ヨコハマ・ビオゴン・モノクロ計画番外編2011年07月08日 00時00分00秒

東急東横線渋谷駅:CONTAX G1、Carl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8、F5.6、1/30sec、Kenko L37 Super PRO、Kodak T-MAX400(TMY)、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED(ICEなしGEMなし)

更新が遅れてすまぬ。ネタもないようなので、困ったときのヨコハマ・ビオゴン・モノクロ計画。今回は番外編だ。東急東横線渋谷駅だ。全然横浜ちゃうやん(笑)。横浜どころか神奈川県ですらない東京都渋谷区だ。すまん。まあ東京からはここが横浜の入口ということでお許し願いたい。

この頭端式のホームも 東横線と副都心線との相互直通運転が開始されるとなくなってしまうらしい。反対側の終点だった東急東横線桜木町駅も横浜-桜木町間が廃線になってなくなってしまい(http://haniwa.asablo.jp/blog/2006/03/15/290308参照)、こんどは反対側の渋谷駅も地下に移転してしまう。なんだか残念だ。こういう大きな屋根の下の頭端式の駅って「ターミナル」という感じがして好きなんだけどなぁ。

東急東横線渋谷駅:CONTAX G1、Carl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8、F5.6、1/30sec、Kenko L37 Super PRO、Kodak T-MAX400(TMY)、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED(ICEなしGEMなし)

CONTAX G用Biogon 21mmの外部ファインダーなのだが、水平に注意しているのにいつも同じように傾く(この写真は傾きを修正した)。ファインダーが傾いているのかもしれない。どこかに調整するネジとかあるのかなぁ。電子水準器とか買ってもいいと思うが、アクセサリーシューが1つしかないので外部ファインダーと同時に使えない(泣)。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索