レンズ付きフィルムカテゴリを追加した2011年08月08日 00時00分00秒

「写ルンです」のアクセス急増のため、レンズ付きフィルムカテゴリを追加した。サイト内検索で引っかかる範囲で記事に追加しておいたが、追加漏れもあるかもしれない。写ルンですカテゴリにしなかったのは、ほかのメーカーのレンズ付きフィルム(「使い捨てカメラ」ではない)もあるから。

レンズ付きフィルムカテゴリののアドレスは、
http://haniwa.asablo.jp/blog/cat/lenstukifilm/
だ。

久々に写ルンですを買った2011年08月08日 00時00分01秒

富士フイルム写るんですシンプルエース、ディズニー・スティッチ版とサンリオ・キティちゃん版

「僕にとって写ルンですは、最後の頼みの綱。最強ですね。」(写真家・石川直樹氏) ― 2011年08月02日の記事がきっかけでアクセスが急増し、昨日はこのブログ開以来初のアサブロアクセスランキング2位にさせて頂いた。ありがとうございます。

それで、こんど関西に行くのでその時に使おうと写ルンですを久々に買った。それ以前はレンズ付きフィルムはDNPのTORIKKIRIが300円だったので使っていた。DNPの前はコニカの「撮りっきりコニカ」を使っていた。

割高だと思いつつもなんだかんだと結構レンズ付きフィルムは買っていたなぁ。

いまの写ルンですはストラップホールが付いてしまったので昔のラピタ特製クラシックカメラカバーが使えないのが残念なところだが、そんなカバーをいまも持っている人はほとんどいないから、ストラップホールがある方がいいと思う。

写真は写るんですシンプルエース(フラッシュ付き135-27、ISO400)のディズニー・スティッチ版とサンリオ・キティちゃん版だ。中身は同じなのにデザインが違うだけでスティッチの方は540円、キティちゃんの方は500円と40円も違いがある。ディスニーの版権は高いのだろうか。

そうそうキティちゃんネタなんだから、ぱにー様カテゴリに追加して召喚しなければ(笑)。

【関連】
「写ルンです」20周年、まだまだ頑張れ! ― 2006年06月15日
フジカラー「写ルンです 1600 Hi・Speed Flash 15枚撮」新発売 ― 2006年07月26日
究極のメカニカルカメラ、レンズ付きフィルムをラピタ特製クラシックカメラカバーで使う ― 2006年08月30日
富士フイルム「写ルンです」サイトリニューアル ― 2007年10月17日
DNP Torikkiri Do Shot はコストダウンし過ぎ ― 2008年03月06日
DNP撮りっきり(レンズ付きフィルム)がいつの間にか値上げ(追記あり) ― 2008年08月29日
『TSUBURAYA × Kodak コラボレーション 「ウルトラ・デザイン」シリーズ・レンズ付フィルム』いよいよ今週末発売 ― 2009年12月09日
『鬼太郎 × Kodak コラボレーション 「鬼太郎デザイン」シリーズ・レンズ付フィルム』新発売 ― 2010年08月09日
『鬼太郎 × Kodak コラボレーション 「鬼太郎デザイン」シリーズ・レンズ付フィルム』はオフィシャルショップで買えとな ― 2010年08月19日
「僕にとって写ルンですは、最後の頼みの綱。最強ですね。」(写真家・石川直樹氏) ― 2011年08月02日
アクセス急増 ― 2011年08月07日

コダック プロフェッショナル カラー印画紙・薬品等の値上げを2011年9月から実施2011年08月08日 00時00分02秒

コダック プロフェッショナル カラー印画紙・薬品等の価格改定を実施(コダック株式会社)なのだそうだ。

2011年8月8日

コダック株式会社
加賀ハイテック株式会社
[リリースNo.KH110026]

コダック プロフェッショナル カラー印画紙・薬品等の価格改定を実施

コダック株式会社(代表取締役社長:松浦 規之)と加賀ハイテック株式会社(代表取締役社長:中川 良博)は、コダック プロフェッショナル カラー印画紙、薬品、ディスプレイ マテリアルの一部価格改定について、本年9月1日より実施すると発表を行いました。

コダックは、銀塩製品の安定的な供給を図るため、カラー印画紙や薬品などの需要の減少、また原材料の急激な高騰、ならびに原油をはじめとするエネルギーコストの上昇に対して、値上げすることなく、生産効率の向上や経費節減に努めてまいりましたが、昨年来の銀価格、原油価格などの更なる高騰は、コストを吸収することを困難とさせ、この度、やむを得ず、下記内容にて価格改定を実施させていただきます。

今後もコダックは自助努力を継続し、製品の安定供給に努めてまいります。何卒ご理解お願い申し上げます。

【対象製品と価格改定幅】
1.プロフェッショナル カラー印画紙:現行価格に対し+10%値上げ
2.ディスプレイ マテリアル:現行価格に対し+10%値上げ
3.カラーリバーサル フィルム処理用ケミカル・白黒処理用ケミカル:現行価格に対し+15%値上げ
4.カラーネガ フィルム処理用ケミカル:現行価格に対し+5%値上げ
5.E-6 白黒処理コントロール ストリップ:現行価格に対し+15%値上げ

【実施時期】
平成23年9月1日 加賀ハイテック株式会社出荷分より

* 本リリースに記載されている内容は発表時点の情報です。実施時に内容が変更となる場合もございますのであらかじめご了承ください。

このあいだ富士フイルムも印画紙を値上げしたのでコダックもそのうちと思っていたが、やはり来たか。
富士フイルムも写真印画紙値上げ ― 2011年06月24日参照。

ヨドバシカメラのコダック純正処理の同時プリントパックの値段がどうなるのか心配だ。このあいだ値上げしたばかりなのにまた上がるのかなぁ。リバーサルフィルムのE-6処理も上がりそうだなぁ。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)