フィルムカメラLife「フィルムで撮ろう!」(富士フイルム)2009年10月09日 00時00分00秒

無題:Nikon F100、ニコンおもしろレンズ工房「どどっと400」400mm F8、F8AE、中央重点測光、Kodak EKTAR 100、「エクター現像」、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED

今日は更新が遅れてしまった。すまん。

富士フイルムが、 フィルムカメラLife「フィルムで撮ろう!」というサイトを昨日から公開しているようだ。

内容は、35mmコンパクトカメラのKLASSE中判フォールディングカメラGF670 Professionalフィルムについての3部構成だ。

ただ、失礼ながらどのページも底が浅い。誰に向けて書いているのかというのもあるが、たとえばフィルムのところではこんな風に書いてある。

写真を撮るってこういうコト。

フィルム写真は、デジタルに比べれば便利なものではありません。 撮影前にはフィルムをカメラに入れ、撮影が終われば取り出し、そのフィルムを現像やプリントに出さなくてはいけません。でも、そのぶん写真を撮影したという充実感や達成感はしっかり味わえます。そしてフィルム写真は、データではなく、必ずカタチとして残ります。簡単に撮れないからこそ、簡単に消去できない、そんな写真もいいと思いませんか?

便利さもいいけど、感動もいい。

現像できるまで、どんな写真が撮れたのかわからない。それはデメリットでしょうか?それとも楽しみのひとつでしょうか?撮影したらスグに見たい、というときにはデジタルカメラを使えば大丈夫です。 でも、ワクワクドキドキしながら現像を待って、出来上がったときに想像以上の写真が撮れていた!なんていう感動は、フィルム写真でなければ味わえません。

修正できないからおもしろい。

「フィルムは人生と同じ。後から修正がきかないからおもしろい」ある写真家は、フィルム写真をそう表現したことがあります。確かに、人はときどき失敗をしながら、その修正できない失敗をかみ締めながら、成長するものかも知れません。シャッターチャンスはまさに一期一会。心地よい緊張感とともに人間を成長させてくれるのも、きっとフィルムならではの良さかもしれませんね。

形に残るというのは大事だ。前にも書いたが、デジタルカメラで撮った写真はどうやって後世に伝えていくのか。CD-Rなんか非常に危ういし、HDDに保存したものを誰がその時代の記録メディアにコピーして伝えていくのか。そのままの形で保存しておけばなんとかなるという決まった形がないデジタル写真は散逸しやすい。

しかし、そういう屁理屈こねてフィルムそのものを持ち上げるよりは、ファインダーのいいカメラを長く愛用して写真を撮るにはフィルムカメラを選択するしかない、みたいな説明もあると思う。富士フイルムのサイトだからフィルムが主体の説明になるんだろうけど、カメラやレンズ主体の説明であってもいいと思う。

デジタルカメラは広角単焦点レンズの選択肢が少ないし、そのデジタルフォーマット用に設計されたレンズ以外のレンズではきれいに写らないことがある。フィルムだと問題なく写っていたレンズなのに、デジタルで使うとなんか色がずれたりすることがある。そしてそれがボディが違えばその出方も違う。そのボディの実用的な寿命も短いから、今の時点でデジタルでダメダメな古いレンズがあとで使えるレンズになったりその逆もあり得る。こういう不安定な要素があるのはどうも好きになれない。まあ段々とカメラの中で補正が効いてくるようになるんだろうけど。

古いカメラでも新しいフィルムを入れたら使える。フィルムカメラは長く使えるのだ。これが重要なんじゃないのかなぁ。まあ、デジカメも出してる富士フイルムがデジタルカメラの根本的な問題を示してはいけないんだろうけど(笑)。気に入ったカメラやレンズを長く使いたい。そういうスタイルにデジタルカメラは応えているのだろうか。気に入って使っていたGR DIGITALが購入後たった3年半で片ボケ気味になってきたのでどうもデジタルカメラに厳しくなってしまう。

フィルムの種類・使い分けガイドのところも、基本的な用語の解説も必要だけど、それ以上に「あう~、そ、そんなフィルムだったのかぁ。使ってみたい~。\(^o^)/」と思える蘊蓄を語って欲しい。私はベルビア系は食わず嫌いなのである。使ったことがないのにああいうフィルムは好きじゃないのだ。その私に、ベルビアもこういうときはいいよねと言わせるような記述が欲しい。こじつけでも何でもいいのだ。ここは赤城耕一氏の登板が必要だろう(笑)。


写真は記事とは関係ない。
無題:Nikon F100、ニコンおもしろレンズ工房「どどっと400」400mm F8、F8AE、中央重点測光、Kodak EKTAR 100、「エクター現像」、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED

コメント

_ めだか猫 ― 2009年10月09日 17時13分49秒

お久しぶりです♪
フジの記事、感動のあまり自分のブログでも宣伝しておきました。
でも、オラの商品を買えってことなんですけどね(自爆

_ ノーネームしたん ― 2009年10月10日 01時09分20秒

>しかし、そういう屁理屈こねてフィルムそのものを持ち上げるよりは、ファインダーのいいカメラを長く愛用して写真を撮るにはフィルムカメラを選択するしかない、みたいな説明もあると思う。富士フイルムのサイトだからフィルムが主体の説明になるんだろうけど、カメラやレンズ主体の説明であってもいいと思う。

まあ富士もデジタルカメラ作ってるので”デジタルカメラは良いものですよ”という立場をとるので・・・、あとファインダー云々言ってしまうと、””某社””とかに、「うちの一眼はファインダーが良くないそうですなぁ・・・。」とか言われて・・・、ボディ供給してくれなくなるとか・・・、まあそんな事は・・・・・しないと・・・・・思いま・・・・・・。

