「大人の科学Vol.25 35mm二眼レフカメラ」を買った2009年11月02日 00時00分00秒

「大人の科学Vol.25 35mm二眼レフカメラ」 with Nikon DW-3 and Fujifilm NEOPAN 400 PRESTO

皆様、たくさんのコメントをありがとうございます。少しずつお返事して参ります。m(_ _)m

10月30日発売の学研「大人の科学Vol.25 35mm二眼レフカメラ」を買った。もちろん付録の35mmフィルム使用の二眼レフカメラ目当てである。

組み立てるときに気づいた点を挙げておく。まず、説明書のバネの名前が間違っている箇所がある。
http://otonanokagaku.net/magazine/vol25/description.html
にあるように、バネAとバネBの記述と図が入れ違っている。

あとは、ミラーの接着の部分で、表側にはブルーの保護シールが貼ってあるのはすぐに気づくのだが、裏面には透明の保護シールが貼ってある。これに気づかずに付属の両面テープを貼ってしまった。そうすると保護シールに両面テープがついてしまって剥がせなくなる。この両面テープは使えなくなってしまった。仕方ないので手持ちの同じような厚みの両面テープを貼ったが、ここはピントに関係する部分なので厚みが違う両面テープを貼ってしまうとピント位置がずれてしまってピントが来なくなる可能性がある。ここは要注意。自分のはまだ試写していないのでどのくらい影響あるかまだ不明。

あと、こういう組立のものによくあるのだが、部品の向きが図でよく分かりにくいところも何カ所かあった。その部品の拡大図でもそこに書いておけばいいのに、と思う。
【追記:2009年11月10日】わかりにくいシャッター組み立ての部分はあとから動画がサイトにアップされたようだ。
http://otonanokagaku.net/magazine/vol25/mov_make.html
【追記】

できあがったカメラは上の写真の通り。あれ?なんか違う(笑)。そうなのだ。ファインダーのフード部分をニコンF3用のウェストレベルファインダーDW-3に換えてある。こういうウェストレベルファインダーって、拡大ルーペがないとピントがよく分からないのだ。目を近づけると目のピントが合わないし、離すと目のピントはスクリーンに合うが像が小さくてピントがよく見えない。説明書にも目を20~30cm離して見るように書いてある。しかし、もともとピントのはっきりしないトイプラスチックレンズなのに、そんなにファインダーから目を離したらピントが見えない。

それで、普段あまり使っていないDW-3をパーマセルテープで貼り付けた。最初DW-4の方が拡大率も高いし視度も調整できるのでいいかなと思って付けたのだが、重くてバランスが悪いので、軽いDW-3の方がいい。これでちゃんとピントが見えるようになった。なお、写真に写っている富士フイルムネオパン400PRESTOは付属していない。

あと、気になる光学系だが、撮影レンズもファインダーレンズも同じもので、プラスチックレンズだ。1群3枚の貼り合わせのように見える。焦点距離は画角から判断して50mmから60mmの間のようだ。おそらく55mmぐらいだろう。F値は不明で(見た感じ絞りなしでF6.3~8、絞りありでF11~16ぐらいか)、真ん中に穴の空いた絞りが1個付属している。絞りは付けたり外したりできるが、そのたびにレンズ押さえを外してレンズを外さなければならないので、撮影に出掛けてそこで絞りを変えるのはやりたくない感じ。

雑誌の作例やファインダーで見た感じでは、中心はピントも来てちゃんと写っているが周辺はピントも来ずぼやけた感じのようだ。このカメラでちゃんとピントの来るのは、ニコンのカメラのファインダーの中央にある円に相当する部分だけの感じだ。フィルム上では中心から12mmの円内か。

二眼レフなので撮影レンズとファインダーレンズのピントが一致しているかが問題になるのだが、説明書では撮影結果から判断して2つのレンズのかみ合わせをずらして調節するようにと書かれている。しかし、フィルム入れてそのたびに現像してピント位置を追い込んでいくのは面倒だ。私は裏蓋を開けてそこに他のカメラのファインダースクリーンのざらざらした面をレンズ側に向けて貼り付けて、上のファインダーのピントと下のフィルム面のピントが合っているか確認するつもりだ。フィルムガイドレールがあるので、小さめのスクリーンがあればいいのだが(フィルムガイドレールの上からスクリーンを密着させるとその厚み分ピントがずれるから)。

