SAMYANG 35mm f/1.4 Aspherical IF が10月中旬国内発売予定2011年09月09日 00時00分00秒

SAMYANG 35mm f/1.4 Aspherical IF

以前紹介したSAMYANG 35mm f/1.4 Aspherical IF が10月中旬に国内発売予定で、少し前から予約受付中だ。
SAMYANG 35mm f/1.4 Aspherical IF 【10月中旬発売】(フジヤカメラ)

価格は、39,800 円(税込)で、マウントは、ニコンF、キヤノン(おそらくEF【追記】SAMYANGのサイトでEFと確認【追記ここまで】)、ペンタックスK、ソニーα、フォーサーズの5種類がある。
【追記】なお、Samyang Optics Co.,Ltd.のサイトにはSamsung NX用もあることが書かれている。
http://www.syopt.co.kr/jap/product/35mm.asp【追記ここまで】

発表当初よりも円高のせいか、さらに安くなっている。名前もSamyang 35mm F1.4 AS UMCからSAMYANG 35mm f/1.4 Aspherical IF になったのだろうか。前にも書いたが、4万円ぐらいだとAi Nikkor 35mm F1.4Sの中古といい勝負なので迷うところだ。ニコンファンとしては、まずはAi Nikkor 35mm F1.4S買うべきだろうとは思うものの、発売後の評価によってはSAMYANG 35mm f/1.4 Aspherical IFが先に欲しくなるかも。どんな描写か楽しみ。カメラ雑誌はフィルムカメラで作例・インプレを載せること。でないと比較できないからね。フィルムの作例が載っていたらその雑誌を買うよ(笑)。デジタルカメラでの作例だったら立ち読みで済ます(笑)。ネット上にもっと分かりやすい作例が出るだろうし(海外では発売されているので既に入手された方の作例がある)。

【関連】
Samyang 35mm F1.4 AS UMC発表
Samyang 35 mm f/1.4 AS UMCが4月発売らしい

コメント

_ やまろ ― 2011年09月09日 20時13分32秒

あれ、85mmより高いんですね。それでも十分安いですけど。

35mmマニアとしてはかなり気になっています。
早く作例が見たいですね。

_ ノーネームしたん ― 2011年09月10日 00時23分34秒

>発表当初よりも円高のせいか、さらに安くなっている。

きりのいい数字なので円高なので・・という事もなさそうな気が・・、
まあ円安なれば・・タダチニに値段がアレしそうな程安いですなぁ。

>ネット上にもっと分かりやすい作例が出るだろうし

その方がなんとなくレンズの実力解りそうなので・・まあ検索を・・。

ここに書きます

>>戦前の”光三九式金物”とかの製品は製品とユーザー両方が水漬く屍になっていても興味本位で・・公開を・・。
>そんな説明書、残ってるんですかねぇ。「ニコンアーカイブズ」とかをネット上に作って色々公開して欲しいですね。これも後藤研究室の役目です、と勝手に役目を加えておきます(笑)。

ゴト氏がダンジョン状態の大井の倉庫に入り{軍機}の印の入った本を見つけた途端に後ろから旧海軍の立番に捕縛され・・、
その後・・ゴト氏を見たものは居ない・・

>>いえ・・あのAAの”ありがたやのお坊さん”は・・そんなに偉い人ではないのでは(泣)。
>でも親鸞ってそんな感じの坊さんだという絵が残ってますよね。

そういえば一休さんもそんな感じの・・、
う~ん・・なんだかHaniwa氏がお坊さんになれば名僧になれそうな予感が(笑)。

>>本堂にはコンデンサに充電する時の「ぴゅ~」という音が響き渡っており・・
>分派活動は許さん!とフラッシュをSB-103に入れ替えて未充電のニカド電池と充電完了のニカド電池を混ぜて入れておいてやるぅ。

