ナショナル/パナソニックストロボ生産完了のお知らせ2010年04月28日 00時00分00秒

今日も更新が遅くなってすまん。2週間以上も前のニュースなのだが、ナショナル/パナソニックストロボが全製品生産完了なのだそうだ。
ナショナル/パナソニックストロボ生産完了のお知らせ(ナショナルフォート)

ナショナル/パナソニックストロボ生産完了のお知らせ 2010.4.14

パナソニックフォト・ライティング株式会社よりストロボ製品の製造販売終了が発表されましたので、お知らせします。この発表をもって、永年ご愛用いただいたナショナル/パナソニックストロボ製品はすべて生産完了です。

【生産完了品目】PE-20S、PE-20ST、PE-28S、PE-36S、PE-60SG、ストロボアクセサリー全品。
【在庫払底時期】2010年9月(PE-60SGおよび一部アクセサリーは、すでに払底済みまたは僅少です)。
【ストロボ修理部品の保有期間】今後5年間。

この件に関するお問い合わせ先:072-682-7626 パナソニックフォト・ライティング株式会社お客さま相談センター

(以下略)

パナソニックフォト・ライティングのサイトには4月6日に生産終了の告知があったようだ。
Panasonic ブランド汎用ストロボ生産完了のご案内(PDF:75KB)

2010 年4 月
お客様各位
パナソニックフォト・ライティング㈱

Panasonic ブランド汎用ストロボ生産完了のご案内

謹啓 春暖の候、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素はパナソニック汎用ストロボをご愛顧賜り、誠に有難く厚くお礼申し上げます。
さて標記の件、昨今の需要動向・販売動向の変化、ならびに今後の需要予測を鑑みまして 2010 年9 月をもちまして、下記Panasonic ブランド汎用ストロボの生産を完了させて頂く 事になりました。

写真愛好家や営業写真家、官公庁、など幅広く業務用としても使用されて参りました 汎用ストロボもフィルムカメラ用に設計されておりデジタルカメラ全盛の昨今、汎用スト ロボの役割は年々低下しており今回の決断となりました。

尚、修理サービスに付いては従来通り対応致しますのでご安心下さい。 長年のご支援ご愛顧に感謝申し上げますと共に引き続き末永くご愛顧賜りますようお願い 申し上げます。 謹白

(以下略)

パナソニックのストロボと言えば各社のOEM元だったはず。たとえば、愛用している小型ストロボのNikon SB-30はPanasonic PE-20Sにそっくりだし、ほかにもあれはこれのOEMじゃないかみたいなのはかなりあった。もう写真用ストロボそのものをやめるのか、それともOEMに徹してパナソニックブランドで売るのをやめるだけなのかどっちなんだろう。

最近、デジタルカメラになってからストロボ調光の方式がかなり進化したとともに各社何度も方式が変わったりしてきたので、ストロボも純正品を買う人が増えたのだろう。いまは外光オートで撮る人も少ない。私はF3でストロボ使うときなどはいまでも外光オートを多用するし、GR DIGITALでは純正品でないストロボしか持っていないから外部ストロボはすべて外光オートで撮っている。SB-30を評価しているのも小型で安価なストロボなのに外光オートで選べる絞り値が多いからだ。変なTTLよりは外光オートの方が結果を予測しやすいのだ。デジタルならなおのこと結果がすぐに見られるから外光オートでもいいと思うのだが。おそらくは最近急激に進化したデジタルカメラの高感度で、ストロボそのものの需要が少なくなってきているのだろうなぁ。それにしてもパナソニックのストロボが無くなるのは寂しいなぁ。特にグリップタイプのPE-60SGなどはニコン純正にないタイプなので無くなるとほかになさそうだし。

フィルムよりも前に、パナソニックのストロボが無くなるとは思わなかった。


戴いたコメントのお返事は少しずつさせて戴きます。m(_ _)m

コメントをどうぞ(だみー)

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できますなぁんてね(笑)。こ れ は ダ ミ ー の コ メ ン ト 欄 で す 。 本 物 の コ メ ン ト 欄 は 右 下 の 「 コ メ ン ト 」 を ク リ ッ ク し て 一 番 下 に あ り ま す 。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

コメント

_ やまろ ― 2010年04月28日 22時28分03秒

うちにもナショナル時代のが1つ転がってます。
外光オート、D300にSB-900導入以前にSB-28で使ってたけど、意外とまともに調光するんですよね。

デジタルになってから、ホワイトバランスなども制御するようになっていろいろ複雑みたいですね。

_ Haniwa ― 2010年04月28日 23時00分56秒

やまろ様
外光オートってどの範囲の光をどのくらい測光しているのか分からないんですが、なんか無難な結果になるんですよねぇ。特に主要被写体が真ん中にない場合には、中央重点測光しかないカメラだと、TTLオートよりも外光オートの方がストロボ発光がオーバーにならないですね。F100にDタイプレンズだともう3D-TTLなんたらにお任せの方がいいんですが。

