてあったりして(笑)。SAMYANG 「T※」 35mm f/1.4 Aspherical IFだったりして(笑)。

まあ、真逆光や画角すれすれの光線は仕方ないとしても、画面内に高輝度の部分があるだけでフレアっぽいとかゴーストが出るとかそういうのは勘弁して欲しいですね。雑誌でのいじわるなテスト希望します(笑)。

>蟹の爪も入れておいてあげてください(泣)、
「蟹の爪のないレンズを買ってはいけない」を戒律とすると、Ai Nikkor 45mm F2.8PとかAi AF NikkorとかシリーズEとかZF.2が買えなくなってしまうので、ここは涙をのんで…。

>ああ・・宗教法人Haniwa教の仏具(カメラ・フィルム)を非課税にする運動を政治家に圧力をかけて実現するのです(泣)、当然修行場(工場)も課税対象から外す・・と言う事で・・。
それ、いいですね。補修用部品を持っていても資産にならないとかだと長く修理して使えるかもです。さあ、株式会社ニコンも宗教法人ニコン教に組織変更です(笑)。

>Haniwa氏にの会社がHaniwa氏に出張うぃ命じるのです、
>場所は中○、まあ原発事故現場から遠ざかるので良いか・・と思い受けるものの・・ああ・・中○は
>事故しても情報出ないので・・何故かガイガーカウンターだけが真実を知っているのです(恐)。
以前から西から飛んでくる黄砂に放射性物質が含まれていることが指摘されていましたよね。核実験のものだということですが…。フランスの爆発事故はなんだったんでしょうね。まさかまたバケツでかき混ぜかき混ぜ…とか(泣)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)