Ai Nikkor 50mm F1.2の絞り開放付近の作例2009年10月01日 00時00分00秒

Nikon F3、Ai Nikkor 50mm F1.2、絞りF1.2開放、絞り優先AE、富士フイルムリアラエース(ISO100)、Kenko L37 Super PRO、HR-2フード、Nikon SUPER COOLSCAN 5000ED

先月買ったAi Nikkor 50mm F1.2の絞り開放付近の作例だ。共通撮影データは、Nikon F3、絞り優先AE、富士フイルムリアラエース(ISO100)、Kenko L37 Super PRO、HR-2フード、Nikon SUPER COOLSCAN 5000ED

一番上の写真は、Ai Nikkor 50mm F1.2の絞り開放(F1.2)だ。Ai Nikkor 50mm F1.4DやNIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改) の絞り開放(F1.4)に比べるとシャープでぽやぽやした感じが少ない。あと、Ai Nikkor 50mm F1.2の絞り開放(F1.2)は二線ボケ傾向がない。50mm F1.4の開放は距離によっては二線ボケが出る。

Nikon F3、Ai Nikkor 50mm F1.2、絞りF1.4、絞り優先AE、富士フイルムリアラエース(ISO100)、Kenko L37 Super PRO、HR-2フード、Nikon SUPER COOLSCAN 5000ED

2番目の写真は、Ai Nikkor 50mm F1.2のF1.4だ。F1.4にはクリックストップがある。これもAi AF Nikkor 50mm F1.4DやNIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改) の絞り開放(F1.4)に比べるとシャープでぽやぽやした感じが少ない。50mm F1.4の方は開放ではぽわぽわして二線ボケ傾向だが、少し絞ると急速にシャープになって来てボケもきれいになってくるのだが、Ai Nikkor 50mm F1.2では少し絞ったF1.4でも開放のF1.2と描写の傾向は変わらない。深度が深くなるだけのようだ。

Nikon F3、Ai Nikkor 50mm F1.2、絞りF2、絞り優先AE、富士フイルムリアラエース(ISO100)、Kenko L37 Super PRO、HR-2フード、Nikon SUPER COOLSCAN 5000ED

3番目の写真は、Ai Nikkor 50mm F1.2のF2。これも描写傾向は変わらず深度が深くなるだけの感じ。50mm F1.4の方はF1.8あたりから急速にシャープになってボケがきれいになってくるので、好みの問題もあるだろうが、絞りF2だと50mm F1.4の方がいい感じだ。柔らかいのが好きな人は絞りF2でもAi Nikkor 50mm F1.2の方が好ましいと思うかもしれない。

50mm F1.4の2本のレンズも持って行って同じ構図で撮ればよかったのだが、やっていない。すまん。次に撮る機会があったら比べてみたい。Ai AF Nikkor 50mm F1.4Dは絞りF1.8~2あたりが素晴らしいと思っているので。

Ai Nikkor 50mm F1.2と2本の50mm F1.4の開放付近のこうした違いは、おそらく球面収差の補正状況の違いから来るのだろうと思う。Ai Nikkor 50mm F1.2は完全補正型(フルコレクションタイプ)で、Ai AF Nikkor 50mm F1.4DやNIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改) は過剰補正型(オーバーコレクションタイプ)だからなのだろう。完全補正型の方が開放付近のボケがきれいだが少し絞っても描写が変わらない。過剰補正型の方は開放付近のボケはきれいじゃないことが多いが少し絞ると急激に描写が向上する。絞りF1.2やF1.4だとAi Nikkor 50mm F1.2の方が描写が好ましいが、絞りF2だとAi AF Nikkor 50mm F1.4DやNIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改) の方がよさそうな感じだ。まあ、好みの問題なのだが。50mm F1.4同士では、Ai AF Nikkor 50mm F1.4DよりもNIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改)の方が開放付近での描写がいいような気がする。AFレンズは芯が出ていないという説もある(鏡筒に遊びがある)ので次の機会に比べてみたい。比べてどうなのかという根本的な疑問もあるが(笑)。

なお、Ai Nikkor 50mm F1.2のフードは金属製スプリング式フードHS-12(50mm F1.2S用、現行品)もあるのだが、嵩張るのでラバーフードHR-2(50mmF1.2S・58mmF1.2Sノクト・AF50mm標準レンズ用、現行品)を新品で買ってそちらをよく使っている。見た感じはHS-12の、それもAi(非S)時代の艶々黒塗装の方がかっこいいのだが。それにラバーフードは折りたたむと嵩張らないのだけれども、折りたたんだ状態ではピントリングの縁に刻まれた"Nikkor 50mm 1:1.2"の文字が見えなくなってしまう(笑)。

【関連】
Ai Nikkor 50mm F1.2 + 富士SUPERIA PREMIUM 400作例 ― 2009年09月25日
Ai Nikkor 50mm F1.2ゲット!於新宿クラシックカメラ博(高島屋) ― 2009年08月20日
コダクロームが国内取り次ぎ最後の現像(米国送り)から帰ってきた ― 2008年10月14日
NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改)の作例 ― 2008年07月25日
NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改) ゲット! ― 2008年07月14日

