赤城耕一 銀塩カメラ復興計画 第7回 ペンタックスSPの記憶2011年08月26日 00時00分00秒

特急彗星(583系、新大阪駅、1978年頃):Asahi Pentax SV、Super Takumar 55mm F1.8、Kenko Skylight filter、小西六 Sakuracolor II、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED(ICEありGEMなし)

アサヒカメラ.netの連載、「赤城耕一 銀塩カメラ復興計画」の第7回が火曜日(8月23日)にアップされていたようだ。
赤城耕一 銀塩カメラ復興計画 第7回 ペンタックスSPの記憶

Pentax SPが現行品の頃を知らないのだが、私がこどもの頃(1975~6年頃)でも結構な確率でAsahi Pentax SPって見かけたのでこれはかなり売れたカメラだろう。私がこどもの頃は以前何度か書いたが、うちに死蔵されていたPentax SVを押し入れから引っ張り出してきて自分のカメラのように使っていた。Pentax SVは完全メカニカルカメラで露出計も内蔵されていないから電池を入れるところもなくて、露出計内蔵のカメラやAEのできるカメラがうらやましかった。友人の発売されたばかりのCanon AE-1なんかかなりうらやましかった。ただ、ほとんどの同級生はコンパクトカメラ(当時はこの様な呼び方をしていなかったが)しかもっていなかったから、たとえ10年落ちでも一眼レフを持っているだけでうらやましがられた。

話がPentax SVの方に逸れてしまったが、赤城耕一氏のPentax SPの記事に戻ると、記事にある写真のようなブラックボディはあまり見たことがない。ほとんどの人はシルバーメッキのボディを持っていた。それはシルバーメッキの方が耐久性があるし、ブラックボディは当時は何千円高という設定になっていたからだ。同じ機能ならば安いシルバーモデルの方を買ってその分レンズにお金を掛けたいあるいは全体の価格を低く抑えたいというのが庶民感情だろう。

記事にあるSuper Takumar 55mm F1.8とSMC Takumar 55mm F1.8、いいなぁ。ピントリングが梅鉢タイプなのがそそるなぁ。NikkorもMFレンズは梅鉢タイプのままだったらよかったのに。もっとも、実用的には極寒の地では金属剥き出しよりもラバーの方がいいのかもしれないが。

私が使っていたのはSuper Takumar 55mm F1.8の方だった。このレンズは開放から使えてしかも近接時でも二線ボケがでない優秀なレンズだった。これが当たり前だと思っていたから、大人になってからAi AF Nikkor 50mm F1.4Dを使って、開放ではへろへろだし、二線ボケが出ることはあるしで随分がっかりした。まあF1.4とF1.8じゃ全然設計が違うのを分かってなかったのだが。

このねじ込みのM42マウントって危険で、レンズ交換のときに少しねじ込んだつもりでさらにねじ込むために持ち換えると実は全然ねじ込まれていなくてぽろっと落下させてしまったり、知らない間に緩んでいて、ちゃんとピント合わせしたのになぜかピントがずれた写真が撮れていたりというアクシデントがある。幸いぽろっといったときには、さっと受け止めて落下には至らなかった。自分専用で使っていたとはいえ親の持ちものだから冷や汗が出た記憶がある。

もともとこの時代のペンタックス一眼レフはファインダースクリーンがざらついて暗かったこともあり、少しでも開放F値の大きい、とくに広角レンズを装着すると、正確なピント合わせには苦労させられた。日中晴天下で、絞りをかせぐことができる場合は、潔く目測で撮ってしまおうかと思うくらいだ。

