チョートク先生の作例がまた富士フロンティアに…2010年07月16日 00時00分00秒

ノーリツ鋼機QSS-32_33でスキャンした作例:Nikon F100、Ai AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D(IF)、プログラムAE、DNP Centuria 400、NORITSU KOKI QSS-32_33 16BASE

田中長徳氏のブログのフィルム撮影の作例が一時期、富士フイルムのフロンティアでスキャンしたものからノーリツ鋼機のQSS-32に変わって画質がものすごくよくなったことは以前に書いた。
CD書き込みサービス、ノーリツと富士 ― 2010年04月30日参照

それがきっかけとなって自分もノーリツのスキャンを頼んでみたりした。
DVD書き込みサービス(NORITSU KOKI QSS-32_33)を頼んでみた ― 2010年05月14日参照
ニコンおもしろレンズ工房どどっと400(400mm F8)(追記あり) ― 2010年05月17日
参照
HOTALBUM今回は露出はOKだった ― 2010年07月05日参照

その田中長徳氏のブログの作例がまた富士のフロンティアに戻っている。
ロボットで撮った台東界隈(チョートクカメラ日記)
色も変だしコントラストが妙にきつくて、画像が汚い。

ノーリツでスキャンした空樹@業平橋(チョートクカメラ日記)63歳のヘクトール135mm(チョートクカメラ日記)の作例と比べてみて欲しい。雲泥の差だ。

またノーリツ鋼機の機械でスキャンした作例に戻して欲しい。あと、富士フイルムの技術者はこんなにも汚い画像を吐き出す「フロンティア」なる機械で満足なのか。1週間ぐらい合宿して問い質し続けたい気持ちだ(笑)。


写真は記事とは関係ない。
ノーリツ鋼機QSS-32_33でスキャンした作例:Nikon F100、Ai AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D(IF)、プログラムAE、DNP Centuria 400、NORITSU KOKI QSS-32_33 16BASE

コメントをどうぞ(だみー)

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できますなぁんてね(笑)。こ れ は ダ ミ ー の コ メ ン ト 欄 で す 。 本 物 の コ メ ン ト 欄 は 右 下 の 「 コ メ ン ト 」 を ク リ ッ ク し て 一 番 下 に あ り ま す 。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

コメント

_ しがない写真屋 ― 2010年07月16日 15時23分33秒

ご無沙汰です。

フジの「フロンテア」はデフォルトでかなり硬調の設定に
なっております。
特別なソフトを入れないと(200万ぐらいと聞きました)
写真館等では使い物にならないとのことです。
そこがネックでノーリツの29型という機械を選びました。
その機械も後2年でメンテナンスも終わり消えてゆきます。
メーカーからはIJミニラボを勧められますが・・・
写真屋としては納得できないので、29型が修理不能に
なった時点で廃業ですね。

_ Roberto ― 2010年07月16日 16時00分15秒

確かに変な色ですね...
フォトラバーさんはノーリツだそうですが、白飛びが多くてあんまり良くなかったです。
やはり自分でスキャンに限りますね!

それにしてもチョートクさんはなんで「あたし」っていうようになったんだろう。
90年代前半までは素晴らしい名著を出しておられますね。

_ Haniwa ― 2010年07月16日 16時26分14秒

■ しがない写真屋様
>特別なソフトを入れないと(200万ぐらいと聞きました)写真館等では使い物にならないとのことです。
ひどい話しですよねぇ。富士フイルムはいったい何がしたいのか分からないです。フィルムを貶めてデジタルに移行させたいんですかねぇ。移行するにしても富士のデジカメ買うとは限りませんし…。

>メーカーからはIJミニラボを勧められますが・・・
IJってインクジェットの略じゃないですかっ。そんなの写真屋さんだけでなく、消費者も納得いかないです。

>29型が修理不能になった時点で廃業ですね。
寂しいお言葉ですねぇ。えーい、わしがノーリツ機のメンテナンス会社作ってやるわい、とか言えたらいいんですが、そんなお金も人脈もノウハウもあるはずはなく…。なんとかならないんですかねぇ。後継機がちゃんとしたものならばまだ救いがあるのですが…。

