リコーGXR P10とCX3の違い(Photo of the Day)2010年07月14日 00時00分00秒

大滝(西丹沢):GR DIGITAL、28mm相当、F2.4開放、1/73sec、ISO64、-0.3EV

たまにはデジタルカメラの話題でもしてみるか(笑)。写真家・田中希美男氏のブログにリコーGXR P10とCX3の違い(Photo of the Day)という記事がアップされた。

独善的断定的に言えば、文句なしにCX3よりも「GXR+P10カメラユニット」の画質のほうが良かった。たぶんユーザーターゲットのことを考えて微妙に“味付け”を変えているだけだろうけれど、しかし、たったそれだけのことでこんなにも違ってくるのか、と少しびっくりだった。

両機種で撮った画像のエッジ部を見比べてみれば(目の肥えた人なら)一目瞭然だ。P10のほうが滑らかでナチュラル。ちっぽけな撮像センサーを使った最近のコンパクトカメラでよく見られるようなシャープネスだけ強くした「シロートだまし」のエセ絵ではなく、まあこれなら許せるぞ、と言ってもいいような画像になっている。彩度も、けばけばぎらぎらではなく大人っぽく落ち着いている。

皆さん不満たらたらの超小型高画素の撮像センサーでも、(良いレンズを使って)シャープネスと彩度を少し控えめにして絵づくりをしてやるだけで ―― と、そんなカンタンなことではないことは百も承知だけど ―― だいぶ“まとも”な画像になるという見本を見た思いだった。うーん、こんなオタクっぽい話なんてどーでもいいか。(でも、つづく…)。

基本的には同じ光学系で違いは「リトラクティングレンズシステム」があるかないかだけなのに、リコーGXR用P10の方が画質はいい、と。これは他でも同じ評判を見た。その画質の違いが、「リトラクティングレンズシステム」の不採用にあるのか、そのほかにあるのかは分からないが、「リトラクティングレンズシステム」採用の初代GR DIGITALユーザーとしては気になる。最近GRDの片ボケが著しいからだ。

このリコーGXRの28~300mm相当F3.5~5.6はメモカメラ用にちょっと気になっているのだが、GXR自体使っている人を見たことがない。このカメラ売れているのだろうか。広角好きとしてはまずは28mm F1.9とかのユニットを出してもらわないことには買うわけにはいかない。どうもデジタル時代になってから、ボディやレンズ交換不可のデジカメは付いていけない程のサイクルで新製品が出てくるのに、レンズのラインナップ充実はどこのメーカーも遅い。なんか納得いかないなぁ。CONTAX Gシリーズみたいにぱっと一通り一度に出してくれよ。あのぐらいの取りそろえでいいのだ。CONTAX Gの場合、あとから21mm 、35mmと35-70mmズームが出たが、数年で16mm、21mm、28mm、35mm、45mm 、90mm 、35-70mmと揃ったじゃないか。どうしてできないのか。これは某マイクロフォーサーズとかSONYの成田エクスプレスじゃなかったNEXとかにも言いたい。

それからGXRの場合、ユニークなユニットを早く出しておくれ。カメラでなくてもAndroidの携帯端末ユニットとかGPSナビユニットとかあってもいいぞ。買うかも(笑)。まあユニットで出されると写真撮りながら携帯使えないとかGPSナビ使えないとかになってしまうので、単体でそういう機能のものを買った方がいいのはわかっているのだが(笑)。

あと、日経BPに二人で歩く神楽坂 ?レンズを覗くと、そこには新しい世界が広がっていた?という記事なのか広告なのかはっきりしないリコーGXRのページがアップされている。えーと、あのー、すみませんがもう少しおねえさんの作例をたくさんお願いします(笑)。「西川和久のフォトジェニック・ウィークエンド」ほどでなくてもいいですから…。


写真は記事とは関係ない。
大滝(西丹沢):GR DIGITAL、28mm相当、F2.4開放、1/73sec、ISO64、-0.3EV

大滝沢沿いの林道を進んで途中から大滝沢に降りると大滝の下に辿り着ける。最近丹沢ではヤマビルが増加していて問題になっているが、それは丹沢の東側であって、ここ西丹沢ではヤマビルは1匹も見かけなかった。安心して山に入れるし沢にも入れる。次に来るときは現場監督を持ってこよう。滝の飛沫がすごくて近寄れない(笑)。滝壺まで歩いて入れる。

コメントをどうぞ(だみー)

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できますなぁんてね(笑)。こ れ は ダ ミ ー の コ メ ン ト 欄 で す 。 本 物 の コ メ ン ト 欄 は 右 下 の 「 コ メ ン ト 」 を ク リ ッ ク し て 一 番 下 に あ り ま す 。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

