Kodak PORTRA 400VC2010年04月12日 00時00分00秒

桜木町駅とみなとみらいをつなぐ動く歩道から:CONTAX G1、Carl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8、F8AE、+0.7EV、Kodak PORTRA 400VC、Kenko L37 SUPER PRO、Nikon SUPER COOLSCAN 5000ED

最近、Kodak PORTRA 400NCよりもPORTRA 400VCの作例の方が多いことにお気づきかと思う。Kodak PORTRA 400VCフィルムのインプレを書いていなかったので簡単に書いてみたい。

400VCの「VC」はVivid Color(鮮やかな色)の意味だそうで、たしかにNatural Color(自然な色)の400NCよりは鮮やかだ。ただ、最近はデジタルプリントでものすごい彩度のものがあるので、それに慣れてしまうとPORTRA 400VCを普通にスキャンしたものやアナログプリントしたものはそう彩度が高いわけではない。彩度が高すぎるのはあまり好みではないので、PORTRA 400VCの鮮やかさは嫌いではない。

PORTRA 400NCの方が粒状性が目立たないように思う。つるんとした感じに写る。400VCの方は粒状性が悪いわけではないが400NCよりは粒状感がある。そしてつるんとした感じはしない。両者が粒状性が同じで色合いだけが違っているのなら良かったのだが。私が使った感じでは、400VCは少し粒状性のよいISO400ネガ、400NCの方は異様に粒状性のよいISO400ネガという感じだ。

PORTRA 400VCのよいところは、蛍光灯などの光源に色が左右されにくいということだ、400NCの方は光源の色温度に忠実ですぐに人物の顔色が悪く写る。ネガだからその辺は調節すればいいのだろうが、無補正でプリントを頼んだりあんまり調整しないでスキャンする際にその差が出る。400VCの方は光源に左右されずいつもいい顔色だ。人物記念写真が多い私としては、人物の顔色が悪いのは困るので、最近PORTRA 400VCの出番が多い。ただ、安売りされているKodak SUPER GOLD 400も光源の色温度に左右されにくいので、人物の顔色だけのために値段の高いPORTRA 400VCを使うのもどうかなぁと思い始めている。

地味だが忠実な色再現で微粒子のPORTRA 400NC、鮮やかで光源に左右されにくい色再現でやや微粒子のPORTRA 400VC、偉大なる「普通」でコストパフォーマンス抜群のSUPER GOLD 400、この3つの選択肢があるのはありがたい。そしてSUPER GOLD 400は、実はDNP CENTURIA 400と中身が同じだったということらしいので、常用ネガカラーをそろそろSUPER GOLD 400にしてもいいかなぁと思っている。微粒子が欲しいときはPORTRA 400NCを使う、と。400VCがもう少し微粒子であったなら400VC常用でもよいのだが。

【関連】
コダック プロフェッショナル ポートラ
Kodak PORTRA 400NC ― 2009年05月12日
Kodak PORTRA 800 フィルムを使ってみた ― 2009年03月16日
コダックPORTRA800と富士NATURA1600 ― 2009年07月24日


桜木町駅とみなとみらいをつなぐ動く歩道から:CONTAX G1、Carl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8、F8AE、+0.7EV、Kodak PORTRA 400VC、Kenko L37 SUPER PRO、Nikon SUPER COOLSCAN 5000ED

ビルの上の方が広がって写っている。Biogonって面白いレンズだなぁ。こういうのを見るとPC Nikkorが欲しくなるのでいけないなぁ(笑)。

コメントをどうぞ(だみー)

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できますなぁんてね(笑)。こ れ は ダ ミ ー の コ メ ン ト 欄 で す 。 本 物 の コ メ ン ト 欄 は 右 下 の 「 コ メ ン ト 」 を ク リ ッ ク し て 一 番 下 に あ り ま す 。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索