■ Roberto様
変な色ですし、変なコントラストです。私はこのブログで「吐き出す」とか「汚い」とか使うのは初めてだと思います。いつもは使わない言葉を使わざるを得ない画像です。富士フイルムの猛省を促したいです。

ノーリツのスキャンは私も初めて依頼したものはかなり白飛びがありました。「白飛びしないように」と注文を付けないといけないのかもしれません。といいますか、それぐらい言わなくてもちゃんと調節して欲しいのですが。私も自分でスキャンするしかないと思っています。

>それにしてもチョートクさんはなんで「あたし」っていうようになったんだろう。
江戸っ子だからじゃないのでしょうか。私は浪花っ子なのでよく分かりませんが、江戸の噺家さんが「あたし」とよく言っているような気がします。江戸っ子のなぎら健壱氏もあたしと言っていたような気がします。

小学校のときに、転校してきた女の子が先生に当てられて「えっ、わて?」と言って大爆笑になったことがあります。当時ですら一部の年寄りと漫才師ぐらいしか自分のこと「わて」とは言わなかったからです(笑)。

>90年代前半までは素晴らしい名著を出しておられますね。
なんか途中からレンズはなんでもいいんだ路線に転じたような気がします(笑)。お付き合いが多くなってあんまり言えなくなったんじゃないかなと(笑)。写りは作例で見て自分で判断してね、みたいな感じでしょうか(笑)。

_ しがない写真屋 ― 2010年07月16日 17時49分45秒

スキャン品質ですが
最近、お客さんのプロさんから、エクター100を彩度落として
コントラスト30%減でプリント依頼がありました。
かなり、ほんわかしていましたが、お客さんからは
イメージに近いとの評価を頂きました。

_ ノーネームしたん ― 2010年07月17日 00時51分28秒

>その田中長徳氏のブログの作例がまた富士のフロンティアに戻っている。

う~ん・・、富士は化粧品に力を入れてるのでわざとモデルにフジ化粧品の化粧品を使わせて、それを富士フロンティアでスキャンさせて・・「フジ化粧品で化粧をすると、こんな具合の出来になりますよ~。」と、宣伝を・・、
すると化粧品の売り上げにかかわるのでフィルムスキャンに力を入れる・・などと言う事は・・無さそうで(泣)。

>1週間ぐらい合宿して問い質し続けたい気持ちだ(笑)。

何処かの山荘でライフルを持ったHaniwa氏が開発陣を人質に立てこもるとかは失敗するので絶対止めて下さい(泣)、
警察が某カップラーメンを寒い中すする映像とか・・、大きな鉄球が山荘にぶつけられる映像がTVに流され・・、嗚呼・・せめて報道写真と証拠写真はフィルムで撮影を・・。

ここに書きますが

>赤城耕一先生の作例が何ページにもわたってアサカメに載るのを待ちます。

長徳氏も作例を出し・・広告と作例で埋まった朝カメが・・、
伝説になります(泣)。

>リコーはリトラクティングレンズシステムのせいじゃないというでしょうね。でも前後に縮むだけじゃなくて光軸から外れる方向にずれるのは素人から見てもなんかずれそうな気がします。だからこそGRD IIIではリトラクティングレンズシステムが採用されていないんじゃないかと。

真相は開発陣の胸の中・・とか、
確かにGRDⅢはリトラ採用してないなら・・長い時間使用したユーザーが問題を訴えて・・いや、Haniwaさんがクレームを訴えて(泣)念のためにリトラクティングレンズシステムは採用止めたとか、無くは無いかも・・、まあ完全に自分の妄想なので開発者の人が「違う。」と言うのを尊重します。
自分はリコーにはオートハーフの様なデジタルを作って欲しいですが・・まあ、需要の方は・・少ない・・。

