コダック、モノクロ・カラー暗室用品の一部を製造販売終了2010年01月27日 00時00分01秒

ナショナル・フォートによれば、コダックのモノクロ・カラー暗室用品の一部を製造販売終了とのこと。前回の富士フイルムの件のようなことがなければよいのだが…。

コダックモノクロ・カラー暗室用品一部製造販売終了のお知らせ 2010.1.27

マイクロドールXデベロッパー(1L)、リプレニッシャーD76R(1gal)*、デベロッパーDK50(1gal)*、
セレクトールソフトデベロッパー(1gal)、リキッドハードナー(1gal)*、セピアトナー(1qt)*、ブラウントナー(1oz)*、
T-MAX 100 Direct Positive FIlm Developing Outfit(1qt)*、ハイポクリアニングエージェント(1.25gal)

RAスープラエンデュラ F面小全紙(50)、 F面全紙(50)*、 N面大全紙(50)*

*印は、スペシャルオーダー品の製造販売終了。

製造販売終了時期:2010年2月ごろ(製品により異なりますので、お問い合わせください)。

【追記:2010年1月29日】

イーストマンコダック社は、伝統的に自社モノクロ暗室薬品の処方を公開しています。上記製造販売終了品目の自家処方向けデーターを、近日とりまとめた上で、当ページにて公開いたします。
http://www.nationalphoto.co.jp/1F/kodak_news_04.htm

おお、自家製「舞黒$」の道が…。
【追記ここまで】

【追記:2010年2月22日】
代用処方が公表された。
コダック製造販売終了暗室薬品の代用処方がナショナル・フォートで公開 ― 2010年02月22日

コメント

_ ノーネームしたん ― 2010年01月28日 01時08分20秒

どんどんなにやら追い込まれて行くな・・。

ここに書きますが

>新型Aiレンズはどういうスペックのものがいいですか?具体的に書き続けると実現するかもしれませんよ。

とりあえずAFのやつを・・
単焦点のやつはGとD両方出して下さい(VRとか付で)・・、広角から望遠まで・・、
ズームはF値固定のF2.8のやつとか(VR付で)(14~24、24~70、70~200)、200-400F4(VR付きで)とか・・、
Gタイプのやつを出来るかぎり流用してDタイプを作るとか・・、後藤さんなんとかして下さいよ・・、デジタル一眼レフを使う時に新機能使いたいとか、レンズ壊れた時の買い替えとか・・、色々困ってる人(自分も含む)が居るんですよ・・、それもMFのF-3とかF-2とか、nFM-2、FM-3Aとかで共用したいんですよ・・、値段は元のGより高いのはしょうがないですが出来るだけ安い方が良いんですが・・、重さとか大きさはしょうがないと・・、

とりあえず書きましたが・・。

>えー、上野からカシオペアの空き室に乗って見張ってたんですかねぇ。トイレの詰まりをリセットしてくれた車掌さんが実はネコが化けていたものっだったりして…。

Haniwaさん以外は皆・・乗客も

_ kgr2007 ― 2010年01月28日 09時25分22秒

おはようございます。

マイクロドールXは、1galタイプが既に終わってるんじゃなかったですか?
コダックのHPでも「在庫限り終了」としかありませんねぇ…とすると、完全終了?
なんてこった…現像だけでプリントはやっていませんが、これはちょっと困ります。

常道からは外れますが、TRI-X400をこいつで現像したネガはなかなかのものなんですよ。
このフィルム「らしさ」は若干薄まりますが、逆にTRI-Xってその現像液の特性を理解すればどんな薬液でもイケるんだ、という対応幅の広さを再認識させてくれる現像液でもあったんです。
こういう進行の遅いタイプの現像液(フジ:ミクロファイン、イルフォード:パーセプトールなど)って綺麗なトーン再現には絶対必要なんですがねぇ…こりゃ弱ったなぁ

_ Haniwa ― 2010年01月28日 10時12分42秒

■ ノーネームしたん様
現行のAi AF Dレンズは全体にチープな感じですが、値段も抑えられていてなんとかMFもできるし爪も付けようと思えば付けられる、そして最新のデジタルボディでもフル機能使えるという素晴らしい互換性だと思います。GとDの併売があればいいですよねぇ。Gタイプしかないのであれば私はもう新品レンズをあまり買うことがないです。

>とりあえず書きましたが・・。
今後も何度も書いていきたいと思います。

>Haniwaさん以外は皆・・乗客も
家族だと思っていたのも…。

■ kgr2007様
時間がなかったので、過去の情報と現行品とのすりあわせをしていないです。すみません。

ttp://www.nationalphoto.co.jp/1F/NP-Kodak-BW-Chemical_NowHere.pdf
によれば、マイクロドールX デベロッパーは 1 リットル用(粉末)しか残っていないので完全終了のようです。必要な方はもう一生分買い溜めするとかしか無いんでしょうか。

TRI-XとマイクロドールXの組み合わせでそういうトーン再現ができるんですか。私はいつも現像は外注なのでTRI-Xといえばガチガチのネガしかないです(苦笑)。もったいないことをしているのかもしれませんね。マイクロドールXのレシピとか公開していないんでしょうか。どこかの小さな会社がコピー品を出してくれればいいのですが。

_ おーた ― 2010年01月28日 13時02分07秒

はじめまして、こんにちは。
フジやコダックの生産終了の情報を検索していて、こちらにたどり着きました。
私は現在XTOLを使ってますので、直接影響はないですが、いつ自分の使用している製品が生産中止になるかひやひやしているのは、なんだか悲しいですね。

コダックは今年中に消滅するかもしれない10社の中の一つに入っていたみたいだし(フィルム部門は利益を上げているみたいですが・・)、製品の整理は避けられないんでしょうね。

_ Haniwa ― 2010年01月28日 15時48分17秒

おーた様
コメントありがとうございます。

コダックはデジタルの技術も相当にあるのですが、旧チノンを買収したり売り払ったり結構迷走していますね。フィルム部門で利益が上がっているのなら腹をくくってフィルム事業だけになるとか(無謀)。

製品の整理は仕方ないのですが、代替品のない終了が困りますね…。マイクロドールはどこかの会社が「舞黒$」とかコピー品を出してくれないかなぁ。コダクロームも小田クロームとか。そういう駄洒落を言っている場合じゃないですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?
aperture(stop)の日本語

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)