COOLSCAN 5000 ED(Nikon Scan4)のICEありバッチスキャン一応の解決2009年12月28日 00時00分01秒

寝台特急日本海(国鉄大阪駅1977年頃?):Asahi Pentax SV、Auto Takumar 55mm F1.8、富士写真フイルムNEOPAN SS、絞り・シャッタースピード不明、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED

COOLSCAN 5000 ED(Nikon Scan4)のICEありバッチスキャンに失敗する ― 2009年12月27日で報告したICE有効でバッチスキャンが出来ない件について、ニコンのサポートに電話してみた。仕事納めの日だしフィルムスキャナはカメラなどとは別の独立した担当らしく電話はすぐにつながった。

この現象の考えられる原因としては、PCのなんらかの処理能力不足が挙げられるそうだ。単独でICE有効でスキャン可能だし、ICE無効ならバッチスキャン可能なので、フィルムスキャナ本体の故障の可能性はないとのこと。私のPCの場合はスペックから見て処理能力不足とは言い難いのですぐに解決する方法が見つからなかった。

問題を緩和する要素として、「環境設定」の「バッチスキャン」の項目中「ハードディスクに保存する」にチェックを入れることが考えられるという。ただ、このチェックはデフォルトで入っていて、私のも「ハードディスクに保存する」の設定でICE有効のバッチスキャンに失敗している。

あと、ニコンのダウンロードサイトにある「Nikon Scan 4 Ver.4.0.0/4.0.1/4.0.2 Digital ROC, Digital GEM Windows 用 アップデータ」(DRAGNKL1 Updater:dnklup.exe)は、今回の現象と直接は関係ないが、当てて置いた方がいいということだ。これを当てた状態でもICE有効のバッチスキャンには失敗していた。ただ、失敗時のエラーメッセージは、dnklup.exe適用前は「スキャンの実行に失敗しました。」だが、dnklup.exe適用後は「スキャン実行中にエラーが発生しました。」となる。

それで「ハードディスクに保存する」が問題を緩和する要素だと教えてもらってから気づいたのだが、スキャン画像の保存先をVostro 430に最初から付いていた起動ドライブの方ではなく、以前のPCから移設したデータ保存用内蔵HDDの方にしていた。このHDDは起動ドライブよりも転送速度が少し劣ったものだった。もしやと思い。保存先を起動ドライブの方にしてみた。バッチスキャンはエラーなく進んでいく。4コマ目あたりから休憩が入りがちになる。6コマ目でついに「スキャン実行中にエラーが発生しました。」が。惜しい。それではと起動ドライブにちゃんとスキャン用のフォルダを作ってやってICE有効のバッチスキャンをしてみた。おお、6コマ連続でスキャンに成功だ!このPCのHDD転送になにかボトルネックがあるのかもしれない。ちなみにCドライブは500GB(ST3500418AS ランダム書込み時のシーク時間 9.5 msec)で437GBの空き、Dドライブは500GB(ST3500630AS ランダム書込み時のシーク時間10.0 msec)で180GBの空きだ。このDドライブは前のPCのDドライブをそのまま持ってきたもので、前のPCでも直接このDドライブにスキャンデータを保存する設定にしていて問題なかったんだけどなぁ。まあ解決したのでそれはいいや。ただ、性能のいい起動ドライブの方に保存する設定でも、プレビューをせずにサムネイルからいきなりICE有効のバッチスキャンをすると確実に「エラー」ないし「失敗」になる。やや不安要素の残る解決だ。

それで、ニコンのサポートの人が「ハードディスクに保存する」にした方がPCの負荷が緩和されると仰っていたのだが、このPCはメモリを4GBも積んでいるのでHDDに保存しながらスキャンするよりもメモリに書きながらスキャンした方が早いのではないかと、「ハードディスクに保存する」のチェックを外してICE有効のバッチスキャンをやってみた。おお、少し速い。途中でスキャンを休むことなくばんばん処理していくぞ。スキャンが休んだみたいになるときはHDDアクセスランプが点いているので、HDDに書き込む間スキャンしないで待っているのだろう。このハードディスクに保存しないバッチスキャンは途中でPCが落ちてしまったりしたときにそれまでのスキャンデータが飛んでしまう危険性はあるが、最大でも6コマのやり直しだから、メモリが余裕ある場合はハードディスクに保存しないでスキャンするのもひとつの手だ。