>>設計してあった物を机の引き出しから・・、
>>もう今は営業とかの意見が・・、だから営業サイドのマーケティングとかでこんな有様に・・合掌・・。
>ニコンがマーケティングで勝負するとか言い出す時代ですからねぇ。

机の引き出しから営業の”指令書”が出てきて・・、”広角レンズは後回し”と書かれてたりします(泣)。

>あのグリップのゴムはチョートク先生が「ニコンF5と同じものを」と言って実現したものだそうです。あの指に吸い付くような感じがいいんですよ。

発売当初買おうか迷った時に手に持つと買おうかなあ・・とか思いましたが・・、
でもコンパクトカメラのレンズの様に途中でレンズが壊れてジャンク箱で中途半端な所でレンズが止まったコンパクトカメラの様になるかも・・とか、考えて止めてしまったんですよ・・、
しかしやはり買うか・・と思っていると”某ブログ”(H氏のブログ)でGRDのレンズが壊れた・・と、
確か友人の家で”H氏のブログ”を見たんだとおもいますが・・、いくらでしたっけ・・交換費用(泣)、もしかして・・親戚の子供に壊されたんですか?、

      だとしたら     この夏も    悪夢再び

_ 片戸郁也 ― 2010年07月18日 16時36分29秒

何でしょうか、わざと狙ってこういう仕上がりにしているのでしょうか?

話は変わりますが、カメラライフの最新号にコンタックスG の特集が載っていますね。
いいなあ、ホロゴンのみならず是非バリオゾナーからフラッシュまで揃えてください(笑)
あと、輸入ネガの撮り比べ記事が面白かったです。
結局、立ち読みで終わりでしたけど<ぉぃ

_ Haniwa ― 2010年07月18日 22時36分18秒

■ しがない写真屋様
エクター100は彩度も高めでエッジの立ったシャープな画像の印象がありますね。
彩度を落としてコントラスト下げるといい感じになるんですね。

ポートラにはISO100がないので、ポートラのイメージに近づけるのでしょうか。

梅雨が明けて以降ものすごいピーカンなのでISO100のフィルムで海に行こうと思ったのですが、カメラが現場監督なのでシャッタースピード最高速が1/280秒なのでリバーサルだと露出オーバーの危険があり、ネガでエクター100かDNPセンチュリア100か迷いましたが、結局DNPセンチュリア100にしてしまいました。エクターはいつも利用しているヨドバシだとエクター現像を強制されてプリントも頼むとプリントの値段が高くなり日数も掛かるからです。なんか残念です。いつになったら私のエクターのストックが捌けるのでしょうか…。

■ ノーネームしたん様
なんか「富士フイルム=画質悪い」というイメージが自分の中でできてきて怖いです。まあリバーサルはセンシアとアスティアを愛用しているのですが。富士の化粧品を検討している女の人がいたら、チョートク先生のブログの写真を見せたり、手元にある富士純正デジタルプリントを見せて「こんな顔になりまっせ」とか言ってしまいそうです(笑)。もう少し富士フイルムは頑張って欲しいです。手を抜くと企業イメージ自体に影響しますよ、本当に。

>何処かの山荘でライフルを持ったHaniwa氏が開発陣を人質に立てこもるとかは失敗するので絶対止めて下さい(泣)、
>警察が某カップラーメンを寒い中すする映像とか・・、大きな鉄球が山荘にぶつけられる映像がTVに流され・・、嗚呼・・せめて報道写真と証拠写真はフィルムで撮影を・・。
警察がニコンF2を手巻きで状況写真撮っているところがテレビに中継されます。報道陣もニコンF3にMD-4つけています。デジカメで撮っているマスコミは狙撃されます…。

大きな鉄球は実はフィルムの粒子のイメージです(笑)。立体的な球体なので斜めからの光もちゃんと受け止めて対称型の広角レンズもばっちり、という。

>長徳氏も作例を出し・・広告と作例で埋まった朝カメが・・、
>伝説になります(泣)。
チョートク先生の作例はせめてノーリツ鋼機でスキャンしてくだされ(泣)。赤城耕一氏の作例は普通にリバーサルでお願いします。