このカメラのシャッターは押し下げると切れるのではなく、押し下げて離すときに切れる(追記参照)。これはぶれやすい。押し下げがチャージに相当する。【追記:2009年11月10日】シャッターはちゃんと組み立てるとレバーを押し下げる途中で切れるそうだ。すいでん様セン様、情報ありがとうございました。忙しくてまだ再調整できていない。とほほ。【追記ここまで】従ってフィルムの巻き上げとシャッターチャージは当然連動していないので二重撮影の危険がある。さらに巻き上げもちゃんとしたカウンターがあるわけではないのでコマが重なる可能性がある。一応「カウンター」というフィルム巻き上げに連動して回る部品があるのだが、バネで押さえた摩擦で回っているので、パーフォレーションの動きが外部にダイレクトに伝わっていないのであてにならない。これは確実にフィルムの動きをダイレクトに伝えるような構造にして、その外側に可動式の目盛りを付けるべきであった。もっと言えば、可動式の目盛りはなくてもよい。鉛筆で印を付けるとか位置を覚えておくとかすればよいのだ。

以上のような構造なので、こども世代へのフィルム布教に使おうかと思ったのだが、ちょっとむずかしい。付きっきりで教えられればいいのだが、そうでなくて親戚に送りつけて「使ってみて」というのは難しそうだ。親戚や近所のこどもたちを集めてワークショップみたいな感じならできそうだが。ネオパンとダークレス現像キットもあわせて使うと結果もすぐに見られてよさそうだ。あやしいおじさんだという噂が立たないように気をつけなければ(笑)。

【関連】
大人の科学Vol.25付録が35mm二眼レフカメラらしい ― 2009年10月08日

コメント

_ maple ― 2009年11月02日 12時37分22秒

こんにちは。

おおー。ちゃんと買ってレポートしてくれるところがすばらしいです。

そうですねえ。一眼レフの中身さえあんまりわかってないのに、二眼レフとなるとなおさらだから、組み立ててみるのもいいですね。

>付きっきりで教えられればいいのだが、そうでなくて親戚に送りつけて「使ってみて」というのは難しそうだ。
ヘタレの視点としてですが、FM10でさえそうだと思います。
ある程度普及型で新しいデジイチ、できればフィルム一眼レフに慣れてからじゃないと、あれは・・・確かに初心者向けモデルではありますが。
カメラに限らずいろんな製品が「よくわからなくてもワンタッチで」に拘りすぎたよなあ、と思わなくもないです。

>ファインダーのフード部分をニコンF3用のウェストレベルファインダーDW-3に換えてある。
そんなことをおっしゃると品薄になりますよ^o^
僕もそのままのを使ってみて見難いなと思ったら参考にします。

_ Haniwa ― 2009年11月02日 16時55分20秒

maple様
さすがにD3xやライカM9とか買ってレポートできませんから、これぐらいでブログのネタになるなら安いものです(笑)。

組立は1時間ぐらいでできました。ねじ止めですので、ばらしたりできます。もっとも、プラスチックに金属のねじですからあんまり何回もばらしたり組み立てたりはよくなさそうですが。

さすがにFM10を親戚のガキもといこどもに送る程リッチではないです(笑)。まあ本人が希望していてなにか入学祝いとかなら別ですが。いきなりFM10送られてきても困るでしょうね(笑)。いまなら中古のFE10に50mm F1.8の方がよさそうですが。

構造がわかるというのは大事だと思います。最近のこどもは撮ってあげるとすぐに裏蓋覗きに来ますが、どういう仕組みで写っているか分かる機会がないですよね。まあ写真の発展と不可分の新聞社でも分かっていないところがあるようですが…。
http://haniwa.asablo.jp/blog/2009/10/23/4649231#c4655647

DW-3、品薄になりますか(笑)。えーとDW-3買った人はついでにF3本体も買うように(笑)。もう、「ついでに」と言えるような値段で買えますからねぇ。本体よりもアクセサリーの方が下げ止まっているような気がします。