デジタル一眼レフの方は未体験ですが、露出だけでなくホワイトバランスのためにもプレ発光とか色々大変そうですね。

それにしても残念な、ナショナルストロボの終了ですね。

_ ノーネームしたん ― 2010年04月29日 00時18分38秒

>変なTTLよりは外光オートの方が結果を予測しやすいのだ。

だいたいこんな風になるなぁ・・と言う風に写ってますね・・、何かに引っ張られてしまう事が少ないので予想しやすい写りになるんでしょう・・。

>フィルムよりも前に、パナソニックのストロボが無くなるとは思わなかった。

危険な行為を書いてしまいかけました(泣)、
フィルムは無くならないと思いますが・・種類とか値段とか使い勝手とかは悪くなるんでしょうが・・。

ここに書きますが
>>「そこで自決されると社のイメージが悪くなるのでよそで死んでくださ~い。」とN社の人が・・・。
>腹に刀挿したまま車に乗せられて下丸子のC社の門前に連れて行かれて放置され…(泣)。

何処かの病院の様な対応で・・、C社の方でも経○連に対する嫌がらせか!?と、勘違いされます、嫌がらせでないと解ると「後で我が社の方で”遺体処理”するので処理費用を先に頂いておきたいのですが・・。」などと言い出して(泣)・・。

_ maple ― 2010年04月29日 07時38分48秒

パッと見、記事の意味がまーったくわかりませんでした。
マイクロフォーサーズもフォーサーズデジイチもあるのにどうするの?と思ったら、それらではなく汎用的なものがあるのですね。
しかも
>パナソニックのストロボと言えば各社のOEM元だったはず。
これは初耳でした。

それにしても、LUMIXコンデジで使う純正のスレーブがなくなるんじゃないですかね(汎用とはいえ)。まあ、使う人がいないんだろうなあ。

>変なTTLよりは外光オートの方が結果を予測しやすいのだ。
あー、そういわれてみればなんだかんだでTTLでは結構微調整している気がします。
F2純正のSB-7は多分外光オートではなくて、距離計だけがついてるんですが、バウンスもできないのになぜか光量がちょうどいいんです。
(ポジで使ったらわかりませんけど)

_ SHIDA ― 2010年04月29日 10時19分15秒

うちにも、ナショナル時代のが、1台あります。サンパックの小型のものと合わせ、メーカー純正のものより使う回数は多いです。すべてのカメラに純正品は用意できませんし、純正品は接点が独自配列で、メインとサブが同一メーカーでない場合とか困ることが多かったので、重宝しました。

他の方も書いていらっしゃいましたが、ナショナル時代のものが今でも使える物持ちの良さが、逆にアダとなったのかもしれません。

>変なTTLよりは外光オートの方が結果を予測しやすい
確かに何度か使えば、変にTTL調光するより、勘で手加減した外部自動調光の方が、無難でしたね。

_ せいじん ― 2010年04月30日 00時10分10秒

久しぶりに書き込みます。
ここの生地を読んで私も驚きました。
確かにメーカー純正ストロボの方が色々と便利なのは認めますが
「汎用」の名の通りにどのメーカーのカメラでも使える製品が無くなるのは
時代の流れとはいえ、寂しいですね。

こうなってくると汎用型ストロボを作ってる所は
サンパック・・・だと現行品は殆ど無いし、ケンコーが扱っている
メッツのストロボ辺りが現在入手可能な製品となりますかね。

_ Haniwa ― 2010年04月30日 09時24分54秒

■ ノーネームしたん様
アルゴリズムが単純だから予想しやすいんでしょうね。

>フィルムは無くならないと思いますが・・種類とか値段とか使い勝手とかは悪くなるんでしょうが・・。
最近あちこちでデジタルはつまらないからまたフィルムを使い始めたというのを聞いたり見たりしますので、なんとか持ちこたえると思いますし、庶民が買える値段に収まるとは思います。ただ、かつてのようなマスメリットは少なくなるでしょうね。

>嫌がらせでないと解ると「後で我が社の方で”遺体処理”するので処理費用を先に頂いておきたいのですが・・。」などと言い出して(泣)・・。
そこで「遺体」として某研究所に引き取られ…カニと人間の合体として改造を施され…改造Aiガッチャマンじゃなくてガチャガチャマンとかにされて…絞り環やカニの爪の重要性を説いて回る正義のヒーローの誕生です(泣)。

絞り環だけでなく、ストロボの外光オート機能も無くすなと叫ばなければいけない時代になってきたんでしょうか(泣)。

■ maple様
大昔は汎用のものしかなかったと思います。通常光のTTLすらポピュラーではなく、ましてやストロボのTTLはフィルム面の反射を拾わないといけないので。

各社専用のストロボになっても一部の会社を除いてアクセサリーシューの真ん中の接点がシンクロ接点というのが共通であるならば、汎用のストロボはあってしかるべきだと思うのです。汎用専用ってなんか変な表現ですが、どこのメーカー用って決まっていないストロボが無くなるとしても、各社のストロボに外光オートの機能は残しておいて欲しいですね。あとシンクロコード用の接点も。ニコンはまだ外光オート機能を残している方だと思いますが、だんだんと省略されていく傾向にあるようです。