もうちょっと耐久性高めて初代GRDの画像の方向でGRD4が出れば買うかもしれませんが、デジカメってそういうところ不便です。操作性とかレンズとか気に入っていても、フィルムのように違うカメラで同じように写らないですからねぇ。

>自分はリコーにはオートハーフの様なデジタルを作って欲しいですが・・まあ、需要の方は・・少ない・・。
たしか銀座で一回リコーオートハーフ使ったワークショップやっていたと思います。リコーの方もオートハーフ忘れていないと思います。どこかでいずれ出てくるような気が。

>机の引き出しから営業の”指令書”が出てきて・・、”広角レンズは後回し”と書かれてたりします(泣)。
机の引き出しから「対称型の広角レンズを出さないとカニの化け物が会社を襲う」という快文書が…。

>でもコンパクトカメラのレンズの様に途中でレンズが壊れてジャンク箱で中途半端な所でレンズが止まったコンパクトカメラの様になるかも・・とか、考えて止めてしまったんですよ・・、
私も一度だけレンズが出たまま戻らなくなったことがありますが、電池を抜いてもう一度入れ直して電源入れたら、引っ込んでからまた出てきました。鏡筒をぶつけたりしなければそういうリセットで済むと思います。

>しかしやはり買うか・・と思っていると”某ブログ”(H氏のブログ)でGRDのレンズが壊れた・・と、
>確か友人の家で”H氏のブログ”を見たんだとおもいますが・・、いくらでしたっけ・・交換費用(泣)、もしかして・・親戚の子供に壊されたんですか?、

>      だとしたら     この夏も    悪夢再び
あうー、思い出させないでくれぇぇぇぇ(号泣)
ttp://haniwa.asablo.jp/blog/2006/05/09/358794
この夏は現場監督オンリーで逝くかなぁ(笑)。

いまだにかたくなにフィルター直付けできないGR DIGITAL開発陣の頑固さには呆れます。フィルター付ける付けないは使う人の自由だと思いますが、付けたい人がGRDのコンパクトさを重視しながらフィルターを付けたいというのをどうして実現しないのか。またGRD用の防水ケースをどうして出さないのか。まあ納得いかなければ買わないまでですが。

■ 片戸郁也様
チョートク先生はご自分でこういう作例の画像をいじられることは少ないと思います。わざとやっているとしたら、富士フイルムのデフォルト設定がわざとこういう画質なんでしょうね。こういう仕上がりが最適な被写体とかあるとは思いますが、いつもこんなんじゃちょっと耐えられません。

カメラライフ最新号の情報ありがとうございます。このところカメラ雑誌もあまり興味なくて本屋さんでもカメラ雑誌コーナーに立ち寄らなかったりします。

いやー、バリオゾナーとフラッシュはたぶん買わないと思います(笑)。16mmから90mmまではいずれ買うつもりです。フラッシュはニコンのSB-30方が使いやすそうです。

輸入ネガの撮り比べですか、いいですね。AGFAウルトラのような個性のあるフィルムがまたでないですかねぇ。明日にでも本屋さんに寄って見てみます。

_ ノーネームしたん ― 2010年07月19日 23時43分06秒

>手を抜くと企業イメージ自体に影響しますよ、本当に。

手を抜いているのならまだ良いのですが・・今の全実力がこんなんなら・・もう終了・・。

>報道陣もニコンF3にMD-4つけています。デジカメで撮っているマスコミは狙撃されます…。

狙撃はヤバイのでカセットボンベで発電するホングダの発電機と電子レンジ改造の電磁波発生装置で電子回路焼ききる位で・・、
ついでに立食パーティにカメラ係をしなかったD-700様にも・・、
子連れ狼の乳母車の様な”発電機&電子レンジ改”を押して立食パーティに現れたHaniwa氏が会場内で発電機のエンジンを始動です・・。

