レンズベビーチルトトランスフォーマーなかなかやるなぁ2010年09月28日 00時00分00秒

Lensbaby Tilt Transformer

デジカメWatchの記事によるとレンズベビー「コンポーザーフォーカスフロント」(*1)という、フォーサーズまたはソニーEマウントのボディにニコンFマウントレンズを装着してシフト(*2)できるものがあるようだ。
【フォトキナ】会場で見かけた気になる撮影用品~マイクロフォーサーズ・NEX用のシフトアダプターなど(デジカメWatch)
Lensbaby - Composer

すでに米国内では発売されていて350ドルだそうだ。ちょっと高いなぁ。
*1 しかし、デジカメWatchの記事では350ドルとあるが、Lensbabyの英語サイトを見ると350ドルなのはComposer with Tilt Transformerの方で、ニコンFマウントレンズをマイクロフォーサーズまたはソニーEマウントボディに装着するだけなら、Tilt Transformerが250ドルで売っている。Tilt Transformerに「コンポーザーフォーカスフロント」をセットにしたものがComposer with Tilt Transformerで350ドルのようだ。デジカメWatchの記事は不正確だ(この記事のタイトルも修正した)。

マイクロフォーサーズにしてもソニーEマウントにしても、フォーマットがFXフォーマット(35mmフルサイズ)に比べて小さいのにあんまり広角側のレンズラインナップがないので、そそらないのだが、フォーマットの小さいのを逆手にとってこういう使い方があったか。

ニコンFマウントのレンズをニコンFマウントのFX(35mmフルサイズ)でチルトしたりシフトしたりすると、レンズのイメージサークルに相当余裕がないとケラレてしまう。小さいフォーマットだと35mmサイズをカバーするレンズならそこそこチルトしたりシフトしたりするイメージサークルの余裕がある。なるほどねぇ。

*2 デジカメWatchの記事には「シフト」アダプターとあるが、どうやら横にはずれないようなのでこれは「チルト」専用のようだ。チルトアダプターだろう。本城直季風の写真が撮れるわけだ。Lensbabyのサイトの解説が動画になっているのが不満だが。

ニコンもDXフォーマットにするときにフォーマットに合わせてフランジバックを短く設計してアダプターで従来のニコンFマウントレンズを装着するように作っていればこういうチルトアダプターを簡単に作れたのになぁ。DXフォーマットでもFXフォーマットとフランジバックが同じだから、FX用のレンズをチルトさせたりするアダプターをかますと、無限遠が出なくなってしまう。フォーマットが小さくてフランジバックの短いマウントもなかなかやるなぁ。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索