_ Haniwa ― 2009年11月02日 18時46分41秒

×中古のFE10に50mm F1.8の方がよさそうですが。
○中古のFEに50mm F1.8の方がよさそうですが。
でした。m(_ _)m

_ ぶれげ ― 2009年11月02日 21時12分49秒

おお、購入されたのですね。
詳しい解説ありがとうございます!メーカーからお金をもらっている雑誌などと違い悪い所をしっかり書いてくれているので、いつもお世話になっています。特にF100のファインダー周りの記事はとても参考になり、購入せず踏みとどまりました(笑)


>こども世代へのフィルム布教に使おうかと思ったのだが
こういう方が身近にいなかったので羨ましいです。
私は写真を始めようと思って最初にFM3Aを買ったので大変でした。先生などいないので、逆光無補正でベルビア半分をアンダーにしてしまったり、シャッタースピードを変えているうちに被写体がいなくなったり…。最初の1ヶ月位はまともな写真は皆無でした。そしてネットで情報収集。しかし今となっては良かったと思います(笑)
私の妹はフィルムカメラが恥ずかしいと言いD70を使っています。D5000を検討中の友人は1000円でもフィルム一眼レフはいらないと言います。私に言わせればブクブクとしたデザインで液晶やファインダーも小さいD70なんかの方が恥ずかしいのですが(笑)世の中そういう風潮のようです。Haniwa様には、断じてそんな事は無いという事を周りの子供たちに教えてあげて欲しいです。

_ ノーネームしたん ― 2009年11月03日 00時52分41秒

>こども世代へのフィルム布教に使おうかと思ったのだが
どうも普通の子供では無理そうですね・・、まあ”大人”の科学ですから・・・子供と違い工夫できるでしょう・・と。

”ハニワの科学”から、子供でも使える一眼タイプのやつを出すのです!、すりガラスとカガミで・・・、シャッターは布製で・・・、レンズは絞りリングの有る物を使える(PC-E不可)という事で・・、で、Gタイプを買った親の子供が、「なんで家の交換レンズは絞りリングが無いの~。」と、泣きつかれて、親が絞りリング有りレンズを購入するようになります、”ナイコン”も絞りリングを付けた新型レンズを出さざるを得ない状況に・・・。

_ すいでん ― 2009年11月03日 09時37分34秒

はじめまして!
ちょっと気になったことが・・・
>このカメラのシャッターは押し下げると切れるのではなく、押し下げて離すときに切れる。
私の奴は、押し下げた時に切れます。

_ セン ― 2009年11月03日 20時53分30秒

初めてコメントいたします。
シャッターの動きの問題ですが、私も同じ症状が発生し、調べていると某掲示板にてこのような情報がありました。

>板送りのネジを締めすぎて、軸が太って板送りの回転が渋くなっていたらしい。
>軸の先端のネジの当たる部分の周囲を軽く面取りしたら治った。

私の場合、「軸の先端」だけでなく「軸全体」をヤスリで削ることで正常に動くようになりました。
以上、ご参考までに。

あと、カウンターは結構正確に働いている、との情報もありました。全ての固体に当てはまるとは思えませんが…。

_ Haniwa ― 2009年11月04日 08時59分12秒

■ ぶれげ様
まあ、お金もらってなくても雑誌だとあからさまに悪いところは書けないのでしょうね。広告とか仕事来なくなると困るでしょうから。

F100のファインダー、倍率さえ高ければいいファインダなのに惜しいと思います。DK-17M付けるとピントはよく見えるようになりますが、歪曲がひどくて縦位置で傾きやすいですねぇ。ときどきF5が欲しくなりますが、大きさ重さに躊躇します。このあたり、何かを我慢して妥協するしかないのでしょうね。F6買える人はF6がいいと思います。

私もこどものころ写真を教えてくれる人はいなかったので(最初のカメラ、Pentax SVは父が使い切れなくて死蔵していたもの)、カメラ雑誌などで知識を得ましたが、逆光でアンダーとか連発でした。ストロボもシンクロ速度以下にするのを忘れて一部しか露光していないスリット写真を大量生産したりしました(笑)。

D70のころは、フィルムカメラが恥ずかしいという雰囲気がありましたよね。高かったデジタル一眼レフが急に手の届く値段になって「買えないの?」みたいな雰囲気が。あの頃が最低でしたね。しかし、恥ずかしいも恥ずかしくないもないのですね。胸を張って「フィルムで撮ってるんです。10年後もそのカメラ使えますか?このカメラ、今年で24年目なんですよ。ファインダー覗いてみますか?」ぐらいは言ってやりたいですね(笑)。