コメント

_ ノーネームしたん ― 2009年10月02日 00時28分32秒

Ai Nikkor 50mm F1.2とAi AF Nikkor 50mm F1.4D、
”AFレンズは芯が出ていないという説もある”、どうでしょうね、説事態が有るのでそう言われる様な所が無い事も無い様な・・・、描写の違いぐらいのつもりで考えてたので改めて芯が出てないと考えると・・・、まあ、”芯の出てる”50ミリと、違うタイプの50ミリが選べる位の事で良いのかも・・・。


この花の向こう側に逝くと・・・・・なにやら
     た
     の
     し
     そ
     う
     な

_ 村家 ― 2009年10月03日 03時21分31秒

こんばんは。

確かに一般論で言えば「開放から使える完全補正」と(球面収差のふくらみの絶対量が小さい故)「絞ると急激に良くなる不足補正」ということかな。
まあ、シャープネスにしてもボケ味にしてももコマや非点収差もかかわってくるし、同じレンズでも撮影距離によっても変わってくるから一概には言えないですが・・。

私も新しくレンズを手に入れると比較テストは良くやります。ただ中~遠距離である程度絞った時のシャープネス、解像感を中心に見てるので、ピークの10倍ルーペで見てどうにか分かる(気がする)程度の差にしかなりません。あまり意味無い比較ですね(笑)。


>50mm F1.4同士では、Ai AF Nikkor 50mm F1.4DよりもNIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改)の方が開放付近での描写がいいような気がする。

昔のレンズのほうが前玉径はじめ、無理に小型化してないからでしょうか。シャープネスは新しいほうが上なんでしょうけれど。
私もキヤノンでは50mmF1.4をFL、旧FD、そして3ヶ月前に買ったNewFDと、3本持ってます(ちなみにフィルター径はそれぞれ58mm、55mm、52mmです)。今度較べてみようかと思います。古いものほど経年変化してますが・・。

_ 村家 ― 2009年10月04日 16時46分21秒

また間違い。開放でボケがイマイチなのは・・・、
「絞ると急激に良くなる不足補正」でなく「過剰補正」でした。。。

_ Haniwa ― 2009年10月05日 09時11分09秒

■ ノーネームしたん様
まあちょっと芯が出ていないぐらいでは実写でたいした差は出ないんでしょうが、MTFとか測ると差は出るらしいですよ。まあMTFの検査表撮るために写真やってるわけじゃないんですが(笑)。

>”芯の出てる”50ミリと、違うタイプの50ミリが選べる
そうですよね、同じ光学系のAi Nikkor 50mm F1.4SとAi AF Nikkor 50mm F1.4Dとで選べるんですから。選択肢のあることをありがたく受け止めることにします。それ以外にAi Nikkor 50mm F1.2SとAF-S NIKKOR 50mm F1.4GとAi AF Nikkor 50mm F1.8Dが現行品なんですから、考えたらすごいラインナップです。というかFXの50mmこんなに出すんならDXの広角単焦点レンズも早く出せばいいのにと今更ながらに思います。まあ大半の50mmのラインナップはフィルムオンリー時代の遺産なんですが…。

花の向こうに行っちゃ駄目ぇ~(笑)。

■ 村家様
仰るとおり「開放から使える完全補正」と(球面収差のふくらみの絶対量が小さい故)「絞ると急激に良くなる過剰補正」ですね。おそらく絞りF2あたりだとAi 50mm F1.2よりもAi AF 50mm F1.4Dの方が球面収差が少ないんでしょうね。それで絞りF2ではF1.4Dの方がすっきりシャープに写る、と。不足補正のボケ方の方が好きな方は絞りF2でもF1.2のレンズの方が好みになるんでしょうね。

たしかに撮影距離で結果が変わってきますね。50mm F1.4Dの開放時の二線ボケ傾向は近距離で顕著ですが二線ボケにならない(目立たない?)距離もあります。F1.2のレンズの方はもう少し離れて開放で撮るとボケがぐるぐるした感じになります。口径食のせいなんでしょうか。

絞ったときの解像感は大事ですね。常用する絞りでピシッとしないと困りますもの。

Ai AF Nikkor 50mm F1.4DとNIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改)の絞り開放付近の描写の違いなのですが、NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改)の方が寄れない分(最短撮影距離60cm)全体の性能は上なのかもしれませんね。私は50mmレンズではあまり寄って撮らないので最短撮影距離60cmでも全然気にならないのですが(笑)。28mmだと最低でも40cmぐらいまでは寄れないと不満が出てきますが(できれば30cmでしょうね)。

キヤノンの50mm F1.4はそんなにフィルター径が違うのですか。それだけ径が違うと比較は面白そうですね。ニコンは昔は52mmにものすごく拘っていましたね。ニコンの設計者はフィルターをつける人が多かったのかも(笑)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索