>デジカメってそういうところ不便です。操作性とかレンズとか気に入っていても、フィルムのように違うカメラで同じように写らないですからねぇ。

いっそ自作パソコンの様な方式で自分の好きな組み合わせで組んでくれるデジカメとか・・、値段がだいぶ高そうですが(泣)。

>この夏は現場監督オンリーで逝くかなぁ(笑)。

Haniwa氏の部屋に置いてあるカメラやらパソコンとか・・バックアップ用のHDDが襲撃されて・・粉微塵に・・、
もう高強度の金庫に入れて担いでいかないと・・。

>いまだにかたくなにフィルター直付けできないGR DIGITAL開発陣の頑固さには呆れます。

フィルター付けない主義の人が開発してるんでしょうか(笑)、フィルター付けるようにすると何か不都合でも有るんでしょうか・・?。

_ ウルトラマンレオ ― 2010年07月20日 00時15分27秒

フォトCDというものは、通常の値段による一般的なものについては、解像度が低く、レベルの高い画質は望めないので、僕は勤め先の行事などを撮影した記録写真を職場のPCに保管する以外の用途には使ったことが無いんです。

本当にフジカラーCDは、不自然なコントラストですね。
確かにフジカラーCDは、フジカラー・フロンティアでスキャンニングしたデータを記録したものですね。
ノーリツQSSでスキャンニングして作成したフォトCDの方が品質が良いという事は、僕としては初めて目にした内容で、大変参考になりました。
今度ぜひコダックのフォトCDを作成してみてみて、フジカラーCDと比較してみたいところです。

確かにフジカラー・フロンティアやノーリツQSSといったデジタルミニラボ機が主流になった今、フィルム写真の豊かさをプリントで再現する事が難しくなっている事は、僕も日頃から感じている厳然たる事実です。

フジカラー・フロンティアによる写真とノーリツQSSによる写真を見比べた時、この両者は、それぞれ別な方向で改善すべき課題が双方に存在していると感じざるを得ません。

富士フィルムの商品全体には、良くも悪しきも「浅さ」がありますが、フジカラー・フロンティアの抱えている問題点の部分は、富士フィルムの商品全体に通じる「浅さ」が実にマイナスに作用している典型例であるように僕は個人的には感じてしまいますね。

ベルビア50はコダクロームより、あくまでも浅く、プロビア100FもEPPよりどこか浅く、リアラエースもエクター100よりどこか浅い…… などという具合に、どれもコダックの競合製品より浅いというのが良きも悪しきもフジの持ち味の一つである事も否定しがたい事実であるように僕は感じてもいるのですが……
とは言っても、僕がフジのフィルムが嫌いなわけでありません。
ベルビア50もベルビア100もプロビア100Fもリアラエースもスペリアプレミアム400もみなそれぞれ良い持ち味をもった実に優れたフィルムです。
「浅い」というのは、ほんの一つの一面に過ぎません。

中でも、リアラエースはデジタルプリントでは良い持ち味を発揮出来ないフィルムであると僕は日頃から感じています。
アナログプリントでこそリアラの良さは活きる…… 僕はそう思います。

リアラエースは良い味のあるフィルムなので、アナログプリントの激減が本当に残念です。

_ ウルトラマンレオ ― 2010年07月20日 02時40分18秒

オペレーターの器量やプリントの補正内容に大きく左右されますが、フジカラーフロンティアによるプリントのウイークポイントの部分は腕の悪いオペレーターの下では一目瞭然で、やはり「いかにもわざとらしい発色」と「ギンギラギンのカチカチ」が明確に挙げられると思います。
しかし、オペレーターの器量や補正内容によっては、そういう弱点を感じさせない高品質なプリントの仕上がりを得る事もできます。
けれども、スキャナー自体にわざとらしい発色傾向やギンギラギンのカチカチ傾向があるとなると、オペレーターの器量が乏しいと何故あのようなプリントになるか理解できます。
フォトCDはプリントと異なり、オペレーターによって機械のウイークポイント部分を上手くカバーするなどという事は有りませんでしょうから、スキャナーのウイークポイントが露骨に現れるという事が言えるのではないかと僕は思います。
確かにフジカラーCDはコントラストが不自然なカチカチで、発色も良好ではありませんね。
でもフォトCD自体が解像度が良くないものであるので「フォトCDなんて、所詮この程度のものだ」という解釈しか僕は今までしていませんでした。

