instax mini 50S 『チェキ』 ピアノブラックが新発売2010年07月21日 00時00分00秒

instax mini 50S 『チェキ』 ピアノブラック

富士フイルムのインスタントフィルムを使うカメラ『チェキ』のinstax mini 50Sにピアノブラックが登場とのこと。
大人気のインスタントカメラ『チェキ』の最小・最軽量モデル高級感のあるブラックボディが新登場!instax mini 50S 『チェキ』 ピアノブラック新発売(富士フイルム)

富士フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、撮ったその場でカードサイズのプリントができる大人気のインスタントカメラ instax mini『チェキ』の新製品として、シリーズ最小・最軽量で高級感のあるブラックボディの instax mini 50S 『チェキ』 ピアノブラックを9月4日より発売いたします。

むう、夏休み明けに発売なのか。こういうのは夏休みに使いたいから、夏休み前に発売すればいいのに。

付属品に簡易接写レンズがあるのがいいですな。通常時には最短撮影距離は60cmだが、簡易接写レンズを使うと30cmまで寄れるようだ。
instax mini 50S チェキ 特長

デジカメに薄型プリンタを内蔵した、インスタントカメラデジタル版みたいなのはなかなか出ませんな。そうするとポラロイドやインスタントカメラにはまだまだ存在価値があるということか。同時にデジタル画像も得られてメールで送れれば若い人がもっと買うかもよ。何らかの方法でデジタル画像を得て(たとえば小さなレンズをメインレンズの横に付けて小さな撮像素子に結像してもいい)、それを赤外線で携帯電話に送れるようににすればいいのでは。

コメントをどうぞ(だみー)

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できますなぁんてね(笑)。こ れ は ダ ミ ー の コ メ ン ト 欄 で す 。 本 物 の コ メ ン ト 欄 は 右 下 の 「 コ メ ン ト 」 を ク リ ッ ク し て 一 番 下 に あ り ま す 。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

コメント

_ まあがいあ ― 2010年07月21日 10時54分32秒

PHOTO NEXTで実物見ましたが なかなか高級感があって
良かったですよ。
ただ チェキの写りと不釣り合いな気もしますけど

_ Haniwa ― 2010年07月21日 15時36分21秒

まあがいあ様
PHOTO NEXTに展示されていましたか。

ピアノブラックもいい感じですね。傷とか目立たないのかなぁとも思いますが。

たしかにチェキの写り具合と精悍な感じがちょっとアンバランスな気もしますが、持ち歩く人のファッションにマッチするというのも大事な要素でしょうから。

こういうインスタントカメラって、ランニングコストが低ければもうちょっと普及するんじゃないかなぁと思います。若い人にはすぐにプリントが得られるのって新鮮じゃないですかねぇ。オッサンは「ああ判型の小さいポラか」と思うだけですけど(笑)。

_ jpskenn ― 2010年07月21日 20時59分27秒

こんばんは。
書き込むのは初めてか2回目かちょっとわからないんですが、ちょくちょく見ております。

>>デジカメに薄型プリンタを内蔵した、インスタントカメラデジタル版みたいなの
っていうのは、これ(Polaroid TWO)のことですかね?持ってませんけど。
ttp://www.polaroidjapan.com/product/polaroid_pogo.html
プリントに約1分かかるのが難点な気がしますね。
インスタントフイルムなら、撮って渡しちゃえば待ち時間を気にしなくてよいのですけど。

_ ノーネームしたん ― 2010年07月22日 00時31分14秒

>むう、夏休み明けに発売なのか。こういうのは夏休みに使いたいから、夏休み前に発売すればいいのに。

夏のゴリラ君との森(某キャンプ場)での思い出作りにもってこいなのに(泣)、9月4日だとねぇ・・、
まあ富士は撮像素子に位相差AFの測距センサーを組み込んだやつを発売するとか・・そっちに忙しいんでしょうかねぇ・・、
この技術を使ってミラーレス機が大量に湧くんですね・・、
まあ製品が出てから評価するしかないですが・・。

ここに書きますが
>木陰は涼しいですが、日向は暑かったですよ。Haniwa家の中ではオヤジギャグで寒さを満喫できます(笑)。

キャンプ場でクーラーとして大活躍ですね(泣)、Haniwa家族がすみの方で他人のフリをしてるのは・・見てみないフリを・・。

>フィルムの性能は10年前よりも上がっているかもしれませんが、プリントの質やフォトCDの画質はどうでしょうね。

もう信頼できる所が確保できないなら自宅プリントを・・、”暗い暗室”を各ご家庭に・・。

_ Roberto ― 2010年07月22日 08時31分10秒

チェキ持ってますが7,8年使ってません、フィルムもあるけど期限切れか、、、
でもプリントは10年たっても色あせていません。

チェキみたいなポラカメラって実は中判カメラなんですよね。
そう考えると凄いです。
ポラフィルムも復活したらしいし、SX70買って旅にでも出たくなりました。

_ Haniwa ― 2010年07月22日 09時18分23秒

■ jpskenn様
ありがとうございます。

そうです、それです。ポラロイドから発売されていたんですね。富士やコダックやキヤノンなどから発売されてもいいのになぁと思っていました。

プリント中は他のこと出来ないんですかねぇ。スプールして連続何枚プリントできるかとか気になります。インスタントフィルムの方は排出してしまったら機械の方の仕事は終わりですから時間が短くていいですね。

■ ノーネームしたん様
9月4日というのは秋の行楽シーズンを考えてのことでしょうかねぇ。

>まあ富士は撮像素子に位相差AFの測距センサーを組み込んだやつを発売するとか・・そっちに忙しいんでしょうかねぇ・・
これすごいですよね。デジタルならではですよねぇ。デジタルはこうでなくっちゃ。

>Haniwa家族がすみの方で他人のフリをしてるのは・・見てみないフリを・・。
Haniwa一族だけではないです。皆目を合わせないように…(泣)。空気が凍り付いています…。

「暗い暗室」を景気対策で各家庭に(笑)。義務教育でも暗室授業を(笑)。

■ Roberto様
チェキお持ちですか。さすが富士ですね、プリントが色褪せていないのは偉いです。うちのポラロイドで撮った70年代の写真の一部は褪色しています。モノクロだと思っていたのも色素を使ったもののようでした。

そうですね、中判ですよね。うちにあったポラロイドカメラはSX70のようなかっこいい折りたたみではなく本当に6×6判の箱のようなカメラでした。

SX70はデザインがいいんですよねぇ。ポラロイドの再生産も始まりましたし、名機SX70が長く使えるのはよいことです。

_ Roberto ― 2010年07月23日 09時00分41秒

一度のシャッターで二枚プリントを出力する機能が入っているらしいですね。
どうせならトランスパレンシーフィルムと同時印画できたらいいのに!
昔そういうポラフィルム、ありましたよね。

_ Haniwa ― 2010年07月23日 16時49分39秒

Roberto様
連続シャッターなのでしょうか。デジタルならワンショットで何枚も同じプリントが出せますが、アナログなら連続でシャッター切るか光を分けるかしかないですよねぇ。

ポラロイドのリバーサルはたしか35mm判だったような。なにか現像機みたいなのも一緒に売っていたような記憶があります。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?
aperture(stop)の日本語

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)