Nikon F100のノーマル裏蓋がべたべたに…2010年11月29日 00時00分00秒

Nikon F100用ノーマル裏蓋

私のNikon F100は、購入したお店にMF-29もあったので、買った当初から裏蓋をノーマルから日付写し込み可能な裏蓋(MF-29データバック)に交換して使っている。ノーマルの裏蓋は一度も使わないまましまっていた。

久々にF100のノーマル裏蓋を取り出してみると、なんと裏蓋のゴム(ラバー)がべたべたになっていた。よく中古カメラ店の表示に「裏蓋べとつき」とか書かれているが、我がF100はボディもMF-29も全然べとつく気配がなかったので油断していた。

使わないノーマル裏蓋なのだからべとついたままでも困らないし、いまさらF100の裏蓋を売却してもべとつきのないものであってもたいした金額にはならない。べたべたしたまま置いておいても問題はない。でもなんとか元に戻す方法はないかと色々検索してみた。しかし、ほとんどが加水分解は製造直後から始まっているので諦めろ、とある。うーむ。

MF-29があるのでもう駄目もとで無水アルコールでノーマル裏蓋のベタベタしたところを拭いてみた。全然べとつきは取れない。拭き取った側にはなにか黄色いものが付着している。これがゴムだかウレタンだかわからないが、裏蓋の柔らかい部分から溶け出した何かなのだろう。

こんどは、アーマオールプロテクタントというシリコンの保護・艶出し材を塗ってみた。べとつきはやはり取れない。アーマオールで検索したら、劣化した部分に塗ると余計に加水分解するという意見があった(そうではないという意見もあった)。よく分からないが、アーマオールはやっぱり拭き取ることにした(ぬるぬるするのにべとべとも残っているから)。

アーマオールはすぐに取れないので、無水アルコールでばんばん拭いた。そして翌日見てみると、無水アルコールで思いっきり拭き取りまくった、親指の当たるところのべとつきがなくなっていた。ありゃ?

どうせまたべたべたがにじみ出してくるんじゃないかとそのまま風通しのよいところに3日放置してみた。無水アルコールでべとつきを完全に拭き取ったところはもとのようにやや艶消しのゴム(?)になっている。おお、素晴らしい。残りの部分も無水アルコールで拭きまくれば元に戻るかもしれない。

無水アルコールで拭きまくるのがいいのか、アーマオールを塗ってから無水アルコールで拭くと溶け出し掛かった溶剤が全部取れるのかは分からない。同じ現象で困っている人はとりあえず無水アルコールで拭いてみて、効果がなかったらアーマオールを塗ってから無水アルコールで拭いてみるのがよいだろう。ただし、あくまで自己責任でお願いしたい。特にアーマオールは光学的な部分に付着すると取れなくなって大変だと思う。ともかくも自己責任で。


写真の右側の親指の当たる部分は艶消しになってべとつきが解消した。左側の艶のある部分はアーマオールを塗る前からべたついて艶が出ていた。なお親指の当たる部分の頂点は艶があるがこの部分もべたつきは解消している。

コメント

_ めだか猫 ― 2010年11月29日 12時18分15秒

ほぉ・・これは知りませんでした。
でも、わたしの場合オリジナルとは違う姿になっても
張替えで楽しむ方向で習慣ついていますww
その場合でもはがすのが大変なんですけどね。
覚えておくことにします。
ありがとうございました。

_ Haniwa ― 2010年11月29日 13時43分34秒

めだか猫様
使っている方の裏蓋がべたべたになったら、わたしも張り替えると思います。ただ、F100の裏蓋はまだニコンの方で張り替え可能のようです。

F100の裏蓋のこの親指の盛り上がりを自分でうまく作るのはちょっと面倒な気もしますが、うまく自分の手に合わせて整形できたらかけがえのないカメラになりそうですね。

F100の裏蓋のゴムは塗りつけてあるのではなく貼付けてあるみたいなので、剥がしやすそうです。塗りつけてある(ラバーコーティングみたいな)タイプは溶かして剥離しないといけないですよねぇ(所有のシグマ28mm F1.8初代が塗りつけてある感じです)。

_ やまろ ― 2010年11月29日 18時28分58秒

F100も加水分解する年式なんですね…
ご多分に漏れず、うちのF90XsのMF-28も加水分解を通り越して剥がれてきてまして。
張替え?交換?は2年前に聞いたときは可能だったと思います。今は流石にムリかな。

アーマーオールは個人的には辞めたほうがよいかも、ですね。
あれをつけると、継続的にやらないと逆にひどくなる感じです。シリコンを塗っているわけですからね。
無水アルコールのほうが良いと思います。
ただ、無水アルコールも表面のベトつきは取れますが、ラバー自体が劣化してきているので、いずれまたベタつきが出てきます。