これはぜひ、ノーリツQSSでスキャンニングして作成したコダックフォトCDを作成してみて、フジカラーCDと比較してみたいものですね。

_ Haniwa ― 2010年07月20日 08時58分29秒

■ ノーネームしたん様
富士の実力がこんなんだとしたら…(泣)。富士の看板出しているお店にコニカのネガを持っていくと嫌な顔をされたものです。おまけに「コニカの技術は富士に10年遅れてる」とか嫌みまで言われたことが複数回あります。さすが富士、DPE店への洗脳もばっちりです(笑)。こんどはわれわれユーザーが「富士は画質が悪い」「10年逆戻りしてる」とか言う番なんでしょうか(悲)。言いたくないので改善して下され。いますぐに。

>狙撃はヤバイのでカセットボンベで発電するホングダの発電機と電子レンジ改造の電磁波発生装置で電子回路焼ききる位で・・
では、奇妙な髪型をして着物を着せたこどもの人形を乗せて、乳母車で徘徊します(笑)。でもホングダの発電機の回路は大丈夫なんでしょうか。キャブレターに接点式の点火方式に改造とか。

自作PCのように組み合わせて作れると嬉しいですが、やっぱりそのときの規格や優勢な仕様に引き引きずられそうですよねぇ。D5000のボディにD700の撮像素子とか萌えますねぇ。ファインダーはD3系ので(笑)。ああアンバランス。しかしそのアンバランスさが自作の良さですね(笑)。

この夏は貸金庫を借りてカメラ・レンズは避難させます(笑)。貸金庫に入れる程のものかと言われると…。

たぶんフィルター付けない派の人がGR DIGITAL開発陣に優勢なんだと思うのですが、付けられるようにしておいてくれるだけでいいんですがねぇ。それすらも許せない、と。鏡筒前面にねじを切っておくとなにか重いものを付けられて鏡筒がピサの斜塔になるのが嫌なんだと思います。フィルターしか付けられないんだと言ってもほかのものを付ける人はいるわけで。それだったら前にも書きましたが、専用のフィルターと専用のアタッチメントにすればいいんですよ。あと防水ケースはこの時期「あったらなぁ」と思いますね。

■ ウルトラマンレオ様
私もフォトCDは画質がイマイチだと聞いていましたので自分で使ったことはなかったです。いまでもノーリツのスキャンに満足しているわけではないです。ただ、用途によっては満足できることもあるという感じでしょうか。

本当にフジカラーCDは不自然ですよ。こういう表現もあるとは思いますが、何を撮ってもこんな風に仕上がるのはもうフィルムに対するテロです(笑)。自爆テロなんでしょうか…。

デジタルでもちゃんとスキャンしてちゃんと処理すればそんなにおかしくはならないと思うんですがねぇ。最近はそれに加えてインクジェットのミニラボまでありますからねぇ。もう自爆テロもここまで来たかという感じです。

>富士フィルムの商品全体に通じる「浅さ」が実にマイナスに作用している典型例であるように僕は個人的には感じてしまいますね。
以前からベルビア一押しでしたからねぇ。ベルビアが映える被写体とか状況もあるとは思いますが、なんでもかんでもベルビア使う気にはならないです。私の目にはベルビアのように景色は見えていません。