ともかくもデータ保存用のHDDの書き込み時になにか問題があってICE有効のバッチスキャンに失敗していたようだ。CPUをCore i5じゃなくてi7にしておいた方がよかったのかなぁ。まあ、とりあえず解決、解決。データ保存用の内蔵SATAのHDDは1TBのキャッシュの大きい書き込み速度のもっと早いものに買い換えることにしよう。

ICEを複数コマで有効にしたバッチスキャンで「スキャンの実行に失敗しました。」または「スキャン実行中にエラーが発生しました。」のメッセージが出てスキャンが完了しない問題を緩和する要素。
1.Nikon Scan 4の環境設定のパッチスキャンの項目で「ハードディスクに保存する」にチェックを入れる
2.PCの負荷になる常駐アプリケーションを減らす
3.DEP(データ実行防止)を例外を除いてすべてに適用する設定にして、Nikon Scan.exeを例外に登録する
4.スキャン画像の保存先を変更してみる

最後にWindows 7へのNikon Scan 4の対応予定についてニコンのサポートの方のお話によると、まだ対応するかしないかを決める段階とのこと。そしてNikon Scan自体が古いアプリケーションで最近のハードウェアに対応し切れていないことから、古い環境で使う方が安定するという申し訳ない状況だと仰られていた。具体的にはHyper Threadingやマルチコアには対応していないなどがあるという。私は最初に相談したときにHDDのAHCIが関係していないか聞いてみたのだが、AHCIが問題だという事例はいまのところないながらもそういう新しい機能に対応し切れていないことからくる不安定要素は否定できないと仰っていた。

もう生産終了の製品だから期待できないのだが、Windows 7に対応するNikon Scanをリリースして欲しいと思う。ついでにはならないだろうが、マルチコアとかHyper Threadingにも対応して欲しい。あと64bitOSにも対応してくれるとメモリがたくさん使えてより快適になるのだが。いっそのことソースを公開してもうあとは有志で好きにやってくれということにするとか(笑)。

ちなみにAHCIを無効にしてみたらどうかと思ってBIOSでAHCIをATAに変更したらブルースクリーンが出てWindowsは起動しなかった(汗)。

【関連追記:2010年2月3日】
Core i5 750とNikon Scan 4.02でICEありバッチスキャンは無理なのか ― 2010年02月03日
【関連追記ここまで】

【関連追記:2010年3月8日】
VMware Player ― 2010年03月08日
修理後さっそくスキャン、即失敗、鬱… ― 2010年03月06日
SUPER COOLSCAN 5000 EDが返ってきたが、「正常」 ― 2010年03月06日
Nikon SUPER COOLSCAN 5000 EDが修理から返ってこない ― 2010年03月05日
ニコンCOOLSCAN 5000 EDを点検・修理に出してきた ― 2010年02月23日
Mac mini が気になる今日この頃 ― 2010年02月10日
ICEありスキャンで失敗するのはネガのみ ― 2010年02月04日
Core i5 750とNikon Scan 4.02でICEありバッチスキャンは無理なのか ― 2010年02月03日
COOLSCAN 5000 ED(Nikon Scan4)のICEありバッチスキャン一応の解決 ― 2009年12月28日
VueScanをCOOLSCAN 5000 EDで試してみる ― 2009年12月28日
COOLSCAN 5000 ED(Nikon Scan4)のICEありバッチスキャンに失敗する ― 2009年12月27日
【関連追記ここまで】

【追記:2010年3月11日】
VMware環境でCOOLSCAN 5000 EDのICEありバッチスキャンに失敗しなくなった ― 2010年03月11日


写真を追加。写真は記事とは関係ない。
寝台特急日本海(国鉄大阪駅1977年頃?79年かもしれない*):Asahi Pentax SV、AutoSuper Takumar 55mm F1.8、富士写真フイルムNEOPAN SS、絞り・シャッタースピード不明、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED (*)絵入りのヘッドマーク導入が1978年ということなので、1978~80年頃の写真のようだ。同じフィルムの別のコマに1980年に廃止された南海電鉄平野線が写っているから1981年以降ではない。

