『TSUBURAYA × Kodak コラボレーション 「ウルトラ・デザイン」シリーズ・レンズ付フィルム』いよいよ今週末発売2009年12月09日 00時00分00秒

『TSUBURAYA ×Kodak コラボレーション「ウルトラ・デザイン」 シリーズ・レンズ付フィルム』のうち『ウルトラマン』

既に10月13日に発表済みのニュースなのだが、『TSUBURAYA × Kodak コラボレーション 「ウルトラ・デザイン」シリーズ・レンズ付フィルム』がいよいよ12月12日(土)に発売される。同日全国ロードショーの映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』(配給 ワーナーブラザース)にあわせての発売らしい。
『TSUBURAYA × Kodak コラボレーション 「ウルトラ・デザイン」シリーズ・レンズ付フィルム』新発売(コダック、加賀ハイテック)

個人的にはウルトラマンシリーズにはそんなに思い入れはないのだが、いまでもこどもには人気があるようだ。親戚のこどもにウルトラマンマニアがいるので、買って送ってあげよう。

ただ、こどもにこういうレンズつきフィルムをあげる場合、現像に出すとそのレンズ付きフィルム本体が帰ってこないので「あれはどうなった?」と問題になるかもしれない。私だったら撮影後に中をあけてフィルム(パトローネ)だけ取り出して現像に出すが、それを親戚に強要するのもちょっとアレだなぁ。「うちに送り返してくれれば中身を出して現像して外側と一緒に返してあげるよ」と言うか、親戚の懇意のDPE屋さん(あれば、だが)で事情を言ってガワも返してもらうかだなぁ。ちょっと面倒だな。

あと、残念なのはせっかく「ウルトラ」なのにフィルムの「コダックウルトラ(Koadk Ultra)」は生産終了になってしまっていること。ガワも「ウルトラ」だし、中身も「ウルトラ」だぜ、とかいい宣伝になったのに。

上の製品写真はコダック(加賀ハイテック)のサイトからダウンロードしたものをリサイズしたものだが、なんか下手な合成写真のようだ。シールになっているウルトラマンのデザインの部分と後ろのレンズ付きフィルムの製品写真の解像度があってないし、微妙に角度も違う。わざわざ大きなサイズでダウンロードできるようにしてるんだからもっとちゃんとした製品写真を出して欲しいなぁ。写真関係の会社なんだから。

けなすだけでなく、ちゃんと誉めるところも誉めておこう。レンズ付きフィルムにちゃんとカメラとしてのスペックを書いているところが偉い。レンズの焦点距離は32.8mmで開放F値は10でシャッタースピードは1/100秒固定だそうだ。

【レンズ付フィルム本体の主な特長・機能】
本体サイズ:121 x 64 x 40mm
本体重量:117g
フィルム:135サイズ・感度800・27枚撮り
レンズ:32.8mm、f/10
シャッタースピード:1/100秒
焦点距離:1.2m~無限遠
フラッシュ撮影時:1.2m~3.5m
電池:単3アルカリ電池1本

コメント

_ ノーネームしたん ― 2009年12月10日 00時58分40秒

レンズ付フィルムをフィルム交換式にして安く売るとか・・、もっと高性能にして、自分で組み立てるレンズ交換可能でシャッタースピ-ド可変式のやつを学研とかで売らないかねぇ・・・。

>ただ、こどもにこういうレンズつきフィルムをあげる場合、現像に出すとそのレンズ付きフィルム本体が帰ってこないので「あれはどうなった?」と問題になるかもしれない。

カバーの様な所(ウルトラマンの絵の書いてある)だけ残すとかは出来ないんですか?、トラは死んでも革を残す、のように、レンズ付フィルムは回収されても革は残す、とか・・。

_ Haniwa ― 2009年12月10日 10時24分47秒

ノーネームしたん様
>レンズ付フィルムをフィルム交換式にして安く売るとか
以前富士フイルムが出していたんですよ。スマートショットとかいう名前だった記憶が。3000円ぐらいでした。裏蓋が開いてフィルム交換できること以外は写ルンですと同等だったように思います。

ああ、学研の二眼レフ。時間がなくてシャッターを組み直さないままになっています。そのため試写もまだです。早く組み直さないと。

カバーの絵は剥がせるかもしれませんが、使用時に簡単に剥がれないような糊を使っていたように思います。リユースするときに剥がすのでしょうから何か剥がすコツがあるのでしょうが。

こどもは多分シールだけ残ってもうれしくないと思いますよ。ウルトラマンの「カメラ」というのがうれしいんだと思います。シールだけならコダックのサイトにある製品写真をダウンロードしてプリントアウトすればいいのですから。

やはり、子供向けの、チープだけれどもレンズ付きフィルムのレベルの写りの、フィルム交換できるカメラを発売すべきなんでしょうね。写りがトイカメラを超えて写ルンですレベルなら私も買いたいです。
ttp://haniwa.asablo.jp/blog/2006/08/30/504245
↑みたいなデザインならなおよし(笑)。

_ 片戸郁也 ― 2009年12月10日 20時32分53秒

こういうのってマニアが死蔵してしまって現像やプリントに回ってこないからお店が困るような気も…
フィルムみたいな消耗品・サプライ品にはこういうヘンテコな付加価値(笑)付けないで表現力で差別化してほしいですぅ
とりあえずフィルムの消費には繋がるかしら。

>↑みたいなデザインならなおよし(笑)。
よくないですぅ(笑)
おとーさん達が取り上げて自分で使ってしまうから、子供向けにならなくなってしまうですぅ(笑)

_ ノーネームしたん ― 2009年12月10日 23時59分16秒

>ttp://haniwa.asablo.jp/blog/2006/08/30/504245

このデザインでもっと高機能にしまくるのです。

>ウルトラマンの「カメラ」というのがうれしいんだと思います。シールだけならコダックのサイトにある製品写真をダウンロードしてプリントアウトすればいいのですから。

その手があった!(笑)、とりあえずHaniwaさんのF-3に後藤氏の写真のシールを貼り付けて・・、GRは何かアニメのシールで”痛カメラ”として・・、絶対に剥がれないような接着剤でしっかりと・・。

_ Haniwa ― 2009年12月11日 09時21分53秒

■ 片戸郁也様
死蔵する線を狙っているんでしょうか。1個は使ってもう1個は保存用で買ってもらって売れ行き2倍とか。

そういえば富士フイルムも写ルンですでキティちゃんのシール貼ったやつとか以前から出してますね。まあ少しでもフィルムがたくさん消費されればそれでよし、と。

おとーさん達が取り上げてさらにこども用にもう1個買うのです(笑)。消費が2倍に(笑)。保存用も買って消費が3倍に(笑)。

■ ノーネームしたん様
そのデザインでもっと高機能にしてみました。
ttp://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2000/s32000_00.htm
結局レンジファインダーのちゃんとしたカメラになってしまうような(笑)。

F3にはコダックのサイトからダウンロードしたウルトラマンのシールを貼ってみます。うまくマウントの周囲を囲むのがポイントですね(笑)。

オーバーホールに出て貼り革がウルトラマン模様で戻ってきたらどうしよう(笑)。Super NikonがUltra Nikonになってしまいます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)