コメント

_ ノーネームしたん ― 2010年07月14日 22時48分21秒

>たまにはデジタルカメラの話題でもしてみるか(笑)。

そっ!そんな珍しい・・。

>基本的には同じ光学系で違いは「リトラクティングレンズシステム」があるかないかだけなのに

だいぶ前に内部の反射とかでも随分違いが出るとか聞きましたが・・リトラの機構の部分でそんなに違うんでしょうか・・、それとも田○希美男氏の言うように味付けなんでしょうか・・。

>このリコーGXRの28~300mm相当F3.5~5.6はメモカメラ用にちょっと気になっているのだが、

とうとうHaniwa氏も高倍率コンパクトデジタルカメラを購入・・、
そういえば”NEXビデオ”がS○NYから出るようで・・自分は気になるなぁ・・でも・・当面様子見を・・。

>CONTAX Gシリーズみたいにぱっと一通り一度に出してくれよ。

少ない開発陣で開発してるんじゃぁ・・人を雇わないので少品種ずつ開発で・・発売に(泣)。

>大滝沢沿いの林道を進んで途中から大滝沢に降りると大滝の下に辿り着ける。

この滝で写真修行を・・、現場監督で滝の中から撮影していると・・滝の上から大木とか岩が落ちてきて・・Haniwa家の家族が
 
    「仕留めたか?。」

などと・・物騒な事を・・。

ここに書きますが

>大切でないものもマニアなお店に頼むとお金が…。

いくらかかってるかは・・秘密で・・。

>フィルムカメラで撮影時に同時にCCDないしCMOSにも結像とかあればいいんですが、

デジ一眼の光学ファインダーの途中で8ミリとか16ミリのフィルムに露光するとか・・、ややこしいシステムになるなー(泣)。

>GR DIGITALはあの大きさで単4形アルカリ電池やニッケル水素電池使用可にしてるのは偉いということになりますね。アルカリの場合はあんまり撮れないらしいですが。やっぱりやる気の問題のような…。

電源の回路をばらしたりすると工夫が分かります・・、絞りリング付けないレンズとか、電池の自由がきかない本体は不自由やのぅ~(泣)。

>>充電器故障で充電が浅かった専用電池を二つ持って泊りがけ旅行でカメラ役立たずと言う経験者が居ますが(7年ぐらい前だった)
>それはきついですねぇ。最近のデジカメは昔よりも電池持つようになっていますが、それでも充電器故障とか困りますねぇ。やっぱりニコンF2を持っていかないと。

F-2を×
F-2も○
デジカメのD-700とかを持って行く時は両方持って行ってください・・、
ただしレンズは絞りリング無しだと”アレ”ですので気を付けて下さい(泣)。

>お好み焼きとかたこ焼きとか関西風うどんの宇宙食とか持ち込みですね。

宇宙で鉄板とかを持ち込んでガス火で焼き始めます・・酸素がドンドン(泣)。

_ Haniwa ― 2010年07月15日 09時16分12秒

ノーネームしたん様
なんかデジカメのそそる話題もないのでこのところデジカメの話題を取り上げてませんでした。

どうなんでしょうね、「リトラクティングレンズシステム」。我が初代GRDは片ボケのときがあるだけでなく、全体に滲んだような感じになるときがあります。もういちど電源入れ直して鏡筒をリセットすれば大抵は直るのですが、そういう微妙なズレが写りに影響してるんだと思いますよ。明確な根拠はないですが使っていてそんな感じがします。滲んだ感じに写るのは家に帰ってPCのモニターで見ないと分からないので(背面液晶では最大にしてもわかりません)、困るんですが。いまのところ頻度はそう高くないのでいいのですが。味付けも多少はあると思います。コントラストや輪郭強調の度合いなどで随分違ってきますからねぇ。

>とうとうHaniwa氏も高倍率コンパクトデジタルカメラを購入・・、
まあ廉価機デジタル一眼レフと高倍率ズームの方が絶対に写りに満足できると思うので、すぐに買うことはないと思います。ニコンが廉価機のボディ内AFモーターを無くさなければいまごろはD40とかD5000とか買っていたと思いますが。

”NEXビデオ”、気になりますねぇ。しかし、デジタル製品の試作機みたいなのを新製品と称して売るのはやめて欲しいです(笑)。

>少ない開発陣で開発してるんじゃぁ・・人を雇わないので少品種ずつ開発で・・発売に(泣)。
レンズの設計って設計者が自分でどんどん勝手にやってないんですかねぇ。ニコンやコニカの技術者の話を聞きますと以前はそんな感じだったそうですよ。上司が「こんどはこんなレンズできないかなぁ」と言ったら既に設計してあった手元のストックから「こんなのどうですか?」と出す、と。それにそもそも新マウントのシステムなんだから、一応のラインナップとか考えてないとおかしいですよ。ロードマップすらも出ないのはなんなんでしょう。マウントアダプターはあくまでも遊びなのでちゃんと確実に撮れる純正レンズをきちんと出してもらわないと。まあニコンもDXに関してはずっとラインナップ揃ってないしFXもディスコンにする一方で追加しないからどんどんラインナップ欠けてるんですが。そういうところがつまらないんですよ。