撮ったことすら忘れていた。今年夏の金沢駅で見た特急日本海が初めてだと思っていたが、こんな昔に大阪駅で日本海号を撮っていたとは。お小遣いがなくなりカラーフィルムが買えなくてネオパンSSを買って現像のみ依頼したらしい。プリントがないと撮ったことすら忘れてしまう。撮りっぱなしのデジカメも危うい。

コメント

_ やまろ@帰省中 ― 2009年12月28日 23時40分35秒

今時のHDDがボトルネックになるとは思えないですが、そういうこともあるんですね。
困ったことに、メモリも潤沢に使えるようになってスキャン環境はよくなっているはずなのに、それをフルに使えないのは悲しいですね。
ニコンのそのコメントだと、64bit版は期待出来ない感じですね。
古いAthlon64のXPマシン、捨てられないです。こいつもメモリは3GB積んであるので、スキャンには不自由しないですし、実際今使っているメインマシンとスキャン速度は大して変わらなかったりします。


>ちなみにAHCIを無効にしてみたらどうかと思ってBIOSでAHCIをATAに変更したらブルースクリーンが出てWindowsは起動しなかった(汗)。

AHCIでインストールされているので、IDEモードだと起動できないですね。
うちのWin7はアップグレード版なので、IDEモードでXPを入れた後、AHCIに変更してWin7を入れました。結構めんどい…


>撮りっぱなしのデジカメも危うい。

確かに、結局はプリントしないと見なくなっちゃいますね。なので定期的にプリントしてます。数が膨大で収納場所に困ります(笑

_ ノーネームしたん ― 2009年12月29日 00時50分44秒

パソコン組んだり買い換えたりするのは良いけど周辺機器の動作が・・・、窓七に対応しないのなら

>いっそのことソースを公開してもうあとは有志で好きにやってくれということにするとか(笑)。

に、して欲しい・・、競合するような製品を今後発売するならともかく、発売しないなら出来れば・・。

>お小遣いがなくなりカラーフィルムが買えなくてネオパンSSを買って現像のみ依頼したらしい。

モノクロ撮影して雰囲気が出て良かったと思いますよ、最近モノクロ使ってないなぁ・・、こんど何か撮影しに逝こう・・。

>撮りっぱなしのデジカメも危うい。

忘れてしまった画像が丸々消えませんように・・。

_ Haniwa ― 2009年12月29日 09時34分38秒

■ やまろ様
わたしも最新のPCでボトルネックとかあり得ないと思うのですが、どうもスキャン中にプログレスバーの動きが悪くなってきたなと思うとスキャンに失敗します。

メモリも少し前は4GB積むとか金額的に考えられなかったですからねぇ。せっかく4GBも積んでるのに、グラフィックカードに1GB別にメモリがあるために使えるメモリが3GB切ってます。前のPCの方がグラフィックカードのメモリが少なかった分使えるメモリが3GB超えてました。32bit OSが扱えるメモリが合計で4GBという制約から、なんか昔のオンボードのグラフィックでメモリ共用と同じような感じになってきてますよね。もう64bitにするしかないと思います。デルのゲーム用の上級機は当然のように64bit OSですね。どうせXPにするならNikon Scanの動く64bitのXPにすればよかったですかねぇ。

CPUはスキャンそのものの速度にあんまり影響しないですね。ROCとかGEMの処理時間は違ってきますが。COOLSCAN V EDや5000 EDの初期の頃のカタログデータはWindows 2000にPentium 4 3.0GHzとかでしたし。スキャン専用マシンとして中古で当時のハイスペックマシン買うというてもありかもしれませんね。買ったらコンデンサがすぐに死んだりして(笑)。

AHCIの知識なくて、新PC初のブルースクリーンでした(笑)。XP入れてからWindpws 7入れるのって手間が掛かりそうですね。

ネットプリントが安い時期にまとめてプリントするのがいいですね。以前はそうしていたのですが、最近はデジタルはHDDとDVD-RAM、ネガフィルムはプリントみたいな感じになっています。ネガのプリントだけでもかなりの量で、収納に困りますよね。見られるように保管しておかないとプリントした意味がないですし。