充電電池の管理も宗教活動の一環で完璧に・・、
しかし質の悪い中○せいニカドが漏らしてしまい・・、
嗚呼・・中○充電電池メーカーと仁義無き宗教戦争が勃発し(泣)。

>リバーサルって利用者のデジタルへの移行が激しいのか、以前よりも早く上がってくるんですよねぇ。最盛期は日曜や月曜に持っていくと「混んでるから翌々日になる」とか言われましたがいまはすんなり翌日にあがってきます。

まあ少なくなってるんでしょうかねぇ・・、なんとか需要を盛り返さないと遺憾のですが不況だし、なんとも・・。
まあ不況は富士だけの問題でないんでしょうが・・。

_ Haniwa ― 2011年09月12日 08時33分20秒

お返事遅れてすみません。m(_ _)m

■ やまろ様
85mmよりは値段が高いのは、大口径中望遠レンズよりは、大口径広角レンズの方が画角が広い分設計が難しからなんでしょうかねぇ。

作例と、同じく35mmマニアの赤城耕一氏のインプレが見たいですね。

■ ノーネームしたん様
海外では発売済みなので定価は変わってないのだと思います。随分安いですよねぇ。絞り開放や少し絞ったときの描写がどんな感じか、逆光性能がどうなのかが気になる点ですね。

>ゴト氏がダンジョン状態の大井の倉庫に入り{軍機}の印の入った本を見つけた途端に後ろから旧海軍の立番に捕縛され・・、
>その後・・ゴト氏を見たものは居ない・・
ゴト氏親衛隊を組織してSPのように張り付きで護衛を。ダンジョン状態の大井の倉庫で謎の銃撃戦が…。と思ったら、モータードライブS-36、MD-2やMD-4の連写音が倉庫から…。お、おまいら、そこで何をしているっ!(笑)

>う~ん・・なんだかHaniwa氏がお坊さんになれば名僧になれそうな予感が(笑)。
名僧というよりは迷走でしょうね(泣)。

>充電電池の管理も宗教活動の一環で完璧に・・、
>しかし質の悪い中○せいニカドが漏らしてしまい・・、
>嗚呼・・中○充電電池メーカーと仁義無き宗教戦争が勃発し(泣)。
中○国内にも信者を増やすのです。法輪功のようになるのです。法輪功って書いておくと中○からのスパムが遮断されるんですよねぇ(笑)。中○国内の善良なカメラマニアもこのブログを読めなくなってしまいますが…。

一定上の処理量がないとE-6現像システムも維持が困難になるんでしょうね。日本国内のコダクローム現像処理(K-14)の末期がそんな感じで、維持するためにテスト用コダクーロムフィルムを何本も流していたと聞きました。E-6も現像所が集約されていって最後はそんな感じになるんですかねぇ。集約過程で遠方の人は処理に時間が掛かるので敬遠されてますます消費が減るという悪循環ですよね。いまでも地方だとリバーサルフィルムの現像が1週間掛かるらしいですから、コダクローム末期と似ています(泣)。

_ ノーネームしたん ― 2011年09月12日 23時06分45秒

>逆光性能がどうなのかが気になる点ですね。

しかしこの値段で逆光が比較的マシとかだったら将来日本メーカーは苦労するんでしょうねぇ。

>ゴト氏親衛隊を組織してSPのように張り付きで護衛を。ダンジョン状態の大井の倉庫で謎の銃撃戦が…。と思ったら、モータードライブS-36、MD-2やMD-4の連写音が倉庫から…。お、おまいら、そこで何をしているっ!(笑)

敵襲と誤認して、昔設置していた高射砲(海軍関連企業なら高角砲)を水平に照準して・・、
後に各人のフィルムを現像してみると砲弾が砲口から飛び出すのが写っており・・。