そうなんだよねぇ。Pentax SVでもF1.8のときはよかったが、SMC Takumar 200mm F4のときはマット面でピントが見えなかった。しかたないので中央のマイクロプリズムで合わせていた。そのマイクロプリズムも覗き方で翳ったりして使い難かった。たぶん、ペンタプリズムが銀蒸着ではなくアルミ蒸着で、ミラーもアルミの反射だったのだろう。ファインダーに来る光量がかなりロスされているのに、スクリーンはざらざらで大口径レンズでの正確なピント合わせに最適化してあるから、暗いレンズではピントは本当に見えづらい記憶がある。まあ最近のペンタミラーとAF用ハーフミラーで光量が少ない分をすかすかスクリーンで補ってピントがかなり広範囲で合っているように見える一眼レフに比べたらまったくもって正しい方向だとは思うが。せっかくの一眼レフを透過ファインダーみたいにしてしまうからそれだったら余分なミラー取っ払った方が合理的やんという方向に向かっていってしまうのだ。

そんなこんなでPentax SPはそんなに欲しくないが、Pentax SVはSuper Takumar 55mm F1.8でまた使ってみたいな。当時使っていた我が家のPentax SVは私が東京に進学して置き去りにしていった間にカビカビになって処分されてしまったのだ。

【関連追記:2011年10月21日】
赤城耕一 銀塩カメラ復興計画 第8回 ペンタックスSPの記憶2 ― 2011年10月21日
【関連追記ここまで】


特急彗星(583系、新大阪駅、1978年頃):Asahi Pentax SV、Super Takumar 55mm F1.8、Kenko Skylight filter、小西六 Sakuracolor II、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED(ICEありGEMなし)

コメント

_ ノーネームしたん ― 2011年08月26日 22時40分27秒

>私が使っていたのはSuper Takumar 55mm F1.8

放射能のアレでなくて残念ですなぁ(泣)。

>このねじ込みのM42マウントって危険で、レンズ交換のときに少しねじ込んだつもりでさらにねじ込むために持ち換えると実は全然ねじ込まれていなくてぽろっと落下させてしまったり、

確かにFマウントに慣れた身にはなんだか不便そうな・・、高価なレンズがポロリ・・と逝くとかは・・もう・・。

>まあ最近のペンタミラーとAF用ハーフミラーで光量が少ない分をすかすかスクリーンで補ってピントがかなり広範囲で合っているように見える一眼レフに比べたらまったくもって正しい方向だとは思うが。

マット面の良さはピント合わせてから分かるのです・・、デジタル一眼レフにF-2・F-3の様なファインダー希望・・、スカスカ御節ファインダーは遺憾です・・。

>特急彗星(583系、新大阪駅、1978年頃)

この頃は将来寝台列車が衰退してるとは思ってなかったんでしょうねぇ・・、嗚呼合掌・・、ついでに銀河を復活させろ!・・と・・

ここに書きます

>一度、ニコン純正のL37Cを買ったら真ん中に気泡があってすぐに交換してもらったことがあります。周辺ならともかく真ん中ですからね。やっぱりすぐに検品しないといけないですね。

珍しい欠陥品ですねぇ・・、まあ真ん中気泡とかは交換しないと・・、真ん中気泡でよく検品通りましたねぇ。

四隅のケラレですが~もしかしたらレンズとフィルムアパチャーの間の壁にパーマセルとか貼っていたのかもしれません。そこが艶ありの黒塗装で反射が気になっていたので貼ったかもしれません。いまフィルムが入っているので確かめられません。もともとこのヤシノン45mmは周辺減光が同クラスのレンズよりも多めということだったのですが、これはケラレてますものね。

艶有り塗装だと何か対策したくなりますからねぇ・・、しかしそれが原因なんでしょうかねぇ、周辺減光とかとは違うんでしょうし・・、
フィルターも疑いが・・、嗚呼Haniwaさん!、もう一度甲子園で撮影しないと(泣)。

>京セラサムライは昭和40年代風に写りますか。

いえ・・自分のサムライ(Z2)は中古(ジャンク)で自己修理した機体なので・・、その時点でレンズは・・。

>暫定基準値以下なら不検出と同じように流通してしまうのが怖いです。暫定基準値以下でも検出された食材はすべて原発推進派の人の口にしか入らないような流通の仕組みが必要です(笑)。