カメラが電子化されてファインダーも交換できなくなってさらに裏蓋まで開かなくなったので、カメラの構造がわかりにくくなってします。基本構造は同じなんですけども。だからそれにつけ込んだ「一眼」とかいうメーカーまで現れたり、レフレックスミラーがないのを新方式だとかいう新聞社まで現れるんですね。こういう付録は「大人の科学」と同時に学研の「科学」と「学習」の付録にあってもいいと思います。

■ ノーネームしたん様
大人がついていて構造を説明して注意点の理由を分からせないと、二重露出頻発とかですぐに嫌になってしまうと思います。最近の子どもは、フィルムには36枚とか撮れる上限があるのを知らないので、写ルンですとか渡すとデジカメのようにバシバシ撮って10分持たないことがあります。写ルンですだと中のフィルムを見せにくいので、こういうカメラでフィルムを見せてここに光が当たって…みたいに理解してもらわないと駄目でしょうねぇ。

"ハニワの科学"ですか。付録付で1冊5万円ですが売れますでしょうか(笑)。もっとコストダウンしないと(笑)。安くニコンFマウントの組み立て式カメラを"おもしろレンズ工房2"とセットで売り出すと面白いと思うのですが、そういう経済情勢じゃないし、ニコンもそういう会社じゃなくなりましたねぇ。

■ すいでん様
はじめまして。コメントありがとうございます。やはりそうですか。なんかおかしいなと思っていたのです。もう一度シャッター部分を組み直してみます。最初にシャッター組み立てたときにはシャッターが全開せず、今はねじを一番締め込んだ状態です。

圧板も加えた方がよさそうなのでさらに改良してみます。

■ セン様
はじめまして。コメントありがとうございます。私も某巨大掲示板某スレッドにたどり着きました。ありがとうございます。

ねじがゆるいとシャッターが全開しなかったので一番締め込んでありますが、どの締め込み状態でもレバーが戻るときに切れます。なにか部品の組み付け方か部品の相性が悪いのかもしれません。もういちど組み直して、シャッターレバーを押し下げる途中で切れるように調整してみます。

カウンターはおそらく通常はうまく動くのでしょうが、あの構造ではいまひとつフィルムがちゃんと巻き上げられているか確実でないのが気になりました。

_ ぶれげ ― 2009年11月05日 00時17分24秒

F100のファインダー倍率は本当に惜しいですよね。当初のカタログ値の倍率がちゃんと出ていれば良かったのですが。しかしGタイプのAFーSをフィルムで使うなら実質これしかないので、いずれ欲しいです。新60マイクロや新50ミリなんかを付けて撮影してみたいです。F80とU2とUはちょっと足りない感じで、F6は高すぎて…。しかも小型といいつつやっぱり大きくて重いので、D2を1日使っただけで首が痛くなった私には使いこなせないような気がしています(笑)

Pentax SVはお父様のカメラでしたか。私は祖母が昔使っていたというニコンのL35AF(ピカイチ)をもらいました。モルトは張り替えたのですが、AFは合わないしコマは被るしで大変なカメラでした。しかし思いいれがありますのでLマウントにして使おうと計画しています。親類からもらったものはコスト度外視で考えてしまうのが不思議です。…本当はレンジファインダーを買うための自分への言い訳です(笑)


実際フィルムで撮ってる事が恥ずかしい事ならコソコソしますが、私には恥ずかしい理由が全くわからなくて困っています。
EOS7Dと銀塩kissとファインダーの大きさが同じ位ですからね。これからは自慢げにFM3Aのファインダーを覗かせてみることにします(笑)


>カメラの構造がわかりにくくなってします
私も最初構造がわからなくて、初めて一眼レフで撮影したときの音が拍子抜けで凄く不安に感じました。一般人の想像するカシャキーンというカメラの音はフィルム巻き上げモーター等の音だったのですね。
コンデジやケータイからそういう音がでるのは不思議な感じですよね。あ、パナソニック風に言うと「一眼」だからいいのでしょうか(笑)