>CD-Rなんか非常に危ういし、HDDに保存したものを誰がその時代の記録メディアにコピーして伝えていくのか
HDDも駄目になってサルベージも不可とかも有るのではないかと・・・、多様な記録をするためにもMFカメラ(フイルムの)と組み合わせて使えるFマウントとか・・・・・・いや・・・富士が言うとボディを供給してもら・・・・・・
>こじつけでも何でもいいのだ。ここは赤城耕一氏の登板が必要だろう(笑)。
ゴト氏もついでに・・・そういえばゴト研の活動はどうなってるんでしょうかね・・・外部に洩れ聞こえてこないなぁ・・・。

>ニコンおもしろレンズ工房「どどっと400」400mm F8
又こういうレンズ作らないんでしょうかね・・・今のニコンでは作らないんでしょうか・・・・。

_ やまろ@土曜も出勤 ― 2009年10月10日 09時38分50秒

んー、内容的には写真やカメラに精通してない人向けでしょうから、ファインダの話をしてもピンとこないんじゃないでしょうか。

デジタルから入った世代は、視野率ほぼ100%の液晶に慣れているから、ファインダを覗いて撮るということすら想像つかないから、まずは実体験する機会があったほうがいいですよね。
先日の大人の科学の二眼レフとかは、面白いと思うんです。ファインダを覗くと言うことはこういうことか、ってのが分かりやすい構造。ただ本格的なものを買おうとすると、いきなり高額商品というのは問題ですね。


ベルビアは10年位前はよく使ってました。
確かに不自然な色合いかもしれないけど、ツボにはまると深みがあっていいですよ。感度が低いだけに、使いこなす楽しさもありますし。
赤城耕一氏のようにうまくは解説できないですけど、ピーカンで撮るより、朝焼け夕焼けの、あえて少し薄暗い時間に撮ると、ベルビアは現実離れした世界が広がりますよ。

_ Haniwa ― 2009年10月13日 09時30分19秒

皆様、お返事が遅れて申し訳ありません。m(_ _)m

■ めだか猫様
私は不満を書いてしまいましたが、こういう記事を富士が書いてくれるということは前向きに捉えないといけないですね。

>オラの商品を買え
まだ商品を売るつもりだということが分かって安心です。なんとなくいつのまにかサイトから商品ラインアップがなくなっていって気づいたら…というのは困りますもの。

「すずらん」、懐かしいですね。ヒロインは遠野凪子でしたね。
いまはあまり訪れる人も少ないのでしょうか。

■ ノーネームしたん様
>「うちの一眼はファインダーが良くないそうですなぁ・・・。」とか言われて・・・、ボディ供給してくれなくなるとか
逆にニコンの技術陣が奮発して(背後で後藤研が「富士フイルムにこんなこと言われてお前らは恥ずかしくないのかっ!」と焚きつける)、ニコンF2のボディを元にスーパーCCDハニカムEXR登載の35mmフルサイズデジタル一眼レフを発売とか。

そうなんですよねぇ。デジタルはコピーしても劣化しませんが、記録メディアの寿命と互換性が問題です。HDDのコピーをHDDにというのを自分が生きているうちはいいのですが…。

後藤研は社内でニコンF2ベースの35mmフルサイズデジタル一眼レフの開発に勤しんでいると思いたいです(笑)。

>おもしろレンズ工房
景気が悪いので、おもしろいものどころか必要そうだけども需要がちょっと少ないというだけで作らない風潮ですよね。Ai Nikkor 45mm F2.8Pのときに「売れ行きによっては次もあるかも」とニコンのレンズ設計者がインタビューで答えていましたが、売れなかったんでしょうね。次がありません…。売れなかったお蔭で在庫のシルバー新品を当時の中古並みの値段で買えたのですが…。

■ やまろ様
お勤めご苦労様です。

たしかに仰るとおり、いいファインダーを体験していない人に「いいファインダーのカメラを使い続けるためにフィルムが…」とか言っても通じませんね。

実体験という意味では、新宿のマップカメラがマニュアル一眼レフカメラを触れるように展示してありますね。新品の現行品でこういう展示はよくありますが、中古しかないカメラでは珍しいです。
http://news.mapcamera.com/sittoku.php?itemid=6723
こういう体験の場がほかにもあればフィルムユーザーが増えるかもしれませんね。ヨドバシやビックのフィルム売り場に安くなったニコンF3を1台置いておくとか。

大人の科学、大人だけじゃなくてこどもにもいいんじゃないかと思いました。写ルンですだと裏蓋が開かないので構造が分かりにくいです。光線がこう入ってきてここから見える、そしてフィルムにこう当たると理解できてかつ実際に写せる、と。大人の科学、親戚のこども中に配ろうかなぁ(笑)。絞りとシャッタースピードがいくつか選べるといいのですが…。

>ピーカンで撮るより、朝焼け夕焼けの、あえて少し薄暗い時間に撮ると、ベルビアは現実離れした世界が広がりますよ。
ありがとうございます。作例の多くがピーカンなのでピーカンのけばけばしいフィルムだと思い込んでいました。E100VSも朝焼けの再現性がいいフィルムだと思っていたのですが、ベルビアもそういう使い方をすればいいのですね。これからの快晴の時期に使ってみます。いい作例が撮れれば布教活動をします(笑)。でもセンシアとアスティアもなくさないでね、富士フイルムさま(はぁと。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索