コシナ、カールツァイス「Distagon T* 1.4/35 ZE」を8月28日に発売、ZF.2は未定2011年07月28日 00時00分00秒

Distagon T* 1,4/35 Copyright (C) Richard Schleuning

昨日は更新できなくてすまん。さて、コシナ、カールツァイス「Distagon T* 1.4/35 ZE」を8月28日に発売(デジカメWatch)なのだそうだ。記事の写真がなぜかZF.2。

しかし、ニコンFマウント用のZF.2の方は発売日未定なのだそうだ。急にカニの爪を付けることになって、その段取りに手間取っているのだと思いたい(笑)。

価格は20万3,700円

うへー、ちょっと買えない価格だなぁ。まずはAi Nikkor 35mm F1.4Sを買わねば。ほかに格安Samyang 35 mm f/1.4 AS UMCも気になる。
Samyang 35 mm f/1.4 AS UMCが4月発売らしい ― 2011年03月07日
Samyang 35mm F1.4 AS UMC発表 ― 2010年09月17日

作例の方もコシナ「カールツァイスDistagon T* 1.4/35 ZE」 交換レンズ実写ギャラリー(デジカメWatch)に。

近接時のボケはじめの部分がやや二線ボケっぽいが、全体にはいい感じにとろけるようにボケてますな。絞ったときの解像力もよさそう。作例がEOS 5D Mark II で、普段EOS 5D Mark II の写り方がどうなのかあまり馴染んでいないのでDistagon T* 1.4/35 ZEの傾向なのかEOS 5D Mark II の傾向なのかちょっと判断付きにくい。デジカメWatchに望むのは酷だが、カメラ雑誌は是非リバーサルフィルムやモノクロフィルムでの作例も頼む。

それにしても値段高いレンズだなぁ。まあAi AF Nikkor 28mm F1.4Dももっと高かったんだが、やっぱり28mmのF1.4と35mmのF1.4じゃ違うもんなぁ。

コメント

_ ノーネームしたん ― 2011年07月28日 21時54分36秒

>急にカニの爪を付けることになって、その段取りに手間取っているのだと思いたい(笑)。

蟹の爪が付いてると邪魔・・と言う声を受けてはずしてあげました・・というZF.2、設計を見直して、蟹の爪の部品を別で付属品として箱に入れておき、自分で付けられるようにしておく、そんなZF.2.v1.1・・位のバージョン発売ですかねぇ(泣)。

蟹の爪は”一部のカメラ道楽な者しか必要としない”部品ですからねぇ・・、
蟹の爪の啓発として、”蟹爪道楽”を作り、某所に絞り環と爪がガチャガチャ動くレンズの巨大看板を・・

>格安Samyang 35 mm f/1.4 AS UMCも気になる。

これが今一番気になりますよ、いろんなフィルムとFXデジタルの写り具合とか、もっと詳しく・・と。

>それにしても値段高いレンズだなぁ。

高くても長く使えれば納得できるんですが・・昨今の製品の互換性とかを見ているといつ主流でなくなってお終いになるか・・と、故障の時の部品も・・。

ここに書きますが
梅雨に逆戻りのような天気ですねぇ。

関東はそうなんですか?、こっちは”地デジ棄民”を個人的にフォローするので忙しかったので・・、
そう言えばこないだの台風もこっちは避けていったのかと思うような・・、
えっ!いまこんな近くに台風が?という様な風の無さで、雨もそんなに・・、15日位の二ユースを他人の家でTV(アナログ)で見ていると、4国とかもえらい事になってるなぁ・・と、
こんなんで地デジに強制切り替えするな・・と、思いましたが・・大丈夫だったんでしょうかねぇ・・。

>>まあいくらなんでも政党票に入れて当選なのに他党に行く様な人が行った先の党のマニュフェストを変更などと言う事は”想定外の事象”です・・。
>こうなったら脱原発でマニフェストを。すぐに「見通し甘かった」とか撤回に(泣)。

マニフェスト達成できなければ・・議員の歳費が強制的に減らされる制度とか、省庁の”おいしい”権限が民間に移行してしまうシステムを導入で・・なんとか・・。

_ Haniwa@m(_ _)m ― 2011年07月29日 05時52分10秒

おはようございます。戴いたコメントのお返事はお待ちください。m(_ _)m

_ Roberto ― 2011年07月29日 10時41分32秒

28mm/f1.4って、今でも中古がすごく高いですね。
35mmのほうは、Aiニッコールf1.4で十分な気がします。
コシナツアイスのレンズは大きくて重すぎ!