_ ノーネームしたん ― 2009年11月05日 01時15分03秒

何か大人でもややこしい構造になってるんですね、一眼レフの”大人の科学”とかが出ると・・・ミラーが上がる前にシャッターが作動したりしそうな・・・

>もっとコストダウンしないと(笑)。
100円ショップの材料で、”ハニワの科学”一眼を作るとか・・・、コストの安い国で作って、ダイ○ーとかで、525円ぐらいで大量生産・販売してみるとか・・・(笑)、”電池は別売りです”と、同じノリで、”レンズ部分は別売りです”とか、書いてある・・・、で、そのレンズ部分が物凄く高価で・・・

_ Haniwa@m(_ _)m ― 2009年11月05日 16時46分29秒

すみません。お返事はもう少しお待ちください。
m(_ _)m

_ ノーネームしたん ― 2009年11月05日 21時40分22秒

ニコンが赤字ですね・・・また”レンズのリストラ”とかになるのかねぇ・・・、”選択と集中”で益々自分は買わないレンズだけに・・・、コシナにがんばってもらって、なんとか・・・・・。

_ Haniwa ― 2009年11月05日 23時09分17秒

■ ぶれげ様
F100のファインダー倍率は最初のカタログには0.76倍だったのが、アサヒカメラのニューフェース診断室で0.70倍と指摘されてから、カタログも0.70倍に訂正されたんですよね。最初の公称値に近づける努力をして欲しかったですよねぇ。

わたしもVR買うこともあるかと思ってF100買いましたが、Gタイプだと絞り環ないので他のカメラで使えませんし、結局シンクロ1/250秒と1/8000秒のために買ったような感じです。まあ私の使い方では1/125秒でも問題ないのですが…。旅行なのでこれ1台で何でも済むという便利さはあります。F5の方がいいと思うこともあるのですが、あれは大きくて重すぎますよねぇ。F3+MD-4で使うことのある私が言うのも変ですが(笑)。

ピカイチってたしかアサカメ診断室ではレンズ性能がいいとされていたように思うのですが、AF合わないとかコマ被りとかニコンらしくないトラブルですね。Pentax SVは親父の持ち物でした。このシンプルなカメラのお蔭で勉強になりました。シンクロ速度のことなどものすごくよく分かりました。幕速が遅いのでシンクロ速度以上で全開せずにスリットで走っているのがよく分かりました。布幕横走りでした。

フィルムは恥ずかしくないですよねぇ。堂々とフィルム交換しています。赤城耕一氏は「周りに見せつけるように巻き戻しクランクを回し」なんて書かれていましたが(笑)。そうなんですよね、デジタル一眼レフは出た当初からカメラの基本性能がワンランク以上ずれてたんですよね。D100はF80ベースで、D一桁はF100ベースでした。ファインダーの倍率はなかなかMFカメラのようにはならないですねぇ。FM3Aの0.83倍ってデジタル一眼レフユーザーからするとびっくりするような大きさだと思いますよ。

カシャキーンは巻き上げの音ですよね。F-301やF-501はシャキーンといいます。F3はシャッターの音が結構大きいです。ミラーアップしてもほとんど同じ音がしますから、シャッター音の大半は幕の音のようです。携帯のシャッター擬音はわざとらしい変な音ですよね。キュイーンといった音も混じっていて、なんかこれって初期のモードラ内蔵カメラの音やん、みたいな。そうですね、携帯のカメラも「一眼」だからでしょう(笑)。

■ ノーネームしたん様
シャッター、組み直す時間がありません。直して週末に試写したいところなのですが…。大人の科学で一眼レフは難しいでしょうねぇ(笑)。ミラーが上がる前にシャッターは切れるわ、そのあとに絞り絞り込まれるわで目茶苦茶になりそうです(笑)。

>コストの安い国
政治犯の多い国で囚人に作ってもらうとか…。裏蓋開けたら暴露情報が入ってたりして…。レンズ部分は栃木ニコン製でAi AF Nikkor 28mm F1.4DやAi Noct-Nikkor 58mm F1.2Sしか付けられないギミック付きです。レンズ判定機構が入っています(笑)。

ニコン、赤字のようですね。フルラインナップ、ファミリーシフト路線、レンズキット路線も一巡して不況で通用しなくなってきたということでしょうか。交換レンズはトントンのようですね。昔からレンズの方が儲けが多いといいますから(だからボディを作らないでレンズだけ売るメーカーが存在)、交換レンズをないがしろにしちゃだけだと思うんですね。コシナのカールツァイスに儲けさせといていいんですかねぇ。あと、18mmの単焦点レンズ、ちゃんと後継出してくだされ。どこかの「一眼」メーカーみたいにズームばかりじゃいやん。

