Windows 2000 ユーザー必見のサイト2009年09月17日 00時00分00秒

カメラネタでなくてすまん。今日はWindows 2000ユーザー必見のサイトを紹介したい。個人のサイトなのだが、黒翼猫のコンピュータ日記 2nd Editionだ。

いや、本当にすばらしいサイトだ。Windows 2000の修正パッチの検証や、Windows 2000に公式対応していないアプリケーションを使う方法など情報満載だ。

その中でも気になったのが、MS09-048 の修正が Windows2000で出ない理由(2009年09月09日)だ。ファイヤーウォール無しでWindows 2000をネットに繋ぐのは本当にやめた方がいいということらしい。うちで使っているWindows 2000機はスペックがしょぼいのでXPにすることもできず(一応XPへのアップゲレードサービスもあったのだが、アップグレードした人はあまりのもっさりにまたWindows 2000に戻したという)、しょぼい故にファイヤーウォ-ルソフトを入れるともっさりになってしまうという状態なのだ。以前はそれでもNorton Internet Securityを入れていたのだが、ノートンも途中からWindows 2000に対応しなくなったので今はアンチウィルスソフト常駐の上ルータの内側でのみ使うことにしている。外で使うときはロジテック モバイルブロードバンドルータ LAN-PWG/APRをルータモードで使っている。あとはザウルスをルータ化してザウルス経由でネットにアクセスする方法も考えられる。

ほかには、MS09-037(KB973908)のWindows 2000用のアップデートファイルが間違っている件(2009年09月11日)など。これなんかMicrosoftは修正するつもりはないんだろうか。もうWindows 2000なんかどうでもいいという感じが漂ってくるなぁ。

そんな古いノートPCに拘らず、ネットブックとかVaio typePとかシャープが今度出すNetwalkerとか買えばいいような気もする(笑)。Vaio TypePのWindows 7版が出たら非常に魅力的な気がする。まあ日常に電車で使うにはZaurus SL-C3200で十分なのだが。電車の中でPhotoshop ElementsをいじることもなければiTunesを起動させることもないからだ。そういうのは家とかホテルとか落ち着いた場所でノートPCでやればいい。Zaurusのブラウザさえ新しくしてくれればなぁ。Opera 10のSL-C Zaurus用とか出ないかなぁ。

シャープのNetwalkerについては、明日18日にJR品川駅構内でデモンストレーションがあるようだ。行ってみたいが時間が取れるかどうか。
9月18日、JR品川駅で、シャープの新製品・新モバイルツール「NetWalker」の発売記念イベントを開催!(Googleのキャッシュ)
【追記】リニューアルが終わったようなので直接のURLを書いておく。
9月18日、JR品川駅で、シャープの新製品・新モバイルツール「NetWalker」の発売記念イベントを開催!(シャープいい暮らし研究所)
【追記ここまで】

■ NetWalker発売記念 Touch&Tryイベント(仮称)
【開催日時】9月18日 11:00~20:00
【開催場所】JR品川駅構内 7・8番線への階段横

上のイベントの告知をどうしてNetwalkerの公式サイトに書かずに、「シャープな暮らし研究所」だけに書くのか分からない。しかも「シャープな暮らし研究所」サイトは今リニューアル中で表示されないし。【追記】シャープな暮らし研究所のリニューアルが終わったようだ。【追記ここまで】

今、シャープの関連サイトは目茶苦茶になっていて、上記の「シャープな暮らし研究所」サイトは事前告知通りの更新中で見られないのだが、それ以外に「シャープいい暮らしストア」というネットショップは1週間近く落ちたままになっている。いつ直るかの告知もない。これは、国内お取引先様向け弊社受注システムトラブルのお詫びと関係しているようだ。何が原因で何が起こっていてどのくらいで復旧するのかまったく情報がない。KWINSの継続などはシャープいい暮らしストアを利用していたので期限が来て継続できずに困っている人もいるのではないだろうか。

Kodak TMZ,PX,EPP,EPY 製造販売終了2009年09月17日 23時00分00秒

ナショナルフォートのサイトによれば、以下のコダック製フィルムの製造販売が終了するとのことだ。

コダックプロフェッショナルフィルム一部製造販売終了のお知らせ2009.9.17

下記コダックプロフェッショナルフィルムの製造販売終了が発表されましたのでお知らせします。

エクタクロームプロフェッショナル E100VS 4×5(10)、EPP 135-36、EPP 35mm100ft、EPP 120、EPP 120(5)、 EPP 4×5(10)、EPP 8×10(10)、EPY 135-36、EPY 120、EPY 4×5(10)、EPY 8×10(10) モノクロフィルム PX 135-36、PX 35mm×100ft、TXP 220(5)、TMZ 135-36

【製造販売終了時期】 2009年12月末ごろ

TMZことT-MAX 3200は、135-36しかないから、これはT-MAX 3200(TMZ)がすべて製造販売終了ということになる。超高感度のフィルムが無くなると困るんですけど…。モノクロだしT-MAXなので外注の現像代も高いから使う人が少ないのかなぁ。

そして、EPP(エクタクローム100プラスプロ、EKTACHROME 100 Plus Professional)も残っている種類が全部挙がっているからこれもすべて製造販売終了ということか。

同じく、EPY(エクタクローム64T、EKTACHROME 64T Professional)も残っている種類全部が製造販売終了のようだ。タングステンタイプのリバーサルフィルムがコダックからなくなるのか。

PX(プラス-Xパン、PLUS-X Pan)もすべてが製造販売終了。これも歴史のあるモノクロフィルムだ。コダックの年表によると、最初のプラスXフィルムは1938 (昭和13)年発売プラスXパンは1941 (昭和16)年発売とある(どちらも映画用)。プラスXパンは使ったことがないので最後に買ってみるか。とほほ。

個人的にはTMZが無くなるのが痛いなぁ。よく使うわけではないけども、こういうときでも最後にはTMZがあるぜ、みたいな心の拠り所だったのに。

E100VSはまだ残っている種類があるが、これは派手系リバーサルの中で富士のベルビアとは違った派手さで、一見派手な中に微妙な色の階調があるフィルムなので是非残しておいて欲しい。

【追記:2009年9月29日】
以下の文言がナショナルフォートのサイトに2009年9月28日追記された。

今回の発表をもって、コダック「EPPシリーズ」「タングステンリバーサル」「モノクロ220サイズ」「PXシリーズ」全種終了です。

【追記ここまで】

【追記:2010年10月5日】
Kodak T-MAX P3200 Professional(TMZ)使ってみた ― 2010年10月05日
【追記ここまで】

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索