CONTAX G1 + Biogon T* 21mm F2.8で多い失敗パターン2010年04月09日 00時00分00秒

ランドマークタワー(横浜市西区みなとみらい):CONTAX G1、Carl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8、F22AE、+1EV、Kenko L37 Super PRO、Kodak PORTRA 400VC、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED

今年の桜はCONTAX G1にCarl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8でたくさん撮った。ただ、Biogon T* 28mm F2.8を付けたときに比べていまだに失敗することがある。

まずはレンズキャップをしたままシャッターを切ってしまうこと。一眼レフだと撮影レンズを通った像を見ているのでキャップをしてしまうと真っ暗ですぐに気づく。レンジファインダーなどの場合は、私は絞り優先AEのシャッタースピードをよく見ていて、それでレンズキャップに気づく。絞り値を決める際にシャッタースピードをよく見ていて、こんなに速く切れるんならもう1段絞るかとか、まだシャッタースピード上限に余裕があるからもう少し絞りを開けるか、とか考えている。

ところが、Biogon T* 21mm F2.8は外部ファインダーを覗くので絞り優先AEでのシャッタースピードを確認し忘れるのである。今回の作例は絞り値がF22である。別に深い被写界深度が欲しくて絞ったわけではない。このフィルムは前半がニコンF100で撮っていたもので、F100に別のフィルムを入れるために途中巻き戻しをして、CONTAX G1に再装填したものなのだ。F100で撮った部分を二重に露光しないように、日付写し込みをオフにしてレンズキャップを嵌めて絞りを絞り込んで最高速のシャッタースピードで既に撮影した部分を送った。それから通常撮影する際に絞りを戻すのを忘れたのだった。明るい日中でISO400のフィルムだから、シャッタースピードも遅くならなかったから気づかずに何枚もF22で撮っていた。まだまだ使いこなしていないなぁ。

レンズキャップは気をつけていたので今回は失敗は1枚だけだった。Biogon T* 28mm F2.8の場合は、ファインダー内でシャッタースピードが確認できるので、レンズキャップはすぐに気づく。16秒の表示になるし、ファインダーの端にレンズキャップが見えるのだ。レンズ鏡筒はシルバーでレンズキャップもシルバーなのだが、レンズキャップの側面が黒なのだ。これはよく考えてある。内蔵ファインダーの隅に黒と銀のレンズ先端が見えたらキャップをしたままだ。

絞りは気をつけないといけないなぁ。持っているカメラでファインダー内で絞り値が確認できるのはF3だけ(F100はCPUレンズのみ表示される)なので、レンズをみて絞りを確認するのは慣れていたつもりだったのだが。たぶん、CONTAX G1はちゃんとピントが合ってるか気になってボディ上面の距離表示とか見てるのでほかが疎かになるのだろう。


ランドマークタワー(横浜市西区みなとみらい):CONTAX G1、Carl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8、F22AE、+1EV、Kenko L37 Super PRO、Kodak PORTRA 400VC、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED

Biogon T* 21mm F2.8は、建物の色つきガラスの微妙な感じや水面の感じがよく出るような気がする。

コメントをどうぞ(だみー)

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できますなぁんてね(笑)。こ れ は ダ ミ ー の コ メ ン ト 欄 で す 。 本 物 の コ メ ン ト 欄 は 右 下 の 「 コ メ ン ト 」 を ク リ ッ ク し て 一 番 下 に あ り ま す 。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索