_ Roberto ― 2010年11月29日 18時36分35秒

加水分解ですかね。
モルト以外では、あんまり経験ないです。
スピーカーのウレタンエッジは酷くて、きれいさっぱり消えてしまうこともあります。

_ ノーネームしたん ― 2010年11月29日 22時43分58秒

>裏蓋のゴム(ラバー)がべたべたになっていた。

使うのなら・・もう剥がして張替えで・・、使わないなら隔離して・・見なかった事に(泣)、ベタベタが他の製品に付くと厄介な事に・・、もう使わないならいっそゴムを剥がして保管とか・・。

ここに書きますが

>アホの坂○師匠が例の金太郎前掛け一丁でノラ猫を追い散らしている13枚組(表紙含む)ですね。是非柴田三雄氏にNikon Sシリーズで撮ってもらいたいです。人気が出てアサカメの新年号付録に…。

めだか師匠がノラ猫の身方をします・・、あと・・坂○師匠は寒空の下例の前掛け一枚なのでお腹を壊すかも・・、嗚呼ハニワニワに又新たな糞害が(泣)、
Sマウントでデジタルを・・とか、昔思いましたが・・絶対ニ○ンはやら無いでしょうね・・。

>普通の人はプリントの耐久性や質は気にしないんですかねぇ。そんな風にしてしまうからプリントする人が減るんじゃないんですかねぇ。富士は銀写真プリントの良さとかいいながら他方でお店用インクジェットプリントも出していますから、あんまり銀写真プリントの良さを全面にだして宣伝できないんですよねぇ。ファインダーでピントの見えない一眼レフが自分の首を絞めたような構図が写真プリントでも…。

又印刷すれば良いとか言うんでしょうね・・、
そう言えばイカ娘をクリスタルプリントで・・とか・・、
ttp://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/20101129_410213.html
嫌なテロでゲソ・・。

_ ぜんまいねずみ ― 2010年11月29日 22時52分27秒

Haniwaさま,ご無沙汰しております。
昔,α3xiのグリップ部ラバーがベトベトになったのを思い出しました。F100も,とうとう加水分解するほど年月が経ったのか…とちょっとショックな記事でした(笑)。

当方,今やすっかりデジタル使いですが,サイクルの早いデジタル一眼のこと,逆にラバーが加水分解するほど使い込んでみたい気もします(逆説的自虐)。戦場カメラマン渡部陽一のカメラぐらいボロボロになると,道具として格好いいのですが。

_ Haniwa ― 2010年11月30日 08時38分47秒

■ やまろ様
F100は1998年発売ですね。私のものはシリアルナンバーが若い方なので10年は経ってますね。

F90Xsは名機ですよね。ファインダーはF100よりもピントが見易かったと思います。この手の裏蓋って、F3以前のように擬革を貼ってくれた方が長持ちでメンテナンスもしやすいですよねぇ。

アーマオールはゴム靴に使ってまして、ひび割れを防いでくれたり効果はあると思います。仰るように一回塗ると継続して塗らないといけなくなる感じですね。ただ、加水分解したものに塗るのはちょっと使い方が違うような感じがします。

一旦無水アルコールでべたつきが取れてもまたべたついてきますか。どれぐらいでべたつきが復活するか観測を続けます(笑)。

■ Roberto様
加水分解は、ライトな登山靴で経験あります。たまにしか履かなかったら久々に出したら靴底が割れました。本革でビブラムソールの登山靴は20年経ってもまったく変化ないのですが(重いですし、そんな靴買った当時も既にデザイン古かったです)。

アーマオールで検索しましたら、スピーカーのエッジに塗っている例が結構ありました。劣化する前に塗るのがいいんでしょうかねぇ。

_ Haniwa ― 2010年11月30日 08時50分51秒

■ ノーネームしたん様
見なかったことにしようかと思ったのですが、こういう加水分解はこれからも遭遇するかと思って試してみました。残りの部分も無水アルコールで拭き取っていまのところ元の感じになっています。再びべとつきが出るのを延ばすために風通しのよいところに置いておくことにしました。

シグマ28mm F1.8Iもべたつきを取りたいのですが、凹凸のある絞りリングにラバーコーティングした上に絞り値がプリントしてあるのでゴムを取ると絞り値がわからなくなってしまうんですよね。しかも半段クリックですし。

池乃めだか師匠はノラ猫の見方ですか。たしかにめだか師匠は都合が悪くなると猫化してしまいますが(笑)。対抗措置として間寛平師匠をハニワニワ防衛隊名誉隊長に。はやくアースマラソンから帰ってきてください。