>名僧というよりは迷走でしょうね(泣)。

破戒僧かも・・、いゃ・・Haniwa教は最初から戒律など無用のぁゃιぃ団体なので・・。

>法輪功って書いておくと中○からのスパムが遮断されるんですよねぇ(笑)。

たしか”六四天安門”とか”茉莉花革命”でも効き目が・・。

>E-6も現像所が集約されていって最後はそんな感じになるんですかねぇ。

もうメーカー推奨で手軽に自家処理できる様にすれば・・なんとか・・

_ Haniwa ― 2011年09月13日 08時37分09秒

ノーネームしたん様
以前カメラ雑誌の(カメラライター)座談会で、コーティングが一番金が掛かると言っていましたね。だから昔のレンズメーカーのレンズは、レンズ設計はよくて安いのはいいんだけれども逆光とか全然駄目だった、と。今のレンズメーカーはコーティングがよくなって、純正レンズに引けを取らないけれども、値段が純正レンズと変わらなくなった、と。

安いのでコーティングには期待しない方がいいんでしょうかねぇ。

>敵襲と誤認して、昔設置していた高射砲(海軍関連企業なら高角砲)を水平に照準して・・、
>後に各人のフィルムを現像してみると砲弾が砲口から飛び出すのが写っており・・。
催涙弾水平打ちもいけないのに、高射砲水平打ちはやめてください(泣)。高射砲は普段は丸子の方を向いており…。

>破戒僧かも・・、いゃ・・Haniwa教は最初から戒律など無用のぁゃιぃ団体なので・・。
戒律はあります!フィルムを使い続けること!です。ピントの見えないファインダーに文句を付けること!絞り環のないレンズを買ってはいけない!あれは悪魔のレンズなんです!(笑)

>>法輪功って書いておくと中○からのスパムが遮断されるんですよねぇ(笑)。
>たしか”六四天安門”とか”茉莉花革命”でも効き目が・・。
これで中○で革命が再び起きるまでこのブログはアクセス不能に。で、自分が中○に行くことになって更新できなくて困る、とか(笑)。

>>E-6も現像所が集約されていって最後はそんな感じになるんですかねぇ。
>もうメーカー推奨で手軽に自家処理できる様にすれば・・なんとか・・
それは最後の最後ですかねぇ。今自家現像流行ったら、ラボにリバーサルフィルムが来なくなってラボで現像液の維持にさらに困るようになるでしょうから。

_ おおた ― 2011年09月13日 12時25分10秒

カメラ(レンズ)あつかいの雑な私としては、この全身プラスチックっぽい外観からして、アウトなんですが、新品レンズとしては、かなり安いんですね。

まあ、皆さんのおっしゃるように、モダンなレンズなんで、逆光などのシビアな環境でのコントラストの維持と、開放での結像性能が、どれくらいかなんでしょうね。

個人的には、一時期手元にあった、Nikkor 35/1.4AiSの開放での、ポヤンとした感じとか、上品な周辺光量おち、1,2段絞ったときの、カリッとしたシャープさなんかが、好みですけどね(特にモノクロでは)。

確かに、レンズコーティングの技術は、すごく進歩してるみたいですが、「モノクロにマルチコーティングは合わない」ということで、いまだにnon-T*のZEISSレンズを使い続けているHasselbladユーザもいますからね。

_ Haniwa ― 2011年09月13日 16時17分20秒

おおた様
そうですね、外装がプラスチックなのもアレですが、一番心配なのは内部のヘリコイドがプラスチックかどうかですね。ここが片側だけでもプラだと、ぶつけたときにもう回復不能なダメージが来そうですし。

モダンレンズなので開放の描写とか逆光性能が気になりますよね。これがコシナのなんとかClassicとかだと、開放が甘いとか野暮です(笑)。

やっぱりモノクロではマルチコーティングは向かないんですかねぇ。各社ともモノクロ専用フィルターはマルチコートではなかったですね(ニコンのも)。Kenkoのイエローフィルターも一眼レフ用の径のものはマルチコートでしたが、小径のものはモノコートでしたね。あんがいCONTAX G用のPフィルターがモノコートなのもそういう計算があってのことですかねぇ(スカイライトフィルターはマルチコートでした)。でもレンズがT*コーティングですものねぇ。うーん、奥が深いです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)