推進派と”汚利権組”の給料の一部を食材で支給する事で・・、食べているかどうかを検診でチェックです・・えっ!、けして人体実験ではありません!、単なる健康診断です!、さあ”ABCC”の調査に協力しよう!、を、推進派が参加で・・。

>>早く食品計測できる線量計をハニコンで作るのです!、しかも安く作るのです!、さあHaniwaさん・・
>そうか、これで一儲けしてコダクロームを再生産ですね。でも再生産コダクロームには謎の白い点がいっぱい写っていて苦情続出とか(泣)。

フィルムに食品を載せておき・・現像を・・、
Haniwa氏以外のHaniwa家族の食する物には反応無し・・、
Haniwa氏のいつも食べる食品の方は・・ぁぁぁ・・

_ 8・28ハニワ祭り実行委員怪 ― 2011年08月27日 20時14分43秒

今年度の8月28日の”ハニワ祭り”は東北大震災発生により開催を自粛いたします、悪しからず。

_ Haniwa ― 2011年08月27日 22時05分50秒

■ ノーネームしたん様
Super Takumar 55mm F1.8は、放射能レンズじゃなかったのか、と思いましたら、どうも後群にトリウム使ってたようですね(泣)。
ttp://homepage1.nifty.com/nekocame/camera/atomlens.htm
Super-Takumar 1:1.4/50mmほどではないですが、Super-Takumar 1:1.8/55mmも2.330μSv/hとか出てますね。私の持っていたのはPentax SVとセットのものでしたので初期型だったとおもいます。より強く出ていますね(泣)。Super-Takumar 1:1.8/55mmは小学生の頃目に当ててよく覗いたりしていました(泣)。

ねじ込みマウントって結構危険ですよ。ぽろっといってさっと手が出たからよかったですが、オッサンになって反射神経も鈍ってきてしかも酔っぱらっていたりしたら絶対にガツッと落下ですよ(泣)。

>マット面の良さはピント合わせてから分かるのです・・、デジタル一眼レフにF-2・F-3の様なファインダー希望・・、スカスカ御節ファインダーは遺憾です・・。
上級機は少しずつ改善してきているような気もしますが、F2、F3にはほど遠いですねぇ…。デジタル一眼レフの下級機使っている人にF100のファインダー見せただけでも驚かれますからねぇ。F100ってフィルムカメラの中でもそんなにいい方のファインダーじゃないのに。

気泡入ったレンズは高級品の証とか言ったらしいですが、フィルターの真ん中に気泡があると気になるので交換してもらいましたよ。ほかに気泡があるフィルターは見たことはないですね。

>>特急彗星(583系、新大阪駅、1978年頃)
>この頃は将来寝台列車が衰退してるとは思ってなかったんでしょうねぇ・・、嗚呼合掌・・、ついでに銀河を復活させろ!・・と・・
彗星だけで4往復とかありましたからねぇ。あの時代にPentax SV持ってタイムワープしたいですねぇ。それでKodak PORTRAとかいう謎のフィルムが見つかってしまって大変なことに(笑)。「これは長瀬産業が輸入していない、アメリカで開発中のプロ用フィルムなんだよ。テスト中なので見たことは口外しないでね。」とか(笑)。

ヤシカエレクトロ35のケラレ問題はフィルム撮りきって色々見てみますね。

>いえ・・自分のサムライ(Z2)は中古(ジャンク)で自己修理した機体なので・・、その時点でレンズは・・。
もしかして昭和40年代のレンズと入れ替えてある、とか。でもヤシノンDX45mm F1.7って古いレンズなのに普通に今風に写るんですよねぇ。

>けして人体実験ではありません!、単なる健康診断です!、さあ”ABCC”の調査に協力しよう!、を、推進派が参加で・・。
まずは海江田氏がカイワレのように食すということで…(泣)。