_ Haniwa ― 2011年07月31日 23時24分49秒

■ ノーネームしたん様
>蟹の爪の部品を別で付属品として箱に入れておき、自分で付けられるようにしておく、そんなZF.2.v1.1・・位のバージョン発売ですかねぇ(泣)。
そんな甘い仕様変更ではなくて、まずカニの爪を付けたい人は使用ボディや使用目的を書いたカニの爪追加申請書をコシナ経由でドイツのカールツァイスに提出して認可を受けて初めてカニの爪取り付けをコシナに依頼できるのです。申請書はドイツ語でしか受け付けません(泣)。また申請書はUボートで行き来しますので時間に余裕を持ってご申請ください(泣)。

>蟹の爪は”一部のカメラ道楽な者しか必要としない”部品ですからねぇ・・、
>蟹の爪の啓発として、”蟹爪道楽”を作り、某所に絞り環と爪がガチャガチャ動くレンズの巨大看板を・・
(牢名主のように)畳5枚っ(泣)。

>高くても長く使えれば納得できるんですが・・昨今の製品の互換性とかを見ているといつ主流でなくなってお終いになるか・・と、故障の時の部品も・・。
そうなんですよねぇ。ツァイスもこんな枯れた仕様のレンズ作るんなら20年ぐらいは作り続ける気概を持って欲しいです。

>梅雨に逆戻りのような天気ですねぇ。
>関東はそうなんですか?、こっちは”地デジ棄民”を個人的にフォローするので忙しかったので・・、
なんか梅雨末期のような集中豪雨が…。”地デジ棄民”フォローお疲れさまです。チューナーも品薄だそうで、なんだかなぁ。

地デジの一番の嫌なところは遅延ですね。時報もろくに流せない放送なんて嫌ですし、せっかくの緊急地震速報が何秒か遅れるってどういうことやねんっと叫びたいですね。

>マニフェスト達成できなければ・・議員の歳費が強制的に減らされる制度とか、省庁の”おいしい”権限が民間に移行してしまうシステムを導入で・・なんとか・・。
マニフェストが達成できないと、議員がひとりづつ血○りにあげられるシステムとか(泣)。次に血○りにあげられる予定の議員が必死でマニフェスト実現に猛進します(泣)。

■ Roberto様
後継レンズがないですからね。24mmも35mmも別の画角ですから。

わたしもAi Nikkor 35mm F1.4Sで十分だと思っています。F2の方があるのでなかなか買えないですが、35mm F1.4買うならまずはAi Nikkor 35mm F1.4Sがいいなぁ、と。絞り開放がアレとか欠点じゃなくてあれは高度な楽しみ方なんですよねぇ。

>コシナツアイスのレンズは大きくて重すぎ!
それに加えてこのレンズは「高すぎ」も入れておいてください(泣)。

_ Roberto ― 2011年08月02日 12時13分30秒

Ai35/1.4の開放、悪くないですよ。
周辺はシャープネスも落ちますが、像面湾曲のせいでピントがズレるからだと思います。
人物を撮るなら開放からバッチリで、むしろ浮き上がるような立体感が楽しめます。

_ Haniwa ― 2011年08月03日 10時18分27秒

Roberto様
ニッコール千夜一夜物語に書いてあったのですが、ネガだとF1.4開放はぽわぽわするんですが、リバーサルだと悪くないんですよ。それはAi AF Nikkor 50mm F1.4Dの開放でも同じ傾向でした。
ttp://www.nikon-image.com/enjoy/interview/historynikkor/2006/0601/

>人物を撮るなら開放からバッチリで、むしろ浮き上がるような立体感が楽しめます。
ああ、欲しくなるじゃないですかぁ(笑)。もっと安いうちに買っとけばよかったですよねぇ。シリアルナンバーが飛んで新しくなって以降のはエコガラス仕様だと思うのですが、写りはどうなんでしょうね。ニコンのことだから遜色ないように再設計していると思いますが。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索