シグマ、逆光耐性を高めたAPS-Cコンパクト「DP1s」(デジカメWatch)2009年10月05日 00時00分00秒

シグマからDP1の逆光耐性を高めたAPS-Cコンパクト「DP1s」が発売されるそうだ。
シグマ、逆光耐性を高めたAPS-Cコンパクト「DP1s」(デジカメWatch)

同社が2008年春に発売した「DP1」の後継モデル。DP1で逆光撮影をした際に画面が赤くなる現象を改善したほか、ズームボタンに「クイックセットメニュー」を装備した。そのほかいくつかの機能追加を行なっているが、基本的な仕様はDP1とほぼ同一となっている。シグマでは、「DP1sは、DP1の改良版と位置づけている。これから使用する人が少しでも使いやすくなるようにした」としている。

サクサク撮れるようには向上してないのかなぁ。まあボディのグリップとかは自分でゴムでも貼るからいいのだが、サクサクテンポよく撮れるように改良されてて欲しいなぁ。28mm好きとしてはシグマのDP1シリーズは結構気になっているのだ。しかも

店頭予想価格は5万4,800円前後の見込み。

というじゃないか。お店に触りに行こうっと。

フィルムと同じ3層構造のFOVEON X3ダイレクトイメージセンサーには期待しているのだ。頑張れシグマ。でもニコン用交換レンズの絞りリングなくすのはやめてくれ~。


DP1とは直接関係ないのだが、我が初代GR DIGITALが最近どうも横位置で左側のピントが浅いのだ。なんか片ボケしてるのかなぁ。マクロで撮るとそうでもないのだが、数メートルの距離で撮ると左の奥の方がボケているときがある。不自然ではないのだが、5.9mmという焦点距離とF値と撮影距離を考えるとボケるはずはないのだが。もしかしたらマクロ域を除いて片ボケかつ前ピンなのかもしれない。主要被写体にはピントが来てるのだが、なんか背景がボケたりしていることがある。5.9mm F7.1で。買って3年半なのだが、どうも耐久性がなぁ。GR DIGITAL III も興味あるのだけれども数年でぽんぽん買い換えるのは私の趣味に合わない。ADJ.フリーズで修理に出したばかりなのだが、また点検に出すかなぁ。修理となるとレンズと撮像素子とが一体になったユニットを交換することになるのもなんだかなぁと思っている。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索