坂○師匠は金太郎前掛けの下に目立たない腹巻きをHaniwa家が支給します。脱○は許しまへん(泣)。

>Sマウントでデジタルを・・とか、昔思いましたが・・絶対ニ○ンはやら無いでしょうね・・。
ちょっとマウントが複雑ですからね。ZeissがレンジファインダーConatxマウントでデジタルを…。

また印刷しようと思っても画像データがどこにあるのか探すのも大変ですし、探し出してつないだ瞬間にタコイカウィルスが…。

> 通販の送り状に、アニメや漫画のグッズ名が明記されて家族に内容がバレてしまうことを俗に「宅配テロ」と呼ぶ。破壊力のある品が出るたびに2ちゃんねるに晒されることもしばしばだが、今回話題になっていたのが「侵略!イカ娘」の生写真。各話から選りすぐったカットを富士フイルムの「クリスタルプリント」で出力して販売するという企画だが、宅配便で届くこれの品名が、サイト名の「イカ娘生写真直売所」になっているというものだ。

クリスタルプリントをこんな風に活用するとは(笑)。「イカ娘」を知らない家族が見たら、なんだか非常にあやしい生写真が入っていると誤解されて大変なことに…。

_ Haniwa ― 2010年11月30日 08時59分35秒

■ ぜんまいねずみ様
こちらこそご無沙汰しております。

α3xiは1991年発売ですね。F100は1998年発売ですから7年差で発症という感じでしょうか。

>サイクルの早いデジタル一眼のこと,逆にラバーが加水分解するほど使い込んでみたい気もします(逆説的自虐)。
D3やD700あたりは一定の域に達しているので、長く使えるような気がします。でも10年は無理ですかねぇ。

EOSでぼろぼろって中古屋さんではあんまりみないですねぇ。どこかでスクリーニングされて目に触れないんですかねぇ。

_ Haniwa ― 2014年07月09日 15時45分57秒

ハンドルネームが不適切だとの指摘がありましたので、投稿者名のみを変えて再掲載致します。

■匿名A ― 2010年12月06日 01時16分03秒
お久しぶりです。
相変わらずカメラ小僧の日々を過ごしております。

さて、なんだかお困りのご様子でしたので
ちょっと思う所あり書き込みさせていただきました。


このベタベタですが、結論から言えば
Haniwa様の対処法のウチの片方、
無水アルコールで拭う が正解・・・というか
解決可能な唯一の方法だと思います。

私も過去コレでかなりのカメラのベタベタを
排除しました。

ただ問題もありまして、いわゆるゴム皮膜塗装
と呼ばれるタイプにコレをやると、確かにベタベタを
拭うことは可能ですが、ゴム皮膜塗装を
完全に除去するまでかなり時間が掛かる上、
拭った後はF4やF801の表面のようになって
しまいます。

個人的調査だとF90やFM10、同時期のシグマレンズ
などのゴムコートがコレに当たる様です。
(といってもこれらも覚悟を決めれば除去可)

で、コレ以降のU(F65)やF80の場合は
私が過去やったのはティッシュに無水アルコール
をたっぷりつけ、濡らしながらで拭って除去したのち、
車の車内レーザーコーティングワックスを
噴射して再コートしてあげるという方法です。

時代を考えるとおそらくF100でもこの手は使える
のではないかと思いますので、もしどーにも
ならなくなったら一度お試しを^^;



今回の私のHPアドレスはまさにソレに関した
記事なのでお暇なら是非一読を。

それでは今日はこのあたりで。

■Haniwa ― 2010年12月06日 08時09分24秒
匿名A様
こちらこそご無沙汰しております。

情報ありがとうございます。やはり無水アルコールで拭き取ってしまうのが一番ですか。そうすると完全に拭い去っていない今の状態だと、いずれ近いうちにまたべたべたしてくるんでしょうね。ノーマル裏蓋が再びベタベタしないうちにタイヤレザーワックスを塗ってみます。

シグマ28mm F1.8Iもいずれ意を決して剥がしてしまいますか。いまはパーマセルを巻いたりして誤魔化している状態です。絞り環にはうまくパーマセルを巻けないので剥がすしかなさそうですねぇ。

Nikon Uは、F100と同じ流れのデザインでいいですね。シルバーはAi Nikkor 45mm F2.8Pのシルバーが似合いそうです。フラッシュが内蔵されているのもお散歩カメラに最適ですねぇ。べたべただというだけで無料とは…。

加水分解で悩まれている方は多いと思いますので、有り難い情報です。
ありがとうございます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)