_ ぶれげ ― 2009年11月07日 15時21分31秒

>Gタイプだと絞り環ないので他のカメラで使えませんし
そうですよね。DタイプでVRはたしか80ー400だけですね…。
DタイプでAFーSというのも17-35とか28-70、80-200クラスなってしまいますね。このタイプならフィルムでもデジタルでも使えるのに、残念です。絞り環付けるのはきっと感度102400や測距点51個より遥かに難しいのでしょうね、きっと。

F5よりF3+MD-4の方が存在感がありますよね。中古カメラ店で、古いカメラにモードラ付けて連写しているのを聞いて何事が起きたかと振り返った事があります(笑)。

ピカイチのレンズ性能はいいらしいのですが、如何せんピントが合いません。明るい場所だと絞りこんでくれるのでいいのですが。巻き上げモーターも寿命らしく、シャッターきるたびに苦しそうな音がします。それ以前に、私は35ミリが苦手という事を教えてくれた大切なカメラです(笑)
ライカM4にズミクロン35ミリ8枚玉で福山雅治さんを気取るのは到底無理そうです(笑)

Pentax SVは現在手元にないのですね。
私はスピードライトを持っていないので、スリットの事は本やネットの情報が頼りです。つまり全開しないとは幕と幕の間で光っているので露光ムラになるのでしょうか。
最近は発光時間を長くして、全速同調できるらしいですよね。技術の進歩は凄いです。ただ最近のデジカメのように、以前できた事ができなくなるのはちょっと違う感じがしますね。


>D100はF80ベースで、D一桁はF100ベース
ファインダー性能含めて私にはD700で充分そうです。D300よりペンタ部のバランスも良くなってますし。横から見るとF801~F100に通じるラインで、現行ニコンではF6の次に好みです。買ってもいいのですが、FM3Aでも十分以上に満足なので、買う理由がないんです(笑)私はフィルムが安価に楽しめるうちはフィルムで行きたいと思っています。

_ まっきー ― 2009年11月09日 21時23分50秒

組み立ての詳しい解説参考になりました。ありがとうございます。
「バネAとバネBの記述と図が入れ違っている」…やはり説明書がまちがっていたんですね。組み立て時間の目安が一時間とあったのに「バネ」でつまづき二時間かかってしまいました。

_ Haniwa ― 2009年11月10日 09時37分33秒

■ ぶれげ様
お返事遅れて申し訳ありません。m(_ _)m

そうなんです、DタイプのVRは80-400mmしかないのです。だからVRと絞り環とが両立しないわけではないとは思うのですが。いわゆる御三家と呼ばれるF2.8の広角ズーム・標準ズーム・望遠ズームは絞りリングつけておいて欲しいですよねぇ。80-200mmは絞り環付きの選択肢を残してくれてますが。

モードラはモーターがボディに入っていないせいか音が大きいです。個体に寄りますが、うちのMD-4はキャンキャン言わないですが他のモータードライブやMD-4でも個体によってはキャンキャン言う音も混じってかなり騒々しいことがあります。新品で買っていないので、MD-4買うときは外観のきれいなものの何台かから一番かろやかに動く音のするものを選びました。デジタル一眼レフのペチペチという音に比べたら何事かという音ですね(笑)。

ピカイチ、惜しいですね。ニコンにまだ修理部品あったりして(笑)。もう、昔のニコンじゃないから違いますかねぇ。

35mmは難しいですか。私は50mmの方が苦手なので、それよりも画角が広くて安心(笑)みたいなところがあります。28mmは好きなのですが、寄れないときは非常に散漫な絵になるので、1本しか持っていかないときは35mmって結構重宝します。
>ライカM4にズミクロン35ミリ8枚玉で福山雅治さんを気取るのは到底無理そうです(笑)
私も別の色々な意味で無理そうです(笑)。

Pentax SVは手元にないのです。進学で実家を出るときに置いていったら誰も使わないのでカビカビになって捨てられました。もともと親の持ち物ですので捨てられても文句は言えませんでした…。下宿に持っていけばよかったと後悔しました。

