FILM&IMAGE VOL.17(2009 Autumn)が届いた2009年09月29日 00時00分00秒

FILM&IMAGE VOL.17(2009 Autumn)表紙写真:織作峰子氏

富士フイルムの定期購読冊子「FILM&IMAGE」の第17号(2009年秋)が届いた。今号の特集は織作峰子氏だ。

  • 特集/織作峰子 美しい旅へ
  • 名残りの東京 片岡義男
  • FILMIST列伝13 山本学さんとベルビア100
  • モノクローム珠玉の名作選17 時代の寵児 フィリップ・ハルスマン
  • 水野克比古直伝 京の秋景色
  • 赤城耕一のフィルムカメラパラダイス第10回ペンタックス645NII
  • Q&A 空港のX線検査、フィルムはどうする?
  • 橋ものがたり
  • ウィンドゥ・シューティング
  • 大画面の圧倒的な高画質折りたたみ式中判カメラGF670プロフェッショナル/クラッセで掴む。

織作峰子氏の作品はスイスの写真。写真展も10月9日の富士フイルムフォトサロン大阪(10/9~10/15)をはじめに、札幌(10/23~10/28)、仙台(11/5~11/10)、名古屋(11/20~11/26)、福岡(12/11~12/24)と各富士フイルムフォトサロンで連続して開催されるようだ。記事には東京での開催が載っていないがこれは9/4~9/10で既に終了しているからのようだ。
織作峰子写真展「MY SWITZERLAND」

織作峰子氏はTX-2をいつも持ち歩いているそうな。この2コマ分のパノラマ写真が撮れるTXシリーズは気になるカメラなのだが、高くてちょっと手が出ない。

赤城耕一氏のフィルムカメラパラダイスはペンタックス645NIIだ。

私もカメラ雑誌の新型カメラのレポートなどで、「このデジタルカメラの画質は中判に匹敵」などと、つい気軽に書いてしまうことがあるが、現像の仕上がったリバーサルフィルムの透明感と奥行き、描写の厚みにはいつも感動する。写真の価値は鮮鋭性だけではないと、今さらながら考えさせられる。
FILM&IMAGE VOL.17 19ページ

中判カメラも使ってみたいのだが、最近重いのは辛いので軽い中判カメラがいいなぁ。そうするとGF670プロフェッショナルか。中判に誘いつつ重いカメラを紹介してその次のページではGF970を宣伝する、と。やるな、富士フイルム(笑)。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索