>この滝で写真修行を・・、現場監督で滝の中から撮影していると・・滝の上から大木とか岩が落ちてきて・・Haniwa家の家族が
滝の下で空手かなにかの道着着て気合い入れてる人もいました。大木は間違ってその人達の上に…。大木を手刀でばっさりいけたら修行は完了です(笑)。いけなかったら人生が完…。

>>大切でないものもマニアなお店に頼むとお金が…。
>いくらかかってるかは・・秘密で・・。
カダラで払っているとか(泣)。

>デジ一眼の光学ファインダーの途中で8ミリとか16ミリのフィルムに露光するとか・・、ややこしいシステムになるなー(泣)。
通常はミラーがファインダーに向いていてシャッター切るとCCDに露光次の瞬間には8ミリか16ミリフィルムに露光、また次にはCCD、フィルム、と順番にカタカタカタカタ撮るとか。こういうのはニコンは得意なはず(笑)。ソニーやパナソニックには真似できまい(笑)。

GRDが壊れて修理不能になったらばらして回路の工夫を探るとしますか。

>絞りリング付けないレンズとか、電池の自由がきかない本体は不自由やのぅ~(泣)。
本当にそう思います。あと、同じシステムなのにAFニッコールでAF効かないボディもなんとかして欲しいです。不自由です。

>F-2を×
>F-2も○
>デジカメのD-700とかを持って行く時は両方持って行ってください・・、
もうF2だけでいいんじゃないですか。ナニワのカラーキットも持っていって旅館で現像してノートPCにフィルムスキャナ繋いでブログ更新とか。昔の新聞記者みたいでかっこいいじゃないですか。

>宇宙で鉄板とかを持ち込んでガス火で焼き始めます・・酸素がドンドン(泣)。
関東出身者も負けじともんじゃ焼きを始めてますます酸素が…。

_ Haniwa ― 2010年07月22日 10時05分25秒

ttp://haniwa.asablo.jp/blog/2010/06/22/5176191#c5234942
の続きです。

ノラ猫軍大将山本ミケ六閣下
情報を出さない官僚はばんばん処分です。命令に従わないのは職務怠慢になりますから。そういう意味では、道具である官僚に答弁させても別に構わないんじゃないかなぁと思います。その官僚の答弁に大臣が責任を持つならば。普通の会社で幹部が「この件は担当者からご説明申し上げます」というのと同じだと思います。

>ズルをして100万部位売れてるんだ!、と、
そしてカメラ界にカリスマ機材アドバイザーが降臨です(泣)、各社戦々恐々で”カリスマ”に今後のカメラ・レンズ開発のお伺いに・・。
そんなことすると、各社がコシナ化してしまいます(笑)。ニッチなコシナ危うし(笑)。

国民生活センターが「きれいなおねえさんは好きですか?」の耐久性について告知します(笑)。剛毛で体表の何%以上が毛で覆われている方は使用できない、とかルール化されます(笑)。ブラ○ンのCMで街角で髭剃りを試してもらう例のものに乱入して「あれ?もう剃れなくなってる…」と(笑)。

猫除けの超音波発生器は音が大きいんだと思います。スピーカーが直径5cmとかあって6Vで稼働ですし。周波数はどうなんでしょうね。この辺は各社とも秘密でしょうね。

>会場は遠いです・・、潜水艦だと途中で時間切れです(泣)。
親戚のこどもたちが交代で漕ぎます(泣)。と言いますか、海を隔ててるんですか?

夏休みって最近はかなりまちまちですね。でもかなりの学校が昨日から夏休みのようですよ。

>嗚呼Haniwa氏の安心できる時間もあと・・少し(泣)、頑張れ親戚の子供!、関西は応援しております(?)、
ああ、はやく片付けなきゃ…。

>電車のヒューズ抜くのは応援しませんが・・。
なんであんなことするんでしょうね。誰がやったかすぐに分かるじゃないですか。不満があるなら社長の家の庭にノラ猫をいっぱい放って糞やノミまみれにするとか(笑)、いろいろあるじゃないですか(笑)。鳩を放って鳩屋敷化するとか(笑)。よいこはマネしないでね(笑)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?
aperture(stop)の日本語

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)