フォーカルプレーンシャッターは、先幕と後幕の二枚のシャッターがあって、レリーズすると前幕が走ってアパチャーが見えるようになります。そして規定の時間が来ると後幕が走って閉じます。巻き上げるときは先幕後幕が同時にスタート地点に戻されます。それでその規定の時間が長いときは先幕が走ってアパチャーの端まで走り終わってから後幕が走り始めるのでアパチャーに全開する時間があります。ところが速いシャッタースピードだと、先幕が走って例えば1/1000秒後に後幕が閉めに走り出すときに先幕はまだ終点に着いていないということが起こります。そうなるとアパチャーが全部同時に開いている時間はないということになります。個々のフィルム面から見ると、光が当たっている時間は先幕と後幕の間の規定時間(たとえば1/1000秒)なのでちゃんと露出があっていることになります。

それで、ストロボの発光時間は非常に短い(たとえば1/10000秒ぐらい)ので、アパチャーが全開していないと同時にフィルム面全体に光が当たらなくなるのです。上記の1/1000秒の例だと先幕と後幕の間のスリット状の部分のどこかしか光が当たっていない写真ができあがります。むらになるわけではなく、襖を少し開けて撮ったような写真になります。それでシンクロ速度という全開する最高速度がシャッターダイヤルに表示されているわけです。最近のカメラはストロボを装着したり内蔵ストロボをONにすると、シンクロ速度以上には設定できないようになっているものが多いです。

それで、ストロボ以前のフラッシュバルブ(選考電球)にFP級というものがあって、それは一度に全部光るのではなくある程度長く光り続けるフラッシュバルブでした。これならスリットが走り終わるまで光り続けることができたようです(使ったことないです)。最近のカメラとストロボではこのFP級のようにストロボをスリットが端から端まで走り終わる間中ビカビカビカビカみたいな感じで何回も発光させてシンクロ速度以上でフィルム全面に光が当たるようにしたものがあります。

以上のようなものが、Pentax SVだと失敗してまた裏蓋を開けてシャッターを切ってみて分かるわけです。勉強になりましたよ。

D700、わたしも欲しいと思いました。ただ、私にとっては少し値段が高いのでもう少し待って安い35mmフルサイズが出るのを待つことにしましたが、どうも35mmフルサイズにD40のような機種は出さない方針のようですね。だったら買わないまでです。
>FM3Aでも十分以上に満足なので、買う理由がないんです
感服致しました。私は買う理由はありましたがお金がないという理由でしたので(笑)。私もフィルムは最後まで付き合って行くつもりです。メーカーの都合で方向の定まらぬデジタル写真に振り回されてたまるか、という気持ちです。

■ まっきー様
あまり参考にならなかったかもしれません(汗)。

シャッターの部分は組み立て直さないといけないようです。本文の方も訂正しておきます。時間がなくてまだ組み直しもしていないので試写もできていません。

組立の目安は「早くて」1時間、という感じだと思います。私のように1時間で組み立ててもシャッターがちゃんと調整できていないようでは完成とは言えませんから。

∞二眼レフ∞ part10
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/camera/1243685757/

【学研】大人の科学マガジン
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1175324609/
の103以降が参考になるようです。

_ ぶれげ ― 2009年11月11日 21時20分10秒

いつも忙しいところお返事いただいてこちらこそありがとうございますm(_ _)m
おかげさまでスリットの件すっきりしました。夜の祭りの写真などで一部ブレたように跡が残っているのは、フラッシュ同調速度では被写体が止まらなかったからなのですね。今までスピードライトは使った事がなかった(結婚式場では絶対自然光撮影といわれていました)ので、今度安いものを買って試してみます。
そうなんです。モードラはキャンキャン言いますが、デジイチはペチペチパコパコ言いますよね(笑)私は動きものを撮らないので秒間1~3コマくらいでもいいのですが、D3での連写はなかなかに気持ちよかったですよ。
ピカイチは仮に修理できてもオートでしか撮れないのが残念でした。絞り優先モードがあればもう少し人気がでたのかなと思います。色は薄い感じですが、コントラストの強いゾナータイプらしい描写が新鮮です。ZFでもゾナー出してほしいです。
私は被写体を見るとすぐ50ミリの枠が見えてしまうような感じなので、35ミリは被写体が離れていってしまうように思えてしまいます。逆に広角を意識すると28ミリの範囲がぴったりなので35ミリは狭いのです。画角の好き嫌いというか慣れなのでしょうね。85ミリより長いレンズもからっきしダメです(泣)いい出会いがあればシリーズEの35ミリを買って練習したいです。
私の場合、誉められた理由があるわけではなくD700を使うような崇高な写真を撮っていないのです(笑)それに確かに大きいですよね。私もD40~D90クラスのボディにFXセンサーが入れば欲しいのですが、ニコンならAi連動しないでしょうからね。一から(高い)レンズを揃えるなら無理にニコンでなくてもいいし…。
ニコンがこの微妙な心理をわかっていないはずがないので、そういう戦略なのでしょうね。