>フィルムに食品を載せておき・・現像を・・、
>Haniwa氏以外のHaniwa家族の食する物には反応無し・・、
>Haniwa氏のいつも食べる食品の方は・・ぁぁぁ・・
巻いてある中の方まで感光とか…(泣)。

■ 8・28ハニワ祭り実行委員怪様
おお、明日は828(ハニワ)の日だったのですね。なにか記事更新せねば…。

_ ky ― 2011年08月28日 01時29分44秒

ペンタックスSPというカメラといえば某キタムラで捨て値で売られていたことしか覚えていませんが、世界的なヒット商品だったんですね。ネットで調べて最近知りました・・
それよりびっくりしたのが、記事の方にあった写真なんですが、本当に70年代の写真なのか、疑いたくなるぐらい、いい写りをしていますね。保存状態が良かったんでしょうか?
古い写真によくありがちな、色の劣化が少ない気がしました。

_ Haniwa ― 2011年08月28日 22時35分21秒

ky様
Pentax SPが捨て値なのは、ベストセラーだったせいもあると思います。個体が多いので名機かどうかに拘わらず値段が高くなりにくいのです。絞り込み測光が面倒とか、露出計が不良の個体があるとかそういう面もありますが。むしろ何もないSVの方が下げ止まるんですよねぇ。

これは写っている被写体からも間違いなく1978年頃の新大阪駅です。保存状態は悪くはないですが、よいというほどでもないです。金属製の学習机の引き出しにDPEから戻った袋のまま突っ込んであったものです。木製だと接着剤からフィルムにとって有害なガスが出たりするそうですから、金属製の机の引き出しというのはよかったのかもしれません。途中から段ボール箱に入れて押し入れの天袋にしまったりしていました。

多少の褪色や変色があるのですが、これはニコンのスキャナーが偉いのです。一定の範囲の変色や褪色のネガカラーであれば、オレンジベースの違いと判断してベストな色に再現してくれます。ネガカラーといってもメーカーや種類によってオレンジベースの濃さや色が違うので色々な種類のフィルムを試した上でアルゴリズムを決めたんだと思いますよ。こういうところ、ニコンは声高に語りませんが、さらっとすごい仕事をしていますよ。

さらに変色や褪色が酷い場合にROCという機能がありますが、これはスキャン後に画像をいじるものなので、下手をするとデジカメっぽい階調の写真になることがあります。ただ、変色や褪色の酷いものを自分でいじってまともな色にするのは難しいのでROCの存在意義は大きいです。この写真ではROCは使っていません。日陰の部分もいじらないで青っぽいままにしてあります。

_ おおた ― 2011年08月30日 16時26分13秒

本文内容と全然関係なくて、申し訳ないですが、

昨年、イギリスに行ったとき、小さな町のギャラリーを訪れたまたした。そのときアーティスト兼オーナーの方が、私のカメラ(ハッセルブラッド)を見て、「フィルムカメラは、いいよねえ、私も最近、ほうっておいた昔のフィルムカメラまた、使い始めたよ」と、話しかけてくれたので、「なんてカメラですか?」と聞いたところ、「アサハイ・ペンタックスだよ」とのこと、最初頭の中が「???」となりましたが、ASAHIがアサハイになったんだなと合点しました。

_ Haniwa ― 2011年08月31日 10時05分36秒

おおた様
アサハイペンタックス、ナイコンですね。コニカはコナイカとか聞いたことないですね(笑)。

最近またフィルムを使い始めたという声をあちこちで聞いてちょっと安心しました。スポーツ写真をバシバシ撮るときなどはデジタルの方がよさそうなのですが、普通に1枚1枚撮るときはフィルムの方がいいと思っています。

ハッセルブラッド、いいですねぇ。ヨドバシか何かで初めて展示品触って、どこでシャッター切ればいいのか分からなくて困った思い出があります(笑)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索