■ ノーネームしたん様
Nikon ScanがWindows 7に対応してくれたらいまのPCはWindows 7にするかもしれません。ザウルス関係はたぶんVistaと同じでしょうからOffice2003互換モードでいけばシンクロには問題なさそうですし。でもXPのサポートあるうちはXPの方がいいのかもしれませんね。

あり得ないとは思いますが、もう新製品出さないのならNikon Scanのソース公開有志丸投げとかやって欲しいです(笑)。開発環境も提供して(笑)。

モノクロはフィルムの劣化が少ないですね。保存性の点からもときどきモノクロで撮るのが大事ですね。カラーのものは30年で色が少しおかしくなっているものが多いです。ほとんどがDigital ROCの一番弱いもので補正可能なレベルですが。そういえば私も最近モノクロで撮ってないです。せっかくディスコンのプラスXとT-MAX3200買ったのに。青山墓地に行ってT-MAX3200増感でセルフヌードでも撮りますか(笑)。

昔のPCのHDDから順にコピーを重ねて行っているので、古いデータ程複数のHDDに残っている状況です。でもHDD保存も万能じゃないですからねぇ。DVD-RAMだけでなくいいメーカーのDVD-Rにも焼いておいた方がいいんですかねぇ。DVDがブルーレイに駆逐されませんように…。

_ のきん ― 2009年12月31日 15時28分07秒

Haniwaさま
はじめまして。当方も同様のエラー発生で困っています。
こちらの環境は、
OS::WinXp Pro SP3
マザボ:ASUS P7P55-M
CPU:Core i5
メモリ:4G
HDD:160GB/2パーティション
グラボ:Giga RadeonHD4550
動作的には、
プレビユー無しでサムネイルからスキャン開始で
オートフォーカス動作 OK
自動露出動作 OK
スキャン動作 Digital ICE 直後
(正常であれば、スキャンウインドウの後ろに画像ウインドウが表示される直前)に
エラー表示 となります。

BIOSをいろいろ変更して確かめた結果、CPU倍率をx10(i5の定格はx20)に抑制すると、エラー無しでバッチスキャンできるようです。
nikonサポートのおっしゃるとおり、古い環境(のろい環境?)の方が安定しているようです。
せっかくのLynnfieldなのに・・・(涙)。

NIkonScan4インストール直後のアプリ起動では、
「テンポラリフォルダが見つかりません。デフォルトのフォルダを設定しました。」とかいう微妙なメッセージが表示されました。
どうやら、Haniwaさんのおっしゃるとおり、NikonScanから、何かのHDD上のフォルダーを見に行くタイミングで、存在するはずのフォルダーが見つからず、エラーとなっているようです。
Nikonさん何とかしてくれーーー(叫)

当初は、マザボの不具合かなどと悶々としていましたが、Haniwaさんのブログで、少し気が楽になりました。
ありがとうございます。

_ Haniwa ― 2010年01月02日 22時14分41秒

のきん様
コメントありがとうございます。あけましておめでとうございます。

情報ありがとうございます。私だけではなかったのですね。CPUの倍率を落とすとエラーが出ないのですか。Intel Core i5 の処理とHDDへの書き込みに何か問題があるんでしょうかねぇ。私のPCはDELLのPCなのでBIOSにCPU倍率の変更の項目はなかったような気が…。

Core i5は、ttp://www.pasonisan.com/review/z1001vostro430/05corei7i5.html に書いてあるようにノースブリッジ・サウスブリッジがなくチップセットに直接HDDがつながっているのがNikon Scanの想定外なんでしょうかねぇ。他のLynnfieldのi7ではどうなのか気になります。Hyper Threadingがない方がNikon Scanにいいかと思ってHT無しのi5にしたのに…。

こうなってきますと、Nikon Scan 4のWindows 7対応はあやしくなってきますね。Windows 7の32bit版に対応するのはVistaも対応しているのでそんなに問題ないと思っていたのですが、Windows 7の多くが今後Core i5やi7のCPUで動くわけですからハードウェアの対応も考えるとちょっとの手直しではうまくいかないのではないかと。大変でしょうが本当にニコンになんとかして欲しいですよね。

今後も情報交換の程よろしくお願いします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)