LUMIX用のは「専用」として残るんじゃないですかねぇ。文面からしてパナソニックがストロボから撤退するのではなく汎用ストロボをやめるだけのようですし。

>F2純正のSB-7は
ガイドナンバー通りのスペックのストロボはちゃんと絞りや距離を計算すると金屏風であってもちゃんとした露出で写ります。ガイドナンバー水増しすると駄目なんですが(笑)。

SB-7のような形のストロボも最近みないですね。SB-27が最後でしょうか。F3で使う用にSB-27買っておくかなぁ(笑)。でもSB-27って重いんですよねぇ。SB-28よりも重いんです。

■ SHIDA様
汎用のストロボって重宝すると思うんですよねぇ。私がニコンのSB-28値段高いなぁと思いつつも買ったのは、汎用性が高かったからでした。外光オートで選べる絞り値が多いですし、シンクロ接点用の端子も付いていましたから。汎用シンクロコードも買いました。これでヤシカエレクトロ35にSB-28付けたりしていました(笑)。ただ、エレクトロ35のアクセサリーシューはメッキむき出しなのでテープ貼ったりする必要がありましたが。

ストロボってかえって使い込んだ方が青みが取れていい感じになるので、長く使う人が多いかもしれませんね。かといって中古でいつも買えばいいかといえば、寿命もあるのでそういうわけにはいかないのですが。ストロボ使う撮影って失敗の許されない撮影が多いですし。

外光オートって単純なので予測しやすいんでしょうね。カメラの絞り値とストロボの絞り設定(っていうんでしょうか)をずらすだけで簡単に+-補正ができるのもいいところです。

■ せいじん様
こちらこそお久しぶりです。
純正品ばかりになって、純正品に外光オートなどの機能が載らなくなると困りますね。パナソニックは今後もOEM元になるんでしょうから、是非OEM先各社に外光オート機能の登載を働きかけ続けて欲しいと思います。

メッツのメカブリッツストロボ(ケンコー扱い)が汎用ストロボまだありますね。しかし、ケンコーのサイトには外光オートでの選択可能な絞り値などが載ってないですね。それが一番大事なのに…。あと、大きなストロボは結構ありますが、パナソニックPE-20シリーズやニコンのSB-30のような小型で機能の多くて汎用性の高いストロボがないのがちょっと困りますね。SB-30があるので、CONTAX G用にストロボ買わなくて済んでるんですよ。アクセサリー地獄に堕ちなくて済んでいるんです(笑)。

_ ノーネームしたん ― 2010年04月30日 23時16分01秒

>そこで「遺体」として某研究所に引き取られ…カニと人間の合体として改造を施され…改造Aiガッチャマンじゃなくてガチャガチャマンとかにされて…絞り環やカニの爪の重要性を説いて回る正義のヒーローの誕生です(泣)。

ガチャガチャマンにかいぞうされたんですか?、月光仮面のパチモンの、てっきり”日光R仮面”とかだと思ってました(笑)。

>ストロボの外光オート機能も無くすなと叫ばなければいけない時代になってきたんでしょうか(泣)。

そんな時代になったんでしょうね・・、ドンドン便利の押し売りで不便になってるような・・。

_ Haniwa ― 2010年05月06日 11時19分36秒

ノーネームしたん様
お返事遅れてすみません。

>月光仮面のパチモンの、てっきり”日光R仮面”とかだと思ってました(笑)。
三菱製紙の月光と対になっていい写真を作るんですよ(笑)。

デジタル時代になっても、ストロボの外光オートは必要ですよねぇ。一番高いストロボにしか外光オート機能が登載されなくなったりして…。

_ よ ― 2011年06月27日 08時06分08秒

幸之助が築いた人類に貢献しようという企業体はもはやのうなしどもが食いつぶしている段階です。別会社だったものを一つにして資産食い潰してまた別会社を混ぜて・・・ 早晩全部なくなります。
全自動のストロボでは、写真文化の継承は出来ません。
ルミックスとかのストロボはオリンパスに統合されパナのストロボは邪魔でしかなくなったのでしょう

_ Haniwa ― 2011年06月27日 08時48分23秒

よ様
松下は宣伝力があるのでしぶといと思いますよ。

もともと松下系のウエスト電気がストロボや「ラジカメ」などを作っていて歴史も技術もある会社だったはずです。まあ儲からない自社ブランドの外付けストロボはやめてOEMだけにするとかそういうことなんでしょうね。

パナソニックの子会社になったサンヨーが心配ですね。エネループがEVOLTAとかいう充電できるものと充電できないものが同じ名前を使っているバチモンに駆逐されないか心配です。市場で駆逐されるのなら仕方ないのですが、会社内の都合で駆逐されたら、と心配で。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索