フィルムにこだわる雑誌「JILLE」、他方PS3で上映する映画館…2009年09月14日 00時00分00秒

富山ライトレール:GR DIGITAL、28mm相当、F3.5、1/810sec、ISO64、-0.3EV、プログラムAE

ちょっと前になるが、我楽多屋・アローカメラさんの2代目若旦那のブログで、我楽多屋さんを背景にファッション雑誌の撮影があったという話があった。
「JILLE」って?(アローカメラ&我楽多屋)

ただ、撮影風景をチラ見していたところ、ポラを引いてカットを確認したり、アシスタントさんがフィルムを詰め替えている様子が見えたので、よく見ると撮影機材はニコンF3でした!なんと!フィルムカメラ!!

店内撮影の後は荒木町内路上で残りのカットを撮影していましたが、それも終了後、カメラマンさんが店内に戻って来られたので聞いてみました。機材がフィルムカメラであることを。

すると、そのカメラマンさんは100%フィルムで仕事しているそう。ファッション系の雑誌では比較的フィルム率が高いらしく、その理由は「デジタルの解像度は十分だけど、質感が出ないから」だそうです。

編集の人にもちょっとだけ聞きました。「デジタルでも同等レベルの仕上がりが見込めるようになってきたし、後工程を考えるとデジタルが便利だけど、フィルムでやってます。デジタルでやるページもありますけど。」とのこと。残念ながら時間がなくて、そのこだわりまでは詳しく聞けませんでした。

うお、フィルムでお仕事してると。しかもニコンF3とな。うれしいなぁ。「デジタルの解像度は十分だけど、質感が出ないから」なんてうれしいなぁ。この「JILLE」は10月10日発売とな。忘れずに本屋さんで見てみよう。

と喜んでいたら、他方でこんなニュースも。
PS3で劇場上映、アニメ映画「空の境界」最新作(Wired Vision)

PS3を劇場用映画の上映に使ったのは、仙台市の映画館『仙台フォーラム』。8月から全国で順次上映されている劇場版アニメ映画『空の境界』にPS3を利用した。9月初めの上映時、大画面の右上部分にPS3のコントローラーの充電を促すメッセージが表示され、これを見た観客から「上映にPS3を使っている」とのうわさが広まった。

配給元のアニプレックスによると、「仙台フォーラム」では確かにPS3を使って上映しており、ブルーレイディスクではなく、HDD内にフルHD(1920×1080ドット)で保存したデータを使っているという。劇場用の映像ソースとしての画質チェックを行っており、民生ゲーム機でも画質に分かるほどの差は出ないとしている。

うーん、映画がある限りフィルムは不滅だと思っていたのだが、PS3にやられるとは…。

普通の映画はネガフィルムで撮影してそれをリバーサルフィルム(ポジフィルム)に反転して上映用フィルムにしているそうだが、最近では撮影自体をデジタルにしてそれを上映用にフィルムにしている人もいるとは聞いていた(たとえばTRICKの堤幸彦氏など)。しかし、上映をPS3で、とは。だれか、スクリーンの映像がPS3経由では「質感が出ない」とか言ってくれ…。PS3に負けるなF3(違)。

【追記】
「質感」って書いてからよく見たら、上映されたのはアニメだった…。アニメの質感って、セルに彩色した筆の跡や絵の具の盛り上がりがわかるとか…。それもいまではコンピューターで彩色とかで…。


写真は記事とは関係ない。
富山ライトレール:GR DIGITAL、28mm相当、F3.5、1/810sec、ISO64、-0.3EV、プログラムAE

フィルムが…とかいいながらデジカメ画像ですまん。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索