CD書き込みサービス、ノーリツと富士2010年04月30日 00時00分00秒

ふとっちょの重役(ふとっちょの局長、トップハム・ハット卿):GR DIGITAL、28mm相当、F2.4開放、1/34sec、ISO64、-0.3EV、プログラムAE、AWB

私はかなり以前からフィルムスキャナを持っていたので(EPSON FS1200など)、フィルムからスキャンしてCDに書き込んでくれるサービスを一度も利用したことがない。ときどき大量にスキャンして人に配らなければならないときとか、CD書き込みサービスを利用しようかとも思うのだが、WEB上で見るCD書き込みサービスの画像を見ると、やっぱり自分でスキャンした方がいいなぁ、と思うのであった。

しかし、今日の田中長徳氏のブログの写真はいつもと違うなぁと思ったら、今回はノーリツの機械でのスキャンなのだそうだ。
空樹@業平橋

カメラはライカM3にジュピター50ミリ。工事用カラーフィルム。プロセスはノーリツ。フジのプロセスよりトーンカーブがゆるやかで大人の画像だ。品川の双葉にあるフラッシュというラボに依頼。

今日の画像のEXIFを見ると、

画像入力機器のメーカー名: NORITSU KOKI
画像入力機器のモデル名: QSS-32_33
使用ソフトウェア名: QSS-32_33 001

とある。

いままでのものは、例えば横位置と縦位置の問題のものだと、

画像入力機器のメーカー名: FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
画像入力機器のモデル名: SP-3000
使用ソフトウェア名: FDi V4.5 / FRONTIER355/375-1.8-0J-014

となっていた。

富士のCD書き込みの方は色も好みじゃないし、なんだか解像度もイマイチな感じがして頼むのを躊躇するような感じだったのだが、ノーリツのCD書き込みサービスの方はかなりいけるんじゃないか。フィルムやレンズが違うから一概には言えないけれども、頼む気になるレベルの画像だ。チョートク先生、しばらくはノーリツの方で作例お願いします。

【関連追記:2010年7月16日】
DVD書き込みサービス(NORITSU KOKI QSS-32_33)を頼んでみた ― 2010年05月14日
ニコンおもしろレンズ工房どどっと400(400mm F8)(追記あり) ― 2010年05月17日
マウントアダプターを使ったことがある人が57.7%! ― 2010年05月19日
デジタル一眼レフが欲しいと一瞬思った ― 2010年06月08日
チョートク先生の作例がまた富士フロンティアに… ― 2010年07月16日
【関連追記ここまで】


写真は記事とは関係ない。
ふとっちょの重役(ふとっちょの局長、トップハム・ハット卿):GR DIGITAL、28mm相当、F2.4開放、1/34sec、ISO64、-0.3EV、プログラムAE、AWB

プラレール博 in TOKYOにて。トーマスの乗り物が人気で行列だった。そこにあったトップハム・ハット卿の像。私の記憶では、この人は、原作の最初の方では「ふとっちょの重役」であって名前はなかった。途中から鉄道が国有化されて「ふとっちょの局長」になったと記憶している。なんかこのフィギュアだと頭髪もないように見える(笑)。もっと偉そうで口だけで動かないオヤジだがだんだんとトーマスの味方になるというイメージだったのだが(笑)。


連休期間中は不定期更新になります。コメントはご自由にお書きください。お返事が少し遅れるかもしれませんがご了承ください。m(_ _)m

コメントをどうぞ(だみー)

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できますなぁんてね(笑)。こ れ は ダ ミ ー の コ メ ン ト 欄 で す 。 本 物 の コ メ ン ト 欄 は 右 下 の 「 コ メ ン ト 」 を ク リ ッ ク し て 一 番 下 に あ り ま す 。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索