_ Haniwa ― 2009年11月12日 09時59分22秒

■ ぶれげ様
いえいえ、お返事が遅くなることが多くてすみません。

祭りのブレは、明るいとかシャッタースピードを遅くして定常光の分が露光しているのかもしれません。わたしも最近はあまりフラッシュ使わないです。以前よりも明るいレンズをたくさん持つようになったからかもしれません。集合写真で押さえに光らせておくとかそういう感じになっています。SB-28だと使わないのに重いのでSB-30を念のため持っていくという感じです。

フィルムなのであんまり連写するとフィルム交換時にシャッターチャンス逃すのが難点です(笑)。助手を雇ってもう1セットF3+MD-4を買って次々とフィルム装填してもらうとかできませんからね(笑)。それで基本的には連写はせずに、巻き上げの手間を省くものだと思って使っています。モータードライブの音や感触はなんか癖になる快感がありますねぇ。

ピカイチの想定ユーザーを考えると絞り優先AEは付かないですよねぇ。絞り優先AEで思いっきり絞り込んで撮って、「暗くて映ってない」とか「ブレブレで困る」とか苦情が殺到しそうですもの(笑)。

ゾナーいいですよね。コシナ・ツァイスZFレンズは新レンズが止まっていますが、ゾナーとかテッサーとかテレテッサーとかまだまだ出すべきものがあると思います。このところかなり高めの値段のレンズが多いので、比較的安価で小さめのレンズも出してラインアップ充実させて欲しいところですね。

>被写体を見るとすぐ50ミリの枠が見えてしまうような感じ
うらやましいです。28mmや35mmの枠ならだいたい分かるのですが、50mmは体得できてないです。50mmレンズ3本も持っているのに(苦笑)。もっと使わないと…。

シリーズEの35mm F2.5、私も興味あるのですが、最近シリーズEの単焦点があまり出回ってない気がします。

わたしも崇高な写真は撮ってないです。普段は記念写真ばかりです。というか記念写真撮るために写真趣味やっているようなものです(笑)。ブログに挙げている写真はついでにブログ用にと撮っているものです。

D40~D90クラスのFXボディがあってもいいと思います。私がDXフォーマットのカメラを使わないのは不都合があまりにたくさんあったからです。広角単焦点の問題(広角側の画角が辛い)、ファインダーがアレ、Ai連動しない(非CPUレンズでの露出計不作動)などです。そのうちの画角の問題が解決して安ければ買ってもいいかなぁと思っています。ただ、D40以降さらにAF-SレンズでないとAFが効かないというハードルも加わったのでちょっと微妙ですが。安いFXボディが出ればMFレンズは使いにくくても買う価値はあるように思います。でも多分ニコンはそういうFXボディは出さないと思います。こんどは非CPUレンズでフォーカスエイドできなくしたりして(…笑えません)。

>ニコンがこの微妙な心理をわかっていないはずがないので、そういう戦略なのでしょうね。
そうだと思います。でも、そうやっているうちにだんだんとコアなユーザーが離れていくんじゃないかと思います。フィルムがなくなって今のようなデジタルカメラしかないようだったら趣味としての写真はやめようと思っています。高倍率ズームコンパクトデジタルカメラで記念写真で十分です。そうなったらプリントもしません。ネガフィルムだからプリントするのです。実際周囲にそういう人が何人かいます。以前はフィルム一眼レフ使っていたのに…。従来高倍率ズーム使っていた人は携帯のカメラになっています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索