リアラエースはなんか昔リアラ仕上げで検品をちゃんとしてもらっていた時代のような感じには仕上がらなくなっていますね。当地の富士純正処理はもうアナログプリントは終了していて、リアラエースを普通に焼いてもらうと色の階調の飛んだ塗り絵のようなプリントが出てきます。家でスキャンして家庭用のプリンタでプリントした方がまだマシなレベルです。それでこんどはコダックに出しているのですが、どうもリアラエースの良さが出ないです。現像だけ富士に出して、プリントはコダックのアナログプリントにした方がいいのかなぁとも思っています。

富士のデフォルト設定がガチガチの画質なんでしょうね。上のコメントでしがない写真屋様が仰っておられるように高い値段で別のソフトを買わないとまともな画像にならない仕様のようです。

世の中富士系のお店の方が圧倒的に多いわけで、目にするフォトCDも富士のフロンティアのものが多いです。それで私もフォトCDは画質悪いと思い込んでいました。ノーリツ鋼機のスキャンはベストとは言わないですが、値段の割りにブログ程度なら見られる画像にスキャンしてくれます。

_ Roberto ― 2010年07月20日 12時20分09秒

ttp://robertohouse.com/archives/1227943.html

ノーリツのCDと、自宅のGT-X970との比較です。
階調は仕方ないとして、けっこうトリミングされているのが不満です...
ネガは丁寧にスキャンすると、デジイチより階調が拾えたりしますよね。

_ Haniwa ― 2010年07月20日 15時36分22秒

Roberto様
さきほどそちらの方にコメントさせて戴きました。

こういうスキャンサービスはなぜか露出オーバー気味なんですよねぇ。デジタルなんだからオーバーは避けて欲しいところです。

トリミングについてはあんまり気になっていませんでした。スキャン範囲はCOOLSCAN 5000 EDとあまり変わらないです。
ttp://haniwa.asablo.jp/blog/2010/05/17/5091419
5000EDも若干切れているらしく、ストリップフィルムアダプタの一部を削るか、FH-3を使うと端までスキャンできます。私はF3以外は視野率100%のカメラではないので、スキャン範囲はそんなに気にならないです。どちらかというとスキャンする際にフィルムが微妙に傾いているのが気になります。埃対策のために横置き(フィルムは縦)にしているのがよくないのかもしれません。

ネガはまだまだデジタル一眼レフとは別の存在意義があると思いますよ。リバーサルもデジタルカメラでは出せない色が出せますし。

_ Roberto ― 2010年07月20日 16時06分06秒

拙ブログにコメントありがとうございます。

ネガの階調がデジで実現出来たら、フィルムを卒業するかもしれません...
サンプル写真のように夕日バックの日陰人物なんて、オリンパスE-3では全滅。
デジの露出はポジよりシビアな印象です。
D3とか5Dなんかはもっと良いんでしょうけれども。

リバーサルについては、最近久々に使ってみて見なおしました。
スキャンがラクですし、重厚な落ち着いた雰囲気が出ますね。
ttp://robertohouse.com/archives/3160833.html
ttp://robertohouse.com/archives/3162722.html

_ Haniwa ― 2010年07月21日 09時00分33秒

Roberto様
いえいえ。日頃皆様の方へコメントできずに申し訳ないと思っています。

>ネガの階調がデジで実現出来たら、フィルムを卒業するかもしれません...
HDRではなくてワンショットで実現できたらフィルムはもう廃れるかもしれませんねぇ。ただ、デジタルカメラの色再現とかまだまだのところもありますので廃れては困るのですが。

フォーサーズではAPS-Cや35mmフルサイズに比べて素子が小さい分、色々制約があるんだと思います。コンパクトデジカメなんか爪の先ほどのセンサーに1000万画素とかですからラチチュードとか高感度のノイズとか色々問題が出ると思います。技術の進歩がいずれフィルムを追い越していくとは思いますが。

リバーサルはスキャン時間も短いんですよねぇ。色の調整などもほとんど必要なくていいです。撮影時に完結していますよねぇ。私は主にISO100はリバーサル、ISO400以上はネガという使い分けをしています。ああ、コダクロームがなくなったのは返す返すも残念です。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索